居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 智くん さん (40代・ 奈良県・ 男性)

    私にとっての時代小説は、池波正太郎先生の「剣客商売」そして佐伯先生の「密命」「居眠り磐音」の3シリーズが群を抜いており、このシリーズは何度も定期的に読み返し、この度に高揚感を味わっています。今回、完結してしまうということで、残念な気持ちもありますが、今は早く読みたい、という気持ちが先にたっています!


  • 若竹 さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」と「酔いどれ」を第1巻から愛読しています。剣術もさることながら、江戸情緒が感じられ、豊かな気持ちになります。これからも新刊が出るのを楽しみにしています。


  • くわおう さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    NHKのドラマを見て好きになりました。
    すぐに出ていいる巻を購入し、毎回新刊の出るのを楽しみにしております。
    もうすぐで完結と思うと寂しく感じますが、一巻から読み返して気持ちを盛り上げていきます。
    先生もお体に気を付け頑張ってください。


  • トッシー さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    やっと道場に戻れるのかな。それに磐音を愛した女性がみんなそれぞれ幸せになって終焉を迎えてくれたらいいな。


  • vt52 さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    昔の長屋にいた頃の磐音さんが好きでした。


  • regurusu さん (70代・ 三重県・ 女性)

    居眠り磐音 江戸双紙 シリーズをずっと愛読しておりますがあと二冊がまちどうしくて、イライラしております。ただいまは鎌倉河岸シリーズ、酔いどれ小籐次シリーズ等読んでおりますが鎌倉河岸も終わりました、つぎはどのシリーズにしようかまよっております。とにかくこの磐音シリーズが終わってからと思案しております。どうか作者の体調も心配ですがお元気で頑張っていただきたいと思っております。


  • 神楽教授 さん (30代・ 埼玉県・ 女性)

    新刊が出る度に真っ先に購入し、母と一緒に感想を言い合ったりして居眠り磐音の世界を楽しんでおります。
    最終巻がもうすぐ発行されますが、坂崎一家の長い闘いが終わり安堵する気持ちとともに、もう続きが読めないという寂しさをひしひしと感じます。
    『更衣ノ鷹』下巻を読み終わった後は呆然としてしまい、自分の身内が亡くなったような気持ちになりました。佐々木家の隠し墓がある設定の場所に気持ち的にお墓参りに行ったくらいです。

    佐伯先生、長期間の執筆大変お疲れ様でした。
    「居眠り磐音 江戸双紙」がこれからも時代を超えて読み継がれていく事を願っています。


  • 月島一郎 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    そういう生き方をしてみたい、と思っています。


  • 平助ファン娘 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    母が磐音シリーズのファンになり娘の私に薦めてくれて以来、母娘揃って新刊を待ちわびるようになりました。私が公式サイトで発売日を見つけて連絡すると、母はいつも喜んでカレンダーに印を付け楽しみにしていました。海外在住の娘から遠く離れた実家の母に、ささやかな親孝行を10年以上も続ける事が出来ました。ありがとうございました。年賀状母が喜ぶと思い応募しました。宜しくお願い致します。


  • 柘榴 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    図書館で何か面白い本がないかと探していた時に、磐音と出会いました。本を買うことは滅多に無いのですが、磐音の世界に魅了され、全巻集めるに至りました。毎回新刊が出るのを心待ちにしていたので、次巻で完結と知った時には寂しくもありましたが、やはり最後はどうなるのかと発売が待ち遠しいです。完結したら、また一から読もうと思います。最終巻、楽しみにしています。


  • 佐野 さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    密命シリーズからの佐伯ファンの一人です。
    居眠り磐音シリーズは、何度も読み返して楽しんでいます。あと二巻で終わってしまうと思うと残念です。
    できましたら、一年後の磐音、二年後の磐音・・・と、時々書いて頂くとファンとしては嬉です。


  • やぐち さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    昨年の冬から読みはじめたのですが、
    あまりに面白すぎて1ヶ月で27冊読んでしまいました。
    それからは新刊が出るのが楽しみだったので
    完結するのは寂しいです。でも早く読みたい!


  • 還暦過ぎの壮年 さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    密命が終わり、酔いどれが新版になり、磐根も終わりになると吉原しかありません。(続けてください)ただ佐伯さんの時代劇はこれからも楽しみにしています。


  • ふくちゃん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    とうとうラストですね。お疲れ様です。居眠り磐音を読みはじめて10年、お互いに歳をとったなぁと感じながら読み返しています。磐音らしいラストを期待しながら1月4日待ってます。


  • トミママ さん (60代・ 三重県・ 女性)

    私はテレビの放映を見てから本を読み始めて早や何年のファンです。長編であるがゆえの登場人物のそれぞの生き方の描き方を楽しみ、いろいろな事件にわくわくして読ませてもらってます。
    また、老後に改めて読み直したいと思っております。


  • ゆうのしん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    ついに完結!
    長年磐音と共に過ごしてきました。
    感慨ひとしお、寂しさいっぱいです。
    これから先、どうしたらいいんでしょう・・・。
    すべての登場人物が大好きです。
    佐伯先生、ありがとうございます!!


  • タオ さん (60代・ 宮城県・ 女性)

    主人が読むので、欠かさず買っています。途中何度も「もういいんじゃない?」と思い、夫にもそう言いましたが「やっぱり続きが気になるから」と読み続け、間もなく最終巻ということで、「やれやれ、やっと」とほっとする想いでいます。
    佐伯様、長きにわたって本当にお疲れ様でした。


  • ゆっぴー さん (60代・ 山口県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズは、というか佐伯先生のシリーズは全て読んでます
    どれだけ勇気と癒しをいただけたことか
    ほんとに感謝してます
    佐伯先生いつまでもお元気で執筆をお続け下さい


  • 袴 篤 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    脇役陣の活躍、成長が楽しみで、毎回わくわくしながら読んでいます。霧子の子供が生まれると、良いのになあ、と思っています。


  • 猫と海 さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    初めて読んだ時、今までに会った事の無いタイプの剣豪と思いました。その後TVドラマが始まり、すっかり磐音様の虜となってしまいました。TVドラマが終了してしまい、一時は「もう磐音様に会えないのか…」とガッカリしました。しかし、小説はまだ続いていると知り「磐音様は今もあの世界で生き続けている」と嬉しく思っていました。それが遂に「完結」してしまうと聞き、寂しくてなりません。長い間ありがとうございました。また読み返して、磐音様に会いに行きます。


  • 本町の鰹節問屋 さん (90代・ 東京都・ 男性)

    来年1月に96才になる祖父が夢中で読んでいます。祖父はおこんさんの大ファンです。


  • いねむりにゃんこ さん (50代・ 北海道・ 女性)

    常に穏やかで、自分のことは二の次で、いつも人のために心をくだく磐音。望まぬ戦いの中に身をおき、対峙した敵を倒さねばならぬ状況に心を痛めながらも自分のおかれた境遇のなかで、静かに剣を磨き、心を磨く磐音。人として「こうありたい」思う理想像です。
    実在はしないのに、本を開けばすぐそこにいる磐音様。
    本がどんな終わりをむかえても、磐音様は永遠です。


  • いもけんぴ さん (40代・ 岡山県・ 女性)

    「陽炎の辻」シリーズは、生活の中の一服の清涼剤です。凛とした生き様の登場人物たちに、人生を歩む元気を貰っています。最終巻、楽しみにしています。


  • はるママ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    新作の広告が、新聞にでると すぐ本屋に行ってました。終ってしまうのは残念です。田沼意次が、亡くなってしまい 少しさびしかったです。いやな敵役で 決してファンではなかったけど 最後まで出して欲しかったです。


  • ゆうくん1081 さん (40代・ 佐賀県・ 男性)

    図書館で読み始め、1巻から49巻まで次々に借り出して一気に読破しました。次の50巻を楽しみにしています。


  • のうらく さん (40代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音終了寂しく思うとともに、大作の完成を嬉しく思います。


  • ももじ さん (60代・ 奈良県・ 女性)

    長い間執筆有難う御座いました。 毎回楽しく読ませていただきました。又最初の巻から読み直します。


  • エイちゃん さん (20代・ 鹿児島県・ 男性)

    坂崎磐音さんの作品が素晴らしかったです。スタッフの皆さんこれからも御仕事頑張ってください。次の記事も楽しみに期待しています。


  • てんちゃん さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    十年以上にわたり、磐音さんの半生の物語とともに自分も成長させていただけたと思います。感謝の限りです。スターウォーズに匹敵する叙事詩的な物語ではないかと感じます。何度も読み返しては、爽やかな気持ちにさせられます。佐伯先生には感謝の言葉と、お疲れ様でしたとねぎらいの言葉をかけさせていただきたいと思います。


  • 森のくまさん さん (50代・ 宮城県・ 男性)

    居眠り磐音から年賀状が届く!喜んでいたら、完結記念企画だった。嬉しいやら悲しいやら・・・
    でも連載はいつかは終わる。ってことで、年賀状をいただけたら嬉しく思います。


  • マー坊 さん (50代・ 徳島県・ 女性)

    毎回楽しみにして読み続けて来ました。もうすぐ終わるのですね。寂しくなります。


  • HIROPPE  さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    NHKのドラマで嵌まりました。文庫本を読み始めた時はキャラクターの落差に戸惑いましたが、それも初めだけでいつの間にかすっかり磐音ワールドの虜に。既刊本を読み切ると初巻に戻って読み返し、新刊を待ちわび…。そうした愉しみも、もうおしまいになると思うと寂しいばかりですが、結末は磐音一家の新しい歩みの始まりと思うのでそれも有りか、と祝福したく思います。佐伯先生、長い間本当にありがとうございました。


  • みゃーた さん (30代・ 東京都・ 女性)

    会社の先輩から勧められて以来、素敵な磐音とその周りの人々との交流に心を癒され、怒涛の展開にハラハラドキドキしながら、休む間もなく読んでいます。おかげで他の本が読めないくらい!まだまだ途中ですが、最終巻が出るまでには間に合いそうです。終わってしまうのがとても寂しいですが、みんなが幸せになってほしいです。どんな最終巻になるのか今からとても楽しみです!


  • 志磨 淳 さん (80代・ 東京都・ 男性)

    ミステリーではない。サスペンスでもない。だから再読に耐える。時の流れに悠々と身を任せ、過酷な運命を切り開いてゆく男の物語、歴史上の事件と巧みに絡み合い、どの巻を開いても惹きつけられる。
     主人公は磐音であるがそれ以上に脇が活躍、いつの間にかひいきの人物が決まってくる。それが狙いの巧みな構成と思いつつ、読み手は用意されたストーリーに乗っていく。
     昼間読むと用事に手がつかない、だから、寝しなが磐音の時間。頁をめくり、いつの間にか本を取り落とすまで至福の時が過ぎる。もう幾晩もこうしてきたか。
     ふと気がつけば五十余巻になるとか、これで終わるのも名残惜しいが、こちらが生きているうちに作者のエンディングのご挨拶が読めそうなので、残念が半分、安心が半分の気分になれると思う。
     それにしても磐音は希有のジェントルマンでありますね。 


  • ita20147 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    陽炎の辻を読んですぐ、TVドラマを見ました。
    ですので、その時点ではすでに何冊も出版されていた訳で、既刊を読んで新刊発刊に追いつくのにそれほど時間は掛かりませんでした。それほど魅力的な作品で化政時代を身近に感じた作品でした。

    ありがとうございました。


  • トドポポ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    人に薦められて読み始めました。あまりのおもしろさに引き込まれ、往復5時間の通勤も苦にならないほど。大切な読書タイムとなりました。これだけの長編なので途中マンネリに感じる事もありましたが、最近はまた持ち直してきたような。磐音とその仲間達。どのような結末を迎えるのか、今から楽しみです。


  • あつこ さん (40代・ 福島県・ 女性)

    とうとう完結ですね。交代寄合シリーズに次いで完結を見るのは残念ですが、また新しい作品を生み出していただくことを望みます。長年ドキドキさせて頂きありがとうございました。


  • ムーミンママ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    テレビドラマからのファンで気づいたときは26巻まで発刊済み。慌てて大人買いをして半年で追いつき、現在に至ります。ドラマ終了後、この人物はどの俳優さんが良いかな?と想像しながら読んでいくのが楽しみでした。続編や、空也編など、期待します!


  • まっきー さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    本当に大好きな小説です。新刊が出る頃に合わせて毎回1巻から再読をして臨んでいます。1月4日に向かってそろそろ私のイベントが始まります。終わってしまうのは本当に寂しいですが、どんな終わり方になるのか楽しみでもあります。お体に気を付けて私たちをまだまだ楽しませてください。


  • shinshin さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    佐伯先生、はじめまして。義父から頼まれてコメントを書かせて頂いております。義父は大変な読書家であり、また毒舌でもありますが(笑)先生の作品は「たくさん読まさせてもらって大変面白いと敬服しております」とのことで遅まきながら自分も今後読ませて頂きたいと思います。先生からの年賀状が届くのを楽しみにしているようですのでお忙しいとは思いますが・・・よろしくお願いいたします。


  • さくらさくら さん (70代・ 静岡県・ 女性)

    大好きなシリーズ゛ですもっとテレビ化されると嬉しいです゜


  • 素浪人 さん (60代・ 宮城県・ 男性)

     本シリーズは、第一巻「陽炎の辻」以来楽しく愛読させていただいております。各巻を通して、主人公「磐音」の優しさと主人公を取り巻く、柳次郎や武佐衛門たちの友人を始め、今津屋等の商家、長屋の住人たちとの付き合い等心温まる話題に事欠きません。又、後に養父となる佐々木玲圓、速水左近をはじめとする武家方、道場の門弟等とのつきあい、まさに泣いたり笑ったりの連続でした。当方もついつい「江戸双紙」の世界に引き込まれ、あたかもその場を目撃したような感覚になったことも数えきれないほどです。本編も後わずか二巻で完結となるとのことですが、残念な気持ちでいっぱいです。しかし、佐伯泰英先生には他のシリーズもたくさん執筆していることでもあり、又、本編完結による新シリーズ発刊も予定されていると思いますのでに大いに期待しております。
     末筆になりますが、佐伯泰英先生の益々のご健勝とご活躍を祈念致します。


  • ゆきりんみさりん さん (50代・ 山口県・ 女性)

    毎回 新刊が出るのを夫婦ともども楽しみにしております。
    終わってしまうのがちょっと寂しい気がしますが
    この世の常でしょうか・・・・
    とりあえず早く次が読みたいです!!!


  • えびたく さん (40代・ 栃木県・ 男性)

    今年、初めにこの本のことを知り、一気に読み進めました。一日2冊を読んだ時もあり、とうとう最後かとさみしく感じています。


  • 居眠り犬 さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    読み始めた頃はこれほどの長編になるとは想像していませんでした。長屋暮らしの頃に比べると、磐音先生は近頃滅多に本身を抜いての勝負をされなくなりましたが、それだけ精神的にも成長したということがうかがえます。ラストにどんな勝負を見せてくれるのか、楽しみです。が、やはりこれで終幕となると寂しい限り。


  • スター さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    磐音が江戸に出てきて、おこんはじめ多くの人に親しまれて敵と闘うが人情的に描かれて大変たのしんで読ませていただいています。


  • わさび さん (30代・ 静岡県・ 女性)

    父がいつも読んでいます。今回のキャンペーンを知り、父宛に年賀状が届いたら喜ぶかなと思って応募しました。


  • あらし さん (50代・ 東京都・ 女性)

    夫がファンでしたが、いつのまにか私も磐音フアンになり、
    夫婦共通の趣味?の1つになりました。
    完結が楽しみですが、さびしいです・・。


  • ☆★☆ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    毎回新刊が発売されるのを楽しみにしています。完結してしまうのは寂しいですが、どのように物語が終わるのかは楽しみでもあります。


  • 浪花屋 庄兵衛 さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    会社の先輩にとても面白い小説があると勧められて、第1巻「陽炎ノ辻」を早速書店で買い求め、その日に吸い込まれるように一気に読み上げました。

    以来新刊が出るのを毎回心待ちにしていました。 終わってしまうのは、非常に残念です。
    またじっくり江戸時代にタイムスリップし居眠り磐音シリーズを読み返したいと思います。
    NHKのドラマも続編を放映して欲しいものですね。

    長い間楽しませていただき本当に有り難うございました。


上へ