居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • Santa さん (40代・ 北海道・ 女性)

    佐伯先生の数々の作品愛読者である父と争うようにして読みました。個性的な登場人物が多く、その生き方をいろいろと想像しながら読んできました。個人的に空也くんの青年期に興味がありますが、次回で完結とのこと。なんとか佐々木道場が再興されることを願っています。


  • 川村 香世 さん (70代・ 東京都・ 女性)

    元気で、まだ目が見えるうちに完結することが、何よりうれしいことです。著者には勿論ですが、磐根さまにも「ご苦労様でした」と、是非お伝えしたいですが、方法が思いつきません。51巻目を読了後に、そっと胸の内で呟けばよいでしょうか?


  • まっしー さん (70代・ 長野県・ 男性)

    最終巻「旅立ノ朝」・磐音や磐音を取り巻く人達がどのような旅立ちを迎えるのか今から楽しみにしています


  • タクドラ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    妻から「佐伯さんの本面白そうよ!」と言われて読み始めたのが5年ほど前でしょうか?最初に手にしたのが「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズでした。直ぐに虜になって、その他のシリーズも読破しました。
    読書の習慣が身に付いたのは佐伯さんのお陰です。感謝しております!


  • さわちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    時代ものを読み出したのは娘の影響。磐音を知ったのはNHKを見てから、その後出版されてるのを知り買いあさり読んでいます。武士道に興味を持っているものですから、磐音の生きざまに大いに共感を持ち、俺ならこうする、俺の読みは甘いな等となりきって読んでます。江戸時代の東京がよく分かる背景解説も忠実に表現されているように思います。東京に行ったときなどは、ここを磐音が歩いたんだ、この川を等と思いを巡らしています。


  • 家族で磐音ファン さん (20代・ 東京都・ 女性)

    毎回、私と父母で回し読みをして楽しんでいます。
    もともと、書店の棚にオススメNo.1と掲げられているのを目にして読み始めました。
    磐音が奈緒を追った旅の終わりとともに小説も終わるのかと思いきや、まだまだそこからでしたね。身ごもったおこんが必死に旅を続ける場面では、読みながら父が号泣。常に次巻が待ち遠しく、もうすぐ終わると思うと寂しい気もします。
    まるで自分がその世界へ入り込んだような気になる世界観。あと僅かですが、楽しみにしています!


  • しえる さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    今まで爽快感をありがとうございます。
    最終章の行方が楽しみです。


  • 良おじ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    図書館で何気なく手にとった本が磐音シリーズの2巻でした。
    その面白さに引き込まれ、1年がかりで25巻くらい読みましたが、
    順番でないため、いまいち筋書きの繋がりが不明でした。
    思い切って、古本ですべて集めようと1~2年がかりで、集めました。
    その他のシリーズもすべて、同じように集めて読破しました。
    というより、読破しつつ今は新刊待ちです。
    磐音シリーズももうすぐ終わりだと思うとなんだか寂しいですね。


  • SUZU さん (50代・ 奈良県・ 女性)

    映像化すると、おこんさんは、天海祐希、白鶴さんは、宮沢りえ。主人公は思い浮かびません。


  • 白雪姫 さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    テレビドラマを見てファンになり、軽い気持ちで原作を読んでみたら、完全にはまってしまいました。佐伯先生素敵な物語ありがとうございました。


  • B・B さん (40代・ 宮城県・ 女性)

    今の世の中にはない信頼で結ばれた磐音を中心とした人間関係に憧れます。
    それを陰ながら取り持つおこんさんの気苦労がどれほどのものかを思うとどんだけ人間出来てんの!と
    感心せずにはいられません。
    それと、空也や睦月ちゃんの成長を見てみたいと思うのは私だけでしょうか…。


  • 宵闇太郎 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    磐音とおこんの切ない恋から見守ってきた坂崎家の歴史が、いよいよ締めくくりになるとは、感慨深く、名残惜しいことです。親戚の一家のような親近感をもって新刊を待っていましたが、もうすぐそれもおしまいなのですね。長い間、楽しませていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。次の二冊も、期待しています。


  • にゃんこ先生 さん (60代・ 北海道・ 男性)

    児玉清さんの「読み出したらやめられない」との書評コメントを憶えていたので読み始めました。きっかけはバイトの通勤電車の往復時間の使い方でした。 いま、30冊目「侘助ノ白」を読んでいます。何年もの長い間文字を読むのは新聞くらいで読書を全くしていない生活を送っていましたが、もっと早く読み始めれば良かったと思いました。物語の始めから過酷なまでの試練に巻き込まれる磐音はそれが宿命か業なのか使命だったのか?親友二人を失い、愛する許婚者とも別離、可哀想すぎます。脱藩を余儀なくされ家も継げない、残酷です。紆余曲折があっておこんさんとの出会いそして夫婦。ホッとしました!読んでてよかった。
    私は現在68歳、目も悪くなって早くは読めないのでゆっくり自分のペースで楽しみながら磐音の活躍を見守っていきたいとおもいます。友人にも機会あるごとに勧めて、ひそかに自身を粋に思っていたりしてます。


  • かじかじ さん (70代・ 東京都・ 女性)

    今年こそ、神保小路に尚武館を再興してください。


  • otokichi さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    初めて買った時代劇小説でした。完結は寂しいかぎりです。


  • るんぐ さん (20代・ 東京都・ 女性)

    最近読み始めた新規ファンです。
    私が抱いていた時代劇観をいい意味で壊してくれたその痛快な作風に、一気に引き込まれてしまいました。
    完結との事ですので、これからゆっくりと最終巻まで読み進めて行きたいと思います。


  • 手打ちのそば好き さん (70代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音にビビット来るものを感じて以来、佐伯作品にはまっています。善が必ず悪に勝ち、常に庶民を味方につけ慕われる人柄は人生の手本である


  • クロキリイッポン さん (60代・ 東京都・ 男性)

    新刊が発売されるのを毎回楽しみにしてました。最終巻というのがとても寂しく感じます。

    磐音やその仲間達が魅力的に書かれていて、それぞれに愛着があります。各登場人物の暮らしをもっと見続けたかったです。

    最後に、佐伯先生長い間お疲れ様でした。これからの作品も楽しみにしております。


  • こうゆ 磐音さん さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    もう何年のお付き合いになりますか。読んでは戻り繰り返し何度読ませて頂いたことか。途中先生の御体調が優れない時もあられたようですが、完結を読ませて頂く日が来るとは。始まりがあれば、終わりが来るのは致し方無い事ですが、寂しいです。でも、完結しても、いつまでも、まだまだ繰り返し読ませて頂くつもりです。先生をはじめ、関係者の方々に、お疲れ様でございますと、そして、本当に感謝の気持ちをお伝えしたいです。ありがとうございました。


  • 埼玉の剣豪 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

     いよいよ来年一月完結する年に坂崎磐音先生からの年賀状に心ワクワク
    です。
      


  • みーちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    寂しいです磐音終わってしまうのがとても寂しい。正月過ぎに脳動脈瘤の手術を受けるのですが無事に終わったら初巻
    から読み直そうと思います。先生もどうかご自愛くださいませ。私は磐音を読んでから時代小説のフアンになりました。
    次回作そして現在続行中鎌倉河岸他どうかまだまだ続きますように願っています。


  • tommy さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    前略
    佐伯先生様、
    いつも新刊が出るのを楽しみにしています。
    磐音やおこんに他の登場人物の方々…の中、お話が進むたびにワクワクすると同時にちょっぴり感じるじれったさ…。
    妄想族の私にはこのお話を読んでる時間が、外気を遮断して一人きりになれる至福の時間です。
    もうすぐ完結を迎えると伺いました。
    今後どうしようかと戸惑っています。
    とりあえず、書棚にずらりと並ぶ佐伯先生のシリーズ作品を全て読み直そうかと考えています。
    そして、他のシリーズの新刊も少しずつ出ているので、そちらも楽しみにしています。
    それにしても…長い間親しんできた磐音ファミリーのお話…番外編(スピンオフ)とかの予定はないのですか?
    スミマセン。
    悪あがきです。

    佐伯先生、いよいよ冬がすぐそこまで来ているようです。
    今年はまだ暖かいと油断していると急に冷え込む日もあります。
    どうか…どうかお身体ご自愛ください。
    そしていつまでもお元気でいてください。
    末筆ながら先生のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

    かしこ


  • ufo さん (80代・ 東京都・ 男性)

    第一巻から二度三度と読み返しながら楽しんできました。 後、二巻で終わってしまうと思うと寂しい限りです。


  • スペンス さん (40代・ 秋田県・ 女性)

    NHKのドラマで初めて知りました。アクション、人情、恋、陰謀、ユーモアと盛りだくさんのドラマは何度見ても飽きず、今も繰り返し見ているほどです。原作があることを知り、本屋へ行ってみると、30冊以上が並んでいました。こんなにあるの!?と、こんなに長く続いている人気ぶりに驚きました。たくさん読めるのは嬉しいけど、読みきれるか心配でしたが、読み始めるとすぐに全巻読んでしまい、続きが出るのが待ち遠しかったです。終わってしまうのは寂しいですが、最後まで楽しみにしています。


  • 猪口と徳利 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    ふと手にした居眠り磐根 すぐ夢中になり 時間が出来れば 磐根を追っています。
    只今17弾 完結まで進むまで 人情味たっぷりでドキドキしながら時に笑ったりと
    ゆっくり楽しんで読んでいきたいと思ってます。


  • ひろのすけ さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    いつも磐音の男らしさに、惚れぼれとして読んでいました。お別れかと思うと淋しいです。
    これからの淋しさ…ペットロスの気持ちです😰


  • つばめっこ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    結婚する前から陽炎の辻を読み始め、長男はもう6歳。年月を感じますね。


  • 博多のトトロ爺 さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    磐音と初めて出会ったのは社用車に忘れられた先輩の時代劇の小説でこれまで読んだことのないジャンルでした。待機時間に暇つぶしで読んでいたら少しづつ江戸の町が目の前に広がってくるような、長屋に住んでいる人たちの息遣いまでも感じます。「居眠り磐音」を読むようになってよく涙がこぼれそうになったりします。私も45巻まできました。この後の展開が楽しみで又残り少ないとのことで寂しいです。


  • まなはな さん (40代・ 東京都・ 女性)

    新刊が出るのをいつも楽しみにしていたのに、とうとう終わってしまうんですね。
    あんなに密度が濃い楽しい本はそうそうないので終わるとなると寂しい気持ちでいっぱいです。
    最終巻でどう決着がつくのか楽しみにしてます。


  • アイスコーヒー さん (20代・ 大阪府・ 男性)

    第40巻が出たあたりに、第1巻から読み始めました。それがきっかけで佐伯先生の他の作品も読みまくっています。これからも佐伯作品を読み続けます!


  • ハミング さん (40代・ 秋田県・ 男性)

    NHKのドラマを見たのがきっかけで「居眠り磐音」を知り、その魅力に引き込まれて気がついたら49巻まで読んでいました。これほど熱中した小説は初めてです。完結するのは少し寂しい気持ちもありますが発売を楽しみにしています。


  • hanako-baba さん (80代・ 香川県・ 女性)

    NHKのドラマがきっかけで、本を買い、読むようになりました。もうすぐ最終話、寂しいような気もありますが、生きて読み切ることができることに、感謝です。磐音さんは、剣術の腕もさることながら、人格が素晴らしいと思います。誰に対しても、言葉遣いが丁寧なところが特に気に入っています。佐伯先生の本を娘も読んでいます。内容について話すことで、良い交流ができています。これからもお体に気をつけて、ますますの活躍をお祈りします。


  • 前九年の狐 さん (40代・ 岩手県・ 男性)

    叔父がシリーズの大ファンです。近年は闘病生活が続き、先日いよいよ抗がん剤治療をやめ自宅療養とする選択をしました。その叔父に磐音からの年賀状を、と親戚で思い立ちました。


  • kakkoおばさん さん (60代・ 北海道・ 女性)

    NHKラジオで今は亡き児玉清さんの紹介ですぐに書店に走りました。以来49巻+全て3回読みました。
    なぜか何度読んでも泣いてしまいます。空也は姥捨ての郷に行くのか?豊後関前には?あの佐々木家代々の銘のある銘刀は?来年1月の2巻で終わってしまうと思うとこれから何を楽しみに・・・・・


  • 歴女ばあちゃん さん (70代・ 茨城県・ 女性)

    NHKドラマ「陽炎の辻」を見たのが磐音と出会った最初でした。以来既刊の巻を全部揃え、新刊が出る度に買い足して、何度読み返した事か。磐音たちがすぐ隣で暮らしているような親密感を感じています。物語もさる事ながら、江戸時代の人たちの暮らし振り、仕組み、考え方などが、とても分かりやすく参考になりました。特に14巻の、日光社参の巻は、日光街道にある我が古河の周辺など、実在の事物が描かれていて感動でした。早く完結篇が読みたいという思いと、磐音たちの子供たちの時代がどうなって行くのか知りたいという思いと、矛盾の中にいます。佐伯先生!まだまだお若いのですから、将来ぜひ続篇を書いて下さい。お願いします。(^∇^)


  • 親子三代 さん (10代・ 東京都・ 男性)

    親子三代でテレビ番組をきっかけに好きになりました。優しくて強い磐音さんカッコいい! ストーリーを家族で話すのも楽しかったので、終わってしまうのが残念です。


  • hiromitomo さん (60代・ 東京都・ 男性)

    シリーズの完結が残念です、スピンオフ等も期待しています!


  • 楽隠居 さん (70代・ 福島県・ 女性)

    早く49巻を出してほしい。この磐音が出版終了になれば楽しみがなくなってしまう。


  • こーま さん (40代・ 東京都・ 女性)

    全巻拝見ですいよいよラスト楽しみなのですが やはり淋しいですね 佐伯先生巌音様と   出会えさせて頂き本当にありがとうございました これからも御体大切に頑張って下さいね


  • ゆかごん さん (40代・ 佐賀県・ 女性)

    磐音とその周囲の人々の清らかで粋な言動に、いつも心が洗われる気持ちがします。この本の話で盛り上がり、近所に歳の離れた読書仲間もできました。シリーズが終わってしまうのは残念ですが、最後を楽しみにしています。


  • 虎男 さん (30代・ 千葉県・ 男性)

    毎回ハラハラしながら読ませてもらっています!
    もうすぐ完結とは残念です!
    登場人物皆の行く末がかなり気になります!


  • よたれそつね さん (40代・ 東京都・ 女性)

    長い長い磐音の物語ももうすぐ終焉ですね。無事にゴールを見届けることができるのは、読者として幸甚です。
    この物語は主人公だけでなく、周りの登場人物(おこん、由蔵、金兵衛、幸吉、おそめちゃん、弥吉、霧子、…きりがありません…)が多彩で、生き生きしていて、江戸の生活が活写されているのが魅力でした。
    今は大河ドラマの最終回を待ちわびている心境です。
    佐伯先生、長い間、お疲れ様でした。そして、長い間、楽しませてくれて、ありがとうございました。


  • でぶりん さん (50代・ 長野県・ 女性)

    磐音シリーズを86歳になる母に紹介したところ、
    すっかり時代小説にはまり、母と共通の話題ができました。
    86歳になってもおかげさまでしっかりしております。


  • がしん さん (70代・ 秋田県・ 男性)

    磐音と田沼意次をバックにした柳生一族との戦いが、どう決着するのか、尚武館の門弟達の成長と活躍
    、空やとの行く末はいかに、あたたかい人間関係に、ときには涙しながら50,51巻を楽しみにしており
    ます。


  • komasa さん (60代・ 長野県・ 男性)

    陽炎の辻初刊より愛読させて頂きました。時に我身を主人公磐音に置き換え、我が事の様に興奮しながら何回も読み返してきました。NHKTVでのドラマ化も家内と楽しませていただきました。あいがとうございました。佐伯先生の他作品も全て愛読しています。益々のご活躍をお祈り申し上げます。


  • 丹沢太郎 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    勧善懲悪の時代劇が大好きです。もう少しお色気があればもっと最高です。


  • ショウ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    一巻から楽しみに読んでいます。人生で一番楽しんでいる本です、毎回出るのを楽しみにしています。
    終わってしまうとは、ざんねんです。


  • のぶ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    闘病中の父は外出も制限されていて、読書が楽しみの1つです。
    たくさんの本の中で、佐伯さんの本に心を掴まれたらしく、新刊をいつも心待ちにしています。
    これからも、どきどきはらはらのまさかの展開の磐音さんのような話しを楽しみにしています。


  • あき さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    第一巻発刊当時からの読者です。
    ここ2,3年は正月休みに、[磐音シリーズ]と[鬼平シリーズ]を読み返して過ごすのが
    恒例行事になっています。
    何度読み返しても新しい部分が出てきてあきません。
    [磐音シリーズ]には日本酒よりブランディーが合うと思うのは私だけ?


  • わびすけ さん (60代・ 長野県・ 女性)

    1~49巻まで、長かった。
    でも速かった。
    先生は罪つくりな人です。
    …刊行のたびに私を寝不足にする。
    1冊買うと、読み終わるまで寝られない。
    どの作品も違った面白味があって読み始めると止まらない。
    やめられない、とまらない、佐伯読本♪
    次いつ刊行されるか日々待ちわびております。


上へ