居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ばんね さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    いよいよクライマックスですね!もう終わってしまうのかと思うとさみしいです。まだまだ続いてほしいです。新刊を家族3人楽しみにしています。


  • 袖の湊のおこん さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    山本耕二さんと中越典子さん主演のNHK「居眠り磐音シリーズ」を観始めて大ファンになりました。
    その後、某全国チェーンの新古書店の坂崎磐音シリーズを買いあさりました。そのため古書のシリーズはすべて読み終わりましたので、只今は、新刊が出るのを楽しみに待ち望み、新聞広告がでるとその日のうちに購入しています。完結間近なのが、残念ですが、最終巻発行を楽しみにいています。


  • ダビー さん (50代・ 広島県・ 女性)

    磐音様の世界は空気が澄んでいて、背筋がピシッとします。その世界に入って、仲間になったつもりで泣いたり笑ったり、楽しかったです。


  • はんちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    図書館でたまたま手に取った日から引き込まれ 人生が変わったように夢中になりました。
    途中からは自分で買い求め、次巻を待つ間 2度 3度と読み返しています。
    磐音がどう落ちつくのか そういえば遼次郎の恋はどうなったのでしょうか?
    気になっていることは いっぱい。
    終わるのは寂しいけど 登場人物の落ち着き先も早く知りたい・・・


  • tatsue asaura さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    新刊が出る度に書店に走ります。27歳で始まった居眠り磐音さんから壮年期に差し掛かり円熟した磐音さんまで、一緒に同じ時間を走ってきたような気がします。剣も強いが人柄も素晴らしい、こんな主人公は架空の人物だとわかっていてもとても惹かれます。現実の世界からの逃避かも・・?
    磐音さんを読んでいる時が最高の至福の時です。


  • エンティー さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音と共に私も成長してきました。私もここで仕事を引退することにしました。磐音と最後まで一緒に人生を歩いたようで感慨深いです。佐伯氏に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。


  • 睦月55 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    佐伯先生、居眠り磐音のシリーズ完結、おめでとうございます。そして、ありがとうございます。
    この磐音シリーズは、85を過ぎた父との共通の話題であり楽しみです。地方に住んでいる父より一足早く手に入る私から父に『新刊が出たよ』と連絡し、父もその度書店に出向いています。
    それぞれが何度も何度も読み返しては、新たな感想を抱いたり面白さをみつけたり、磐音さんの世界にどっぷり浸ってきました。
    新刊にもう出会えないのは寂しくもありますが、先生の納得される形での完結を心待ちにしております。
    最近、違うシリーズも父に紹介し、これからも先生の作品を楽しみに、書店に足を運ぼうと思っております。
    お身体大切に、益々のご活躍をお祈りしております。


  • junjun さん (50代・ 栃木県・ 女性)

    磐音シリーズが完結することに、寂しさはもちろんですが、意外なことに満足感も感じるのです。ずっと見守ってきた磐音が、真の男に成長して、旅立つのを待っているかのような。うう、でも、寂しい。どちらにしても、佐伯さんも自分も寿命の尽きる前にちゃんと最期を見せてくださることに感謝です。


  • おおぞね竜 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    磐音シリーズ読み終えると次の巻がでるのが待ち遠しくなります。
    次の巻は新春。非常に楽しみであります。
    残念な事はそれが完結と言う事です。
    佐伯先生の作品他にもあるのでそちらも発売日チェックしています。


  • エーベルバッハ少佐 さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    職場の人に勧められて読み始めました。
    まだまだ先は長いですが頑張って最後まで読みます。


  • ピンキーわんわん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    あと2巻ですが、今後、結末がどうなるのか、楽しみにしています。


  • zorak さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    もともと小説は好きだったのですが、このシリーズにであってから時代小説にはまってしまいました。
    磐音の人柄が周りに人を自然に集め、魅力的な登場人物が多いところが気に入っています。


  • のすたる爺さん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    磐音を読んでいると、いつの間にか書中の人になりきり、泣いたり笑ったりしている自分です。磐音やそれを取り巻く人々と共に生きることができ、私は例えようもなく幸せです。長い、長ぁーい、この物語も、いよいよお終いになるのか・・と思うと、とても寂しい! 生きている限り、ずーーっと読み続けていたい
    とさえ思います。長い間楽しませてくださり本当に感謝しております。佐伯泰英先生、お元気で、御世話になりました。


  • mimibon さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    いつも楽しみ読ませて頂いています。
    長年読み続けてきた磐音が完結にならのは寂しいですが、いつか江戸地図をもとに歩いてみたいと思います。

    佐伯先生の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。


  • 地蔵らーめん さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    数々の困難を乗り越え、大きな”家族”を作り上げた磐音。
    その長い道のりを一緒に歩んで来たような気がしております。
    そう、今では私も彼の家族一員になったかのように。
    食事の時は無心になってしまうところも他人じゃないような(笑)


  • 双葉小僧 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    磐音の自分に厳しく、周りに暖かい人情に共感を覚えました。次の作品を期待しています。


  • やっちゃん さん (50代・ 奈良県・ 女性)

    私は以前NHKの放送でこの作品に出合いました。山本さんが演じる「磐音」の人物像に引き込まれていきました。続いての放送はないのでしょうか?文章で感じる「磐音」も良いですが、テレビを通して身近な「磐音」を感じたいとおもいます。
    最近出版の期間が空いていたので、心配していたところです。最終章に向けて奮闘されていると思い、期待を膨らませています。磐音・おこん をはじめ登場する人々が安心して暮らせることを願うばかりです。


  • kieko さん (30代・ 東京都・ 女性)

    家族一同、いつも新刊が出るのを楽しみにしています。
    シリーズが終わってしまうのが、楽しみなような寂しいような。
    最後まで応援します!!


  • お鈴 さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    タイムスリップできるなら、磐音たちのいる江戸時代に行きたいと思うくらい夢中で読んできました。
    もうすぐ終わってしまうかと思うととてもさみしいです。


  • のぶのぶ さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    新刊が出るのを毎回楽しみにしていました。
    それだけに完結するのは寂しいですが、これからも
    くり返し読んでいきたいと思います。


  • kotaka さん (40代・ 茨城県・ 女性)

    磐音さんには、人柄としての暖かさと強さ、立ち振舞いの品格、殺陣の凛々しさと美しさを感じます。
    磐音さんをかこむ周りの仲間がすごくいいですね。
    最近、この陽炎の辻シリーズを知り、ストーリーにすっかりのめり込んでいます。
    また、心に爽やかな風を吹き込む、この登場人物の皆さんに会いたいです。


  • なお さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    昔買ったアルハンブラの作者と同じ人と知ってビックリ❗ むちゃくちゃうれしくなったのを 覚えています、あと2冊かと感無量です。 😏


  • 天音 さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    ドラマ「陽炎の辻」から原作を知り虜に。ノロノロ読書の日々で苦手で時代小説は読んだこともなかったのですが磐音に出会って初めてシリーズ文庫本を読み続け、私の読書感覚を変えた大切な作品になりました。


  • ゆきりん さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    忙しい日常生活を楽しい時間に変えてくれた磐音さま。いよいよお別れなのでしょうか❗何回も繰り返し読んで、これからも人生の友としていきます!今までありがとうございました。


  • ようちゃん67 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    最近、このシリーズを知ったばかりで、どっぷりと嵌ったのに、もうじきこのシリーズが
    終わってしまうなんて、磐音さんの魅力に嵌った私はどうしたらいいのって……

    ……そう言われても、作者に伝えてほしいです。まだ続けるって言って
       


  • 黒ぼん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    私が実家に持ち帰ったところ母も大ファンになりました。
    今では新刊が出るたびに二人して読んで感想を述べ合います。
    最終巻が待ち遠しいです。


  • ふくちゃん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    磐音シリーズ終了残念です!番外編として、でぶ軍鶏ともう一人の九州、四国の武者修行を取り上げては如何でしょうか?


  • TK4503 さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    最後に磐音がどの様な結末を迎えるのか楽しみにしています


  • 英ちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯泰英著作品は、全てのシリーズを愛読しており、特に「居眠磐音江戸双紙」は陽炎のノ辻から全シリーズにわたり楽しく愛読しております。今回完結編を楽しみに待っておりますが、反面寂しい気持ちです。


  • トッティ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    最初は、近くに住む父が大ファンで、勧められて読んだのが、最初でした。
    それからは、すっかり磐音さんに惚れ込んで、両親が読んでから回ってくるのが待てずに、発売日に本屋さんに買いに行くのが、常でした。
    これからは寂しくなりますが、今まで楽しませていただき、感謝です。
    また、父から勧められた佐伯先生の他の作品を読み始めようとおもっています。


  • 徳ちゃん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    磐音シリーズを第1巻より愛読しています。私が今まで、残念なのは師匠の佐々木夫妻が死んでしまったこと。何故、この顛末が必要があったか?


  • 福来 さん (30代・ 東京都・ 女性)

    もうずっとずっと読み続けています。磐音の生き様が大好きです。


  • チッチくん さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    50巻はあくまで目標で、それ以降も続くものと思っていましたので終了は残念です。でも、主人公である磐音以外の登場人物によるスピンオフ小説を発刊されることを期待しています。


  • 磐音命 さん (70代・ 群馬県・ 男性)

    江戸の一時代を満喫しました。ありがとう。


  • ruchiru さん (40代・ 岐阜県・ 女性)

    NHKのドラマを観てから原作を読み始めました。
    新刊が出る度にワクワクしながら読み続け 次作で最後かと思うと楽しみのような寂しいような…
    シリーズ完結編期待してますね


  • くろにゃん さん (50代・ 福島県・ 女性)

    磐音シリーズが読めなくなるなんて…寂しくて…何とかなりませんか!


  • SATOSHI さん (80代・ 神奈川県・ 男性)

    不法な権力と戦う磐音を軸に、息をのむ場面の連続!剣を交える中にも、恋あり、涙あり、笑いや情けあり。こんなにも楽しく痛快で心の温まる小説に出会うことは、もう二度とないでしょう。
    長い間ありがとうございました。
    終わってしまうのは淋しいですが、改めて第1巻から読み直そうと思います。


  • おっとみちゃん さん (60代・ 奈良県・ 女性)

    磐根さんの家族や周囲の方の生活描写が好きです。磐根さんもいいお父さんになりはったねぇ!


  • 慎ちゃん さん (70代・ 三重県・ 男性)

     49巻全て読みました。充実した日々を過ごす事が出来ました、ありがとうございました。終了してしまうのは、本当に残念ですが他のシリーズもあるし、新シリーズの企画も是非お願いします。
     49巻を読みながら登場人物の動向もかなり固まってきていると感じていましたが、2冊同時発売は出版社に懇願された為ではないかと勝手に推測しています。いずれにしても、完結編が待ち遠しく楽しみです。
     これからも、益々健康で「月刊佐伯」を続けられます事を祈っております。


  • たぁくん さん (40代・ 三重県・ 男性)

    『お前は一冊あたり三度、この本で泣く男だ』と会社の大先輩に勧められて読み始め、もう10年ほどになります。これまで光陰矢の如しでしたが、これから先の磐音たちの人生もイロイロ想像してしまいます。


  • ぶんさん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    いよいよ完結とのことで発売になるのが楽しみのような寂しいような気持ちです。また新しいシリーズを期待しています。


  • kanabun さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    高齢の父が、新刊発売を常に心待ちにしています。
    新刊情報を知ると、発売前からソワソワ、ワクワクの日々。
    見守る家族も一緒に笑顔になります。
    主人公『磐根』の考えや思いは、共感できる面もあり、時代背景的に理想的に思える時もあり。
    父とも話すことですが、読み手として、毎回『磐根』君に起こる出来事に、わが出来事の様に感情移入してしまう面も多く、そうした面が次回作を心待ちにしてしまう理由になってのかもしれません。
    これからも、ワクワクお待ちしています。佐伯様、出版社ご担当者様頑張ってください。


  • うみたろう さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さんの人柄が大好きです。終わりに近づいてしまうことが悲しいです。


  • メタボおじさん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    磐音の生き方に感動し、自分の人生の指針にして、人生を送っていきたいと思っています。


  • Chiaki さん (40代・ 石川県・ 女性)

    NHKの番組で山本耕史さんが主演されていたのを見て、小説にも興味を持ち、買い求めました。終了する予定とききまして、とても残念です。何かをきっかけにして、「磐音ふたたび登場」というぐあいになれば良いのにと願っております。


  • くりごはん さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    何気なく手に取り第1巻を購入し読み始めました。続きが気になり、新刊の出版が待ち遠しかったこと。一人で楽しむのはもったいないので、夫も父も巻き込んで。新刊が出ると、順番待ちです。終わってしまうのは残念ですが、結末を楽しみにしています。


  • ようちゃん67 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    こんなにワクワクさせてくれるとは、思いもよらぬぞ。
    磐音さん、まだまだ活躍するよな。


  • 春 さん (50代・ 三重県・ 男性)

    完結が、近づき楽しいような寂しいような複雑な気持ちです。
    新刊が出るたびに読み返す習慣は、全巻完結後定期的に読み返す習慣に変わるだけでしょうね。


  • ギフジイ さん (70代・ 岐阜県・ 男性)

    磐音フアンにとっては完結は淋しいですが 再度第一巻から読んでいますが磐音の優しさや強さを再認識しています。どんなに素敵な年賀が頂けるのか楽しみです。


  • オールドライダー さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    いよいよ磐音シリーズが終わると思うと、最初から読んでいた自分としては非常に残念です、もう少しだけ読いても
    よかったかなとも思いますが、長期に亘るシリーズですのやむえないと思います。
    末筆ですが、佐伯先生の今後の益々の御活躍と御健康をお祈り申し上げます。


上へ