居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 一里塚 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    第一巻より全て読了。
    「磐音」の魅力にはまり込んでしまった一人です。
    間もなく終了するということ、寂しさを禁じ得ません。
    私にとって大きな楽しみであり、慰めであり、そして何よりも強く勇気づけられたシリーズでした。


  • kiko さん (80代・ 神奈川県・ 女性)

    1刊より愛読してましたが、あまりに永いので最終まで生きていられるか心配しておりましたが、おかげさまでありがとうございました。


  • NeNe さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    坂崎磐音と共に江戸を生きている思いで購読しておりました。いよいよ最終章、どう終わるのか楽しみです。そして最終号を読んでから、1巻から51巻まで一気に読むのを楽しみにしたおります。佐伯先生長い間楽しませて頂きありがとうございました。


  • ふく さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    4年前風邪で病院に行き、病院の本棚で見つけ読み大ファンになり、全巻揃えました。早く最新刊が見たいです。


  • のんきな爺じい さん (60代・ 東京都・ 男性)

    磐根と周辺の人がどのような人生を歩んでいくのか?最終回が待ちきれません。


  • 11番さん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    第1巻からよみはじめてからいよいよ最終巻になるのかとおもうとただありがとうございましたの感謝の気持でいっぱいです。


  • ハッピーメイ さん (50代・ 秋田県・ 女性)

    大学受験の娘に付き添って上京した時に、大人買いをして、余暇に読み始めて9年になります。
    娘はその間に大学、就職、結婚そして来春母になります。
    長い間楽しませていただきました。ありがとうございます。


  • ハルママ さん (50代・ 北海道・ 女性)

    佐伯さんの本の中でも好きな本です。主人公の困難な中での明るさが読んでいてうれしいですし、脇役の人々も魅力あります。


  • チャンバラ狂 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    職を辞してから読み出した佐伯先生の本に魅せられ、すべての連載ものを読破(中)です。特に、居眠り磐音 江戸双紙は、主人公の人柄に惚れ、毎回発売日が楽しみでした。これが終了するのは残念ですが、今後も是非読者の心躍る作品をお願いいたします。


  • taruto さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    いつも楽しく小説を拝見しております両親に頼まれました。粋な計らいに感謝します。


  • Toshi さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    佐伯先生が描く江戸時代の人間愛こそ、混迷する21世紀に再度学びなおす必要があるように思います。
    流浪の旅から磐音が江戸にもどった際の金兵衛と孫との初対面、甲府の勤番から江戸に戻る速水左近を守った成長した息子たちとの対面、どこまでも男女間の信義を守り通そうとする磐音と奈緒の姿。何の因果も影響しない、純粋に愛し合い信じあう人々の姿がとても高潔で美しすぎます。あー、書いていたらまた初めから読み直したくなってきました!


  • ムーヤン さん (50代・ 北海道・ 女性)

    夢中になって読み始めて、もう最終巻になってしまうんですね。
    あ~ついにという思いと不思議な達成感でいっぱいです。
    磐音さんがウナギをさばいていた頃より、頭の中では福山雅治さんを思い浮かべながら読み進めてきました。(ファンではないのですが)
    長身で朗らかで夢中になってごはんを食べる姿、ピッタリだなと思っていたので。
    奇しくも?福山さんも独身生活が終わってしまい、勝手に縁を感じております。
    最後に、
    先生、大作お疲れさまでした。そして感動をありがとうございました。
    お体を大切にゆっくり休まれて、鋭気をやしなってくださいね。
    今後も先生のご活躍、期待しております。


  • アラレちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    いつも発売日に買い続けてます。最後は私の誕生日と同じ日です これから何回読み返すのかな❓


  • anko さん (50代・ 東京都・ 女性)

    登場人物、全員がとても大好きです。
    最初は姉から勧められて読み始めたのてをすが、すぐ、いわねワールドにのめり込みました。江戸時代の、町の様子がとても楽しいです。私の生まれは王子なので、お稲荷さんや飛鳥山、王子神社、滝野川ととても馴染み多い所が出て来て嬉しいです。
    あと、二巻で完結なんて寂しいです。ずーっといつまでも続けて欲しかったです。でも、著者の佐伯先生、本当に長い間お疲れ様でした❗そして、ありがとうございました❤


  • ぽんぽこたぬき さん (50代・ 東京都・ 女性)

    姑が脊椎管狭窄症の手術のため入院し、実家の母から磐音と吉原を借り、喜んで読んでいます。以前、テレビドラマは見ていましたが、やはり原作の方が断然いいと言ってました。手術で足の動きもよくなり、四ヶ月後にはコルセットもとれ、以前のように旅行ができるようになりそうです。磐音ゆかりの場所巡りをしたいと言われたらどうしよう。いまから調べておこうかしら。そのためには私も読まなきゃだめじゃん!


  • むーさん さん (80代・ 東京都・ 男性)

    永い間楽しませて頂きました・発売を新聞で知り毎回慌てて買いに出かけました。
    終わりが残念です・・。
    佐伯さんのシリーズ全て読ませて頂いています・・。楽しませてもらっています。


  • こっこちゃん さん (80代・ 神奈川県・ 女性)

    友人が入院したので、磐音シリーズの1~3巻を貸しました。大変喜ばれたので、続きを貸すことにしています。貸す前にもう一度、4巻から読み返してます。読みだすと止まらない。また、寝不足になってしまいました。来年は正月4日に新刊が二冊発売だそうですね。楽しみにしています。


  • bin さん (50代・ 奈良県・ 男性)

    現在進行中の時代小説としては唯一ずっと読んでます。今までの経過や、時代背景、土地の説明等はさらっと読んでしまう事もありますが、もうすぐ終わってしまうかと思うとちょっと寂しいです。


  • たゆこパパ さん (50代・ 青森県・ 男性)

    磐音シリーズで時代小説にはまりました。後、2冊で終わってしまうのはとても残念ですが、磐音の活躍期待しています。まだ先になりますが、退職記念品は、磐音シリーズ全巻大人買いと決めています。


  • けいけい さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    いつも家の奥さんが楽しみで読んでます。次はいつ出るかなと本屋さんに、付き添いで出かけます。
    自分もちょっと読んでみようかと思いましたので、今から読んでみます。


  • Acky@Tokyo さん (30代・ 東京都・ 女性)

     シリーズ完結、嬉しい様な、悲しい様な、複雑な年末年始になりそうです。
     
     毎年恒例!? 年跨ぎの刊行が途絶えることで、来年の今頃 “磐音ロス” 中高年が出没しそう…

     人生最大の慶事を経験された 山本&中越コンビで、TVシリーズの復活を 是非☆


  • コロ介 さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    健康そのものと信じていた、夫が突然の末期癌の宣告。その上脊髄に転移していたため下半身不随の状態。余命10ヶ月とのことでした。混乱の中で、何かこの現実を僅かでも忘れたい、忘れさせてあげたいと必死で、本を探し、磐音のシリーズ をみつけました。検査や手術のない体調の良い日は、一日一冊買って持って行くのが、私の役割となりました。読み終わったものは私が読み、その頃出ていた25巻全て読み終わり、つぎの発刊を待ちながら亡くなりました。夫婦に取って本当に辛い闘病の中で、唯一良かったと心から思える貴重な時間でした。時代が現代でないこと、話が明るく軽く読めること今でもこのシリーズに出会えた事を心より感謝しています。


  • ままみさ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    いつも楽しみに読ませていただいています。空也の成長を楽しみにしていましたが…


  • deera さん (60代・ 東京都・ 男性)

    佐伯先生の作品はいつも楽しみに拝読して居ります。
    なかでも「居眠り磐音」シリーズはとても待ち遠しく、楽しみな作品ですがあと少しで終わってしまうと思うととても残念です。
    すでに「密命」、「夏目影二郎始末旅」、「交代寄合伊那衆異聞」などなど完結してしまったシリーズも多く、とうとう「磐音よお前もか(*_*;・・・」と言う心境です。
    どうか健康第一に、そろそろ新シリーズも期待しつつ、あまり頑張り過ぎない様に執筆活動に励んでください。


  • ぞらお さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    磐音シリーズは、義父が大ファンで新刊を楽しみにしています。私自身はいまだ未読の状況ですが、田村意次等のキーワードは既に刷り込まれています。来年は私もチャレンジし義父と磐音談義が出来ればと考えております。


  • しょうちゃん さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    佐伯先生の時代小説は全て購入しています。主人公の性格は、謙虚さと穏やかさの中に悪を許さぬ信念を持ち、その上人の失敗をも包みこむ優しさとおおらかさを持っています。そして人のために苦労を厭わぬ人柄に、こんな人が今の世にいてくれたら、と思うのは小生だけではないと思います。暖かな人との触れ合いに、心が豊になった気分にさせてもらってます。その中でも磐音の大ファンです。あと少しで終わるのかと思うと、寂しくなります。


  • しゅんそう さん (40代・ 島根県・ 男性)

    本当に大好きです。本は数十回読むのは当たり前、DVDはプレイヤーに入れっぱなしで、電源をいれれば磐音さんが立ち上がるいう・・・ 自分の人生で出会えてよかったものの一つと思っています。


  • ほしのフラ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    テレビ放送がきっかけで娘の私が扉を叩いたはずの、第1巻目から時がたち。
    いつの頃からか、私は休憩してしまい、むしろ父がはまり込んでしまったシリーズでした。
    それも完結と聞きおよび、今度の年末年始のお休みには、全巻読破を目指してみようかと、どこかの虫がうずきました。


  • カピバラ温泉 さん (30代・ 神奈川県・ 女性)

    独身時代、あまりの激務に心と体が壊れかけた時、知り合いが薦めてくれたのが「居眠り磐音」でした。その頃は寝ていても仕事のノルマの恐怖に飛び起きるような生活でしたが、唯一、磐音を読んでいる時だけは無心になる事ができました。精神科のお医者様に薬なども頂いていましたが、磐音を読み始めてからは薬も不要に。まさに、私にとっての精神安定剤です(笑)
    その後結婚し、本好きの主人の両親にも薦めたところ2人とも大はまり!義両親との距離を縮めてくれたのも磐音でした。
    51刊で完結との事。本当に残念です。最後の2冊、大事に大事に読みたいと思います。


  • エツ次郎 さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    このシリーズが大好きで終わってしまうのがとても残念。もちろん磐音の人物像がとてもすきなのですが、磐音を取りまく人々が本当に好感がもてて、その人達を主人公にした本を書いて欲しいくらいです。時代小説をあまり読まない人にも勧められる、1度読み出すと止められないとても先が気になる本です。


  • ばらちゃん さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    いつも楽しみに、読ませていただきました。
    磐音シリーズが終わってしまうのが残念でなりません。
    可能であれば、続編を期待します。
    先生のご健康、ご多幸をお祈りしております。


  • モモちゃん さん (40代・ 三重県・ 女性)

    このシリーズから私の江戸物読書が始まりました。実際に行けない楽しい江戸へのトリップ、ありがとうございました。


  • 駒場由蔵 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    90歳の母親が生きているのも磐音のおかげです。
    完結巻がくるのが怖いです。


  • ゆう さん (30代・ 東京都・ 女性)

    私のおじいちゃんは、「本はどんな授業や先生より先生になるし、財産になるからどんな種類でもいいから本を読みなさい」って子供の頃から言われていて、時代劇や時代小説が大好きで色んな本を読んできましたが、初めて居眠り磐音をテレビで見て直ぐにファンになりました!それから直ぐに本屋さんに探しに行きました。笑いあり涙あり、自分より他人に優しい、心の綺麗なちょっと天然っぽい磐音に心底惚れてしまい、私もこんな男性に愛されたいっ!おこんさんが羨ましい!!と思いました(笑)終わってしまうのはとっっても淋しいですが、どんな結末になるのか、とっても楽しみにしています!ありがとうございました。


  • 桜吹雪 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    元々読書好きではなく愛読書などありませんでしたが、NHKドラマから磐音に惚れ込み、大人買い。
    次巻が待ち遠しく、発売初日朝一に駅の本屋で購入、いつもの喫茶で読み始めるのが至福の時でした。
    新作を読み終われば・・・また陽炎の辻から読み返す、思えばここ何年かこの繰り返しでした。
    意次ノ妄の佐伯通信で後2巻で完結と知り、どんな結末が待っているのか彼是考え期待しております。
    正月明けが楽しみです。磐音が一子空也の行く末も気になるところです。


  • たもさん さん (50代・ 長野県・ 男性)

    10月初旬にこのシリーズの存在を知り、それからほぼ毎日読み耽り10日ほど前に全巻読み終わりました。途中で飽きるどころか物語が進むにつれますます深みにはまり、まさに一気読みでした。主人公の磐音とおこんさん、そして周囲の人々の心意気と正義感、そして人情がこの物語の面白さを際立たせていると思います。終わってしまうのは残念ですが、最後になって次の巻が出るのを楽しみに待つ気持ちを味わえてよかったです。


  • FJ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さまが大好きで、新しい巻が出るのを毎回毎回楽しみにしておりました。終わってしまうなんて寂し過ぎる(>_<)


  • 居合抜刀 命 さん (40代・ 奈良県・ 男性)

    全巻楽しく読ませていただいています。後、2巻で終焉とは残念です。
    小生自身、居合道、抜刀道の修行をしていますが、剣の道を究める心に対しても
    参考にさせて頂いています。
    自分に対する厳しさ、他人に対する情など、
    磐音さんに少しでも近づけるように、バイブルとしたいです。


  • アンチ八方美人 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    ラジオ番組で児玉清さんが熱く語っていたことから読み始めた磐音さんシリーズ。大ファンになり友人にも薦めて仲間を増やしました。
    それぞれの登場人物達の生き様が好きで自分が判断に迷ったとき磐音さんならどうするか?奈緒さんやおこんさんならと…と考えることもあります。
    終わってしまうのが寂しいてすが、佐伯先生のおかげで江戸に親戚がいるみたいな温かい気持ちにさせていただきました。ありがとうございました!!


  • やよ姉 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    たまたま 家の本棚にあった居眠り磐音シリーズを 読み始めたら 瞬く間に 磐音ファンになりました。
    磐音は もとより 磐音の周りにいる登場人物の一人ひとりを 大好きになりました。誠実に生きてる人が、とても素晴らしいと思います。いろいろな困難に出会っても 誰かを恨んだり 自分の運命を嘆いたりせずに 日々を 前向きに過ごしている磐音には いつも勇気づけられます。この作品に最終回があることは残念ですが 最後まで読み終わったら また最初から読み直せばいいかなと思っています。


  • MAMO さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    磐音・おこん壮年の夫婦生活を描いてほしい


  • kei さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    長いこと楽しませて頂きました。長すぎてチョット間延びしたところもあるようですが、磐音を最後まで見守りたいと思います。


  • てまり さん (40代・ 東京都・ 女性)

    山本耕史さんの磐音が最高でした。また続編が見られますように・・・


  • ギギ さん (80代・ 千葉県・ 女性)

    江戸の街も人々もいきいきしていて、楽しんで読んでいます。来年は昔の地図を見ながら散策したいと思いいます。


  • レッズスネーク さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    もう少しで、磐音が読めなくなるのは、何とも寂しい限りです。


  • やまかつ さん (50代・ 東京都・ 男性)

    磐音の優しさ、しぶさに、男なからゾッコンです。


  • α7000 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

     ある日書店の店頭でこの作品を見つけて以来、磐音シリーズに関係する全ての文庫を持っています。佐伯泰英先生のペンの力か、読み進むたび、それぞれのシーンが頭の中で形と成って行きます。大和の忍びの里での血戦、江戸に帰還して後の小梅村での暮らしの日々、全てのシーンが頭の中で形作られて行きます。そして佐伯通信第30号によると1月に発売される第50巻、51巻をもって大団円とか・・・
     いささか寂しい思いを噛み締めているのは私だけでしょうか?
     物語には何時か終わりが来るものと分かってはいても、お気に入りの作品が終わりを迎えるのは寂しいものです。13年間佐伯泰英先生の他のシリーズも含めて、発売を心待ちにしている日々です。
     一つのシリーズは終わりを迎えますが、引き続き残りのシリーズの応援を続けて行きたいと思います。
     佐伯泰英先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。


  • 赤磐の磐音ファン さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    田沼意次との戦いもいよいよ終わるのですね。磐音とともに戦った人々に、永久の幸せが訪れますように!


  • さっちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    2002年の第1巻から読者です。
    75歳と74歳の老夫婦共々大ファンで、1冊読み終えると次巻が待ち遠しく、常に新聞の新刊案内を目を皿のようにして待っております。
    実は夫がこの3月に天国に召され、残る私も目下闘病中ですが、何としても、完結まではと頑張っております。
    磐音さんから賀状を頂けたらどんなに心強い事でしょう。出来れば亡夫の仏前にも供えたいので、夫宛にも頂けたら幸いです。


  • cocotyan さん (70代・ 東京都・ 男性)

    人間味あふれる磐音があと2巻でおわると思うと感無量です。つずいて新しい主人公で。


上へ