居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • いくにい さん (70代・ 栃木県・ 男性)

    読みだしたらもう止まらない。引き込まれ夢中になり読後がまたほっとする。次巻が出るのが待ちどうしくて。


  • メグミッフィー さん (50代・ 北海道・ 女性)

    磐音様 まいる

    お慕い申し上げております。
    夏草の薫香の中 立志の想を胸に
    緑豊かな故郷を望まれた あの折より

    幾度 戦いや 争いや 哀しみや 苦難を乗り越えられ
    貴方は どれほど 豊かに 大らかに 優しく 強く なられたことでしょう。

    その途の全てを 刹那の貴方を これからの磐音様を
      かわらずに お慕い申し上げます

    かしこ


  • 伊達桃子 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    坂崎磐音様
    坂崎様を知るきっかけとなったのは、数年前NHKの番組で、俳優で、読書家としても有名な児玉清氏が貴方様のことを、それはそれは魅力的にお話しされていました。児玉氏の言葉に、私はすぐに興味を持ち引き込まれました。
     早速、本屋さんへ走り第1巻を手に収め、ページをめくるのが嬉しいような思いで読み2巻へ3巻へと夢中になり、現在まで続いております。
    実家の80代後半の父に読み終えるたびに「お土産」と持ち帰り差し出すと、「磐音くんかあー」とニコニコと手にとりました。さすがに親子、好みが同じでとても嬉しそうでした。次の巻を持ち帰るまでに、父は何度も何度も読み返し、本が膨れた状態になっておりました。
    その父も、貴方様の行く末を気にかけながら最終巻を読むことかなわず、二年前に93歳で旅立ちました。私は相変わらず新刊を読み終えると実家に持ち帰り、仏壇にお供えしております。
    貴方の話題を父とおしゃべりした事が、とてもいい思い出です。
    最終巻が間近となり、貴方様の勇姿が終わってしまうことが残念です。
    児玉清氏が惚れ込んでいた磐音様に、私も魅了されました。
    とても楽しい時を過ごすことが出来ました。
    ありがとうございました。


  • ねこは眠る さん (50代・ 鹿児島県・ 女性)

    ついにカウントダウンに入った磐音の人生。時代に翻弄されながらも貫かれた磐音の武道家としての信念と人としての優しさに引き込まれ,読み続けてきました。どんなラストシーンが展開されるのか,心待ちにしています。


  • アネモネ さん (10代・ 島根県・ 女性)

    初めて読んだ時代小説が佐伯泰英さんの『居眠り磐音』シリーズでした。
    時代小説って難しいイメージがあったのですが、とっても面白くてはまってしまいました。
    思い出深い作品なので完結してしまうのは少し悲しいですが最終巻の発売を楽しみにしています。


  • たまねこ さん (40代・ 広島県・ 女性)

    とうとう終わってしまうんですね…
    いつか、空也編が読めることを願っております。


  • なお さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    母、父、私、家内、義母と次々ファンが広がり皆で新刊を待ち望むようになりました。それがとうとう完結を迎えようとは。個人的にはいつも奈緒のことが気がかりでたまりません。本当にもう終えることができるのでしょうか。


  • ちぎりいか さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    家族みんなで楽しく読んでいます、とくに母が大好きで1巻から何回もくりかいし読んでいます、高齢なので生きている間に最終巻が読めるか心配でしたが無事読めそうです、終わるのわさみしですが、1月楽しみにしています、ありがとうございました。


  • 藤之輔 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    意次の妄、空也の初陣に感激しました。平助さんが本当にいい人で温かい人柄にシリーズ全体の魅力が示されています。暮れと正月の2冊で終わりですか!残念です・・・


  • カッチャン さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    50巻を超える長編小説にもかかわらず、各巻面白く飽きることがなく次の巻がでるのがいつも待ち遠しい小説です。終わりが近づいているそうで凄く残念です!!最も続いてほしい気持ちでいっぱいです。


  • 九官鳥 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    江戸府内の下渋谷村豊沢、麻布善福寺、一本松坂、が戦前の我が家や墓所の縁があったところ、『広尾の百姓』がもとです。初期の頃の逸話、相模の雨降山大山講は「渋谷御神酒講」中として十年ほど前まで参拝していました。磐音の弟子に同姓の御家人がいるので応援しています。とうとう大団円、どういう結末か楽しみです。


  • 弥助好き婆 さん (50代・ 福島県・ 女性)

    弥助さんと霧子さんの絆の深さに感動です。
    そして、弥助さんは坂崎家を取り巻く事件を早くに察知して探索して、磐音の事件解決のヒントをもたらす影の姿が好きです。


  • いこちゃん さん (60代・ 京都府・ 女性)

    佐伯先生ありがとう。
    磐音を何周も何周も読み返しました。
    完結するのはとてもさみしいです。
    また特別編として出してください。


  • しげぼー さん (40代・ 栃木県・ 男性)

    新聞広告をきっかけに読んだら最後、磐音のファンになりました。毎巻読み終わると次巻が楽しみで待ち遠しくてたまりません。いつまでも佐伯先生の描く磐音でワクワクしていたいですが、そうもいかないのが世の常と潔くあきらめる事にします。


  • bunちゃん さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    密命から始まり佐伯先生一筋(ちょっと横道もありかな?)に時代小説にはまり込みました。通勤の行き帰りに佐伯ワールドにどっぷりはまり、目を潤ませたり乗り過ごしたりと懐かしく思い出されます。いよいよ居眠り磐根も終わってしまうのかと思うと、寂しい気持ちですが新たな佐伯ワールドに期待をよせています。佐伯先生には益々ご自愛をされて、皆さんを楽しませていただきたいと思います。


  • ちゃちゃ さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    NHKのドラマをたまたま見て原作を読んでみたいと思い、読み始めました。
    毎巻、ハラハラ ドキドキ ワクワク して楽しく読みました。
    あと2巻で終わりですね。
    どんな終わり方になるのか楽しみとともに終わってしまうのが寂しいです。


  • ちぎりいか さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    家族みんなで楽しく読んでいます、とくに母が大好きで1巻から何回も読み直しています、高齢なので生きている間に最終巻が読めるかなと思っていましたが無事読めそうです、これで終わるのがさみしいですが、1月が楽しみです、ありがとうございました。


  • キリナラソコのバアバ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音、密命、鎌倉河岸等々殆んどのシリーズ新刊待ちで、楽しく読ませていただいております。
    文庫とはいえ殆んどのシリーズを書棚に並べると、中々、壮観ではありますが、最近は主人との場所取りの小競り合いも。 気紛れに、何度も読み返すので片付けられないのてす
    佐伯先生にお願いがあります。
    電子書籍を出して頂けないでしょうか!
    私、68歳ですが、最近は文庫の文字も読みにくく四苦八苦しております。ぜひぜひご一考をお願いします。


  • WAKA さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    おこんの強さと磐音のやさしさに憧れております。もうそろそろこのシリーズも終焉を迎えると思うと寂しくてなりません。


  • そらまめ さん (40代・ 京都府・ 女性)

    居眠り磐音は家族で楽しめる時代小説なので、終わってしまうのが寂しいですが、長い間楽しませていただいてありがとうございました。佐伯先生がお元気で、またいつの日か番外編を書いてくださることを期待します。


  • 時代劇小説大好き人間 さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    時代小説が好きで、その中でも一番が居眠り磐音江戸双紙が最高です。本を購入したら一気に読みます。家事もそっちのけで没頭です。楽しみがなくなるのは残念です。


  • JUN さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    第1巻から49巻を読み進んで来て、この先がどうなっていくのだろうと思いながら楽しみにしてきたのですが、51巻で完結してしまうのは、なんとしても寂しいです。完結してからでもよいので、その後の磐音を読みたい。


  • 夢のあと さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    大団円おめでとうございます。でも、寂しくなります。お疲れさまでした。磐音をとうして、人としての生き様を考えさせられました。機会があれば女性が主人公のシリーズをよろしくお願いします。


  • YK さん (60代・ 奈良県・ 男性)

     居眠り磐音と出会ったのは10年近く前のことです。購読している読売新聞の日曜版の編集後記に,編集長が佐伯先生の著書特に居眠り磐音が大好きで新作が発売されると欠かさず購入しており,佐伯先生の著作のすべてを読破するつもりだと書かれているのを目にしました。私は読書が趣味の1つで,いろんなジャンルの本を読んできましたが,時代小説は読んだことがなく,興味を持ってすぐに購入して読んだところ佐伯ワールドにすぐにのめり込んでしまいました。
     私は居眠り磐音の登場人物にはすべて愛着があます。NHKでドラマ化されましたが,登場人物がすべて原作とイメージが違い失望した覚えがあります。やはり小説で読むのが一番です。
     あと2巻で終わってしまうのかと思うと寂しい気持ちもあり,またどのように結末を迎えるのか興味もあり複雑な心境です。
     佐伯先生は非常な多作家ですが体をこわさないように今後も私たち読者楽しませていただきたいと願っています。


  • mame さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    毎回楽しみにしておりました。霧子のファンです。最終話には、どんな活躍してくれるのでしょうか、ぞくぞくします。
    空也の物語も、外伝で書いて欲しいですね。


  • うららあずき さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズの大ファンです。登場人物のそれぞれの人柄やエピソードが、とてもいきいきと描かれていて、読んでいると、どんどんその世界に引き込まれていきます。時代劇もよくみますが、江戸時代の庶民の生活が良く描かれていて、自分もその生活をしてみたいと、思ってしまいます。また、どこまでいってもぶれない磐音の筋の通った生き方が好きです。現実の世界でもあんな政治家や指導者、上司がいたら素敵だと思います。
    もうじき終ってしまうのは残念ですが、最後がどうなるのか楽しみです。佐伯先生いっぱい楽しませていただき有難うございました。


  • こりす さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    もっぱら通勤電車の中で読んでいるのですが、時々急に泣かされてしまいます。忙しい時ほど夢中になって磐音ワールドにハマります。もうすぐ終わってしまうと思うと残念でなりません。この作品で江戸時代が大好きになりました。


  • 磐音の息子 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    何回読み返しても面白い。
    一粒で何回美味しい。。


  • まみ さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音様にお会い出来なくなるのはとても淋しい事ですが、それでも出会えた幸せを噛みしめています。いつまでも、いつまでも私の心の中で活躍し続けて下さい。


  • 古池の蛙 さん (40代・ 岡山県・ 男性)

    刊行が始まった当初から10年余り、毎刊欠かさず読破してきた自分にとって、この物語の終わりは 楽しみが1つなくなると共に、大変さびしい限りです。ここまではまった物語に出会えたことに感謝しつつ、また、再読しようと思っています。


  • バパ さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    坂崎磐音さんの様な柔と剛を合わせ持つ人柄に魅力を感じます。完結してしまうのが残念です。


  • さりちゃん さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    NHKのドラマを見てはまってしまいました。
    新刊が出る度に購読し、その後実家の父に送り、親子で楽しんでいます。
    こんなにはまった時代物は初めてです。本当におもしろく、ワクワクします。


  • はるいちか さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズが、完結すると聞き非常に残念です。
    私が好きだったのは、奈緒を探して北陸への道中での出来事でした。
    佐伯先生の益々のご活躍を期待いたします。


  • ちの さん (30代・ 東京都・ 女性)

    シリーズの愛読者である母の依頼で投稿します。地図を見ながらいつも楽しく読んでいたので、完結してしまうのはさみしい、と話していました。
    私も借りて読んでみたいと思っています。


  • 音読 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    本人は、剣のみに生きる姿勢にも関わらず、周りの思惑と相まり空回りし苦悩しながら進む姿に
    共感を覚えます。
    息子である空也の成長も興味ありますので、つづってほしいです。


  • テレサ さん (20代・ 北海道・ 女性)

    新刊が出ることをこんなに楽しみにしていた小説は初めてでした!
    もう終わっちゃうんですね!
    もう磐音さんに会えないなんて寂しいけど、最終巻楽しみです!


  • りん さん (30代・ 滋賀県・ 女性)

    数年前、書店で何気なく手にとって立ち読みをしていたらどんどん物語に引き込まれて、自分でも驚く勢いで既刊を購入していました。それからは新刊が出る度すぐに書店へ走る日々が数年続きました。近年は年に1,2冊が続いたので毎回とても待ち遠しく楽しみにしていました。とうとう最後だと思うととても感慨深く、ま寂しい気持ちにもなりますが、お正月の新刊を楽しみにしています。


  • ぱんこらい さん (70代・ 東京都・ 女性)

    いつも新刊を待ち遠しく、読んでまいりました。
    完結まであとわずか、これまでの長い道のりを思いつつ
    磐音さんはじめ登場人物の行く先をいろいろ想像しています。
    佐伯先生、長い長いあいだありがとうございました。


  • エミ さん (30代・ 神奈川県・ 女性)

    発売日が待ち遠しい!でももう完結してしまうのか・・・と思うと寂しいです。


  • NICO さん (70代・ 福岡県・ 男性)

    いつも楽しく読ませていただいています
    次回で終わるのが残念 楽しみがひとつ減りました


  • Noriko さん (30代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音シリーズ大好きです!
    磐音やおこんさん…周りの人たちの温かさがこの本に温かみを与えているのだと思います。
    最終回をどのように迎えるのか…知りたいような…でも終わってほしくない!!!!!
    でも最後はみんなが幸せになれるといいな(*^^*)


  • おこんさん大好き さん (60代・ 山形県・ 女性)

    絶妙な包丁捌きでうなぎを割いていた浪人さんのころからずっと読んで(追いかけて)きましたが、憎っくき田沼も失脚し、辛酸をなめた磐音の苦労が報われることになったのは良いのですが、このシリーズが終ってしまうなんて残念です。ずっとそばで支えてきたおこんさん、お疲れ様でした。肝っ玉の太さが魅力でした。


  • ぱんぴこ さん (30代・ 静岡県・ 女性)

    佐伯先生お疲れさまでした。ドラマから入りましたが磐音さんの強さと優しさが大好きです。


  • たまご さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    新刊をいつも楽しみにしていました。磐音達の結末を早く知りたいと思いつつ、もうすぐ終わってしまうのかと寂しい思いです。


  • ぽあらー さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    ドラマ化をきっかけに、読ませていただいております。すっかりはまってしまい、毎号あっという間に読み終え、そして次が出るのが待ち遠しい。終わってしまうのが残念です。他のシリーズも読みますヨ!


  • 豊後の住人の妻 さん (60代・ 大分県・ 女性)

    主人が佐伯泰秀先生の大ファンで家には佐伯作品がたくさんあります。その中から主人に薦められたのが居眠り磐音シリーズでした。読み始めたら磐音を取り巻く人間模様の面白さについついページが進み気がつけば後2巻で完結との事。佐伯先生がどのような結末を描いているのか楽しみにしています。お身体に気を付けられ今後も楽しい作品をお願いします。


  • FUMIKO さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    2015年も師走です。磐音も完ですね。
    残念ですけれど最後の2巻を楽しみにしています。
    できましたら空也の世界も書いてくれるとうれしいです。


  • やっちょ さん (30代・ 静岡県・ 女性)

    テレビドラマからのファンです。ドラマDVDを何度も繰り返して見ています。磐音さまのさわやかな演技が、当て書きされている様で素敵です。


  • ブネオサン さん (50代・ 茨城県・ 男性)

    佐伯泰英氏こそが平成の山本周五郎であると思います。「居眠り磐音」シリーズが1作でも多く続きますよう。


  • スマイル さん (50代・ 栃木県・ 女性)

    時代劇は全然興味が無かったがドラマの磐音を観て夢中になり本も読破。素晴らしい発見を貰い今後も
    楽しみです。


上へ