居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • まり音 さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    あと2冊で磐音さん達に会えなくなるのはさみしいです。
    しかし、あと2冊早く読みたいです。矛盾です。
    佐伯先生、楽しい時間をありがとうございます。


  • 昭和のウィークボソン さん (60代・ 東京都・ 男性)

    10年ほど前、単身赴任中の高松でドラマ陽炎の辻を観て原作が読みたくなり佐伯泰英に嵌まりました。学生時代、小説は和洋の純文学を中心にそれなりに読破したと自負してます。社会人になってからは、実利的な分野が多くなり、娯楽での読書に多少の罪悪感を感じていたところがいります。その中でも40台に三國志と宮城谷昌光には嵌まり、別格としてました。そんな時、陽炎の辻に出逢い、佐伯泰英の世界を知り既刊全てを読破するのに数年掛かり、その後は各シリーズの新刊が待ち遠しく、各シリーズともいつまでも続けて欲しいと願っておりました。そんな中でも密命を始め数シリーズが終わり、居眠り磐音シリーズも終わることは残念です。言葉に尽くせません。でも、自らが60を過ぎ、佐伯泰英さんの年を思うと致し方無いと考えております。居眠り磐音に出逢って以降、実社会での厳しさの中、居眠り磐音シリーズを始めとする佐伯泰英さんの各シリーズが精神的な安らぎの一つとなってました。居眠り磐音シリーズの終わり、残念ですが、佐伯泰英さんの文筆に感謝いたします。欲を言えば、今後も色々な佐伯泰英作品を楽しみたいと思いますが、佐伯泰英さんの人生も大切にされたいと願います。蛇足ながら、中里介山の大菩薩峠のようなことは止めていただきたいと思います。遺された読者が途方に暮れますから。


  • がんばっテル さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズを読み、惹きつけられて購入し繰り返し拝読しています。新巻発行を待ち望んでいますが残り発刊回数が少ないようなので終わりに近ずく寂しさを感じてしまいます。時間待機の必需品として持ち歩いています。


  • 八兵衛 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    「陽炎の辻」からのファンです。磐音の織りなす壮大なドラマに魅入られました。私のイメージでは磐音は
    山本耕史、おこんは中越典子です。武佐衛門は宇梶剛士、奈緒は笛木優子、玲圓は榎木孝明、由蔵は近藤正臣です。平助は中村梅雀がよいでしょう。なぜか金兵衛は坂上二郎さんの顔が浮かびます。


  • まりも さん (40代・ 長野県・ 女性)

    待ちに待った完結です。しかし、その日が来ると思うと、さびしい。


  • 元氣が一番! さん (50代・ 群馬県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズが完結することはとても感慨深いです。
    物語の結末は楽しみなような、さびしいような...
    この10数年つらい時苦しい時も「居眠り磐音」に慰められ・励まされ
    何とかやってこれました。
    いつ・何処からでも読み返せばすぐに浸れる「磐音ワールド」は
    私の大事な宝物です。


  • さびしんぼー さん (40代・ 富山県・ 女性)

    最初はドラマから入りました。すぐにはまって、出ているもの大人買いしました。
    今も出るたび楽しみに買っていますが、もうすぐ完結ですね。さみしいな。
    正義は勝 そんな後味のすっきりした小説が大好きです。


  • 陽気なおばちゃん さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    NHKドラマよりはまりました。何度読み返したことか、同じ場面で涙し、どきどきしておりました。終わってしまうのがとても残念です。姉にすすめたところ とても気に入り毎回巻がでるたび同じ話題に花が咲きます。ふたりとも 主人公はじめ三助爺さんが大好きで この役はだれが適任かなど勝手に配役しております。またいつか 番外でもよいので出版してくれるとうれしいのですが、、、


  • しまにゃん さん (50代・ 栃木県・ 男性)

    最終巻がどうなるのか?楽しみです。 史実の中のフィクションがたまらなく面白いです。磐根はどう生きていくのか?そして空也の未来は。徳川政権がまだまだ続く中で、物語もどこまでも続いてほしいです。


  • だいふく さん (50代・ 新潟県・ 女性)

    最初の出会いは図書館。
    繰り返し借りるうち、やはり手元にと。
    新刊がでるたび、はじめから読み返す。
    好きな曲を聴きながら、手にする1冊。
    私の至福のひと時。
    出かけるときにも第1巻が。
    ただただ、待ち遠しくて。


  • はやみん さん (40代・ 静岡県・ 男性)

    あと2冊で終わりとは非常に残念でなりません
    できれば、坂崎家の末裔で新刊検討していただけませんか?
    よろしくお願いします。


  • ジェットのハハ さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    居眠り磐音江戸双紙の完結はとてもさみしいです。佐伯先生長い間楽しみな時間をありがとうございました。今回読み見返してみると磐音とおこんがお互いに思いやり支え合って生きている様子がとても好きです。特に祝言前のいろいろなやり取りが心に残ります。しばらくしたら、磐音と空也が両国橋を渡りいろいろな人々とふれあい空也が成長していくような特別編を時々だしていただけると私の先の楽しみができます。


  • とらきち さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    本所、両国、私の生まれ育った町なんです。
    本を読むたびに えー、そんなにあるくのぉ、とか そうそう、そんなとこある! と、一緒に歩いているかのような錯覚に落ちます。
    新刊が出ても あっ、という間に読み終えてしまうのでいつも次が待ちどおしいです。


  • まんまる猫 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    去年(2014年)の6月から、母が脳梗塞、独身の弟が末期がんで介護・看病生活が始まりました。その上8月には夫が頚椎骨折、以来3人が繰り返し入退院いう事態になりました。在宅になっても少しも気が抜けない日々でした。そういう生活の中で、私の唯一の楽しみは佐伯ワールドの時代小説でした。

    磐音さんのゆったりした所作や危機に際しても決して焦らない有りようをお手本に、できるだけ落ち着いて行動することを心掛けたものです。お紺さんなら磐音さんの父上や母上の介護が必要になったとしたら動揺一つだにせず、たすき掛けでにこやかに介護をなすだろうな、と思いをはせました。江戸時代の人々はみな徒歩(かち)で遠出をしたのです。病院3か所を自転車で駆け巡りながら、私はなんて楽なんでしょうと思いました。

    弟は残念ながらこの9月に身罷りましたが、まだまだ介護・看病生活は続きます。磐音シリーズはほぼ完読、最後の出版を待つばかりですが、今は古着屋総兵衛その他のシリーズを楽しみながら日々を過ごしております。今後も、手に汗握る面白さと江戸文化の香りが感じられる佐伯先生の時代小説が次々出版されることを心から願っております。


  • 野老の澤の夢旅人 さん (30代・ 埼玉県・ 男性)

    更衣ノ鷹刊行のころに第1巻を読み始め、そこまでの刊行分は一気に読みました。
    最新刊を読み終わると、毎回第1巻から読み直し続けています。
    完結しても折を見て、読み直しを続けたいと思います。


  • まっこ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    毎回楽しみに拝読しています 出張時は必ず10冊程持参し繰り返し読み耽る程 間もなく完結に近づいていますが 楽しみでも有り寂しさも募って来ます まだまだ続いて欲しいです 


  • イトチュ さん (40代・ 福岡県・ 男性)

    磐音の居眠り剣法を受け継いだ空也が小田平助・白山と武者修行の旅に出て巻き起こす騒動を読んでみたいと思います。
    佐伯先生、是非スピンオフ版を書いてください!!


  • きくちゃん さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    登場人物がだんだんと成長していくところ,変わっていくところ,磐音のおおらかなキャラクター,おこんさんの切れ味,・・・この作品の気に入っているところをあげるといろいろでてきます。最後はどのような結末を迎えるのか楽しみです。


  • バード さん (100歳以上・ 山梨県・ 男性)

    坂崎磐音も年を取る。それはわかっているがこのシリーズは終わってほしくない。”それからの磐音”に期待します。


  • 桃太郎 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    全巻読ませて頂いています。もう少しで終わってしまうのは残念です。


  • 恵比寿勤務 さん (40代・ 東京都・ 男性)

    知人に勧めらてて私が読み始めた時には10巻ほど刊行されていて、テンポの良い読みやすい文章で一気に読破してからのお付き合いで、毎回、楽しみにしていました。完結までガンバってください。


  • 飯塚鎮西生まれ さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    49巻まで実に面白い、私の宝物です。終わっても何度でも読みます。


  • IWANEOKONN さん (60代・ 山梨県・ 男性)

     私の勤め人生活の終盤戦とともに磐音氏一家(族)の戦いがあったため、もうすぐ完結するとの告知を受けて、我が身上を絡めて、感慨ひとしおです。欲を申せば、剣客に成長するであろう空也君の成人姿を見てみたいところですが…。
     先生には勿論のこと、磐音氏一家の各位にも、お疲れ様と申し上げたい。そして、永い間ありがとうございました。
     


  • こななん さん (50代・ 沖縄県・ 女性)

    いよいよ最終が近くなって 寂しくっもありどのような終わりなのか楽しみでもあり…
    でも やっぱり終わってほしくない です(;o;)
    磐音さんが終わっても番外編とかあると ファンとしては 有難いです
    利次郎さんや辰平さんや空也様のお話しで 時おり 磐音様とおこん様が元気で
    暮らしている影など垣間見える なんてことがあるといいなー
    1ファンの希望です(笑)


  • しゅう さん (40代・ 福岡県・ 男性)

    もう少しで完結してしまうのは大変さびしいです、知人の紹介で読み始めて10年以上の愛読書はこの本以外にありませんでしたので私の人生の一部として愛読しておりました、最後が気になる反面、その後どうしようか模索しなければ・・・


  • 新兵衛 さん (70代・ 静岡県・ 男性)

    「居眠り磐音」は素晴らし過ぎる。もう少し続けて下さい。


  • ファンのおばば さん (80代・ 千葉県・ 女性)

    いつも新刊が出るのをとても楽しみにしています。終わらないで欲しいとしか言えません。


  • DL_敏 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音を楽しみに、49巻まで読んできましたか、50巻で最後と思うと残念でもあり結末が楽しみでもあります。
    磐音を読んで、佐伯時代小説にハマり、先生の出版している本を本屋に調べてもらい全部大人買いしたのを思い出します。
    まだまだ完結していないシリーズがあるので、これからも楽しみにしていますので、頑張ってください。
    できれば、磐音の番外編が読みたいです。


  • 橘 呂美 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    「陽炎の辻」以来、ずっと楽しみにして読ませて頂いてきました。話も終盤になり もう1巻で完結してしまうという虚しさを感じておりました所、未だ2巻有ると言う事で少しそれも伸びたことに感謝しております。これだけ長いあいだ興味を持たせてくれた磐音と作者の佐伯先生にありがとうと申し上げます。
    完結したあとも、番外編が出ることを楽しみに待っております。
    私は現在、地域の子供たちに剣道指導をしております。将来、磐音の様に育ってくれることを願って頑張っている、おこんさんに勝手に恋している中年オヤジでした。


  • 富有柿 さん (50代・ 熊本県・ 男性)

     NHKでドラマを見てから大ファンになりました。古本屋さんで40冊位並んでるのを全冊購入、無い物は
    ネットで購入、あとは本屋さんでそろえて、あっという間に読破しました。フィナーレを前にして、今3順目を読んでいます。終わりを前にしていろいろ想像していますが、ハッピーエンドは大好きです。


  • ペンタ さん (50代・ 東京都・ 男性)

    魅力的なキャラクター達、終ってしまうのが悲しい。できればシリーズ外伝を期待します。


  • サボ さん (50代・ 香川県・ 男性)

    二年前に本屋で見つけて、読み始めました。
    最終巻が出る頃にはどこまで追いつけるかと読み始めました。
    気が付くと最終巻の前に追いつき、読む巻が無くなってしまい新刊を待つ日々です。
    毎巻、本の最初のページを開いた時には、読み終わるのにどのくらいかかるんだろうかと思います。
    老眼になり、このサイズの文字を読み続けるのは、少し苦労する年齢になりました。
    それが数ページ読むと物語の世界に引き込まれ、楽しい時があっという間に過ぎていきます。
    毎巻新鮮な話をありがとうございました。
    もう少しで終わるのが残念ですが、また別の話でお会い出来たらと思います。


  • ionx さん (30代・ 埼玉県・ 男性)

    私が初めて居眠り磐根シリーズを読んでから10年近くの月日が流れました。
    あまりの面白さに買った次の日には同じ本屋でまとめて5冊くらい買いました。
    登場人物の人物の大きさや人間臭さがとても魅力的だと思っています。
    完結するのはさみしいですが、何度も読み返していきたいと思います。


  • pata さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    長い間一緒に旅してきたので終わってしまうのはすごく寂しい。
    でも先が読みたい。身悶えしてます。
    小田平助さんが癒しです。
    父も一緒に読んでます!


  • 泉南の磐音 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    坂崎磐音の生き様に、自身の人生を重ね合わせて考えます。性格には似かよったところがあるように思えますが、意思の強さ・他人への思いやり・頭の良さ どれをとっても、及びません。先の見えた人生ですが、これから先の生き方の手本とさせて戴きたいと思います。
        追伸 - シリーズ 1~49刊まで 三回読み返ししました。50,51刊が楽しみです!!


  • 桜の木 さん (60代・ 岡山県・ 女性)

    佐伯先生の他の作品のファンになり、話題になっていた居眠りシリーズはなんか敬遠していました。
    でもある時本屋で手に取り、磐音さんの誠実な人柄にすっかりはまりました。以来最初の巻から読み直し
    次の巻はどういう展開になるかドキドキしていました。田沼意知の死去の年はいつかと年表をめくり磐音の危機に寄り添っていました。完結するのは残念ですが、めでたしめでたしの時代劇好きの私としては、みんなの無事を祈っています。


  • 石の苔 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    こんなに夢中になる小説は、この年にして初めてです。
    登場人物全員が目の前にいるように生き生きと浮かんできますね。
    一緒に人生を送っているようで、磐音もだんだん大人になり、世代も変化してきて空也の成長が楽しみな反面、金兵衛さんや由蔵さんがどうなるのか、いろいろ想像が広がります。
    新年に完結するとは・・期待と寂しさを感じています。


  • アルプスの風 さん (60代・ 長野県・ 女性)

    初版以来13年余 次号の出るのが待ち遠しく、既刊本を何回も読みなおしては発刊を待ちました。
    いよいよ完結かと非常に寂しい思いですが、十数年間本当に楽しませていただきました。ありがとうございました。


  • tobyo さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    主人と楽しく拝読させて頂いております。
    主人は地図も好きで小説に登場する場所を今と照らし合わせて地図の苦手な私に解りやすく教えてくれます。
    登場人物一人一人に個性があって、いろんな感情移入が出来て、かといって重くなりすぎず読んでて爽快な気持ちにさせてくれます。
    もうすぐ終刊という事で寂しさはありますが楽しみにしてます。


  • 椿 さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    私もNHKのドラマから本へと進みましたがドラマと違い読むことで自分なりに
    想像していく楽しみがあるのを知りました
    江戸の深川の事やその時代に生きた人々に思いをはせ長屋時代の磐音さんや仲間の人達の
    ハラハラどきどきしながら読みふけりました
    もうすぐ終わってしまうのは、さみしいですが楽しみでもあります
    先生のご健康をお祈りいたします。


  • リュウ さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    定年後、やることがあるかなー と思っていた時にNHKのTV放送があり、面白そうなので早速本を購入しました。読んでいると、自分の若い時にタイムスリップできるし、年を重ねていくさまが何かこの年齢になると自分と重なり合って(内容はだいぶ違いますが!)、楽しく拝読しました。もうすぐ終了というのは、誠に残念です。長い間、ありがとうございました。


  • 等々力の住人 さん (30代・ 東京都・ 男性)

    完結を早く読みたい気持ちと、磐音シリーズが終結してしまうという悲しみのせめぎあいの中に自分がいます。そして早く続きが読みたい!! とファンとしては考えざるをえません! 


  • 居眠りふて寝 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    NHKの大河ドラマに磐音が登場しないかな、なんて妄想しています。


  • hiyoko さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音さまに出会ってもう何年になるでしょうか。仕事で辛いとき、悲しいとき、心のよりどころとして、何度も何度も通勤途上や昼休みに読んで、自分を慰めてきました。尚武館の主となった今の磐音さまもすてきですが、やはり奈緒さまを追い求め、金兵衛長屋の浪人さんの磐音さまが何よりも好きでした。長い間ありがとうございました。来年の磐音ロスが心配です。


  • たんぽぽ さん (40代・ 東京都・ 男性)

    磐音さんはじめ魅力的な人々が織りなすストーリーにはまりまくって読み続けてました。
    もう会えないと思うとやはりさみしいです。


  • コスモス さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんと一緒に江戸時代を生きていろんな経験ができた様で楽しい数年でした。
    終わりと思うとさみしい限りです。


  • 現代の武左衛門 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    とうとう終わってしまうんですね。どんな結末か楽しみですが、なんかさびしくなてしまいます。


  • おこんになりたい さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    磐音さま カッコよすぎです。おこんちゃんがうらやましい。


  • 三助爺 さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐音江戸双紙シリーズは、テレビドラマから入門した口です。
    最初はドラマに追いつくのに必死で、1巻から買い漁り、読み漁りました。
    その内にテレビとは違う世界が自分の中に広がっていくのが感じられるようになり、ますます磐音に また周りを囲む登場人物に 引き込まれていくようになっていきました。
    いよいよ完結を迎えるということで、楽しみ半分、終わってしまう寂しさ半分 複雑な心境です。
    佐伯先生にはお体をご慈愛頂き、引き続きファンを魅了する作品を出し続けて頂きたいと思います。


  • げむちゃん さん (40代・ 東京都・ 男性)

    磐音シリーズを読み始めて10年以上が経ちました。その間、自分の家族が増えたり仕事の内容が変わったり体型が変わったり……と、思い返せば長い年月をこのシリーズとともにあったのだと改めて感じました。年明けに完結してしまうのはとても残念だし、武左衛門の憎まれ口が聞けなくなるのも淋しいですが、新刊発売を楽しみに待っています。


上へ