居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • JAZZ坊主 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音は当初より愛読しています。TVドラマ化される時に磐音はこの俳優がやればいい、おこんさんはこの女優がぴったりだと勝手に想像していましたが、始まって見ると結果的に納まりも良く毎回視聴しました。近々完結は寂しい気がしますが、暫らくしましたら「その後、年をとった磐音」の単行本を期待したいと思います。佐伯先生、お体ご自愛頂き長く長くご活躍を期待しています。


  • シッポちゃん さん (70代・ 千葉県・ 女性)

    終わりはいかがなるものかと今からドキドキ。主人公磐音 はもとより彼を取り巻く人々の暮らしも楽しく
    読み取ってます。初めの巻に登場した少年のその後も載っているとよいなあ と思ったり。


  • 0031 さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    登場人物が多彩でそれぞれ悩み成長する姿が楽しみでした。 あと2冊寂しいです。


  • はるさわ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    夏頃から、図書館で借りて読み始めました。こんなに夢中になるとは思わないくらい一気に読んでいたので、子供との会話が減ってしまいました…
    磐音さんの人柄もいいけど、周りの人達も素敵だなぁと思いました。
    シリーズ完結は寂しいような…楽しみなような…
    子供にも、いつか薦めます!


  • 猫好きおっさん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    新シリーズとして空也と睦月の成長を是非お願いします。以前NHKで放映しましたが民放でシリーズとして原作に忠実に製作してほしいと切に願います。


  • seaweed さん (60代・ 滋賀県・ 女性)

    NHKのドラマで見てからファンになりました。磐音を取り巻く人々の人情味あふれる姿、生き様が好きです。


  • まるまる さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    初めて佐伯先生の作品を知ったのは銀行に置いてあった、吉原裏同心を手にした時からでした。
    偶然の出会いが 先生の作品を貪るように読みはじめるキッカケになり。同じ作品を何度読み直したかわかりません。 磐音も もう終わってしまう寂しさを感じながら、新作が待ち遠しいです。


  • 神田川上流に愛犬と住む爺 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    鎌倉河岸捕物控に入っていた「佐伯通信」第30号を読んで、1月に居眠り磐音江戸双紙が2巻出ると知り、楽しみにしていたら、親しい友人からメールで「磐音から年賀状をもらえる」「これで完結らしい」と
    知らせがあった。うれしいやら、寂しくなる、など複雑な心境。しかし磐音一家の長い旅を振り返れば、余韻を残しつつ、いったん(そう思いたい)幕を閉じる時期に違いない。長い間、楽しませていただいた。歴史に残る名作。天国から迎える前に、最後に枕もとで読みたい本はこれしかない。続編は天国で読めるかな?佐伯さん、ゆっくりでいいので、そこでも頑張ってください。


  • ぽんずちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    霧子の意識る場面に立ち合えた気分になり、いつのまにか涙がこぼれていた。還暦をすぎて、涙だもろくなったのかな?


  • ねここ さん (60代・ 北海道・ 女性)

    時代小説なんて、と思い込んでいた私が初めて磐音様にお会いしてからすっかりのめり込んで、夫にも薦め、佐伯様の著者を片端から読むようになりました。50巻はまだまだ遠いと思っていましたが…。寂しさが募ります。またいつか磐音様ご夫婦や尚武館道場の方々にお会い出来ればと祈念しております


  • funky hog さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    再投稿

    磐音の第1巻は、少々血なまぐさく、突飛な進展に戸惑う。が、2巻以降は、毎回楽しく読んだ。多くの人たちにこのシリーズを薦めた。作者生存のうちに、完結する事を、うれしく思う。


  • みかん さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    残念です! 来年2月から居眠り磐根が読めなくなる。50巻も続けたものは他にないのではないかと思います。残念です!


  • 毛の無い羊 さん (60代・ 福島県・ 男性)

    五十路後は 岐路に立つたび その先を 内の磐音に たずねつつ歩む


  • フミさん さん (60代・ 栃木県・ 男性)

     かっこよくて腕もたつ、流れのままに生きているようで自分を見失わない、忘己利他でそれが必ずプラスの成果として自分に返ってくる・・・憧れる生き方です。つらい時・悲しい時、この本を読んで、もう一度頑張ってみようと励まされた人は私だけではないでしょう。シリーズ終了は残念ですが、いつまでも私の座右の書です。


  • トバリのてるちゃん さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    磐音シリーズがいよいよ最終回とのこと、とても寂しく思います。しかし長い間、本当にご苦労様でした。
    新しいシリーズが始まることを期待しています。


  • nekohaneko さん (40代・ 北海道・ 女性)

    毎回ハラハラし、時にはホッとする内容で何度も読み返しても飽きないです。
    終わってしまうのが残念ですが、一緒にその時代を過ごしてきたようにも思います。
    楽しい時間をありがとうございます。


  • えっちゃ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    最初に手に取った佐伯作品が磐音でした。鰻をさばいていた浪人さんがすっかり立派な道場主!いつも胸のすく様なお話でしたが、そんな中佐々木玲圓夫妻の死は衝撃的でした。
    まもなく完結とは感慨深いと共に、もう次の新刊はいつかしら?と指折ることもないのかと、寂しい気持ちが今からします。
    気がつけば本棚ほぼ一つが佐伯棚となり、私から母に、母からその友人にと時代小説好きの輪も広がりました。完結か~と思いつつ、どこかで番外編などあるといいのになぁと思ってしまいます。


  • ささみ さん (70代・ 東京都・ 女性)

    佐伯作品で一番好きなシリーズ。最終回が待ち遠しいような淋しいような。第一巻から貸してくれた友人にも届けたいです。


  • ムギスキー さん (70代・ 東京都・ 女性)

    シリーズ完結、祝着至極に存じます。
    磐音さんと一緒にうなぎを捌き、全国を旅し、家庭を築き、波乱に満ちた人生を過ごしたようで、すがすがしい気持ちでいっぱいです。
    もう続きを読めないのかと思うと寂しいですが、その時は膨大なシリーズ読み返し、また楽しませていただきます。


  • ウコビラーク さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    磐音の辿った道の旅を幾度かに分けてツァーに出来たら面白いでしょう、勿論初めor最後は佐伯さんを交えて《磐音》を味わいたいものですネ!


  • みっちゃん さん (70代・ 大阪府・ 女性)

    居眠り磐音シリーズが終わってしまうのがさみしいです


  • ららび さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    軽い気持ちで読み始めてすっかりはまってしまいました。新刊が出るのを毎回楽しみにしていましたが、シリーズ完結ということでどう完結するのか楽しみな反面シリーズが終わるさびしさがあります。


  • 天然おばちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音シリーズで好きな場面はたくさんありますが、その一つに姥捨ての郷でのお風呂。            作業が終わった男衆が入る 河原の湯 河原の湯にまさる極楽浄土があろうか。と表現してたようになんとも気持ち良さそう。空也も一緒に入り喜んでる様子が目に浮かびます。                 直、完結で寂しいですが、次は成長した空也の事を書いて欲しいです。  


  • 伊達小町 さん (40代・ 福島県・ 女性)

    居眠り磐音 江戸双紙、大好きです。
    こんなに夢中になった小説は初めてです。
    どんなに辛い事があっても、それに立ち向かって行く磐音様に熱くなったり、涙したり。
    強くて優しくて、大きな心で受け止めてくれる磐音様は私の理想の男性です。
    最終巻がとても楽しみだけど、終わってしまうのはとても寂しいです。
    この小説に出会えて幸せでした。


  • しょうちゃん さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    初巻から愛読していますが、年が明けるといよいよ最終章です。身勝手ながら誠に残念です。
    毎回楽しみにしていますが、九州では新刊が書店に並ぶのは、発売日の翌日か翌々日です。ネットでの注文も考えましたが、待ちきれず本州(下関)の書店まで、足を運んで手に入れています。
    今、発売日までにと、初巻から読み返しているところです。
    改革の思いから始まり、友の死などで思わずどきりとし、西の丸の死(結果は歴史の通りで、予想はしていましたが)での佐々木夫妻の殉死では思わず、なんだこれはとかなりのショックでした。思い入れが激しく我ながらあきれています。
    ここまでのめり込める作家がいることに感謝です。私も北九州の住人です。地元にも感謝です!


  • 写すんジャー さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    NHKの放送を見てから、ファンになり本を読むようになりました。毎回、本のページをワクワク、ドキドキしながら読んいました。
    映画化を期待しています。


  • ぱーちゃん さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    最近、病院の待合室でコミック版「陽炎ノ辻」で坂崎磐音に出会ってから、その爽やかさ、強さに魅せられて、「居眠り磐音」シリーズファンとなった新人読者です。「陽炎ノ辻」から読み始め本屋さんを回り探し出し順番に読んでおります。江戸の人情・情緒をじっくり味わいながら読んでおります。


  • あめ さん (40代・ 京都府・ 男性)

    母が大ファンなので「そんなに面白いのかな」と思って読み始めましたが、とても面白くて次々と読んでしまっています。磐音さんは、単なる正義のヒーローという訳ではなく、人くさい部分があり、そこが多くの人に愛されるキャラクターである所以なのだろうと思っています。


  • HT さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    薦められて初めて読んだ時代小説が、居眠り磐音でした。
    「陽炎の辻」を読んだ時の衝撃は、今でも忘れられません。予想外の話の展開に、一気に物語に引きずり込まれ、あっと言う間に読破してしまいました。続きが気になり、翌朝書店に走った事を昨日のように思い出します。
    磐音の魅力的な人柄は、私だけではなく家族をも巻き込み、そのうち、家中で新刊の発売を首を長くして待つようになりました。
    笑いあり、涙ありの磐音の物語に、どれだけ楽しませて貰ったことか計り知れません。
    とうとう最終巻までたどり着いたことは、嬉しさと悲しさが半分ずつの気分です。ですが、磐音ファンとして、最後まで見届けたいと思います。
    佐伯先生、これまで楽しませて頂きまして、本当に有難うございました。長い連載お疲れ様でございます。
    いつかどこかで、また磐音に出会える事を願って止みません。


  • よっしー さん (50代・ 東京都・ 男性)

    磐根の剣に対する執着と周囲への心配りと情景描写が、厳しく温かい時代小説と感じる。
    私にとって、ドキドキとホッとする心の良薬である。


  • ひろやよ さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    49巻を読み終えました。ほんとに完結するのだと実感しました。どんな最後を迎えるのかとても楽しみにしています。また出てくる女性の中では霧子が好きで活躍を応援しています。長い物語を楽しませていただきありがとうございました。本当は今後もずうっと続いてほしいのですが。


  • あんず さん (40代・ 岡山県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズは、NHKドラマがきっかけで知り、原作を読みはじめました。
    最初はこんなに続いてるの~!と驚きましたが、読み進めると面白くて、本屋で
    次々と買い求めてしまいました。登場人物同士のつながりや、相手を思いやる気持ちが
    なんだか私たちが日頃、忘れてしまいがちなことを思い出させてくれてる気がして
    読んでいて心温まります。終わりが見えてくるのは寂しいですが、やはり最後は気になります。
    佐伯先生もお体を大事に、最後まで頑張って下さい。


  • れいぴ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    身体を壊した母の誕生日に、ベッドで読める本を、ということで出会ったのが居眠り磐音でした。本気の悪人が出てこないこのお話に、
    母娘で大ファンになってしまいました。

    磐音さんとも長いお付き合いになりましたが、
    終了間近とのこと、とても寂しく思います。
    終わってしまうのがもったいなく、でもどんな結末か知りたいし、もどかしい思いで新刊をお待ちしております。
    今ではすっかり武家の奥様になられたおこんさんの若い頃とちゃっかり笹塚さまの大ファンです


  • マメゾウ さん (30代・ 静岡県・ 男性)

    磐音が繰り広げる人との交流と武士としての生き様に感銘を受けました。また器の大きさに惹かれました


  • タイニー さん (40代・ 東京都・ 女性)

    子供の頃、山本さん主演のドラマで見ていました。最近になって単行本を読み、ハマってしまい、いっきに読み最終刊を楽しみにしています。
    喪中です。寒中見舞で、送っていただくこと、できないですか?


  • GAMMO さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    磐音から小藤次、藤之助、影二郎、そして密命完本まで、読んでます。
    これ以上広げると、しんどいかな・・
    磐音、最終巻が楽しみなような、残念なような・・


  • なみの さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    時代劇専門チャンネルでの放送を見てファンになりました。山本耕史さんの演じる坂崎磐音は原作のイメージにとても合っていたように思います。一話目から泣けてしまい何度見ても泣けてしまうような心に沁みる話がいくつもあり本当に良かったです。自分の中でベストオブ時代劇と言っても過言ではないくらい感動しました。


  • まるまる さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    シリーズ完結!を知りショックを受けています。次はいつ出るかいつ出るかとその日を楽しみにしていたのに‼
    何度も読み返すほどに大ファンです。
    年明けに発刊するであろう磐音様の完結本に向けて、陽炎の辻から読み返しを始めたいと思います。


  • ほこほこ さん (70代・ 山形県・ 女性)

    毎巻楽しく拝読してます。
    新刊が刊行される度に1巻から読み返してしまいます。
    本当に終わってしまうのが、残念です。
    佐伯先生、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


  • アイスマン さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    来年の1月に出る2巻でシリーズ完結とのこと。
    待ち遠しくもあり、まだまだ先であって欲しいとも思い…複雑な心境です。


  • セントポーリア さん (70代・ 三重県・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」を初めて知ったのは、山本 耕史、中越 典子、小松 政夫達が出ていたNHKのドラマでした。とても面白くシリーズの放送が終わってから、本を一巻から買って読み始め、今は最新号を読み終わったところです。あと少しでこのシリーズが終わるとのこと。どんな結末になるのか非常に楽しみなのと、終わることへの寂しさが入り交じった気持ちで最後の巻が出るのを心待ちにしています。


  • 浅葱 さん (30代・ 静岡県・ 女性)

    図書館のオススメから読み始め、どっぷりとハマってしまい、全巻購入してしまいました。今2度目を読んでいるところです。一度読んでいるはずなのに、ドキドキハラハラ、そしてホロリとしながら読んでいます。一生の宝物に出会えた気分です(≧∇≦)


  • とんび さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    TVシリーズからのファンです。
    それから本を読み始めて、ますます磐音さんとおこんさんが好きになり、二人が結婚した時は本当に良かったです。もうすぐ完結ですが、誰も欠けることなく終えてほしいです。
    又。TVでみたいですね。


  • ルーちゃんばあば さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    第1巻から愛読しています。苦難を乗り越える度に大きくなっていくのがたのしみです。周りの者に対する人間愛、だから慕われるのでしょうね。完結が待ちどうしいと同時にまたいつか磐音に逢いたい気がします。


  • ルドビコ さん (20代・ 東京都・ 女性)

    父が読み始めたのをきっかけに、今では家族全員が磐音ファン。毎回新刊が出るのをみんなで楽しみにしています。


  • しんしょう さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズ、全巻持っていて楽しく拝読しています。周囲に多彩な人達が登場しますが、磐音自身はいつも穏やかで優しく気遣いを忘れない人柄が変わ
    らないのがうれしいです。しかも強い。とても憧れます。
     常に剣を持って命がけで戦い続ける人生なのに穏やかで優しく気遣いを忘れない人で居続けられることが磐音の本当の強さだと思います。作者の佐伯泰英さん
    が宣言している最終巻(50巻)が目前に迫っていて、どんな終わりを迎えるのかずっと楽しみにしています。いよいよ最後ですので、頑張って佐伯さんが納得
    できる結末で書き上げてください。最終巻の刊行を楽しみにお待ちしています。


  • masako さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    毎回楽しみにしていました。終わってしまうのは残念ですが、是非ドラマ化を希望します。
    佐伯泰英本当にありがとうございました。


  • ちょういちろう さん (50代・ 三重県・ 男性)

    そうですか、完結ですか。
    磐音を知ったのはテレビドラマでしたが次の日には書店に行って全巻大人買いをし、
    暫く睡眠不足の毎日だったことを思い出します。
    シリーズ物をこれだけ長く、これ程楽しみに待ったことはありませんでした。
    それだけに楽しみであり、残念でもありでもあります。


  • 水元公園のカワセミ さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    陽炎の辻をテレビ放送で見てから、愛読書になりました。
    その後、次回の発売日を楽しみにしていましたが、
    次回で完結はとても残念、長い間有難うございました。
    その後、番外編を楽しみしています。


  • J-love さん (60代・ 東京都・ 女性)

    いつも楽しみにしてます。おじいちゃんに成った剣士も読みたいですが、もう終わりと聞きました。誠に残念でなりません。


上へ