居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • けいこちゃん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    おのれの利を考えず行動する貴方様の生き方にどれほど多くの事を
    学び、そのように生きたいと思い続けて参りました。
    感謝です。


  • 雪うさぎ さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    毎回楽しみに拝読していました。大団円を迎えるのももうすぐかと思うと、うれしくもあり、一抹のさみしさも…。できれば番外編などが発刊されることを願っています。


  • みっち さん (50代・ 岐阜県・ 男性)

    磐根の周りの人と人の繋がりが、とても心を和ませてくれます。


  • 須川のヤッチャン さん (60代・ 長野県・ 男性)

    新号の発売を待つ間、1巻からまた読んでしまう・・待てます。


  • 出羽のねこ さん (40代・ 山形県・ 女性)

    家族ではまりました。何度も読み返しています。読み始めたら、止まりません。


  • Kinzou さん (60代・ 秋田県・ 男性)

    初巻から楽しく読ませていただいています。繰り返し20回程になります。完結残念ですがやむを得ないでしょう。新たなシリーズを期待します。お疲れさまでした。


  • ゴン さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    まだまだ続きが読みたい❗
    幾度となく読み返したものです。
    1月4日が、待ち遠しいが寂しいな。


  • ひろきち さん (40代・ 東京都・ 男性)

    毎日の通勤で読んでいます!
    その時間が僕にとってはとても貴重な時間です。
    年賀状楽しみにしています!


  • 親不孝者 さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    離れて暮らす母へ、新刊が出る度に送ってます。「読んだ?元気にしてますか?」日頃の無沙汰のご機嫌取りに、磐音さんに行ってもらっています。その手も、もう使えなくなってしまうのですね。関前の母上を想う磐音さんとは、大違いの親不孝者です。


  • 猫のげんちゃん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    最初にドラマで楽しんでいましたが、磐音さんファンの娘に勧められ読み始めました。今では、すっかり夢中です。大団円の結末を楽しみにしています。ありがとうございます。


  • ポンチャン さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    長年に渡り、楽しませて頂きました。ただ、田沼との暗闘に到り、前半の明朗闊達さが半減したと残念に思っています。ストーリーの展開上、止むを得ないとも言えますが、本題の江戸草紙からやや逸脱した感を持つのは私だけでしょうか。最終刊では、本来の明朗さを基調に大団円を迎えてくれることを切に願っています。


  • ヤングマン さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    母がファンなので是非送って下さい。喜ぶと思います。宜しくお願いします。


  • つかちゃん さん (40代・ 愛媛県・ 男性)

    終わってしまうのかと思うと非常に寂しいです。
    スピンオフ版を是非とも御願いします!


  • むーさん さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    ドラマの視聴から始まった読者として、佐伯先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
    これほど飽きさせずに、待たせずに書き続ける事が出来る。
    最後の二巻を今から楽しみに、そして「居眠り磐音 江戸双紙」全巻を宝物として
    持ち続けたいと思います。


  • 人生亀走 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    私が佐伯泰英氏の作品に初めて触れたのが、この「居眠り磐根江戸双紙」です。すぐに佐伯ワールドに引き込まれました。中でも「居眠り」シリーズは、登場人物の成長過程が魅力の一つかと思います。個人的には、磐音とおこんは優等生過ぎるような気がするので、竹村武左衛門と幸吉が好きです。


  • みそりん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    図書館で何気なく手に取り読みはじめました。
    新作が待ち遠しくなり、最近は本屋で購入しています。途中からのコレクションなので、いつか全作品をそろえ読み直したいと思います。

    この作品を通じて、江戸時代に興味を持つとともに、主人公磐音とその仲間たちの人間模様に共感しています。

    もう少しで完結してしまうのが、さみしい気持ちもしますが、楽しみでもあります。
    佐伯先生、素晴らしい作品をありがとうございます。


  • しょう爺 さん (60代・ 広島県・ 男性)

    磐音が隠居した後を継いだ空也の成長する姿を想像しています。


  • 七雲 さん (80代・ 鳥取県・ 男性)

    初期の頃からの熱烈読者です。文庫本専用の書棚に佐伯文庫と銘打って保存、佐伯通信も1号から全号保存、児玉清先生のカバーに挟んで一人悦に入っております。地方居住なので発売日に入手できないのが残念です。先生の益々のご健筆とご健勝をお祈り申し上げます。


  • osyaberinonntyann さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    第1巻からの大ファンです。NHKのドラマも欠かさず見ていました。さまざまな苦悩を抱えながら懸命に生きる人々がいつも印象的でした。尚武館道場が再建されるかどうか楽しみです。空也の成長も楽しみです。完結してしまうと寂しいですが、わくわくしながら発売日を待ちます。
    佐伯先生、お疲れ様でした、楽しい作品をありがとうございました!!


  • うめねこ さん (30代・ 熊本県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズに出会ったのは、2012年のお正月でした。
    3冊セットになっているのをたまたま手に取り、瞬く間にハマってしまい大人買いをしました。
    また、以前ドラマ化されていたことも知り、DVDを借りて見たりもしました。
    これがきっかけで時代小説が好きになりました。
    その他の佐伯作品も集めていますが、始まりもあれば終わりもあり、
    シリーズものがまた一つ終っていくのがさみしいです。
    居眠り磐音シリーズは、どんな終わり方をするのか楽しみです。


  • 六華亭 さん (60代・ 新潟県・ 男性)

    「新年の初夢」 居眠り磐音がまだまだ続きます。新たなる展開をお楽しみ下さい。との発表があった。良い正月になりそうだ。


  • Mat さん (90代・ 静岡県・ 女性)

    磐音さんが大好きな母です。

    (面と向かって仰る訳でもないのに照れ臭いそうで、コメントを貰えませんでした。
    母や祖母に成り代わりコメント等をさせて頂いている孫からしたら、昔の人とはそういうものなのかな、と思う次第です。)


  • Sat さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    母から私へ、妹たちへと毎回本が回ります。
    読了の後は母の本箱へ並びます。
    その後、私たちはその本箱から各々が好きな本を又、読みます。


  • マコたん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    ずーとずーと楽しませてもらいました。ほとんどのシリーズ第1巻から持っています。私が読んで母が読んで、母の友人が読んで感想を言い合うのも楽しみでした。逆境でも負けない磐音の強さが、困ったことがあった時相談できる知人がいることが、そういう人間関係を作り上げた強さを驚嘆を感じながら読んでいました。少しでも近づけるように、人間的にも成長していきたいと思っています。外伝、空也を主人公にしたお話期待しています。ありがとうございました。


  • 天杜 海 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    「惜櫟荘だより」で著者を知り2014年暮れより新刊を読み始めました。続けて読むうち、義父の本棚に既刊を発見し最初から読むことができました。歴史小説は初めてでこのシリーズは中毒になる。磐音のように大らかな義父は完結を読むことなく2014.11に他界しました。完結篇は縁側で日向ぼっこをしながら読みましょう。もちろん下り酒を傍らに。


  • リサクリス さん (50代・ 滋賀県・ 男性)

    「居眠り磐音江戸双紙」があと2巻で終わると思うと大変寂しい思いです。いままで時代小説を読んだなかでこれ程引き込まれた本はなかったです。個性豊かな登場人物、変化にとんだストリーとこれ程飽きずに熱中出来た本は初めてです。現在3回目の購読に入っていますが何度読んでも楽しめる内容です。
    最後の2巻を大変楽しみにしております。


  • あやちゃん さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    単身赴任していた頃から読み始め、今ではリタイア。家ではまず妻がはまり、続いて子供達、そして私や妻の知り合いや兄弟と「磐音」ファンが広がりました。後2巻と少し寂しい感じがしています。この機会に読み返してみようかな!愉しみにしています。


  • ひなたぼっこ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    父に勧められ、磐音に出会いました。新刊を父が買い、私が借りるという歳月が続いています。おかげで父娘の会話が昔のように出来ています。また、磐音をきっかけに鎌倉河岸や古着屋など別シリーズも父娘で読み進め、次の展開を予想したり評論したりしています。磐音には穏やかな日々が訪れることを願う一方、シリーズが終了することは寂しくもあり複雑な心境です。是非、時々でも磐音に出会える作品が出ることを願いながら、これからも佐伯作品を楽しみたいと思います。


  • 蛍 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    NHKのドラマでこの作品を知り、小説も楽しく拝読させていただきました。
    このような素敵な作品に出逢えたことをとてもうれしく思います。


  • ほーむず さん (40代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音シリーズを最近読み始めて、ようやく20冊を超えたところです。磐音と磐音を取り巻く人々が本当に魅力的。特に、笹塚孫一とのやりとりには、ニヤリとさせられてしまいます。


  • ちい さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    私は先日、
    「大人になった空也、年老いた磐音さんを見たかった」
    と、コメントしたのですが、どうしても知人に年賀状を届けたくて…。
    もう一度入力しました。


  • つーくん さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    2002年の創刊以来13年愛読させていただきました。どのような最終巻になるかわかりませんが、私は定年までまだ2年あります。磐音とともに引退したい気分です。


  • 田の介 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    磐音を知ってから佐伯泰英作品を全て読破しようとしていますがなかなか昔の作品を見つけることが出来ず
    、仕事で地方へ行った時には必ず古本屋巡りをしています。これからも良い作品をどんどんお願い致します。


  • ハッピーペンギン さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    決して読書好きでない私が人に勧められて読み始めたところ、続きをすぐに読みたくて仕方なく、新刊が出ると一気に読んでしまう・・・本当に面白いです。磐音に出会えてよかったです。


  • よっちゃん さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    いつも楽しく読ませていただいています。江戸の雰囲気に浸っています。あと少しで終わってしまうのが寂しいです。また一巻から読もうと思います。


  • 今津屋 金兵衛 さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    15年間毎回の快作に感謝 月刊佐伯の異名に違わず、次回作との間隔のテンポが良く楽しませて頂きました。しかし他に、人気シリーズを執筆しながら、51冊上梓とは まさに『佐伯ノ勲』なり。


  • おこんさん大好き! さん (60代・ 新潟県・ 女性)

    おこんさんの見事な生き方、はるかに年上の私でも憧れます。おこんさんがいたから、周りのみんなも輝いているのです。あなたのように生きたいものです。


  • もぐたん さん (40代・ 福島県・ 女性)

    居眠り磐音は、好きな役者さんの山本耕二さんが演じていることで番組を見始めましたが、山本さんと他の方々もとても素敵で、見るごとに引き込まれていきました。
    切ない最終回は思い出しても、胸が詰まります。もう続編はないのでしょうか。
    もしあったらとても嬉しいです。また皆さんに会いたいです。


  • ぎふのめだか さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    シリーズが完結してしまうと思うととても寂しい思いがします。願わくば、剣豪としての偉大な父の生きざまと比べ大人になって苦悩する空也の姿と、老いを感じながらも前向きに生きる磐音と家族との固い絆、街中で起こる事件など描かれた新シリーズが始まるといいなと密かに期待しているところです。


  • 真之介 さん (50代・ 岩手県・ 男性)

    哀しい出来事を乗り越え、江戸の人々の優しさや思いやりに包まれて、読み手に安心感を与えてくれました。磐音の強さは並み外れていますが、それも、周りの人たちのおかげだと思います。
    佐伯さんの作品には、一貫してその人間性が表れています。


  • 浜松のアリス さん (70代・ 静岡県・ 男性)

    この本が面白いと3歳下の弟が教えてれたのが約10年前。
    それから8歳上の兄とともに夢中になって読みました。3人ともお酒と読書が好きで、一緒に飲む時はこの小説の話題がいつも話の大半を占めていたものでした。
    しかし7年前弟の方が肝臓がんでこの世を去り、3年前兄も追いかけるように逝ってしまいました。
    あちらの世界で二人はこの小説の結末を、首を長くして待っているに違いありません。
    私自身もそれをとても楽しみに待っています。どんな結末になるのか、出版されましたら、彼らの墓前でしっかり教えてやろうと、思っております。


  • ジジジの友 さん (80代・ 愛知県・ 男性)

    友人からすすめられて読んだ「酔いどれ小籐次」から始まって、「吉原裏同心」、「居眠り磐音 江戸双紙」を愛読しています。その友人が亡くなって4年が経ちました。磐音のその後の物語を話して聞かせる日を愉しみに生きています。


  • ゆみぽん さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    父から勧められて、同じ本を読んでいました。たくさんの思い出があり、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


  • 匿名希望 さん (70代・ 大阪府・ 女性)

    長い長いお付き合いの磐音さんととうとうお別れなんですね。寂しいですが、最後まで見守り、見届けます。佐伯先生、素敵な作品に会わせてくださり本当にありがとうございます。


  • くまくま さん (40代・ 東京都・ 女性)

    母が磐音さんの大ファンで「そんなに面白いのか」と興味を持ち読み始めました。まだ読み始めたところなので、しばらく楽しめるなぁとわくわくしています。そんなわたしとは真逆でシリーズが終わってしまうことにショックを受けている母にお正月のプレゼントをしたいと思って応募いたしました。


  • ta-da さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    居眠り磐音 夢にロマンと活力をありがとうございます。


  • ふー さん (10代・ 三重県・ 女性)

    1巻を読んで一気にハマってしまいました。本当に出会えてよかったと思う本の一つです。佐伯先生ありがとうございます。


  • にくまる さん (40代・ 東京都・ 男性)

    NHKで山本耕史さん演じる「陽炎の辻 ~居眠り磐音 江戸双紙~」をみてから、文庫の磐音を読み出しました。磐音がまるで実際にその時代にいたかのようで、松平定信や田沼意次、佐野善左衛門ほかの歴史上の人物とフィクションの人物の相関もおもしろいです。いいなずけの奈緒様との悲しい巡り合わせに心を打たれましたが、危難を何度も救ったり、紅屋の江戸開店を応援したり、磐音にしかできませんね。また、「吉原裏同心」と時代が重なるので、幹さまとの共演とか勝手に想像しています。四郎兵衛は両方に出てきますし。磐音のまわりは事件が起きてばっかりですが(笑)、いよいよ完結ということで、最後がどうなるのか今から楽しみです。


  • ももちゃんママ さん (60代・ 福島県・ 女性)

    偶然に居眠り磐音に出逢い、虜になりました。
    次巻がでるたびに、待ち遠しくて、第一巻からの読み直しを、何度繰り返したことか。
    懐かしい思い出です。
    後、二巻、楽しみです。
    でも、寂しい…本当にありがとうございました!
    佐伯先生 健康に留意して
    新しい、文庫書き下ろし
    待ってまーす。


  • 杜のエレジー さん (60代・ 宮城県・ 女性)

    登場人物はみな魅力的ですが、とくに品川柳次郎さんがお気に入りです。御家人としての矜持を持ち、都会っ子らしく身の処し方もスマートで、貧しい環境にありながら、媚びや嫉みを持たず、きっと親の愛に包まれて育ったのだろうと想像されます。幾代さんが立派な人だったのでしょうね。


上へ