居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • はなさく さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    主人に面白いよと勧められ、読み始めたらはまってしまいました。主人と私だけでなく、父も読んでいて、新刊が出ると奪い合いです。磐音のおかげで家族が仲良しです。ありがとう。


  • ももママ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    穏やかで優しい青年武士が、壮大な話しの中を、生きてゆき、個性あふれる魅力的な人々との出会い別れ、
    いつの間にかとても大きな人なっていました。 あと2巻で終わるのは、すごく寂しいです。
    磐音に関わる人々が、どうぞ幸せになりますように、と祈らずにはいられません。
    佐伯先生 どうぞハッピーエンドに、して下さい。(この時点で、お願いしても遅いですね 笑)


  • 蕨川 さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    友達に勧められて読み始め 、嵌ってしまいました。とても素敵な登場人物たち、私も物語に入りたいと思いました。悲しい場面も楽しい場面も全てが思い出です。磐音とおこんさん、みんなみんな大好きな 達。佐伯先生、素敵な物語をありがとうございます。


  • えんちゃん。 さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    通勤の合間に、就寝前にと、楽しみに読みました。49巻まで3回読み直しました。妹や、友人にも紹介。磐音、おこん、金兵衛、笹塚孫一(意外や人間味がある)、磐音の両親、と、登場人物もみんないい男、いい女。江戸の長屋に住む人々の生活も知らなかったことばかり。連載が終了するのが残念です。 えんちゃん。


  • 赤ビーバー さん (50代・ 岡山県・ 男性)

    何度も読み返しています。
    完結したら、他の作品を
    読み始めるつもりです。


  • 元能登の住人 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    磐音シリーズを最初から読んでおり、最近は、終結宣言の50巻が近づき、どのような結末になるのか、楽しみ半分、さみしさ半分です。でも、2代目に引き継ぐのではなく、“磐音”で終えても良いと思います。
    長い間、楽しみをいただき、ありがとうございました。また、最近の時代小説(文庫)の一大ブームの立役者であり、功績大です。本当にありがとうございました。


  • ミーたん さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    長い間、楽しませていただきありがとうございました。
    磐根さまとお別れするのは寂しいけれど また,期待しています。
    空也がいますから(^_-)-☆


  • たんちゃん さん (50代・ 佐賀県・ 男性)

    あと2巻でお別れとは、寂しいかぎりです!


  • 陽だまりおじさん さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    初刊より全巻読ませて頂きました。
    誰にでも心やしい坂崎磐音殿とももうじきお別れです。
    最後は、ハッピーエンドことである期待しています。


  • カオル さん (40代・ 山口県・ 女性)

    NHKのドラマを見て1巻から読み始めました。毎回新作を楽しみにしていたのに終わってしまうのがとても寂しいです。磐音のとても真っすぐな性格が大好きです。彼のように清廉に生きてみたいと読む度に憧れてきました。辛いことも敵と戦うときもいつも己の信念に基づき冷静に対処してきた磐音に、最後は穏やかな日常が続くことを願いながら別れを惜しみたいと思います。


  • ロイ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    完結おめでとうございます!
    終わってしまって寂しいですが、次回作を心から楽しみにしております!


  • 出羽のくま さん (60代・ 山形県・ 女性)

    磐音さん、最後の2冊を楽しみにしています。


  • みっち さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    終わってしまうのは残念ですが、どんな形で終わるのが楽しみです。
    佐伯先生、お身体に気をつけてください。


  • なおすけ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音との出会いはご多分に漏れず、NHKでのドラマ化。刊行済の原作を大人買いして読み始めてはまってしまい、後は刊行される度に早々のお買い上げ。それも次回で“結願”するとは、感慨深いですね。先生の作品は「鎌倉河岸」も同様の手順ではまってますので、当面は磐音の代わりに若親分に慰めて貰います。


  • こもちゃん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    図書館の司書さんから薦められ、読み始めました!面白くて夢中になり、ハマってしまいました!どんな結末を迎えるのか楽しみです!


  • モルモルの母 さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    毎回、どんな展開なのか、一気に読んでしまうのですが、読み終えてから、もう一度ジックリ読み込んでおります。
    自分が、あの時代に居るような気持ちで、情景を想像しながら、読み込みます。
    どんな最終原稿になるのか、とても楽しみな反面、終わってしまわないで欲しい気持ちでもあります。
    きっと、何度も何度も一巻から最終巻まで、読むのではと、今から思っております。
    ますますの磐音さまの、ご活躍をお祈り申し上げます。


  • こてつ さん (40代・ 京都府・ 男性)

    なにげに本屋さんで面白そうだなって手に取って、はまってしまいました。

    もう10年以上前の話です。

    始まりがあれば終わりが来ます。

    寂しいですが・・・


  • yokoyoko さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    磐音さんの物語に毎回わくわくしています。
    これからも楽しみにしています。


  • つんつん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    本を読まない自分を夢中にさせてくれたのが、坂崎磐音だった。寂しさをとりあえず奥にしまい込んで、1月が待ち遠しい。


  • 小兵衛とおはる さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    居眠り磐音江戸双紙を読み始めて何年が過ぎたか?
    これ程夢中に読んだ本もありません
    新刊が出るとすぐに本屋さんへ
    読み終わるとまた最初から読みもう何回読み返したことか
    もうすぐ完結してしまうと思うととてもさみしいです
    完結してもまた何回も読み返すとおもいます
    佐伯泰英先生に感謝


  • 星爺哉 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

     最初に坂崎磐音に出逢い、その作風に見せられて、続刊を待つ間に・・・と酔いどれ小藤次、古着屋総兵衛へと間口を広げることになったが、やはり「居眠り磐音」が秀逸! 江戸後期、田沼悪政時代の史実を基盤において構築されたストーリーだけに一層、興深く読み続けることが出来る。時に歴史年表を開いたり、別冊の江戸古地図を辿ったりしながら文庫本に取り組むなど比類なき楽しみ方を享受している次第。完結編が待ち遠しいが、読後に訪れそうな空虚感が今から恐ろしい!


  • 板橋の泰 さん (60代・ 東京都・ 男性)

     私が佐伯泰英作品に初めて触れたのが「陽炎の辻」でした。大変面白く読ませていただき、その時にはシリーズの何冊かが発売されていたものですから、すべて買い求めドキドキしながら読んだのを記憶しています。その後は「波乱万丈」の物語が毎月のように発売され、来月の2冊が最後かと思うと残念でなりません。しかし51巻も続いた小説など稀有な事であると思われ、書き続けた佐伯先生に敬意を表するとともによくも読み続けてきた自分にも驚いています。佐伯作品は「居眠り磐音江戸双紙」を皮切りにほとんどすべての作品を楽しませて頂いております。今後の作品も楽しみにしております。


  • キツネ1965 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    いよいよ磐音シリーズも完結ですね。楽しみでもあり、残念な気持ちも強くあります。お疲れ様でした!!


  • sakura さん (70代・ 群馬県・ 女性)

    年齢的に完結編まで読むことが出来るかと心配でしたが、来月が楽しみです。
    今まで自分で求めたり、友人にお借りしたりと読んできましたが、完結編は求めたいと
    思っています。


  • くーさん さん (10代・ 栃木県・ 女性)

    NHKのドラマを見ていた両親から進められ ドラマを見ないで
    原作を読み始めました はまりました!
    佐伯先生の本専用のために本棚を買いました
    いつも頭の中は江戸時代です


  • SNOW さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    新聞の広告欄で「磐音」を知って以来、何度読み返したことか?最後の一巻を早く読みたくもあり・・・終わってしまうのがとても残念です。


  • kouji999 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    全巻を2回読ませてもらいました、磐根氏の生活が浮かんでくるようです、まだまだ先を楽しみにしています。


  • happyman さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    佐伯先生の作品は全て制覇中です。居眠り磐音シリーズが終わることは大変寂しいです。
    新シリーズや新作品の発刊を楽しみに待っています。


  • ノリノリな歴女 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    テレビ番組ですっかりファンになり、小説を読むのを楽しませて頂いております。春風駘蕩の磐音さんの強い剣と、他者に対する穏やかな優しさがとても好きです。周りの人たちとの関係に温かみを感じています。これからも応援しております。ときめきをありがとう!


  • みやちゃん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    毎回、発巻されるのを楽しみに、読ませていただいておりましたので、次の号で終わりになることは、大変さびしくなります。いつか永久保存版のような物ができれば、大変うれしいです。


  • 32 さん (30代・ 岐阜県・ 男性)

    最初は母親に薦められて読んでみたらすぐに虜に
    その時点であった20冊ほどを約1週間で読んでしまいました
    それが数年前
    そしてもうすぐ最終巻 あっという間でした
    ラスト期待して待ってます


  • 東三河のばあば さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    坂崎磐音。彼の爽やかな、人々を思いやる生き方が大好きです。私の友人ならば、どんなにか毎日が充実し、心豊かに、楽しく自然体で生きることができるでしょう。何遍も何遍も、読み返していて、その度に新たな感動を得ています。


  • 魔女っ子 さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    磐音シリーズも間もなく完結。待ち遠しいやら寂しいやら複雑です。
    神田神保小路に道場が戻り、空也が師範代となる姿を想像しています。
    佐伯先生、そのような番外編書いて下さい。


  • 居眠りiyane さん (50代・ 山形県・ 男性)

    知り合いから勧められて読み始めた磐音さん、もう完結するのかと思うと、鬼平、グインサーガと中途終了のシリーズを読んでいたものとしては感慨深いものがありますね。


  • まほろばの仙人 さん (80代・ 奈良県・ 男性)

     居眠り岩根 江戸双紙の最初からんフアンです。著者の健康を絶えず心配しております。
    くれぐれもお大事になさってください。


  • 日なたネコ さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    池波正太郎亡き後は佐伯先生だけが頼りです。完結後も続編を楽しみにしてます。


  • ハムステッド さん (50代・ 北海道・ 男性)

    最初の出会いは図書館で何気なく選んだ1冊でした。
    こんなに物語に入り込めた小説には、なかなか出会えないと思います。
    今までの出来事を、色々思い出しながら新刊の発売を楽しみに待っています。


  • くーさん さん (40代・ 栃木県・ 女性)

    居眠り磐音 新刊を待ちわびています
    とても楽しみですが いよいよ完結・・・さびしい気持ちです
    51巻の題名の「旅立ノ朝」どこへ旅立ち?
    気になる~!! 


  • ブッコ さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    毎回待ち望んで読んでいた磐音が、とうとう終わりに近付き、感慨ひとしおです。NHKのドラマがきっかけで小説を読むようになり、直ぐに虜になりました。次の号が待ち遠しくて何度も本屋さんを覗いたものです。
    幾多の困難を乗り越え、人としての優しさを失わず、大きな心で周りを包み込む磐音の姿に毎回温かい気持ちになりました。もう会えなくなるのは残念ですが、今までありがとう、忘れないよと心から言いたいです。


  • さんた さん (30代・ 群馬県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズ、遂に完結してしまうなんてとても寂しいです。
    50巻を超えるシリーズ、とても長いはずなのにあっという間だった気がします。
    思えば磐音達にはたくさんの元気や勇気、生きる力をいただきました。
    思い出がありすぎてとても書ききれません・・・本当にもう終わってしまうんですね・・・。
    佐伯先生、長いあいだお疲れ様でした!
    是非、青年剣士に成長した息子の空也を主人公にした外伝シリーズを!


  • きつね さん (40代・ 長野県・ 男性)

    磐音さん、永年に渡り楽しませていただきありがとうございます。最終回までドキドキさせてください。


  • まい さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    『居眠り磐音江戸双紙』の新刊の発売を待ちわびながらの日々も、とうとう終わってしまうのですね。読んでしまった後の待つことしかできない日々のつらさが、懐かしいような気もします。新刊を手に入れると夕食の準備もしない私を、子どもたちもあきらめの目で見ていたようです。すてきな時間をありがとうございました。


  • おやじ さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    NHKドラマで見てから、何年がたったでしょうか。今、見ると第1巻『陽炎の辻』は第40刷発行でしたが、第22巻『荒海の津』まで全冊購入し、いっきに読みました。第23巻『万両の雪』から第49巻『意次ノ妄』までは、第1刷。発行するとすぐに購入し読んでいました。
    何よりも、磐音を中心とする、江戸深川六間堀町の人々の人情が大好きです。波瀾万丈ではありますが、心がおだやかになる時を作ってくれている作品です。


  • ともの あかね さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    伯父の介護が始まったと同時期に読み始めました。
    磐音の生き方を読みとって、自分がやりやすいように受け入れて前へ進む。
    伯父に遅れること3年で、母の介護もしなければならなくなりましたが、この作品を読んでいたことで救われました。気持ちが楽になりました。


  • yokanise さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    これだけの長編に挑戦した事はありません。初めに、この長さを知っていたら手を出さなかった かも。
    でも、1回読み始めたら、止まらなくなり深夜に及ぶこともしばしばでした。
    完結するとのこと。聞いてはいましたが、寂しいナ~複雑な気持ちです。
    とにかく、ご苦労様でした。ありがとうございました。次をお願いします。


  • 江戸のモリさん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    長い間楽しませていただき、ありがとうございました。
    概ね盆と正月の年2回、楽しみにしていた映画「フーテンの寅さん」が完結した後、
    磐音さんと出会い、以後、私のライフスタイルに定着しました。
    完結が寂しい気もしますが、発売が待ちどおしい今日この頃です。
    可能であれば、TVドラマで磐音さんとおこんさんに再会できれば
    この上なく幸せです。
    また、お目にかかれる日を楽しみ、ひとまず、グッドバイです。
    江戸のモリさん 拝


  • タグボーイ さん (50代・ 大分県・ 男性)

    楽しく読ませていただいてます。
    読み終わると、次が早く読みたくて
    待てません。
    次の時代(子供が主人公)の小説を是非お願いします。


  • 源次郎 さん (50代・ 茨城県・ 男性)

    磐音ご一行と共に江戸市中はもちろんのこと日本中を旅することができました。四季折々の描写も素晴らしく、スケールの大きな物語でした。各地でファンができる磐音は「甲斐性のある寅さん」?かもしれません。


  • 文子ちゃん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんに出会ってからすっかり江戸の虜になりました。
    年賀状楽しみにしております。


  • ごまえのはえ2015 さん (50代・ 宮城県・ 男性)

    居眠り磐音がTVで放送されてから時代小説を読むようになりました。佐伯先生のものはすべて読破しました。いま、他の著者の作品を読んでいます。でも、佐伯先生のものが最高です。


上へ