居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • カビゴン さん (40代・ 東京都・ 男性)

    毎回、発売日が楽しみでした。
    大団円、期待しています。


  • さる姫 さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    たまたま見たNHK木曜時代劇がとてもおもしろく、たまらず原作を買いに本屋へ走りました。いつもは早読みなのですが、「居眠り巌音江戸双紙」だけはじっくりゆっくり読む醍醐味を味わっています。時折、1巻から読み直したり、何回読んでも味わいが薄れません。何度読んでもワクワクします!
    父にもすすめたところ、たちまちファンになってしまいました。今では、新聞広告で新刊案内を見つけると、「ほら!もうすぐ出るよ!」と報告してくれます。親子で楽しみを共有できるので、うれしさ倍増です。


  • 赤とんぼのしんちゃん さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    NHKで放送されて以来、大ファンになりました。本も発刊が待ち遠しく、購入すると一気に読んでしまいます。全巻揃えていますが次号で終刊とのこと残念です。佐伯先生の本は、鎌倉河岸を愛読しています。
    これも発刊が待ち遠しくてなりません。しかし、先生のお身体が心配です。多筆な方なので。
    どんな年賀状か楽しみです。


  • R.T さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    繰り返し何回も読んでいます。シリーズの完結、楽しみです。


  • ナッツクッキー さん (60代・ 東京都・ 女性)

    次々襲い掛かる苦難を、日々の鍛錬の剣を持って切り抜けていく磐音。人には、優しく自分には厳しい。私利無欲の生き様、旧藩の人々、市井の人々、門弟達に慕われる生き様に心惹かれる。磐音と共に江戸の町、そして各地を旅して、刊行されるたび夢中で読み進みました。


  • ダイアナ さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    後少しで終着です。長い旅でしたが磐音と共にハラハラドキドキそして胸が熱くあの真摯なまでの正義感と情愛溢れる磐音にもう一目惚れです。読み過ぎて目医者に通い治るのを待ってまた読みました!一番は兄と磐音で盛り上がる事です。終わるのは寂しいですねとても!!書いてくださった佐伯先生に感謝しております。


  • KONA さん (50代・ 東京都・ 男性)

    シリーズ終了が待ち遠しい反面、とても寂しく考えたくない気持ちです。たまに愛犬と散歩する深川近辺から両国までの隅田川沿いも何故かこれまでとは違った思いで眺めています。ますます江戸時代や江戸に生きた人達を身近にしてくれたこの小説が大好きです。取りあえずはシリーズの締め括りをあれこれ想像しながら発売を心待ちにしています。


  • 祭り爺 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    佐伯先生の本は全て読んでいます。
    時代劇シリーズの背景描写には、常に感動と驚きの連続です。
    磐音の歩んだ地図を添えて読むのが
    何より楽しみです。


  • ひろ さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    磐音さんの活躍を心から楽しみにしていた母。新刊を持っていくと、わあ、楽しみ!と声もはずんでいました。病気で寝てばかりいる日常に、外の世界を体験させてくれる唯一の楽しみだったようです。
     このシリーズの完結を目にすることなく、母は亡くなってしまいましたが、仏壇に供えた本を今も読んでいてくれると思います。あこがれの磐音さんから年賀状が届いたら、きっと母も喜ぶことでしょう。母の心を明るくしてくれた、磐音さんに感謝しています。


  • chipengin さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    磐音様との出会いは、テレビの時代劇でした。一気にファンになり、佐伯先生のファンになりました。
    母親・妹・友人等、を巻き込み皆が先生のファンになりました。もちろん本は、回し読みではなく、各自大切に揃えています。


  • bergen さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    勧められ読み始めたら、磐音マジックにまんまとハマってしまいました。名残惜しいです。佐伯先生、またいつか、磐音ファミリーに会えますよね?


  • オリーブ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    長年の磐音様の大大ファンです。
    ついに完結してしまうのかと思うと淋しくてなりません。
    テレビドラマ化はされていますが、新たな配役で、シリーズ化して頂きたいと熱望しております。


  • かれん さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    長い間お疲れ様でした。家老の跡取りに生まれながら波乱万丈の人生でしたね!江戸での生活、うなぎ裂きやら用心棒に始まり、いろんな人たちとの出会い、おこんさんと結ばれ・・物語は完結かと思いきや、道場の閉鎖、諸国への放浪、家族が増えいよいよ江戸へ。田沼の栄華もついに・・この先は、再び元の地に道場を再開して亡き養父母の無念をはらすことが出来るのでしょうか?あと2冊嬉しいような寂しいような・・
    磐音一家の新しい夜明けが待ち遠しい気持ちです。


  • 明と佑 さん (80代・ 埼玉県・ 男性)

    題一環より42巻まで読みとても感動してます、毎日読み更けており時をり涙も零れるほど、のめり込みます。磐根の生涯の生活や生き方に読む程におこんとの、愛に痺れてます。


  • ショウちゃん さん (60代・ 大分県・ 男性)

    完結の情報に感慨無量、無性に寂しい気持ちと、長い間楽しませて頂いた、佐伯先生に感謝。


  • 江戸好きじい さん (70代・ 宮城県・ 男性)

    佐伯作品はすべて読破していると自負している。皆気に入っているが、特に居眠り磐音はいいなぁ。磐音の半生と登場人物の成長や絡み・絆には感動させられた。最大の敵田沼意次の死でどのようなフイナーレになるのか最終章が楽しみだなぁ。リタイア後10年余、居眠りシリーズはじめ佐伯作品で江戸文化・歴史、武士や庶民生活にはまってしまった。 ありがとう!佐伯様


  • シーケンスエラー さん (50代・ 新潟県・ 男性)

    大好きだったこのシリーズも、もうすぐ終わりになると思うと寂しいかぎりです。私としましては、ぜひ空也を姥捨ての里に旅をさせていただきたいと、勝手ながら思っています。スピンオフとかお創りいただけないでしょうかね。


  • あまあま さん (30代・ 神奈川県・ 男性)

    毎巻まったく違った展開で飽きなかったです。その中での磐音の存在感、男を感じます。


  • 笠森お仙 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    大げさに聞こえるかもしれませんが、居眠り磐音は私の人生の一部になっていました。磐音を取り巻くまわりの人たちの優しさに何度も目頭が熱くなりました。通勤の電車でも涙を流したり、電車を乗り過ごしたり…と夢中になって読ませていただきました。完結はさびしいですが、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。


  • 釣り好きのノボちゃん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    磐音の生き方、すなわち佐伯先生の生き方と考えると、先生自身も確かにいい年齢になられたので、今シリーズに筆を置かれる事は、残念ではありますが、有難うございます、お疲れ様ですと申し上げたいと考えます!
    しかし、密命も終了してますが、数多の他のシリーズが有りますのでお身体に気をつけて戴く様お願いします!


  • みぃみぃ さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    母から頼まれました(*^^*)
    母は磐音さんが大好きで、本も面白くて好きだわーと言っています!
    年賀状楽しみにしているので、よろしくお願いいたします(o^^o)


  • 丸須惠電気商会 さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    シリーズもので次の巻が出るのを楽しみにしてたのに残念です。


  • 富谷の風 さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    人は、江戸時代だろうと、現代の平成の世だろうと、誠実に生きてゆくしか術がないと思うのだが。
    新しい年を、磐音さんと足並みをそろえて生きて行きたいと思っています。


  • 歴史好きな乙女 さん (50代・ 和歌山県・ 女性)

    母親と一緒にこの小説で歴史小説が好きになりました。


  • アンキモ さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    数年前父に勧めたら私以上に嵌ってしまい、磐音とともに年月を重ね、今年卒寿を迎えてくれました。
    毎回引き込まれる展開と歴史考証に感心することばかりで、このまま未完結でいれば、父の励みになると願っていましたので大変残念です。
    今後、機会があればビッグコミック等での連載を期待しています。


  • 居眠りねこ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    完結…とうとうその日が来てしまいました。古本屋で立ち読みしてから、虜になりそれから新刊が出るのを楽しみに読んでいました。あの苦しい戦いもやっと終わるかと思うと何やらほっとする気持ちでもあ利増す。出演者全員が大好きです。みんな、自分の知り合いのような気持ちでいました。本とは、おさらばですが私の中ではずっと子の物語は続いて行きます。佐伯先生、本当にありがとうございました。これからも読み続けて参ります。


  • 旭が丘の酒豪 さん (50代・ 宮城県・ 男性)

    いつも優しくしてくれてありがとう。
    今年も宜しくお願いします。


  • みつなりくん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    さみしいですが、磐音さまご一家の幸せを祈っています。


  • みっちゃん さん (80代・ 京都府・ 女性)

    娘の本棚にあったのを読んだのが最初の出会いでした。
    あっという間に、好きになり、早く続きが読みたくて、読みたくて…
    佐伯先生、素晴らしい出会いをありがとうございます。
    完結作楽しみにしています。


  • むっく さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    何時如何なる時でも、如何なる人に対しても(それが敵であっても)思いやりを持って相手に接しする磐音、それを信じ従うおこんと仲間たち…そんな中に私も身を置いていたくて、ついつい何度も読み返してしまいます。佐伯先生、長い間お疲れ様です。でも、まだ終わらないで欲しいです‼


  • りん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    初めて日本の時代劇小説を読んでいます。磐音様の人柄、強さはもちろんのこと、磐音様を取り囲む皆さんの優しさにも心をうたれながら読んでいます。
    読み始めると夢中になり、泣いたり笑ったりも。また侍言葉チックも出てくるようで(^_^;同僚や家族に笑われる事も。

    周りにファンがいないので、楽しさを誰かと分かち合うことが出来ないのが寂しいです。が、良さを伝えつつ、日常の心の支えに応援しています。楽しさを教えて頂いた佐伯先生には心から感謝しています。


  • おばば さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    すごく面白かったので、次のシリーズも楽しみにしております。


  • Koro さん (50代・ 東京都・ 女性)

    新作が出るとすぐに読んで海外に住んでいる友人に送ります。
    早く読んでしまいたい、いや早く読まないと友人が首を長くして待っている、しかし磐音のいる世界から離れたくない・・・
    毎回この葛藤と闘いながら読んでいます。
    いよいよシリーズも完結へ。
    私がファンのおそめちゃんも気になります。


  • とうきち さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    磐音のまじめさ、やさしさ、心遣い、思慮深さ、と本当にほれぼれする男ですね。
    フィクション、小説の中と分かっていても、読んでいてついついのめりこんでいる自分がいます。
    間もなく小説は完結と聞いていますが、完結しても磐音親子の行く末を見守りたいと思っています。


  • ありす さん (30代・ 愛知県・ 女性)

    本屋さんで何気なく手にした『陽炎ノ辻』は、時代小説を読むきっかけになった本です。磐音さまの大ファンであり、おこんさまのような女性になりたいとずっと憧れを抱きながら読んでいました。何度読み返しても新鮮に感じられる大好きなシリーズ。あと2冊で終わってしまうのがとても残念で、磐音ロスになってしまいそう… 磐音さまに関わる人々もそれぞれ素敵で、そういう人とのご縁に恵まれるのも磐音さまの人となりによるところなのでしょうね。本を読む度に私もそういう人になりたいなぁと思います。このシリーズとの出会い自体、私には宝物です。


  • aki さん (50代・ 新潟県・ 女性)

    居眠り磐音が完結する日を、首を長くして待っていました。本当にうれしいです。81歳になった父と、一緒に楽しみながら読みます。


  • アリス さん (20代・ 鹿児島県・ 女性)

    完結、おめでとうございます。

    欲を言うならもっと読みたかった。


  • けいちゃん さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    鎌倉河岸が佐伯作品との出会いでした。全ての作品を読み、裏同心もいいけどやっぱり磐音が一番好きです。佐伯さんと同い年の主人も時代小説にはまり、「吉田版居眠り磐音江戸地図」で、登場人物の足跡をたどりながら読んでいます。二人で地図を片手に年に一度の江戸巡りも5年目。さて、来年は何処へ?


  • KONAMOCA さん (40代・ 山梨県・ 女性)

    発売日がこれほど待ち遠しい本はありませんでした。しばらく磐音ロスになりそうです。


  • 定年おやじ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    いよいよ完結となると寂しい気持ちになります。道場の行方、空也の成人した姿も楽しみです。ぜひ、その後も書いていただいたらと思います。


  • かめこう さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    すっかり磐音ワールドの虜になりましたね。どんな局面にも打ち克つオールマイティさは素晴らしい、がしかし、その実おこんさんや今津屋の支えがなければ、その力を発揮することができません。奈緒とのせつない交錯もやっと落ち着いてホッとしました。あとは幸吉のおそめへの一途な思いを叶えてやりたいだけ。


  • ジィ さん (50代・ 新潟県・ 男性)

    楽しく読んでいます。まだまだ続くものと思っていました。今まで10回以上読み込みました。その都度新たな思いで、新たな発見をしています。
    人物像の描き方の素晴らしさと歴史の流れに本当に居たのではないかと思ってしまいます。私に充実した時を与えてくれて、大変ありがとうございました。


  • 野雅正之助 さん (80代・ 千葉県・ 男性)

    田沼意次も失脚、物語も終焉に近付いて来た感じですが?どの様な展開になるか?新年1月の一挙2冊発刊楽しみにしてます!!


  • 老眼女子 さん (40代・ 福岡県・ 女性)

    NHKドラマで山本耕史さんが演じている磐音をみてからファンになりました。
    ほろ苦さが魅力だなと思います。ちょっとした中毒のようです。よくこんなスピードで
    次から次に面白いものが書けるなあと毎回毎回うなりながら読んでいます。


  • 深川芸者美代吉 さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    佐伯先生の大ファンです。猛犬みかんちゃんのファンでもあります。
    先生もみかんちゃんもインフルエンザにお気をつけください。
    追伸、一度みかんちゃんにあってみたいです。


  • 青大将 さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    本当に長い間ご苦労様です。ようやくゴールに到着ですね。結果は解りませんが磐音が何とか無事に本懐を全うできると信じています。


  • ぺこ さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    夫と一緒に読んでいます。完結は寂しいですが、発売をワクワクして待っています。


  • タッキーじいじ さん (60代・ 岩手県・ 男性)

    書店で題名に引かれ何気なく手にした「居眠り磐音」、すっかり佐伯ワールドに引き込まれてしまいました。終了するのは残念ですが、また読み直してみます。


  • ミルクティー さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    まだ、5巻までしか読んでない中でのコメントです。
    江戸長屋の暮らしが、今話題のミニマリスト(持たない暮らし)にも通じ、こざっぱりした生活が素敵に感じる。登場人物の善悪が分かりやすく、あまり悩まずに主人公に肩入れできるの二点が、読んでいてすっきりした安心感につながります。


  • 居眠り猫ガンバ さん (60代・ 愛媛県・ 男性)

    佐伯先生の作品は全部読ませていただいています。特に居眠り磐音は大好きな作品でテレビ放送開始前から読んでいて、映像化してもらいたいなあと思っていました。この度来年で完結との事でさみしい気持ちでいっぱいです。長い間楽しませていただき有難うございました。


上へ