居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • あーたん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音、第1巻からずっと読んで、大好きです。登場人物も個性的で、江戸の暮らしも目に浮かんできて、興味深く楽しみに読んでいます^_^この本を読んでから江戸時代や磐音が旅した所など、色々興味が広がりました。終わってしまうのは悲しいですが、今までありがとうございました。


  • 大幸Qoo さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    読み漁るうちに、もう一度物書きにチャレンジに


  • 橋蔵 さん (40代・ 東京都・ 男性)

    陽炎の辻のドラマを見てから原作を読んでいます。磐音は人にやさしく、男気もあり色気もあり男惚れしてしまします。磐音のように自分も強く生きて見たいです。磐音と鰻を肴に杯を酌み交わし語りたいものです。


  • いずみ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音様 不惑を越えられてますます素敵になられましたね。一度だけ言わせて下さい。陰ながらお慕いしてます。どうかずっとお幸せに。


  • kumasan さん (70代・ 広島県・ 男性)

    坂崎磐音の眠り猫のごとき湖面の静けさを湛えた剣法が何とも言えない。


  • ぞなもしカルザイ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    往復の通勤時間のなかで、磐音の世界に浸ってます。
    地図を片手に、本所、深川まで行き、磐音の時代に想いを馳せてます。


  • たっきーTK さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズが完結するというのは非常に寂しい限りですが、この間「磐音シリーズ」により、随分と楽しい時間を過ごさせて貰い助かりました。家内も含めファンでした。今後NHKのTVでシリーズされればと思ってますが。


  • かじり屋 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音さまのどんな時にも決してくじけず、その時にできうることをして耐えて時を待つ、という姿勢にいつも励まされていました
    もうすぐ終わってしまうのは寂しいですが、また最初から読み返してみようかな


  • 順風コスモス花 さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    居眠り磐音の未だ半ば過ぎる38の所ですが私が好きなのは、時代考証がこれほどよく研究され、その時代にタイムスリップして、小説の中に入って要るかのように錯覚する事が多々あります。磐音さんの生き様が好きです。未だ未だ有りますが、早く次の刊を読みたいです。お正月休みは、読みまくり46迄は頑張ります。とても楽しみです。


  • Matsu-Take-b さん (30代・ 熊本県・ 男性)

    いつも楽しく時には悲しく読ませていただいております。
    学生時代から佐伯先生の作品に触れ、読むのは時代劇ばかりです!
    「磐音シリーズ」が終わってしまうのは残念ですが、今後もすばらしい作品を期待しております。


  • 元気なメイちゃん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    心は厚く、頭は冷静で颯爽とした剣の達人の磐音さんは、憧れの人です!!!何度も読み返し、すがすがしい気持ちになって、元気に生きたいと思います!!有難うございます!


  • ネコマタ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音さんに連れられて江戸の町を走り回ったり、遠い土地まで旅したり。磐音さんに出合えて楽しかったです。


  • 順コスモス さん (70代・ 大阪府・ 女性)

    時代考証が良く研究され、その時代にタイムスリットができ素晴らしい。物語にのめり込んでもう43迄いっているまだまだ、楽しみです。


  • 蝦夷の村人 さん (40代・ 北海道・ 男性)

    時代劇で「居眠り磐音」に出会って以来、それまで読むことがなかった時代小説にもはまっております(とは言っても、佐伯先生の作品が大部分を占めていますが・・・)。
    時代小説の世界に誘ってくれた「居眠り磐音」が終わってしまうと知り、今から「磐音ロス」に陥らないか心配しております。
    磐音一家に安息の日々が訪れますように・・・。


  • NOBU さん (60代・ 東京都・ 男性)

    佐伯泰英作品の「密命」、「居眠り磐音 江戸双紙」、「吉原裏同心」、「古着屋総兵衛」、「新・古着屋総兵衛」などの小説を好んで読んでいます。テレビ化されているもの楽しく拝見させていただきました。
    それぞれの主人公の人間臭さが出ているところや、超人的な能力が混在しているところが、私を小説の中に引き込まれ感情移入していつの間にか主人公になりきっています。
    それがとても素晴らしいです。
    「居眠り磐音 江戸双紙」が終わるのがとても残念です。
    でも、新たな主人公で、また素晴らしい時代小説を期待しています。
    佐伯泰英氏の健康と長寿を祈って。


  • 木葉一刀斉 さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    本当に完結してしまうのですね、
    嬉しくもあり、寂しくもあります。
    一体どんな展開になることか、
    今から楽しみです。


  • お☆さま さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    ・若いころは(50年以上前かなぁ)山手樹一郎先生、次いで司馬遼太郎先生の大ファンで読み耽りました。近年、第2青年期のごひいきは居眠り磐根、つまり佐伯泰英先生です。新年発刊の2冊で完結とか…、さみしくなります。でも、私どもの期待を裏切られない佐伯先生のことですもの、番外編が磐根を取り巻く多彩な人々を主人公にして展開されるものと期待しています。「おこんさん編」「霧子編」「小田平助編」「松浦弥助編」「速水左近編」「今津屋編」「笹塚孫一編」「空也編」…、えーいどこまでも続くなー、長生きせにゃー。いや、先生のことではなく某のことにて茣蓙候(爆)


  • ようよう さん (30代・ 兵庫県・ 女性)

    いつもまだかまだかと思い出るのを楽しみにしています。面白いので夜な夜な一気に読んでしまいます!


  • とちひろ さん (40代・ 新潟県・ 男性)

    1月4日に合わせてまた読み返してます。何回読んでも夢中になれる本に出会えて幸せです。


  • のんのんばあば さん (60代・ 東京都・ 女性)

    三年前に亡くなった主人が大好きな愛読書でした。
    確か、春霞の乱が最後だったように記憶しています。
    気にいった箇所は何回も読み直して楽しんでいました。
    私はNHKのドラマも好きで、それから原作を一気に白鶴ノ紅まで読みました。
    シリーズが終わってしますのはとても残念ですが、佐伯先生の今後の作品に期待しております。
    ちなみに吉原裏同心も大好きなシリーズです!!


  • さぼてん さん (50代・ 長野県・ 女性)

    何時もわくわくして磐音ワールドにどっぷり浸かって至福の時を満喫しています。完結しても番外編お願いします。


  • 時代劇オタッキー さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    もう終りなのですね。読み始めた時はここまで永く続くとは思いませんでした。テレビで放映されていたときは磐根やおこんのが演じた俳優の方々の顔と重なってしまいましたが、それも今では薄れ、いまは自分だけの磐根やおこんのイメージができています。
     最終号が51号と当初の発表から1号増えたことは、すごくお得な気分になっています。
     佐伯先生、長い間ありがとうございましした。できれば、たまには「それからの磐根」(空也の成長などもふくめて)なるものをお出しいただければ幸いです。


  • おまえはん さん (40代・ 大分県・ 男性)

    次巻で終巻になってしまうのがとても残念です。いつか空也の成長や磐根の老い様を描いた続編を楽しみに待っています。余裕があればお書き下さい。


  • ムートン さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    佐伯ワールドにはまってシリーズ全て拝読いたしました。
    蔵書として保管し現在2度目の居眠り磐音にはまっています、佐伯泰英氏の文章表現が大好きです。
    これからも続編 次々期待しています。
    お元気で執筆して下さい。


  • 和泉中央のおじさん さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    居眠り磐音シリーズは、最初から読み続けており、もう少しで終了することが大変残念です。また、磐音のお子さんのお話で、新シリーズを書いていただけることを期待しています。


  • たけじいじ さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    居眠り磐音との出会いは、読書好きの知人が読み終わったものは捨てるから、読むんだったら持って行って
    いいよとのことで貰ってきました。その中に「居眠り磐音」の八巻目から三冊ほどありました。
    時代小説は今まであまり読まなかったのですが、その後NHKで放送されたのを観て益々面白さにはまっていきました。それから、書店にて一巻から購入し現在まで読み続けました。そんな中、空也が生まれたのと
    同時期に孫が生まれますます親近感を覚えました。
     次作での終了は残念ではありますがすばらしい作品をありがとうございました。


  • Hide さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    各巻発売と同時に購入しています。次の展開が楽しみでいつもワクワク、ドキドキしていましたが、最終巻がどのように終わるのか期待でいっぱいです。終われば寂しくなります。


  • イチ4524 さん (60代・ 新潟県・ 男性)

    最終刊発売まで、あと1ヶ月。既刊の読み返しもいよいよ佳境に入り思わず力が入ってしまいます。期待と寂寥感がない交ぜの日々がまだまだ続きます。


  • いちご さん (60代・ 和歌山県・ 女性)

    何度も読み返しています。主人と私の話題はいつも磐音様。
    新刊楽しみにしています。


  • なつりん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    新刊が出る度にまた一巻目から読み返してしまい、何度も読んでしまう、恐ろしい作品です。


  • みっここ さん (40代・ 青森県・ 男性)

    ずーっとハラハラドキドキして読んでいました。いつかまた、会えますよね!!


  • サキノハハ さん (40代・ 新潟県・ 女性)

    上の子を出産し、家にこもる生活のなか、磐音さまに出会いました。
    はじめは何気に見ていたテレビでしたが、すぐに本屋に走り、それまででていた号まで
    すべて買い、一気に読みました。3回は読み直ししています。
    完結ということで寂しいですが、まだまだ何度でも読み直しします。


  • ICHIRO4524 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    抗がん剤治療の4クール目(1クールが3週間)を終えたところで、師走を迎えいよいよ、最終刊まであと1ヶ月。このたまらないわくわく感、と同時に今から感じてても仕方がないような、寂寥感(?)も感じつつ心踊る日々をおくるもう独りの自分と二人三脚で進んでいます。


  • 豆大福 さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    時代、戦う方法が異なるだけで、不条理な世の中と戦うという点では現代と同じかと思う。

    磐音や彼を取り巻く人間の姿勢(生き様って言葉は好きじゃない)に注目してみています。


  • おばさんファン さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    盤音の清々しさに虜になり、はまってしまいました。いつもわくわくしながら読んでいます。最終巻を楽しみにしています。たまには特別編で盤音とおこんのその後を知らせてください。テレビでの続編も楽しみにしています。今度は一時間ものにしてください。


  • chibi さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    テレビで観てから病み付きです。ハラハラドキドキしながら
    安心して読み進めます


  • 深川のまーさん さん (60代・ 岩手県・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」に出会ったのは「NHK時代劇・陽炎の辻」でした。
    時代小説の好きな私でしたが、失礼ながらそれまで「佐伯泰英」さんを知りませんでした。
    テレビの面白さに惹かれて文庫本を買い読み始めたところ、すぐに坂崎磐音の世界に引き込まれて、たちまち既刊分を読み終えてしまいました。
    その後は新刊を待ちわびて、発売されるとすぐに買い求めては読んでいました。

    現在は3回めの読み返しをしています。その「居眠り磐音 江戸双紙」がもうすぐ終わる・・・、寂しいです。完結した後の喪失感に耐えられるのか不安です。

    「居眠り磐音 江戸双紙」に出会った当時、私はそれまでと全く畑違いの仕事に就いて一年が経った頃で、気持ちを張り詰めて働く日々を、この本が私の心を支えてくれました。
    お陰様でその仕事も無事勤めあげて今年の10月に退職することができました。

    佐伯泰英さん、坂崎磐音さん、おこんさん、今までありがとう。感謝!感謝!


  • ワンちゃん さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    いつも楽しみにしております。
    先生の長きにわたる執筆ご苦労さまです。


  • ふるさん さん (40代・ 東京都・ 男性)

    もう終わりかと思うと寂しいです。もう少し磐音以外のキャラクターの活躍する話も読みたかったです。品川さんや笹塚さんの話ももう少し読みたかった。


  • 錦が池 さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    時代劇小説には珍しいと思える暖かい家族愛や友人愛で常に話が進んでおり、
    なんとなくホッとする心地で読み終えることが出来る。
    一月で「一応?完」と言うことですが、是非再スタート願っています。


  • ぼんちゃん さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    会社の人に勧められて読みはじめましたが、大変面白く毎回楽しみにしています。磐音のカッコイイ所が大好きです。


  • たまちゃん さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    佐伯さんの本は全部持っています。その中で一番好きなのが磐音シリーズです。何度も読み、涙ぐみ、
    妻に笑われたこともあります。完結するのがうれしい反面寂しくもあります。新シリーズを待っています。
    この本と出合えたことを感謝します。有り難うございます。


  • おとやん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    とうとう完結。悲しいです。もう一度一巻から読み返そうかな・・


  • 多摩の紅椿 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    2005年に磐音に出会って、毎回の発売に追いついてからは姉と競って読んでいました。道場主で大家族の主となった磐音も頼もしくもちろん好きですが、春風のようでいて誰にも負けない若かりし頃の磐音が思い出されます。冬の日におこんが暖かくしてくれていた布団にはいり極楽極楽と言っていた磐音など、目に浮かぶようです。本棚にはずらっと並んだ居眠り磐音があります。完結までもちろん楽しみにして待っています。佐伯先生ありがとうございました。


  • キッシーズ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    某アーティストの影響でこの作品に出合いました。まだ読み始めて間もないので、これから立て続けにこの作品を読めることがとてもありがたく、わくわくします!佐伯先生、團長ありがとう、感謝!!


  • 平成のぶざえもん さん (40代・ 福井県・ 男性)

    いつも楽しみにしていたので、完結は半ば残念です。
    磐音さんが最後の刺客を倒したあとは、のんびりと過ごして欲しいです。


  • 印旛の乙女 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    次の本はどの様な展開になるのか想像することが楽しみでした。それが出来なくなってしまうのがとてもさみしいです。これからは、磐音やお今さんが私の頭の中で自由に活躍してくれることと思います。今後の楽しみです。


  • たいちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    面白いからと20冊まとめて貸してもらったのが、磐音さまとの出会いです。通勤時の読書タイムが、楽しくて面白くて、今から思えば夢のような一時でした。ある日山手線の中で、本からふと目をあげてみたら、前の人も横の人も、磐音ワールドに入っているのです。巻数が皆違っているものの、不思議な感動をおぼえました。現在通勤がなくなり、新刊が出ると家で一気に読んでしまうのを勿体無く感じています。
    長い間楽しませていただき感謝しています。最終回?寂しいような、楽しみのような複雑な思いで待っています。


  • マスオ さん (40代・ 三重県・ 男性)

    1月の完結に向け1巻から読みなおしました。楽しみにしています。


  • 拓の爺さん さん (50代・ 新潟県・ 男性)

    毎回、新刊が待ちどうしく、発売日に必ず購入しております。(他社シリーズも)シリーズは完結される模様ですが、磐根の子息の空也を主人公として、新規のシリーズでも展開される事を望みます。健康に留意され末長く執筆され、時代小説を書き続けてください。


上へ