居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • chakou さん (60代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音シリーズとの出会いは、10年位前に、新聞広告に掲載されていたの見て面白そうなので、読み始めて、主人公磐音の明るさ、爽快さと強さ、そして関わり合う人たちとの絶妙な触れ合いにはまってしまい通勤時はもとより、家でも読みふけりました。奈緒さんとの哀しい宿命、お家騒動、難題を解決していく様とか、お紺さんとの出会い、脇役のキャラクター等、引き込まれました。このシリーズもいよいよ終わることになるのは寂しいですが、また最初から読み返したいと思います。


  • ペコ さん (60代・ 福島県・ 女性)

    毎回ハラハラドキドキで読んでいます。陽炎の辻から早49弾、もうすぐ完結寂しい…


  • 河童 さん (80代・ 愛知県・ 男性)

    筆者の本を、全部読ませていただきました。


  • ペコ さん (60代・ 福島県・ 女性)

    毎回ハラハラドキドキ…
    もうすぐ完結編、寂しい…


  • モミジおやじ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    1巻から49巻まで、ワクワク何度も読み返し、あと2巻楽しみでもあり、虚しさもあり。


  • 陽だまりもも さん (50代・ 長野県・ 女性)

     長い間、磐音一家と共に江戸の旅を楽しませていただきました。
    完結後も、私の心の中で旅は続きます。
    ありがとうございました。


  • yasu さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    あと2巻で終了、寂しいし残念、磐音さん〔佐伯泰英〕元気でね。


  • らっきょ さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    通勤時間に読書をしようと、人に勧められて読み始めました。今まで読書なんてしてこなかった私が、夢中になってはまってしまいました。家族もびっくり驚いています。佐伯先生のいろいろなシリーズの中でも磐音が一番おもしろいです。完結していまうのはちょっとさびしいですね。。。


  • shunta さん (70代・ 北海道・ 男性)

    第1巻からの愛読、母も待ち望む新刊、終わり方に興味あり・作者がんばれ!


  • えべちゃん さん (50代・ 広島県・ 女性)

    終わってしまうのが、哀しいです。いつも、新刊が、出るのが、楽しみでした。


  • あこはん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    いつも新刊が出るのを楽しみに待って発売日に買いに行きます
    あと1冊で終わりと思っていましたら 2冊あるとのこと嬉しいです
    磐音さんもますます器が大きくなり、
    登場人物もたくさんなので、結末を早く読みたいような終わって欲しくないような 気持ちです
    佐伯先生 お体大切に長く書いて下さい


  • ありちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    先生の時代小説を全巻すでに読んでしまった為、佐伯通信とにらめっこで発売日を心待ちにしております。読書が好きで一か月に平均して時代小説を5~6冊購入しますが、何よりも先生の作品を読む時はストーリーと流れに飲み込まれついつい夜更かしをしてしまいます。藤之助と玲奈の活躍が終わってしまったのは残念ですが、居眠り磐音、古着屋総兵衛、酔いどれ小藤次など楽しみにしております。


  • みちしず さん (30代・ 兵庫県・ 男性)

    TVドラマをきっかけに読み始めて、あっという間にファンになり、いつも新刊がでるのを楽しみにしています。シリーズ完結に嬉しさと寂しさが入り混じった微妙な気持ちでいます。磐音の剣の道におわりはないので、またどこかで出会えることを楽しみにしたいと思います。


  • じむ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    50巻到達、最終回目前ですね。おめでとうございます!
    読者としては最終回早く読みたくて、でも勿体なくて、複雑な気持ちです。
    最終回の後も幸吉くんとおそめちゃんのその後など、スピンオフがあればあればいいのに‥‥とつい考えてしまいます。
    でも先ずは先生が毎日をお元気で過ごされることと、いわねさまご一統のご無事をお祈りしております。


  • トコさん さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音さんもようやく腰を落ち着けられる場所が見つかったようで、良かったと思います。
    まだ最後まで読めていないのですが、どのように決着がつくのか早く知りたいです。
    家族が平穏に暮らせる日が早く訪れることを望みます。


  • ぱくちゃん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    いつも母が発刊を楽しみにしています。発刊日には朝早くから書店に出かけます。初刊からすべて持っており何度も繰り返し読んでいます。


  • はじばば さん (50代・ 熊本県・ 女性)

    人として品の良い生き方を崩さない姿が素晴らしいと思います。出逢えて良かったです。


  • 三重 こん さん (40代・ 三重県・ 女性)

    第一巻から全部そろえて読み返し、楽しんでいます。特に磐音が用心棒時代の時が好きです。


  • 直線番長 さん (40代・ 宮城県・ 男性)

    居眠り磐音 江戸双紙が終わると思うと本当に寂しいです。年に1冊は外伝として本になるとうれしいです。


  • fan27 さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    いつも、早く先を知りたい気持ちと、読むのが惜しいような気持ちとの間で揺れながら読んでいます♪ 高野山のお話は特に印象深かったです。年賀状、楽しみにまっています。ありがとうございます。


  • チーム野沢 さん (50代・ 富山県・ 男性)

    ブラタモリの放送の内容と久保田アナウンサーに興味津々でしたが、気が付いたら、ドップリと居眠り磐音シリーズにハマってしまいました。坂崎磐音には、人としての魅力がたくさんあって、私も近づけるように頑張ろうと思う。特に人望かな。


  • ようてい さん (70代・ 北海道・ 男性)

    磐音さんとの付き合いは、2002年からです。たいへん楽しい時間をすごしてきました。発売日に、一気に読んでしまい次の発売が待ちきれないく、何回も繰り返し読みました。2016年1月を楽しみにしています。
    またの会う機会を期待しています。


  • かみおかっこ さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    「密命」の最終章に近づくにつれ主人公が現実離れした行動するようになって興ざめした。
    「居眠り磐音」は期待を裏切らない終わり方をしてほしいと願うばかりです。


  • もっちゃん さん (60代・ 山口県・ 男性)

    あと2冊で完行とは残念でなりませんが、そのうち磐音の10年後、20年後をテーマにした続編、あるいはスピンオフで空也を主人公にしたシリーズが発刊されることを期待します。


  • タケミンミン さん (60代・ 熊本県・ 男性)

    「居眠り磐音」は江戸へ出て来て長屋の住人との交流、今津屋にての人々との関わりで、多くの人々との繋がりを作り、関係を深めていきます。このような生き方の自然さに一種の感動を覚えます。本人は勿論、周囲の人々も日々成長していく様子が物語から見て取れます。毎回楽しみに読んでいます。


  • dataona さん (70代・ 大分県・ 男性)

    毎回の佐伯通信楽しみにしています。新刊予定日で文庫本の購入予定がたてられて重宝しています。


  • いちちゃん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    老成した、磐音の物語を読みたいですが、せめて幸吉とおそめの幸せな姿を読ませてください。


  • 破天荒 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

     毎回、発刊日を楽しみにし、直ぐに読んだものです。武家の厳しい規律、町人の人情、友情と愛情、
    数え上げればきりがありません。母も楽しみにしており、回し読みさせて頂きました。
     できることなら、代を引き継いで、新しい物語へと展開していくことを希望しています。
    古着屋総兵衛、鎌倉河岸捕物控のように。


  • チィ子命 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    関西が担当地区の頃から出張のお供で読み出しました
    読み終えた後の心地よさに惹かれて佐伯世界を堪能しています


  • nyao さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    「待望の第38巻 刊行!!」の広告を電車内で見て、へ~、ずいぶん人気のある作品があるんだなと思って、良く見れば、NHKの時代劇の原作。それも大好きで見ていた作品の原作!。ちょっと読んでみようかなと思ったら引き込まれて、あっという間に新刊に追いついてしまった。
    次回作が出るまで待ち遠しい事!
    ちなみに、待っている間に佐伯先生のほかの作品は読破し、今は各シリーズの新刊をチェックしている状態です。
    さて、磐音シリーズですが、終わってしまうと思うとそれだけでとっても寂しいです。
    お願いがあります。
    ハッピーエンドで終わらせてください。
    縁側で居眠りをしている猫のように、暖かい気持ちで読み終わりたいです。
    なんども読み直すので、その度にハッピーになれますように。
    佐伯先生、よろしくお願いします。


  • 小麦 さん (50代・ 佐賀県・ 女性)

    読書は大好きですが、時代小説は何となく敷居が高く、読んだことがありませんでした。でも、NHKのドラマを見て原作に興味が湧き、手に取ってから一気にはまってしまいました。磐音はもちろん、みんなのキャラが愛おしく、読んでいて頭の中で映像が広がります。こんなに時代小説が面白いとは!夫も私につられて読み始め、夫婦で佐伯先生の大ファンになりました。


  • 挙母藩士 さん (20代・ 愛知県・ 男性)

    高校生の頃、図書館で「密命」に出会いました。最初は図書館で借りるだけでしたが、今までは全シリーズを買い揃えています。
    磐音の活躍があと2巻で終わるという寂しさと、ようやく磐音の戦いが終わるという安堵の気持ちがあります。磐音一家に幸せな結末が訪れるように願っています。


  • takayacchi さん (50代・ 東京都・ 女性)

    もちろん全部読んでいます。終了してしまうのは本当に残念です。ここ数年磐音シリーズはいつも私の心を穏やかにしてくれました。大好きです!まわりの人にすすめてみなさんもファンになりました。
    終わってしまっても私にとって生涯のバイブルのような本です。


  • イパ二マ さん (50代・ 岐阜県・ 女性)

    NHKのドラマを見て、小説を読み始めました。
    母も私も大ファンです。
    完結となるのはとても寂しい。
    佐伯先生、長い間夢をありがとうございました。


  • 山川さん さん (60代・ 広島県・ 男性)

    歴史小説しか読まなかった小生が、興味をそそる小説を無くしていた時、たまたま見たNHKの「陽炎ノ辻」から、この時代小説でも読んでみるかと、1巻「陽炎ノ辻」から23巻「万両ノ雪」までを大人買いして読み始め、あっという間に嵌ってしまいました。それからというものは次巻が出るのが待ち遠しくて、ウエブサイトに発刊予定が掲載されると、翌日には書店へ出向いて予約を入れてきました。
    この平成のベストセラーが完を迎えるのは寂しい、いや悲しい気もしますが、どんな形で終わるのか、楽しみでもあります。
    永年にわたる連載、御苦労さま、お疲れ様でした。
    因みに、NHKのドラマは、原作とかけ離れていて、小生にとってはアウトです。


  • カケフ31 さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    磐音の大きな哀しみと、剣の強さに優しさが加わり、毎号楽しみにしています。不安はこれから本人も年をとり、終わりがやって来ることがあると思うと、不安でもあり楽しみです。


  • けいぴか さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    坂崎磐音との出会いは父が入院したときに、病院の本屋さんで見かけたのが最初でした、それから父と姉、私と三人とも坂崎磐音の虜になってしまい、次々と本を読みました、50巻は読むのは大変だと思っていたけど、もう50巻もうお仕舞いなの磐音さんとも会えないの?1月4日早く読みたいでも終るのが寂しいです。


  • よし さん (40代・ 東京都・ 男性)

    もう何周も繰り返し読んでいます。
    大山詣の話を読み、実際に大山に行ってみたり、読むことだけでなく色々と楽しませてもらっています。もうすぐ完結なのが寂しいですが、楽しみにしています。


  • マウさん さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    ほぼ10年間、何度も読み返し、楽しませて頂いてます。51卷まで本当にありがとうございました。後2巻、ですね。最後のページはきっと震えて読 I めないかもしれません。江戸時代に興味を持ち、刀にも興味を持ち、人情や人生まで考えさせられるシリーズです。磐音さんが本の中で、私の中で、生き続けることでしょう‼️


  • りゅうちゃんママ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    新刊が出るのが待ち遠しく、新刊が出ればすぐに読み終わりまた、待つ生活です。
    人情溢れる人々。心のある剣。いつまでも、彼らの生活を見続けたい!
    読み終わると、人の気持ちを大切にしようと思わせてくれます。
    また、私は剣道をしていたので、戦いの場も目に浮かびます。
    これからも、楽しく心清らかになる磐音達を活躍させて下さい?


  • けい さん (40代・ 愛媛県・ 女性)

    父がいつも読んでいるようなので、代わりに年賀状に応募します


  • ぜん さん (40代・ 岩手県・ 男性)

    10年前、当時付き合っていた彼女が読んでいたのがきっかけで読み始めました。面白くて、寝ないで読み耽った事もしばしば(笑)。
    磐音さんが終わってしまうのは寂しいです。


  • ナカちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

     シリーズはアマゾンを通じて、ほとんど買っています。特に、「居眠り磐尾と江戸双紙」は夫婦ともども
    読むのを楽しみにしています。今後とも、ご活躍を祈念しています。


  • tora1058 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯先生の作品を初めて読んだのが「居眠り磐音 江戸双紙」でした。それから以降、楽しく読ませてもらっています。
    もうすぐ完結かと思うとワクワクして待ちきれません。
    ありがとうございました。


  • えてゆさる さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    江戸の市井を描いた巻も、旅先の巻もいずれもよさがありますが、江戸情緒あふれるエピソードが特に好きです。シリーズがいよいよ完結してしまうとのこと。いつかは完結してしまうと思いつつ、さびしいです。これまでの登場人物にまた会えるようなお話が入っているとうれしいです。完結後、スピンオフの巻など刊行されないでしょうか。


  • ココパパ さん (60代・ 京都府・ 男性)

    磐音の生き方に毎回引きずり込まれてしまい、読み手の私としては感心しきりです。生きている時代背景は、違うのですがうらやましいなと思っています。


  • kuzu さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    第一作から楽しみに読ませていただいてます。一月の2冊で終了なのはすごく寂しいです。
    先生、楽しい時間をありがとうございました。これからもお体に気を付けて、また新たな物語を読ませてください。


  • どっちぇ さん (70代・ 岡山県・ 女性)

    坂崎ファミリーの皆様(白山も含む)に幸あれ! 奈緒様にも落ち着いた生活が出来るように心から祈っています。


  • 旭岳 旬太郎 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    やっと完結となる、どんな結末になるか期待してます。


  • 孫すき牛ばあばあ さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    楽しくワクワクしながら読ましていただいております。磐音さんの活躍、おこんさんの縁の下の支え、ほっこりするところ、いろいろな場面があり、読み進むたび胸がワクワクしています。
    完結するそうで、どうなるのか楽しみと寂しさが今心のなかにあります。


上へ