居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ホウレンソウのおばさん さん (60代・ 岩手県・ 女性)

    小説は読んだことがありませんが、いつもNHKドラマはかかさず見ていました。ドラマでは配役もよく、次はどうなるのか楽しみでした。シリーズが終わるとしり、残念でなりません。


  • ママチャン さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    NHKのドラマが文庫本を読むきっかけでした❗


  • 太晴のバアバさん さん (60代・ 岩手県・ 女性)

    私の出会いはテレビの放映です。山本耕史さんの磐音があまりにも魅力的で最初から読み始めました。止まることなく一気に読み、今は次が待ち遠しいのと終わってしまうのが寂しいのと入り混じっています。闘病生活も磐音に救われました。最終を読む前に再度1話からじっくり味わっています。生涯、磐音たちに支えられそうです。


  • 八重ちゃん さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    年賀状楽しみに待っています!佐伯さん、連載お疲れさまでした。
    これからも、作品楽しみにしています。
    健康に気をつけてくださいね。


  • こっこ さん (50代・ 石川県・ 女性)

    読み続けてきた居眠り磐音が完結するのはとてもさみしい気持ちになります。
    しかし最終巻を読むのを心待ちしている自分もいます。
    佐伯先生、長い間お疲れ様でした。


  • さ~さん さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    いろいろな時代小説を読んだが、「居眠り磐音」シリーズほど面白いものはなかった。現在49巻まで全部
    揃えてあるので、完結編まで揃え、遺産相続したい。


  • よっちゃん さん (70代・ 群馬県・ 女性)

    いつも母が楽しみに読んでいます。
    終わるのが残念とのことです。


  • 権八 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    検査入院で時間を持て余しているときに、病棟の書棚にあった数冊を読んでからファンになりました。どんな時も清々しい磐音が大好きです。


  • リョウ さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズがとうとう完結とのこと。寂しい限りですが、長い間楽しませていただき感謝です。
    江戸の街並みや坂崎磐音を取り巻く人々が身近に感じて、小説の中で一緒に暮らしているような錯覚になりました。
    私自身の一番の変化は、家族をはじめ周りの方々を思いやる気持ちになったことです。
    本当に素敵な物語に出会うことができ、ありがとうございました。


  • タミコ さん (60代・ 京都府・ 女性)

    いつも楽しみに読んでいます。小田平助と空也が一緒に、諸国を武者修行する話を番外編で読んでみたいです。


  • 3狆の母 さん (60代・ 宮城県・ 女性)

    何回、頭から読み返したことでしょう。
    仕事で頭が煮えくり返っているとき。
    介護で心がぐちゃぐちゃになっているとき。
    磐音さんの春の風がどれだけ心をほぐしてくれたことか。
    完結するのは淋しいですが、区切りは必要かと思います。
    いつか、い~つか、ご自分と同い年になった磐音さんの番外編を書いてくださいね。


  • 沖縄の江戸っこ さん (60代・ 沖縄県・ 女性)

    三人姉妹で回し読みしながら楽しんでました。われらのヒーロー永遠に!!


  • ももも さん (50代・ 東京都・ 女性)

    本当に終わるのか実感がわきません。寂しいような、早くラストまで読みたいような複雑な心境です。長い間ありがとうございました。


  • はつしろ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    スペイン語を勉強していた若かりし頃、スペイン関連の雑誌の中に写真家佐伯泰英さんの闘牛の写真とお名前を拝見して覚えておりました。
    後年、時代小説の作家としての佐伯先生に出会った衝撃は計り知れません。
    坂崎磐音というすがすがしい青年に出会い彼の成長を応援しこのシリーズを読み進めてきました。
    主人も巻き込んで愛読してまいりましたが、どのように完結するのか楽しみでもあり、終わってしまうのが寂しくもありという心持のこの頃です。


  • さちどん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    会社の上司に読み終わった本を貰っていました。その中に磐音があって、初めて読んだ時代小説でした。
    物語の面白さはもちろんですが、磐音のかっこよさと他の登場人物のそれぞれの魅力、長屋の方々の人情にやられました。同じ時代に生まれてみたかった・・・。読み終わった本を姉→義兄に勧めたら全員はまり、2巻からは義兄が買ってきてまわし読みしています。終わってしまうのはとても残念です。


  • まるちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    結末は楽しみですが、終わってしまうのは、とっても残念です。


  • さーちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    とても、楽しく読ませて頂きました。
    ありがとうございました。


  • もやし さん (60代・ 熊本県・ 女性)

    もうすぐ連載が終了し、磐音さんに会えなくなると思うと寂しいです。


  • いっちゃん さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    磐根のまっすぐでひたむきな姿に,「生きる」ことの意味を教えてもらっています。相次いで両親を亡くし,失意の数年が続いていますが,「居眠り磐根」の発行を心待ちに頑張ってきました。来年のお正月が楽しみでもあり,よりどころを失ってしまう寂しさも・・・


  • ききまみ さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    ドラマを見て好きになり、それから、小説を読むようになりました。家族で好きな作品です。大好きな作品なので終わってしまうのが本当に残念です。年賀状は宝物にします。


  • クマキチ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    NHKのドラマを見てから、磐音さまと、おこんちゃんの大ファンになり、ずっと小説を買い続けています。そして、何度も読み直して楽しんでいます!
    好きな場面は、書ききれないほどたくさんあります!
    完結してしまうと思うと、さみしいですが、磐音さまと、おこんちゃんに会いたくなったら、また、何度も読み直します!どうか、二人がずっと幸せでありますように!


  • 月夜の雁 さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    一番最初に読み始めたのは
    たまたま図書館で、
    手にとって
    そこで立ち読みして
    すーっと、その世界観を
    もっと知りたくて知りたくて
    どんどんはまました。
    いつの間にか気がついたら
    図書館にある分は読破しており
    私も新刊本を今か今かと
    待つファンの一人になりました。
    手帳のその日付のところに
    『磐音の日』と書き込んで
    私はシフト制の仕事をしているので
    わざと、その日には
    お仕事を入れず、読書に没頭したりしました。
    子供の頃は本が大好きだったけれども
    しばらく、活字ばなれが
    はなばなしくて、
    というか、子育てもあったりして
    回りの雑事に集中が削がれるのがいやで
    読んでいなかったのですけれども。

    この磐音さんに出会って
    また、読書が復活して
    他の作家さんの小説なども
    読み始め、
    自分自身の世界も広がったように思います。
    2016年のお正月には
    この物語が
    終わってしまうのは
    本当に残念なのだけれども
    佐伯先生、本当に
    お疲れ様でした。


  • パク さん (30代・ 鹿児島県・ 女性)

    父が大ファンです。
    本をいつも持ち歩いて、時間があけば読んでいます。
    居眠り~だけに限らず、佐伯先生の大ファンです


  • ねむせくん さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    何時も楽しんで読ませてもらっています。とうとう完結なんて楽しみが一つ減ってしまいます。ゆっくり読ませていただきます。


  • しゅう。 さん (40代・ 茨城県・ 女性)

    毎年年末年始にはその時思い出した巻から読み返していてもう何回読み返したか、読む度に新たに発見する事も。未だ未だ飽きません。シリーズ完結の時は来て欲しくはなかったのですが、磐音さんの決着、生き様は読みたいジレンマです。然し新刊の楽しみには勝てません。例え最期でも。この時を覚悟をしていた50巻!プラスしての終了。寂しいですが読み返せば何時でもあの世界に浸れるので新刊2冊最後楽しみにしています。


  • kazu さん (40代・ 東京都・ 女性)

    大好きなシリーズで、前半は毎回タオル片手に号泣しながら繰り返し読みました。
    後半は磐音さんもすっかり落ち着いてしまって、安心して読み進められました。
    しりーがかんけつするのは、嬉しいやら寂しいやら。
    今後の佐伯先生の作品も楽しみにしています。


  • 化け猫刀自 さん (50代・ 栃木県・ 女性)

    繰り返し何度読んでいることでしょう。
    小田平助さんが一番の憧れの方です。
    あのような心映えの方に少しでも近づけるよう
    残りの人生 修業を重ねたいと思っております。
    来年85歳になる母と あと半年で還暦の我が身としては
    新刊が何とも待ち遠しく一日千秋の思いです。


  • えみ さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    よかったです。とてもたのしみにしておりむす


  • nao さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    なんとしても終わってしまうのが惜しいような寂しいような!


  • おにぎり さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    ついに完結。
    寂しいですが楽しみです。
    若くて青々としていた磐音さんも妙齢に。
    私もいい感じで年齢を重ねました。


  • みかん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    妻が佐伯泰英先生著作の大ファンで、特に居眠り磐音江戸双紙が大好きと言っていました。私にはまったく興味はないのですが、今回サプライズで年賀状を送ってやろうとたくらみました。よろしくお願い致します。


  • ネネクリ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    この小説の世界観は本当に凄い❗
    通勤電車だというのにクスッと笑い、また泣いていました。何度降りるのを止めようと思ったことか。
    長屋のおかんでもいい。磐音さん達と同じ世界で暮らしたい!


  • だくちん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    坂崎磐音との出会いは、磐音シリーズが後2冊で完結という新聞記事でした。
    この作品を読みたいと思い佐伯泰英さんの作品を読み続けている友人に連絡したところ、磐音シリーズは全て有るとのことで借りて読み始めました。1章毎に物語があり、それでいて最後に悪を退治するというストーリーが痛快で面白く1冊目から嵌りました。
    今は6冊目を読んでおり、まだ先は長く楽しみがいっぱいです。また年賀状が届くことも楽しみにしています。


  • 神奈川の磐音ファン さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音シリーズを読み始めてから、年齢のせいもあるのか、時代小説が大好きになってしまいました。テレビドラマの出演者の皆様も、私には原作のイメージどおりで、見ていてとても楽しかったです。また、磐音だけでなく、他の登場人物もとても素敵で、それがこのシリーズの魅力になっているのではないでしょうか。


  • いねむり爺さん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    「居眠り磐音」もとうとう大団円ですか。物には何事も終わりがあるとは言え、残念ですね。佐伯さんの作品は「居眠り磐音」はじめ、「密命」や「酔いどれ小籐次留書」、「吉原裏同心」等々愛読させてもらってます。
    最初は、長時間「痛」勤の徒然をしのぐ為(失礼!)に、当時評判になっていた「居眠り磐音」を読み始めたのですが、これが存外に面白くてやみつきに。。。次から次と読み進めて、そのうち「小藤次」や「裏同心」やら次から次へと手を伸ばして、とうとう「佐伯ワールド」中毒になった感大です。佐伯作品の何が良いのかと問われると、やはり市井に生きる人物像が素晴らしい。例えば、岩崎磐根も直心影流の達人でありながら驕ることなく、長屋の大家や札差等、多彩な町人とも普段着の姿で接し合う。単なる剣豪小説でも時代小説でもない時代や風俗、人物の表現が魅力と思う。私は藤沢周平の作品も好きですが、それに通じる社会の下積みの人達への作者の優しい眼を感じます。佐伯さんもかなり年齢を重ねられてこられましたが、もう少し気張って頂いてこれからも良質な作品を期待しております。


  • マーちゃん さん (60代・ 岩手県・ 女性)

    私は図書館で借りて読んだのが始まりですが、続きが図書館に置いていなかった為その後は購読して今に至っています。いつも次は?と待ち遠しい気持ちで生活にハリができました。自分がその人になったみたいで、いろいろ空想していました。時々、自分が生きているうちに最終回が読めるかな?と思っていましたが、一月で終わると知ってからは、寂しい、悲しい、つまらないの三重奏。でも楽しみです。感謝!いつまでもファンです!


  • いわねファン さん (50代・ 東京都・ 男性)

    完結残念ですが、大変楽しませて頂きました。


  • slimpapa さん (40代・ 東京都・ 男性)

    気が付けば長い間の愛読書となっていました。ぜひ続編を期待しております。


  • paon さん (70代・ 東京都・ 男性)

    毎回楽しみにしています。娘と一緒に愛読し、いつしか共通の会話として盛り上がっております。
    とうとう完結を迎えることに寂しさを覚えますが、また今までの物語を思い出しながら、親子の会話を楽しみたいと思います。
    長い間 楽しませてもらいありがとうございました。また 他の物語も楽しみにしております。


  • なべさん さん (40代・ 山形県・ 男性)

    もう何度読み返したことか
    お疲れ様でした
    完結は一区切りとして、端折ったところを特別編などで出版していただければと思います


  • さやかすみ さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    磐音シリーズはNHKのドラマを見始めた後、第1巻をすぐ買いずーっと楽しみに読んでいます。子供の時に、一番初めに手にした単行本が銭形平次でその頃から江戸のお話が大好きでした。磐音さんを20巻ぐらい読んだ頃から、磐音さんの歩く江戸の地名が気になり、インターネットで江戸の地図を探していたら「江戸歴史文化検定」を見つけ、3級に挑戦して合格したのも懐かしい思い出です。今度は磐音さんの住んでいたところを実際に歩いてみたいと思っています。最近は忙しい私に代わって、発刊されると父(今年米寿)が買って読んだあと、郵送してくれます。日頃中々行き来できない父と私を結んでくれたシリーズでした。


  • ちび さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    登場人物全てに魅了されています。シリーズが終わってしまうのが、とても残念です。


  • とっこ さん (40代・ 山口県・ 女性)

    ドラマをきっかけにこんなにハマってしまうとは!全巻何回読み返したことでしょう(特に紅椿の谷)。一人旅で高野山奥之院に行き、姥捨の郷はこの山奥のどこかかなぁと妄想したり。私の人生に多大な影響を与えましたよ、佐伯先生!最終巻、とても寂しいですが楽しみにしています。


  • かんちゃん さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    公共図書館で働いています。居眠り磐音シリーズは大人気で、いったいどのように皆さん調べられるのか、発売日の前からリクエストがたくさん出ます。60~80代の皆さんが1枚1枚予約カードを丁寧に記入して帰られるのを見ると、とても微笑ましいです。自分で買って読んでおもしろかったからと、寄贈される方もいらっしゃいます。完結してしまうとのことで、皆さんがっかりされるかもしれません。またこのようなシリーズを書いていただけることを切に願っています。


  • よおこう さん (80代・ 山口県・ 女性)

    シリーズ完結、たいへんお疲れさまです。楽しみに読ませていただきました。ありがとうございました。


  • ばあさん さん (80代・ 新潟県・ 女性)

    86歳の母へ大好きな磐音様からメッセージを!


  • 城下カレイ さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    臼杵に縁のある者です。豊後関前藩は大分県の佐伯あたりをイメージしていると思っています。作者も佐伯さんですしね。でもそれ以上に磐音の清々しさや取り巻く人々の人情に惹きつけられて何度も読み返しています。おこんさんを演じた中越さんもよかったですね。


  • ふーさん さん (60代・ 北海道・ 女性)

    1冊目で気に入り、以後本屋さんに出るのを楽しみにしてきました。この間、夫婦扇子もいただき大切に保管しています(使うのがもったいない)。いままでに二度以上は読んでいます。磐音本人の家族の生活が安定してきたのでホッとしています。その中で、ずっと気がかりだったのは、霧子さんの身内との再会・・・できないでしょうか?


  • ハル さん (40代・ 高知県・ 女性)

    全巻購入して読ませていただきました。時代小説が大好きです、特に居眠り磐音シリーズのファンです。完結するのが残念です。


  • 大槻四郎 さん (70代・ 新潟県・ 男性)

    時代小説が好きで月に3~4度書店や図書館に足を運んでいます。
    佐伯作品は読みやすく物語の進展やテンポが自分にピッタリ合っています。
    今後も一層の活躍を期待しています。


上へ