居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • たまっこ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんのファンになったのは、ドラマを観た実家の両親がきっかけでした。ドラマと並行して原作本を1巻から読み続けました。
    それも、あと2冊で完結を迎えるとのこと。
    素敵な磐音さんに会えなくなってしまうのは淋しいです。願わくば、完結に合わせてドラマを放送していただけたら嬉しいです。
    そして、私に時代物の小説の面白さを教えていただき、ありがとうございました!


  • たまさぶろう さん (40代・ 山形県・ 女性)

    大好き大好き大好きです!居眠り磐音シリーズは、一生の宝物です!


  • 風鈴 さん (50代・ 三重県・ 男性)

    妻に勧められて読み始めたところ止まらなくなりました。文庫本シリーズをこれだけの巻数読んだのは初めてです。次いつ刊行されるのか楽しんで待つ自分に驚いています。江戸の人々の生き生きとした生活、武士の生き方に心動かされます。


  • kk-tezza さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    おこんさんの心の動きを注目して、このシリーズを読み続けました。
    女性の繊細な心の動きを余りなく書き綴ったこのシリーズは、何回も読み返しています。
    あと2回で完結するとなると最終回が楽しみでもあり、寂しさもあります。


  • ゴルゾウ さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    昭和30年代前半の小学生の頃、全盛期の東映時代劇を町の公民館で上映されるのが楽しみでした。成長とともに、読書もサスペンス・経済小説に興味が出て50歳台後半までたくさんの本を読んできました。ある時書店で何気なく時代小説もどんなものかなと思い、手に取ったのが「坂崎磐音 江戸双紙 25巻白桐ノ夢」だったのです。そのときは1巻からあるとは知らず読んだところ、すっかり虜になってしまいました。1巻からのスタートです。それからの私は、時代小説・テレビの時代劇に夢中になり、私の読書人生を変えた本となりました。いよいよラストに近づいてきましたが、本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。


  • こいさん さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    ドキドキワクワク気分爽快、思わず夢中になる時代小説です。
    読んでいるとドラマの配役で登場人物を思い浮かべたり、他の俳優さんで想像したりでまた楽しめます。
    シリーズが終わってしまうのは残念です。日々のお楽しみが一つ減ってしまいます。
    磐音さま、ばんざい。


  • 霜月 さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    予定の50巻を超えての完結。長い長い物語の終わりを
    楽しみにしています。でも、ちょっと残念!
    たくさんのお話を楽しみましたが、今までに何人の登場人物がいたのでしょうね。
    まずは、磐音さま、万歳!


  • のり さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    完結編楽しみにしてます。
    また、ドラマ化されるといいなと思ってます。


  • のにこ さん (50代・ 北海道・ 女性)

    95歳の母と いつも新刊を楽しみにしています。もう終わりと思ったら ひどく淋しい。
    意次との闘いは どうなるの?と思っていたら意次死亡により、少し期待外れ。
    最後は小梅村で終わるの?それとも神保町に戻るの?


  • 星和の古狸 さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    主人公坂崎磐音や彼を取り巻く人々の生き方が面白く、第1巻から何度も読み直しております。
    まず、購入したときは一気呵成に読破し、少し日をあけて読み返しています。そして今は、第1巻から4回目の通読に入り、じっくりと時間をかけてたのしんでいるところです。幾度読み返しても、飽きないです。


  • バニラ さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    「陽炎の辻」からスタートし、片道1時間40分の通勤列車の中で、このシリーズを始め、密命、吉原裏同心、交代寄合伊那衆異聞等を読んでいました。

    どのシリーズも面白かったのですが、私にとって一番はやはり「居眠り磐音」でした。
    最終刊の発行が待ち遠しいのですが、同時に寂しい気持ちもいっぱいです。


  • 74歳の古老剣士 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音江戸双紙最高です。
    シリーズの中での奉公前のおこんと、今津屋老分由蔵との出合いで辻焼の蒲焼を二人で食し、指切りげんまんして二人の永遠の秘密とした場面は大変おかしくて、今後の二人のかかわり合いに期待しました。
    そしてなんといっても名場面は、奈緒が紅花商人前田屋内蔵介に嫁ぐ前、引手茶屋での襖越しの別れ、「開けてはならぬ」と云うせりふは切なすぎます。
    又山形での紅花畑での顔を合わせる事なく交わす言葉も切なすぎます。
    因みに小生、無双真伝英信流居合道六段、74歳の老剣士です。


  • パパン さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    NHKでの「陽炎の辻」のドラマで見てから、磐音シリーズを知り、余りの面白さにすっかりハマって虜になりました。
    時代小説を読まなかった妻も、磐音シリーズをきっかけに、時代小説にハマり、今では夫婦揃って時代小説を読み耽っています。
    夫婦の共通の趣味ができ、磐音シリーズに感謝しています。
    もっと読み続けたかったので、完結は寂しいですが、「今までありがとう」と伝えたいです。
    本当にありがとう、お疲れ様でした。


  • Yupi さん (40代・ 東京都・ 女性)

    NHKの木曜時代劇をきっかけに一気に磐音の世界にはまって早8年、当時は既に第23巻「万両の雪」まで発行されていたので、物語の展開に追いつき追い越せとばかり、それこそむさぼるように次々読んでしまいましたが、新刊を待つようになってからは一文字一文字惜しむように大事に読むようになりました。
    年に少なくとも1回は第1巻から最新刊まで全部じっくり読み直して初々しい磐音とおこんを思い出し、大好きなフレーズに付箋をつけたりして、何度も何度も楽しませて頂いています。こんなに何度も読み返す文庫本は初めて。吉田版江戸地図も手放せません。
    このように何度も何度も繰り返し読み返している磐音ファンは日本中にたくさんいるのだろうと思います。そういう「大河ドラマ」ですよね、磐音シリーズは。私にとって居眠り磐音江戸双紙は、永遠の世界ナンバーワン時代小説です。


  • 江戸のネコ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さんを支えて、ひたすら尽くしてきたのはおこんさん
    磐音さんはおこんさんをもっともっと愛して、いたわって欲しい
    おこんさんに甘えすぎですよ
    逆に奈緒さんは磐音に何をしたろうか。
    奈緒さん、関前の実家にお帰り下さいね

    裏同心の神守幹二郎とどこかで遭遇しないかな?
    磐音と幹二郎やっぱり磐音さんが好き。育ちの良い人が好きなので(笑)


  • チュウ さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    50巻にも及ぶシリーズが、最後まで毎刊発売が楽しみなんて、改めてすごい作品だと思う。正直、奈緒を追って九州から北陸へと旅した場面は少々ながすぎた感がありましたが、その後の展開は何度読み返しても飽きません。終わりを迎えてしまうのが残念でなりません。


  • コムリン さん (70代・ 和歌山県・ 男性)

    江戸双紙を毎号心待ちしながら、楽しく愛読させて貰っています。新年早々の2冊発売が待ち遠しいのですが、そのあとの喪失感が?少し心配している所です。
     ジャンルは違いますが、新古着屋総兵衛を引き続き楽しんで行きたいと思います。
    長い間、本当にご苦労様でした。次はNHKでドラマ化してくれる事を念じています。
    結末を思い描き乍ら、年の明けるのを待ちたいと思います。


  • 大川めぐり さん (60代・ 島根県・ 男性)

    佐伯作品は時代小説以前も含めて一作残らずすべて読んでいます。
    毎月のように上梓されるのを楽しみにしている大ファンです。
    最近は最終巻が出ることが増えてきましたが、鎌倉河岸捕物控はまだまだ続いてほしいと思います。
    亮吉がいつ結婚するかも楽しみにしています。宗五郎親分にもまだまだ活躍を期待しています。
    来年も楽しみにしています。


  • 恵 さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    いつも新刊が出るたびに、発売日当日に購入してきました。次が最後とのことで、終わってしまうのが寂しくもありますが、楽しみに待っています!


  • ja1nuh さん (60代・ 東京都・ 男性)

    毎号楽しみにして待っていました。 このシリーズが完結すると聞いてきたいと寂しさを感じます。来年の1月発売を楽しみにしています。


  • aki さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    顧みれば磐音の生き様を10年以上にわたって観てきたことになる。何故にそれほどまでに魅せられるのか。宿命に逆らうことなく,淡々と受け入れ,そして自らの力で苦難を乗り越えていく磐音の生き方にあるような気がする。そして,そのような磐音の周りには自然と仲間が集まってくる。一人では乗り越えられなくても,仲間がいれば打ち勝つことができる。ふと,自分の周りにはそのような仲間がいるかと思ってしまう。


  • GOさん さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    このシリーズだいすきです!!おもしろすぎる!!!


  • まささん さん (80代・ 福岡県・ 男性)

    敬愛する佐伯泰英先生
    坂崎磐音は小林奈緒と幼少の頃より許婚の間柄であった。だけど、豊後関前藩の御家騒動に絡んで二人は別々の道を歩くことになった。奈緒は、その後吉原に入り白鶴太夫となった。そして、縁あって出羽国山形の紅花大尽の元へ嫁いで行った。その件が記憶に残っております。
    今一つ、江戸一の剣術家たる磐音が訳あって老中田沼意次と因縁の対決を続けなければならなかったのは、私としては少し物足りないところです。(どうして磐音に有利な決着がつかなかったのか。判官贔屓でしょうか。)
    余談ですが、私の父方の先祖は肥前国平戸藩の下級武士を代々続けていましたが、何らの武功も立ってはおりません。それでかどうか分かりませんが、私は時代小説ばかり読んでおります。
    最後に、佐伯泰英先生が益々御壮健で御執筆されますことを御祈願致しております。


  • ぼく さん (60代・ 北海道・ 男性)

    今日、再度「陽炎ノ辻」を読みはじめます。


  • じょいちの親父 さん (30代・ 東京都・ 男性)

    いつも息子の私が先に読み、その後に父が読んでいました。磐音の周りの人物評などを話し、酒を飲み交わしていました。今から新年が楽しみです。


  • けめちゃん さん (60代・ 岡山県・ 女性)

    数々の戦いを春風のごとくに受け流して、みんなに幸せの波紋を広げて、悠々と生きていく磐音の生き方に
    乾杯。完結にさみしい思いです。


  • アケミン さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズから佐伯さんの時代小説にはまり、今は新刊を待ちわびる日々です。もうすぐ磐音さんとは会えなくなると思うと寂しい限りです…


  • み〜や さん (40代・ 京都府・ 女性)

    完結を前に、再読中です。居眠り磐音に出逢った時点で、すでに40巻ほどが出ていたので、とにかく先へ先へとひたすら読み続け、頭の中がほぼ江戸状態と化し、現実に帰ってくるのが大変でした。
    今回は、長くゆっくり楽しんでいます。
    このままずっと終わらないでと思いつつ、やっぱりどう終わらせるのかも気になる所です。
    これしかない‼︎終わりを期待しております。


  • ク・森 さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    空也の成長が楽しみです。一日も早く一人稽古から道場で稽古出来るようになれますように、願っております。


  • ともっぴ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    「私の好きな本なんだけど、よかったら読んでみる?」仕事を引退した無趣味な父に、何気なく勧めたのが『居眠り磐音』を初めとした佐伯先生の作品でした。すぐに父も夢中になり、最近では私より先に新刊を手に入れてしまいます。親子で同じ作品を読み、語らう事が出来て、とても幸せです。「来年2冊出たら終わっちゃうんだってさ」と、少し寂しそうだった父への磐音さんからの年賀状、嬉しいサプライズになること間違い無しです!


  • みかん星人 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯泰英氏の時代小説にはいろいろな人物が登場し様々な事件が発生するが、主人公が人情味のあるきめ細やかな心配りで問題を解決していくところに醍醐味があり、我々読者の気持ちを和ませてくれる。問題解決の過程では家族、仲間、商人、一般庶民など人間関係を見事に絡ませ、構想の雄大さを感じる。「居眠り磐音」に関しては老中田沼との死闘をベースに、尚武館、豊後関前藩、今津屋等に登場する様々な人物を巧みに描いている。磐音の圧倒的な強さにスッキリし、その謙虚な性格が好きだが、個人的には磐音と奈緒との微妙な関係が最終的にどんな風に収まるのか興味があった。また、登場人物ではおこんはもちろんだが今津屋の老分(由蔵)、弥助、平助もいい役割を担っていたと思う。まもなく完結するということだが、いずれまた読み返してみたいと思っている。楽しい思いをさせてくれた佐伯氏に感謝したい。


  • あおたん さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    いつも拝読させていただいております。空也・睦月の将来どうなるのか続編を期待したいです。


  • 居眠りポリス さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    平成22年に初めて、居眠り磐音と出会い、当時既に30刊ほど、単行本が出ていたと思いますが、それこそ毎日磐音三昧でした。
     ここ、1、2年は新刊が出るのを心待ちにしていますが、何分年齢のせいか、いざ、新刊を手に取ると前回の話しが、どこかに飛んでしまってるので、出れば、その前の作品を読み返してから、読みめています。
    今後も佐伯泰英先生の益々ご活躍を祈念しています。


  • ウチの雌犬も「小梅」 さん (50代・ 熊本県・ 男性)

    ドラマを視て知りました。実は最近、49巻まですすんでいるのを知り、一気に「大人買い」してしまいました!。地図を買い足して、2往復しました。家は、作品中にて度々出て来る「宮本武蔵」ゆかりの場所界隈です。夢の仲では武家言葉で喋ってます!。


  • 谷藤遊奇痴 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    私は根っからの時代小説好きですが、池波正太郎氏や藤沢修平氏が黄泉路を辿る人となってからしばらくの間は、心の中の何処かで一抹の寂しさを感じるようになつておりました。
     然るに、此処に佐伯泰英という、今は亡き両者に増さるとも劣らない書き手がいらっしゃる事を知り、思わず快哉を叫んでしまいました。
     佐伯氏の連作『居眠り磐音』の最大の魅力は、その庶民性に在ると思います。
     一体全体、弱きを助け強きを挫く剣豪が江戸の裏長屋住まいで、しかも、庶民相手の鰻屋のアルバイト店員として、朝から晩まで、腕に覚えの刀扱いを活かして、“鰻裂き”をしているなんて、佐伯氏以前の時代小説家の何方が考えることでしょうか?こうした発想は、人間商売を長くやっていて、浮世の酸いも辛いも嗅ぎ分けた佐伯氏以外の何人たりとも思い付くことではありません。
     拠って私は、ここに声を大にして、「がんばれ、磐音!頑張れ、泰英!」と叫ばせていただきます。


  • ホーマー・シンプソン さん (60代・ 大分県・ 男性)

    新刊が出るたび、友人と回し読みをしてまいりました。シリーズが終わり、我らがヒーロー「磐音」の胸のすくような剣さばきが見られなくなるのは、とても寂しいですね。


  • まーちゃん さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    いつも楽しく読ませていただいております。佐々木道場のあった場所に、磐音の道場が出来ると良いと思います。


  • かっちゃん さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    途中、TⅤ放送により知ったことから読みはじめ、他の文庫を2~3冊を平行に読んでいましたが
    磐音を読み始めると終わるまで止まらなくなり、次巻が早く読みたくて、早く出してくれよ
    とか思い、待ちどうしくて仕方ありませんでした。
    江戸時代の自然の風景が思い浮かび昔を思い出します。また、これが本当の侍の有るべき姿だよなーとか
    考えてしまいます。


  • 江東区のあっぺちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    ふとしたことから、「居眠り磐音」にはまり愛読しています。あと1巻で完結するのが、楽しみでもあり、
    残念でもあり、複雑な気持ちです。磐音ばかりではなくて、小田平助も素敵です。犬好きの私には、白山のことも書かれていて心が和みます。空也や睦月がどんなふうな大人になっていくのか、続きは無理でしょうか。佐伯泰英先生、期待してはダメでしょうか。よろしくお願い致します。


  • バーバ さん (80代・ 東京都・ 女性)

    80歳を過ぎた母を月に一度父の墓参りの帰りに本屋さんに連れて行ってあげると
    佐伯先生の本を5~6冊まとめ買いをして、その時は実に生き生きとしています。
    それもひと月も経たずに読み終えてしまうほどです。
    普段は出不精で読書が唯一の趣味で生きがい
    それも佐伯先生の作品が大好きな母の手元に年賀状が届いたらと
    想像するだけでもわくわくしてしまいます


  • 明明 さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    一昨年前からカウントダウンが始まり、
    新刊の発売が待ち遠しい反面、
    残りわずかと思うと寂しさが募ります。

    完結後も番外編で磐音さんに会わせていただけると嬉しいです。
    「月刊佐伯」と呼ばれる超多忙作家さんなので、
    無理かもしれませんが。

    いつもお強い磐音さんですが、
    失敗談がひとつ記憶に残っています。
    怪力女性に圧倒され、大切な剣に刃こぼれを作ったエピソード。

    通勤バスの中、居眠り磐音を読みふける読者さんを見かけました。
    その方が突然、ふむふむと満足そうな頷きを。
    空也くんの初陣シーンだったかもしれません。

    今回、初めて公式ホームページを訪問しました。
    料理や脇役の人気投票など楽しげなイベントがあったのですね。
    これを機にちょくちょく覗いてみたいと思います。


  • 居眠り吉三 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    いよいよ完結ですか。始まりがあれば、終わりがある。分かってはいますが淋しいですね。
    磐音の晩年、特に佐々木家が受けていた「密命」の行く末(幕府との関係)は、とても気になります。
    他、登場人物の未来をある程度は暗示してくださいね。お願い申し上げます。
    長い間お疲れさまでした。


  • くるたん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    「磐音」さまを読み、ドラマを見て、自分も佐々木道場やその周りの人たちの仲間になり、江戸の町にいる気分で、この何年かを過ごしてきました。今では空也くんや睦月ちゃんのことを孫のような目で眺めてしまっています。あと2巻。終わってしまうのはさびしいかぎりですが、どういう展開になるのか、楽しみでもあります。それに、たとえシリーズは終了しても、佐々木道場は永遠なれ・・・です。


  • タンタン さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    新年早々どんな展開になるのか楽しみにしておりますが居眠り磐音一家とのお別れ寂しい限りです。
    佐伯先生これからも新しい作品楽しみにしております。


  • toraneko さん (60代・ 京都府・ 女性)

    居眠り磐音との出会いは、家人の病気介護中のことでした。
    痛快なストーリーは、ふさぎがちな気持ちをどれほど前向きにさせてくれたことか!
    以来磐音さんは、ごくごく身近な頼りになる存在として、常にそばにいてくれます。
    居眠り磐音、そして佐伯泰英氏との出会いに大いに感謝しております。


  • オブちゃん さん (80代・ 神奈川県・ 女性)

    幹次郎(吉原裏同心)、小藤次(酔いどれ小藤次)も、とっても楽しませてもらっていますが、なんといってもやっぱり磐音(陽炎の辻)が一番!!佐伯先生の出された時代小説文庫は全部販売日第1日に八十路の腰に鞭うち、
    書店へと飛んで行っています。


  • 編み物ばぁちゃん さん (70代・ 熊本県・ 女性)

    第1巻から、楽しみに読んできました。磐音さん家族に会えないのが残念です。


  • ひなひろ さん (20代・ 広島県・ 女性)

    いつも楽しみに読ませて頂いております。居眠りシリーズ大好きです。


  • 江戸でくらしたいキキ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    空也くんも大きくなり、これからもずっと、ずっと、シリーズが続くと思っていました。
    皆に会えなくなるのが残念です。 
    佐伯先生、お疲れ様でした。先生のお陰でますます時代小説が好きになりました!


  • 光山由実 さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    2010年に亡くなった母が最後になった手術当日(1/8)まで読んでいた磐音さん。今は私と妹が引継ぎました。上下巻の半分だけで術後集中治療室のままでしたから私は泣きながら読みました。いよいよ最後なのが時の流れを感じます。


上へ