居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • アッコちゃん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    もともと時代劇は好きでしたが「時代劇の本」を読む気になったのは磐音シリーズが初めてで、そこから時代小説、特に江戸にドップリはまってしまいました。
    例の3人で仕事を探してウロつく場所が全くわからず・・・ その後、絵地図が発売になってさらに楽しく
    なりました。
    タイムスリップしたら絵地図を持って金兵衛長屋に行きます‼


  • 六花 さん (30代・ 三重県・ 女性)

    NHKのドラマで磐音シリーズを知り、新刊を待ちわびながら楽しんでいます。あと二巻で完結が寂しいような、めでたしとなって欲しいような…続編のドラマ化も是非観てみたいです。


  • なかちゃん さん (60代・ 秋田県・ 男性)

    いよいよ磐音の最終章。さみしくもありますが期待して待ってます。


  • マー坊 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    密命シリーズを読み始めてから佐伯先生の大ファンです。磐音が後2巻で終わるとは、寂しいかぎりです。空也の成長は清之助の活躍成長と重ねて想像しています。辰平、利次郎の活躍も楽しみにしているだけにガッカリしているところです。藤之助も終り、小藤次のこれからも心配です。佐伯先生にはまだまだお元気で続編、新シリーズでの展開を是非ともお願いし書きつずけて頂きたいです。


  • キリランシェロ さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    此方の作品と出会うきっかけは、やはりNHKさんで放映された「陽炎の辻」でした。初回放映で魅力にはまり すぐに小説を読み始めました。主人公磐音の、実直で誠実な人柄に何度も何度も感銘しました。読み進みにしたがって、佐伯先生の磐音への思いを感じる次第です。
    最終回を迎えるのは、とても寂しいですが また新し物語をお待ち致します。


  • ごっちゃんのママさん さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    このシリーズが終わると、何かが抜けたようなさびしい気がして
    なりません。またドラマでも再開してくれるといいけれど。


  • tomoちゃん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    最初に私が「坂埼磐音江戸双紙」にはまり紹介したのがきっかけで、今では夫婦共々で佐伯先生の大ファンです。シリーズものの殆どを読破し、いつも次号の発売を首を長くして待っています。
    「磐音」が来年の一月で終わってしまうのは寂しいです。長い間ありがとうございました。
    また新たな作品を期待しております。


  • 壱、老人 さん (80代・ 埼玉県・ 男性)

    いつの頃か(奥付に2007年6月10日第26刷)と有るからおそらく其の頃 書店で手に取りその書き出しに魅せられて買ったのが運の尽き あまりの面白さに早速アマゾンから第1巻以降を取り寄せ一気に読み上げたのを思い出します その後も発売されると早速買い入れて読みふけりましたがとうとう最後になってしまうと思うと残念です 子息空也が幕末をどう生きるか是非見たいものです 期待するや大


  • kincyan さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    定年してから、ブックオフから購読がはじまりましたが、旧冊はシリーズものを含め、
    全て読み切り、読み直しに入って居ります、新刊のでるのが楽しみです、
    交代寄合伊那衆異聞が次回最終とのこと、非常に残念です、今後も活躍を期待します。


  • ヒラリン さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    佐伯泰英さんの時代劇小説は「密命」シリーズから読み始めたのですが、大変面白くてここ2年で全シリーズの200冊以上を読みました。中でもこの「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズは毎回楽しみにしています。作家の佐伯泰英さんは同じ江戸時代を背景に10以上のシリーズ物を同時に書き続け、読者に飽きさせもせずにグングン引き込んでいく力は本当に凄い作家です。


  • kami さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    娘から奨められ、読み始めここまできたら、最終回までと磐音さんを楽しみ、涙し読んでます。


  • よこちゃん さん (70代・ 東京都・ 男性)

    完結とは淋しい限りです。「陽炎の辻」からの愛読です。次の刊行が楽しみでした。


  • 達 章子 さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    NHKのドラマを見てから、居眠り磐音 を読んだため 磐音さんのイメージが どうしても 山本耕史さんになってしまいます。本が先の場合は登場人物を自分のイメージでつくるので映像化されると少し違うなーと思う事が多いのですが、山本さんのイメージは49冊読んだ後でも磐音さんに重なってきています。波乱万丈で心穏やかなときが少なかった磐音さんとおこんさんの心にそった終りになれば—と思っています。


  • まきちゃん さん (30代・ 滋賀県・ 女性)

    母が発売を楽しみにしており、読み終わった後は感想を聞かせてくれるので、私もファンになりました。
    このような形でのファンですが、連載終了は非常に寂しいです。
    今回の年賀状を思い出の1つとして頂くことができればと思います。


  • 尾張の隠居 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    佐伯泰英先生の時代劇シリーズは全作読破(文庫本)居眠り磐音江戸双紙シリーズは毎回次作が待ち遠しく完結は寂しいかなと。東京の親友の案内で本片手にぶらりぶらと散歩。


  • モダンースギ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」は全号読みましたし、TVも録画して何回も見ました。
    今も本棚に何時でも再読出来るように前段に収まっています。
    磐音の痛快な剣さばき、生き様は、自分にはないものです。
    まだまだ続くものと思っておりましたが完結との事で残念です。


  • michimama さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    主人が「居眠り磐音」の大ファン、もう何度読み返しているやら(笑)、新刊が出るたび発売日初日に書店にに走らさせられます。


  • 単なる家出人 さん (80代・ 三重県・ 女性)

    来年から新シリーズが始まるものと期待する


  • ミヤファッツ さん (70代・ 山梨県・ 男性)

    NHKのテレビ放映で初めて「居眠り磐音江戸双紙」を知り、早速、バックナンバーを揃えて、その時点の
    既刊を一気に読破し、以後、「佐伯通信」の新刊予定により、発売日前日から書店に赴き、入荷確認をす
    る程にして、新刊を入手して、直ぐに読み切ってしまうのは勿体ないので、一日1章をじっくり読みます。
    佐伯さんの他のシリーズも全て購入、夫々の通巻を3,4回は読み返しています。 愚妻にも勧めたところ、
    魅了され、即、佐伯ファン、磐音ファンとなり、小生と競って愛読し、老後人生の糧となっています。


  • トム母 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    最初に読み始めてから、何年たったのだろう~
    かなり辛いときも助けられた。磐音様にはまり
    そして~今は山本耕史さんにどっぷりはまっている。先生の健康がとても心配であります。
    磐音様が終わってから次の先生の作品にいきます。


  • 中川文 さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    この作品を読むと私の目の前には江戸の空と人々のざわめきが想像できます。
    主人公のように心のままに生きたいと還暦を迎えた今でも思わせてくれる素敵な作品です。


  • とまこ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    家基様を死なせてしまった磐音達の心痛が切ない。時代考証とは言え、佐伯さんの手で将軍家基を見たかった。空也の成長も何かの折に書いて頂きたいものです。
    佐伯作品は何度繰り返し読んでも引き込まれますが、一番の愛読書の居眠り磐音の完結が、楽しみでもあり残念です。


  • 後の先 さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    初巻より愛読しております。磐音が鰻屋宮戸川での幸吉の弟子入りからいろいろな出来事や人物が登場しましたね。特に作者を身近に感じるのは金兵衛長屋に代表する庶民を大切に扱うところです。御鑓拝借もそうですが有名な大名も小僧さんも平等に大切な友人として模写するメリハリは佐伯先生のだいご味であり小説の中身にまるで自分が引き込まれていくようです。幕末の背景で剣の道がどのように昇華されていくのか楽しみです。


  • 可哀想 さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    佐伯泰英先生のシリーズでは居眠り磐音江戸双紙に最も愛着を感じて、
    発刊をいつも心待ちにして愛読してきました。完結を迎え改めて1作目から読み直してみたい心境です。
    磐音の死闘・先生の苦闘、お疲れさまでした。


  • 湘南三色メダカ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    シリーズが終わっても、不定期でも良いので、外伝という形で、書き継いで欲しいと思います。シリーズを読み返しながら待っています。空也の成長も、気になるので・・・


  • かずとくん さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    愛読しております。発行の時期になると、新聞の案内を毎日必ず見てワクワクしてして待っております。


  • 清太郎 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    生きろ!磐音、世紀を超えて、時代の先へ、未来へ。


  • ねこ道 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    81歳になる母は新刊が発売される度、嬉しそうに書店に出掛けます。磐音さんのパワーはスゴいと思います。


  • 啓ママ さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    時代小説にはまった最初の本です。第一巻から面白くて引き込まれるように時間を忘れて読みました。
    後二巻で完結は寂しいですが、今までの活躍とこれからの人生を想像しながら又一巻から読み直して行きたいです。


  • 「坂崎影二郎」 さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    佐伯さんの時代小説はほとんど読んでいます。
    それぞれの主人公に個性があり、また、それを取り巻く登場人物も温かみのある人達で、毎号の出版が待ち遠しくありました。
    悪松、影二郎、金杉惣三郎、サムライ籐之介に続き、磐音さんにも会えなくなってしまうのは、寂しい限りです。
    これからも、引き続き、楽しませて頂きたいと思います。
    よろしくお願いします。


  • boo さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    初回、陽炎の辻から愛読してます。毎回発売日が待ちどうしいです。佐伯泰英先生の時代物はすべて愛読しています。交代寄合も完結し、江戸双紙も一月で終わりますね。古着屋惣兵衛、酔いどれ小藤次も、「新」シリーズも楽しんでます。また新作をまっております。


  • hayakawa kami さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    大変面白く拝読させていただいております。
    最初の頃は話しの展開に夢中になって読みましたが正直なところこれだけ長くなりますと少々飽きが
    来ています。


  • Rohchan さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    全巻購入し何度か通読しました。佐伯時代小説の中で一番のお気に入りです。残り2巻が待ち遠しい。


  • ひまわり さん (50代・ 鳥取県・ 女性)

    何度も何度も繰り返し読んでいます。今までこれ程繰り返し読むことはありませんでした。磐音のブレない生き方に引き寄せられます。あと二巻楽しみであり、寂しくあり、その時を待っています。


  • ルーク さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    知ったのはテレビドラマでした。
    原作があるのを知り第一巻を手にとってからあっという間、次、次とあっという間に発刊されている分を全部読んでしまい、新刊が出るまでは読み返しながら待つ、を繰り返しています。
    私の毎日の愛犬との散歩コースは、舞鶴公園、福岡城跡です。
    城跡の石垣を眺めながら、磐音もこの景色を見たのかな、なんて登場人物が実在していたかのように思ってしまう自分に驚きつつも、きっと同じ道を歩いたわと納得しながら愛犬に話しかけています。
    残り数巻となり寂しくてたまりませんが、磐音、おこんとその家族や繋がる人々の未来をしっかりと見届けたいと思っています。


  • iwane_ロス さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    江戸時代の風景がほのぼのと目に浮かびます。磐音が段々大人になって行くのが少しずつ寂しくも思ったこともありましたが・・・
    終わちゃうんですね!!!  有難う坂崎磐音・サヨナラ・何時までも元気で・永遠の恋人です・


  • 読書三昧 さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    江戸双紙「岩崎磐根シリ-ズ」は親友3名と夢中で読みふけったものです。それが50巻となることに感無量です。早く50、51巻を読みたいと思いますが、それが最後と思うと、読みたいやら、読みたくないやら複雑な心境になります。
     作者の佐伯泰英氏に「ありがとう」と申し上げたい。


  • ぽんたろう さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    長いこと楽しませていただき、ありがとうございます。


  • 奴凧 さん (60代・ 岩手県・ 男性)

    近刊では、空也の成長と活躍が楽しみになっています。
    残り2巻でどこまで「大きく」なるか、期待しています。


  • はるか さん (70代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音江戸双紙完結嬉しいような淋しいような気持ちです、長い間ありがとうございました。
    陽炎の辻から新めて三度目の読破をしようと思っています。
    どうぞお体ご自愛くださいませ。


  • みっちゃん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    でている分はもう読み終えています。1月に出る2巻楽しみに待っています。これで完結なのですか?何度読み直しながら待っています


  • 湘南三色メダカ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    シリーズが終わっても、不定期でも良いので、外伝という形で、書き継いで欲しい。シリーズを読み返しながら、待っています。空也の成長も楽しみですので・・・


  • なな さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    テレビで観てから読むようになりました。
    頭の中で顔を浮かべながら、楽しんでいます。


  • あっちゃん さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    テレビドラマで興味を持って読み始めてからいままで本当に楽しく読ませていただきましたありがとうございます


  • デジタルボーイ さん (80代・ 愛知県・ 男性)

    テレビの放映から読者に成りました、1巻から49巻まであり、次の新巻が出る前になると、読み直しして新巻を楽しみに待つていましたが、とうとう完結すると次に夢中になれるような、時代小説があるか探すのが大変です、長い間楽しませて頂きありがとうございました。


  • たかみつ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    私が読み、母が読み、父が読み。家族で毎回楽しみにしています。
    次の巻が出るまで何度も読み返しています。
    最近の磐音様は、お子さんもでき大人の落ち着きと貫禄が出て、彼を支える周りの方々もとても魅力的ですが、若い頃の由蔵さんとの用心棒稼業や、やくざの親分との交流のお話も大好きです。
    家基様との日光道中、家基様との散策、桂川先生とお城にうなぎを届けに行くくだりなど大好きで何度読み返したかわかりません。
    終わってしまうのは大変さびしいですが、登場人物のみなさんが全員笑顔で大団円を迎えられるとうれしいです。
    この作品に出会えてとても幸せでした。ありがとうございました。


  • ぴんころ小父 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    佐伯泰英先生の時代劇シリーズは全作読んでます。
    中でmo
    居眠り磐音江戸双紙は超お気に入りの作品です。シリーズ終わらずに延々と続けていただきた思いでいっぱいです!


  • スマイル さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音シリーズは私に時代小説の世界を教えてくれた。そして、名前の響き! もし子供がこれから生まれたら、絶対付けたい!


  • みちゆみ さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    磐音の生き方に心うたれます。
    自身のことより相手のことを一番に思う
    そうなれるよう少しづつがんばっています。


  • ソフィのとうちゃん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    坂崎磐音の成長していく過程が気に入っています。
    おそらく、その真っ直ぐで誠実な生き方のためと思います。
    自分の人生を振り返り、結構早く過ぎるものだなと感じ、磐音シリーズはどのような終わりかたとなるのか気にしています。


上へ