居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 晴 さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    あけましておめでとうございます
    今年もよろしくお願いいたします。


  • キザカサ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    いつも楽しみにしています。
    終盤が近づくにつれて悲しくもあり。
    日本人の心を思い出させてくれるこの作品が本当に好きです。
    佐伯先生、楽しみをありがとうございます!


  • みらい さん (40代・ 栃木県・ 女性)

    私がこの作品を知ったのは、テレビドラマ「陽炎の辻」からでした。主人公磐音がかつての婚約者のために闘う場面で、今は遠い恋人の幸せのために尽くす姿がとても好きでした。見返りを求めずただ大切な人のために、人の痛みの分かりにくい時代だからこそ、磐音の清冽な生き方に心惹かれました。


  • Tankmk1 さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    磐音様の食べっぷりがすてきでした。江戸の食事の様子がわかって楽しかったです。五十代の兄弟共通の愛読書となりました。ありがとうございました。


  • hiro さん (30代・ 熊本県・ 女性)

    何年か前に本屋さんで1巻を手に取ったのがはじまり。なにはなくともいつの間にか何かに巻き込まれつつ、ただひたすらに、役目を果たす磐音の姿を思い浮かべ、心ふるえるほど胸を熱くしては、私も磐音のように天地に恥じない生き方をしたいなあと何度も思いました。磐音の人柄の素敵さはもちろん、今津屋の由蔵さんとのあうんのやりとり、長屋の暮らしぶり、おこんさんと奈緒さんのこと、悲しいことも楽しいこともなにもかもが私にとってわくわくすることであり、考えさせられることでもありました。残りあと2巻、磐音がどのような道を選んで歩んでいくのか楽しみにしています。


  • 雅魔 さん (50代・ 茨城県・ 男性)

    自分の弟が読んでいた事でこの作品を知りました。とても面白くて読み始め図書館で借りていましたが、飽き足らなくて自分で買って読み進めていました。もうすぐ終わるのが残念です。


  • おはぎ さん (40代・ 京都府・ 女性)

    母と伯母が大ファンです。盤音様、盤音様、と騒がしい二人がシリーズの完結をとても残念がっています。


  • あっぱらぱー さん (60代・ 高知県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズ好きです。わくわくします。


  • ガノさん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    まだまだと思っておりましたのにもう終わりとは…完結号も楽しみに読みます。


  • ココット さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音が完結することにもうすぐ読める楽しみとこれでもう読めなくなってしまう悲しみとで複雑な思いです。私がここまで嵌まってしまった時代小説は佐伯先生の本だけです。職場の同僚に交代寄合伊那衆異聞を貰って読んでみたら気付いたら家の中に全シリーズが揃っています。それぞれのシリーズを順々に読み返しています。


  • ひーちゃん さん (70代・ 千葉県・ 女性)

    何気なく入った書店で第36巻を手にとり、読み始め第1巻から読みたくなりそのまま第1巻から揃え一気に読み、何度も何度も読み返しております。
    とうとう最終巻を迎えてしまうのですね。
    最終巻を読むのが楽しみでもあり一抹の寂しさがあります。


  • 雪虫 さん (60代・ 宮城県・ 女性)

    陽炎の辻いらいの長い間、次の発売日をワクワクしながら待つ楽しい時間をありがとうございました。
    新刊を手にすると、もったいなくて読めないくらいすきでした。


  • うめ さん (20代・ 埼玉県・ 男性)

    60間近の母親と一緒にいつも楽しく読んでいます。思えば私が高校生のころからの付き合いとなっており、磐音は年の離れた友人のような気すらしています。これからもお体に気を付けて頑張ってください。


  • kt2850 さん (50代・ 香川県・ 男性)

    何度読み返しても、その都度、心地よいものが、ゆっくりと染みこんでいくような気になります。
    いよいよ完結となりますが、これからも読むたびに、極上の時間を過ごしていくことができると感じています。
    ありがとうございました。


  • アキ さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    佐伯先生の時代小説はどのシリーズも痛快でいっぺんで時代物に取り付かれてしまいました。特に 居眠り磐根 江戸双紙は、自分も同じ時代に居るかと思うほど、登場人物が魅力的で生き生きとしており、もう何度も読み返しています。いよいよ最終話が近づいて来ましたが、どのような結末でも、私の中では磐根とその仲間がいつまでも生き続けていくと思います。また新たなシリーズを期待しています。


  • 素浪人 さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    江戸双紙の超大作は、他に例をみない、飽きのないストーリーで、実に楽しく購読できた。


  • ネコのしっぽ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    時代小説が大好きで、楽しく読んでいます。特に女達が強く美しいと思います。


  • えっちらおっちら さん (30代・ 新潟県・ 女性)

    出会いは父の書棚でした。
    密命も影二郎も古着屋も、父の書棚から(勝手に)借りて読むようになりました。
    買ってくるのが待ちきれず、そのうち自分で買って、父に渡すように。
    佐伯先生の作品が、口下手な娘と父の間を取り持ってくれています。
    今では母も一緒に佐伯先生の世界を堪能しています。
    磐音が完結してしまうのは、本当に寂しいですが、
    磐音の新しい旅立ちは、きっと私を前向きな気持ちにしてくれると思います。


  • 豊島のとうふ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音シリーズは佐伯作品の中で初めて読んだ作品です。たくさんの剣客との戦いも面白かったし、いろんな人との出会い・交流にも興味をそそられました。51巻で終了ということですが、残念で寂しく感じました。これまで長い間、ありがとうございました。


  • みかん さん (40代・ 新潟県・ 女性)

    NHKのテレビ番組を見てはまりました。それから直ぐに小説を買い、磐音のおおらかな性格、心の強さ弱さに惚れました。そして何より、作品に出てくる登場人物と磐音とのやり取りに笑い、泣き、時には考えさせられたりと勉強になりました。磐音みたいなおおらかな人になりたいと思っていますが・・・なかなか難しい・・・早く次の巻が読みたいような、でも次でたら終わりだぁーーーーと思うとまだ読みたくないような・・・磐音読み終わったら暫く放心状態かな・・・


  • 九十九 さん (40代・ 滋賀県・ 男性)

    毎回、磐音さんと周りの人々の関わりや人柄に感動し、心うたれます。己を振り返り見つめなおす機会を与えてくれる素晴らしい作品だと思います。今後も楽しみにしています。


  • 秀磨(辺境留守居役) さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    いつも発売日に購入し愛読しております。本編は51巻で終えるとしても外伝といった形で弟子達を中心とした作品を希望いたします。こんなに夢中になった小説は他にありません。


  • ポポ さん (50代・ 岩手県・ 男性)

    空也、おこん、磐音一家。道場の一門、三すけ。羨ましい家族と思います。武左衛門さんが心配です。が、そこは、佐伯先生の采配を期待しています。人というものは、良い人 悪い人。出来る人、出来ない人。優しい人、厳しい人。様々な人が居るから、面白いと思います。磐音ワールド最高!!


  • 居眠り磐猫 さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    春風駘蕩、泰然自若。時代は違えど男として、人として、磐音如く斯くありたい。しかし別れの時は近い。時を越えた我らがヒーロー、坂崎磐音。大団円を期待する。


  • 愛読書は居眠りと酔いどれです さん (70代・ 奈良県・ 女性)

    娘のすすめで読み始め、愛読書となりました。二度読みました。今は寝る前の楽しみです。1月に出る2冊を楽しみにしています。そして他もお元気に書き続けて下さい。


  • みーちゃん さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    磐音が終わってしまうのが悲しいです。くうやはどうなりましたか’?


  • 居眠りよっちゃん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    75歳の父が磐音の大ファンです。何回も読み返し、一番のお気に入りのようです。私自身は佐伯先生の違うシリーズを父から借りてハマっていますが、居眠り磐音は全巻出てから読むという贅沢を味合おうかと思っております。佐伯先生、父の老後の楽しみをありがとうございます。


  • ミヨコ さん (80代・ 東京都・ 女性)

    磐音の活躍と彼を取り巻く人々の関わりが生き生きと描かれ、江戸の情景が目に浮かぶようで、毎回楽しみに読ませていただいております。
    もうすぐ完結ということは楽しみでもあり、寂しくもあります。


  • さん さん (30代・ 愛知県・ 男性)

    毎回楽しみによませてもらいました。強いだけでなく優しい磐音さんが好きでした。


  • もも さん (30代・ 静岡県・ 女性)

    おめでとうございます。今年もよろしくです。


  • たま さん (20代・ 愛知県・ 女性)

    最初の頃の鰻を捌いていた青年期の磐音がとても懐かしい…。 町中の庶民的な話の中に、戦いが混じるくらいが好きでした。 年賀状楽しみにしてます


  • 歩吉 さん (10代・ 三重県・ 女性)

    ある日、家に「陽炎の辻」が置いてありました。母が買ってきて読んでいたようです。わたしも読み、一気にはまり込みました。次巻を早く買って買って、とせっついたり、時には我慢できず自分で買いました。自らの時間を生き、信念を持って歩んで行く磐音が大好きです。続きを楽しみにしています。


  • きく さん (40代・ 栃木県・ 女性)

    「坂崎磐音」大好きです。
    初めて読んだのは、近く図書館でたまたま見かけた2巻でした。読んだ後、さっそく1巻から読み直しました。こんなに、はまったのは久々でした。
    妄想の世界で、実写版なら配役は誰がいいだろう?とか、ひとり、ニヤニヤしていることもままあります。
    小説なのに、情景が目の前に広がってるようです。
    もうあと少しと思うと寂しい限りですが、最後まできっちり読みたいです!!
    「おこん」さん最高です!!


  • 尾張のマメ辰姫 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    お稽古事の先輩のご主人さま(父よりも年上!)と、時代小説の話で盛り上がり・・・薦め合ったのが佐伯先生の作品でした。特に“磐音シリーズ”は、お互いに新刊が出る度に、「手に入れた?」「読んだ?」「どうだった?」とメールしていました。
    それも・・・あと2回。磐音さま達の、もう少し先の様子が知りたいと思うのは、わがままなのでしょうね。佐伯先生!お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。


  • cyoviママ さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    妄想してました… 本社が淡路町にあった時は度々神田明神に行っては磐音さまとおこんさんがお参りしてたぁ とか、神田川の土手は今津屋さんへの道だぁ舟で往き来してたなぁ速水邸は佐々木道場は…などと。今、本社が晴海に移っても、そうだ! 佃島は船で… そして、旧中山道沿から少し入った所に居住してますがその道端にある古い道祖神様をみても、もしかしたら法師の湯に行く道すがらおこんさんが手を合わせたかも! などなどと本編を読みながら地図も思い浮かべつつ一人ニンマリしていました… 最近また1巻から読み直して長い道程に感慨深いものがありました。
    シリーズが完結するのは寂しいのですがきっと何時か外伝で妄想できるかも! と思わずにはいられません…
    頂いた居眠り磐音江戸双紙の布地お手提げバックを大事に使います(T . T)
    この作品に出会えて本当に幸せデス♪( ´θ`)ノ


  • 柔 勝太郎 さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    「居眠り磐根江戸双紙」が完結間近となり、寂しい限りである。磐根の人柄からくるのであるが、何と人間性豊かな人たちが彼の周りを取り巻いていることか!毎巻、予想もしない展開にハラハラドキドキの連続。そして、あの磐根の静から動の太刀捌きが、行く手を遮る悪を打つ。まさに、痛快だ。
     この後、どのような結末をむかえるのか、今から楽しみである。
     それにしても、「密命」が終わり、「夏目影二郎 始末旅」も「交代寄合伊那衆異聞」も終わり、「居眠り磐根江戸双紙」も終わりをむかえるとは・・・・・。


  • 綸子 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    磐音さまが、おこんさんとめおとになって、ほんとにがっくりきました。ものがたりのすじとして、しかたないよなーとはおもったんですけど。ずっとずっと、永遠の独身でいてほしかった…ましゃロスより、いわロスじゃー!


  • 勘解由 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    1月4日がまちどうしくてなりません。年内に発刊していただけたら有意義な正月を迎えられるのにとも思います。いずれにしても楽しみです。


  • チャコ さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音ワールドにどっぷり浸かっていました。残念ですね。総兵衛シリーズは続く模様なので、我慢したいと思います。


  • ぱんきち さん (30代・ 東京都・ 女性)

    勧められて読み始めました!まだまだ最終巻には遠いのでゆっくり磐音さんの旅路にお供しようと思います(^^)


  • まさちゃん さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    いつも楽しく読まさせて頂いております。これからも頑張ってください。


  • くーちゃん大好き さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    シリーズ完結おめでとうございます。
    私はまだ途中で読むのをひと休みしています。
    だって終わってしまうのが寂しいから。それと
    ほっとしたい時に読みたいのでゆっくりゆっくりと大事に読み進めてます。どれだけ時間があいてもいつもすっと物語の中に入っていけます。こんなことは今までにありませんでした。
    磐音の人柄に惹かれてるからですね。


  • あやかし さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ姪に教えられ読み始めました。
    毎回発刊されるのを楽しみに購読していましたが いよいよ完結
    寂しいです。


  • koko さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さんがだいすきです。終わりだくないです。


  • 背表紙読破 さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    お風呂の中で読んでます。
    結末から読んで、安心して気分を落ち着かせてから、初めから読んでいます。


  • 十六夜の母 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音の生き方に感動。すべての出会いを大切にし、己のことよりもまず他人のことを第一に考える磐音の勇気と行動力、思いやりと優しさに惚れました。


  • nekobi さん (50代・ 東京都・ 女性)

    ハラハラしながら読んでいます。登場人物がみな魅力的で感情移入しまくっています。


  • ぱちぱちくん さん (40代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐根が、次巻で完結するとのこと、さみしいです。
    柳次郎と武左衛門と磐根の3人が絡む章が特に好きでした。
    是非、スピンオフの物語製作をお願いします。
    今は、最終巻が待ち遠しいです。


  • あき さん (30代・ 広島県・ 女性)

    1巻から最終巻まで一気読みするのを楽しみにしています。


  • しずかひめ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    こんなにも夢中になった時代小説は、初めてです。私が読むきっかけは、サブタイトル?にひかれたからです。陽炎の辻というきれいな言葉に魅せられたから。そしてテレビでまた大好きになって。磐音さま、や おこんさん、奈緒さまのひとがらが大好きです、このシリーズがもう終わってしまうのがとても淋しいです。佐伯先生、長いことありがとうございます。また、新しい小説をたのしみにしています。


上へ