居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ノン助 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    居眠り磐音と旧主との関わりや知り人との人情の機微及び剣術へのひたむきな姿に心打たれますもうじき完結するのが残念です。新作を期待しています。


  • までらん さん (40代・ 奈良県・ 女性)

    母がいつも次はいつ?と楽しみにしていました。新刊がでたことを報告しあったり、次の内容を予想したり、楽しい親子の交流のきっかけの一つでした。ちょっと残念で寂しいですけど、ありがとうございました。


  • いっちゃん さん (70代・ 福岡県・ 女性)

    全巻揃えてます。毎巻楽しみに読んでおりましたので終わってしまうのがとても淋しいです。


  • あるがままに さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    あと2巻で終わりなんて現状を受け入れられない。いつまでも磐音と同じ時間を共用したい。
    一体、これから何度読み返すのかな?


  • azuresky さん (50代・ 東京都・ 女性)

    私の回りでは、稀薄になってきている、思いやりや気遣いが溢れている日常が溢れています。私も、こう在りたいと思う人々で溢れています。
    是非、壮年になった磐音に再会したいです。


  • みっちゃん さん (80代・ 福岡県・ 女性)

     何度も繰り返し読んでいます。この頃は、待ち遠しすぎて、名場面を楽しみに最初から読み直しています。


  • まめきちはは さん (60代・ 大分県・ 女性)

    時代小説が苦手な私が何度も読み返す作品です。読むたびに登場人物の魅力に引き付けられます。


  • 有閑ママちゃん さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    図書館で借りて読み始め、嵌まってしまいました。気づいたら、全巻買っていました(笑)何度読んでも爽やかさの残る作品ですね。ついに完結~改めて最初から、読み返したいと思っています。


  • さきちゃんぱぱ さん (50代・ 沖縄県・ 男性)

    NHK時代劇で磐音をみてからのファンになり、次号を今か今かと待ってましたが、終わってしまうので51号を待つのは微妙な気持ち。


  • メロディー さん (10代・ 福島県・ 男性)

    シリーズ完結・・・楽しみがなくなってしまう。もっと続けてほしいのに、ものすごくさびしい思いでいっぱいです。私は、シリーズ途中からの読者なので、完結しても4巻から続きを読破したいと思います。最後、ハッピーエンドで終わるのか、どのような結末が待っているのか、発売をワクワクして待っています。


  • 江戸マリー さん (60代・ 宮崎県・ 女性)

    NHKテレビで放送された「居眠り磐音」から、この作品のファンになりました。NHKテレビ放送で演じた山本さんをイメージしながら、作品を読んでいますが、作品を読み進みながら、映像が浮かび上がってくることは、楽しいものです。毎回楽しみにしています。


  • じゃ さん (40代・ 滋賀県・ 男性)

    何年も楽しく拝読していました。結末も楽しみですが、終わってしまうのが残念です。続編は?


  • ふくちゃん さん (80代・ 京都府・ 女性)

    いつも新刊がでるのが楽しみにです。年賀状の到着も心より楽しみに待っています!


  • がっちゃん さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    いつの日か空也や周りの人のその後を伝えて頂けたらなー!と思います


  • とうかんす さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    この作品に出会えた事に感謝してます。有り難うございました。


  • みよちゃん さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    シリーズが終わるのが残念です。
    これからは、繰り返し読みます
    また、新作を期待してます


  • みよちゃん さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    シリーズが終わるのが残念です。
    これからは、繰り返し読みます


  • 磐音好代 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    時代劇の小説やテレビは敬遠していましたが、友達からの勧めで読みんでみるとはまってしまいました。
    「中毒だなぁ。」と主人があきれるほど。涙を流し一喜一憂しながら一気に読み終わりました。
    磐音様、おこん様、なお様、また新シリーズでお会いしたいです!
    テレビも再放送して下さい!(見ていなかったので)そして、第2弾も放送して下さい!
    佐伯先生、お体ご自愛下さ~い‼


  • ももだろう さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    筋の通った潔い話で、いつも新刊を待ち望んでいます。出来れば当初のように、テレビ放映にならないのか
    と妻と話しています。


  • 磐音ファン さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    第1巻から第49まで、すべて読んでいます、しかし、来年の1月には、完結編が出版されると、新聞の広告に出ていました。
    残念で仕方ありません。
    しかし、早く完結編を読みたいです。


  • ムンタ さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    いったいどうやって終わるんだろう?
    山本耕史くんも幸せになったし(^^)


  • ひろぽん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    佐伯先生のおかげですっかり江戸街歩きファンになりました。磐音が歩いた江戸の町並みを思い浮かべながらの東京見物にはまってます。


  • まるこ さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    初めて 居眠り 磐音を手にして どのくらいたったのでしょうか?!
    私は、鎌倉河岸捕物控 から、読み始めました。12年前、入院中に 以前からどうしようか悩んでいたんですが、思い切って購入。 正解でした。 それからは、他のシリーズをと、磐音さんにはまりました。  次は どんな展開になるのか 毎回楽しみでした。
    好きな小説は 読み返しますが、こんなに折に触れ 読み返す本も 珍しいです。
    終わるのは さみしいのですが、程よく と思う気持ちもあるんです。
    新刊 楽しみに 待っています!! 


  • 伊達おとこ さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    友人より第1巻を借りてよんだらはまってしまい一気に1巻から28巻分は大人買いして読みました。涙して読んだことしばしばでした。50・51巻楽しみです。


  • じゅんこ さん (80代・ 兵庫県・ 女性)

    毎回新刊が出るのを楽しみにして、ハラハラ、ドキドキしながら拝見して居ります。道場が再建出来る事を心より楽しみにしています!


  • 左歌咲伊和寝 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    明けましておめでとうでござる。
    照る日も、降る日もある。そして、いつも敬い、慕われる仲間がいる。そして、アナタがいる。時代は移り変わるが、かわらない、いや、変えられない思いがある。そんなアナタの生き様にシリーズを通して、感銘を受けました。どんな結末になるにしろ、きっと坂崎磐音は、私と同じように、これからも信念を負けずに、人生を全うするのでしょう。最愛のおこんさんやこどもたちに囲まれ、守るべき家族とともに。
    私も妻と最良の人生を送れるよう、年の初めに改めて思いを強くした次第だよ~ん。


  • kurokuma さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音ファン歴2年です。
    ファン歴は短いですが、昨年は余暇のほとんどの
    時間を磐音さまに注ぎました。
    磐音さまに子供が生まれるところは何度も何度も読み返しましたよ。いよいよ完結してしまうのですね。寂しいです…


  • 熟女 さん (60代・ 宮城県・ 女性)

    佐伯先生の作品が大好きで、全作品読んでいます。
    それだけに、居眠り磐音が終わってしまうことがとても寂しいです。
    もうストーリーは出来ているのでしょうが、どうか皆が幸せで終わりますように、と祈らずにはいられません。
    今後の新しい作品も楽しみにしております。


  • もも さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    とうとう終わってしまうんですね。また一冊目から読み直します。


  • にゃんにゃこぷーにゃん さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    職場が以前より遠くなったので、バスにゆられている時間がもったいなくて、今まであまり活字に親しんでこなかった「本を読む!」ことにしたのです。読み始めた時点で、すでに46巻が出版されている人気シリーズと知って選んだのですが、読むのが苦手で1ページ読むにも時間のかかる私に、「ここの契約が切れるまでに読み終えるといいね」と言っていた同僚も19巻まで読んだ時には、「そんなに面白いの?」とびっくりしていました。今は、資格試験の勉強中で中断していますが、春になったらまた続きを読もう!!と思います。


  • 猫娘 さん (80代・ 福岡県・ 女性)

    第1回より楽しみのしてまいりました。今までの色々な場面、色濃く浮かんでまいります。有難うございました。先生、お体大切にお過ごしくださいませ。


  • 磐音大好き さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    自分や家族の病気や仕事の悩み、生活が苦しい時期などが発売時期と重なって励まされました。毎回楽しみの本です。


  • まい さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    山本耕史さんが主演というNHK時代劇を観始めたのが「居眠り磐音」との出会いでした。テレビシリーズが終わってすぐに、原作本を大人買い。由蔵さんとのやりとりにクスリとしたり、奈緒との襖越しの別れにホロリとしたり。何度も読み返しています。なかでも「夏燕」が大好きです。家基様のハツラツとした姿が浮かびます。後半は悲しい出来事が続きましたが、いよいよ完結、寂しくもありますが、どの様に決着がつくのかを楽しみにしています。人との繋がりの大切さを学んだ作品でした。


  • けせら さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    時代小説にはまるきっかけになった本です。
    磐音、おこんはもちろん登場人物がみんな人情味溢れていてとても素敵でどんどんこの世界にのめり込みました。なれるものならこの世界の一員になりたいです。続編をぜひお願いします‼


  • kana さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    毎回楽しく読ませていただきました。
    何度も読みたい物語を作っていただき、ありがとうございました。


  • ちいたま さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    NHKで放送していたドラマを見て原作を読み始め、すっかりはまってしまい、新刊が発売されるのを首を長くして待っています。あと2巻で終わりと知り、ショックを受けています!
    どんな完結になるのかも楽しみですが、まだまだ磐音さんの成長を見守っていたい…。
    磐音さんも好きですが、利次郎さん、辰平さんも好きです❗


  • 晴チャン さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    当初は、非常に面白く、夢中になりましたが、だんだんと面白味が低下したように思います。最終回まで僅かですが、最後の奮起を期待しています。


  • 頑張り屋 さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    妻に薦められ「居眠り磐音」を読むようになり
    楽しみに来ましたがついに終わりが来ましたね。
    他の9シリーズも楽しみに読んでいます。
    (完結したのもありますが)


  • みっくん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    早く最後の巻が読みたいようなもっと続いてほしいような。


  • momo:hi-ko さん (70代・ 静岡県・ 女性)

    日光街道を歩きました。家基の影警護に活躍された磐音が、今にも出てきそうな杉並木でした。磐音様にできうればお会いしたかった~。雰囲気は十分感じて歩けました。


  • しし丸 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    通勤電車で夢中になりすぎて、朝から乗り越しが多々あります。


  • あいの里 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音さん大好きです。
    60歳です。
    でも、大好きです。
    豊島屋さんに、お酒も、もちろん買いに行きました。


  • 日本晴れ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    この度の磐音さまから年賀状を頂けるかもしれない❗となんというビッグなお知らせでしょう👀💕💘初版本からシリーズの虜となり、自分自身も長屋の住人として生きてみたり、悲しい出来事に泣き、嬉しいお知らせにトキメイタリのファン生活でした。満月を見るたびに江戸の方々に思いを馳せることは、シリーズが終わってもず~っと続くことでしょう。心して1月の新刊を読ませて頂きます。宜しくお願いします。


  • kazu さん (80代・ 埼玉県・ 女性)

    いつも楽しみに読んでいます。またドラマとして見られたら良いと思っています。


  • たろうちゃん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    完結するのが残念です。
    病気療養中の我が身には、とても楽しいひとときでした。


  • ペンちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    磐音の思わぬ帰省の時から始り、悲劇を乗り越え、痛快無比の大活躍に毎巻発行されるたびに、わくわくして書店に走りました。「居眠り磐音」が発刊されない期間が長い時に、佐伯作品の「夏目影二郎始末旅」(完)、「鎌倉河岸捕物控」、「密命」(完)、「古着屋総兵衛影始末」(完)、「新 古着屋総兵衛」、「吉原裏同心」、「酔いどれ小藤次留書」(完)、「新・酔いどれ小藤次留書」、「交代寄合伊那衆異聞」(完)もすべて愛読者になってしまいました。ありがとうございました。


  • ガティート さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    おこんのような芯の強い賢い女性に憧れます。
    磐音の沈着冷静さがいつもすばらしい。磐音をとりまく人間関係も魅力的です。


  • みかん さん (30代・ 佐賀県・ 女性)

    父が好きでよく読んでいます。ドラマ放送があった時も毎週欠かさず見ていたくらいです。


  • 座豚猫 さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    テレビドラマで初めて”居眠り磐音 江戸双紙”を知り、本を購入してからすっかり磐音ワールドに嵌りました。毎日床に入る時には目を通さないと眠る事が出来なくなり、5巡目も過ぎました。本に描かれている人々が皆優しく思いやりにあふれてる姿を目にしますと救われ、慰められます。そして磐音の丁寧な言葉の美しさに自分自身反省させられる思いでいます。佐々木玲圓の姿に武骨で不器用でしかし筋を通す亡き父の面影を見つけて”更衣の鷹”では玲圓殉死を小説としてだけでは受け止められなくて暫く何もする気が起きない程 落ち込みました。この本のお蔭で日本の歴史にも興味が湧き、開山1200年の高野山金剛峰寺へも行き、名刀にも興味が湧き 残されたこれからの人生がより豊かな楽しみが待っている様で幸せな気持ちになれました。
    人生とは思い通りにいく事のほうが少ないですが磐音の様に全てをあるがままに受け入れるほうが幸福になれる事を学びました。また多くの心に響く言葉が書かれていて、その言葉から勇気と元気を貰いました。 いよいよ完結に向かっていきます。とても名残惜しい思いと登場人物達にどんな世界が待っているのかとの不安な気持ちでいますが、どんな結末でも受け入れる覚悟をしています。
    佐伯泰英先生のご健康を心より祈っています。


  • Taka さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    毎回楽しみに読んでいます。いつの間にか本棚は磐音だけでなく他のシリーズでもいっぱいになりました。これからも楽しみにしています。


上へ