居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 五十五庵 さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    登場人物の一人一人が、長い時間をかけて作品の中で熟成されていく様子が見事でした。稀代の名作ですね。


  • junちゃん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    将来有望な若い侍が、藩の抗争に巻き込まれ、浪人となり…一緒に遠くまで来たなあ、という気持ちです。


  • ふたば さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    TVでファンになりました。
    ついに完結。寂しいなぁ〜。


  • わか@ さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    「最新刊が出る!!」と広告が載っているとすぐに書店に買いに行くほど母がハマっています。
    今回の「年賀状が届く」という企画も、パソコンの苦手な母が、恥ずかしがりながら「ちょっとお願いしたいねんけど・・・」と新聞の記載されている面を見せながら、もじもじ頼んできました^^
    なかなかお洒落な企画ですね★★★


  • マサケン さん (70代・ 大分県・ 男性)

    50巻完結残念です。新しい道場出来る事を願います。


  • ゆみ&P さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    長い連載でしたがもう完結するんですね。お疲れさまでした。
    毎号、磐音さんの活躍に心躍らせて読みました。だんだん進むにつれてかかわりの人たちの行動が前面に出てきて磐音とおこんさんをもっとだして!と思うことも…
    どうかハッピーエンドでお願いします。


  • fuku29 さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    いつも楽しく拝読しています。磐音 50巻で終了・・・寂しいです。今、一番好きな本です。新磐音シリーズ再開を待っています。二代目磐音参上?ってありですか? これまで、有難う御座いました。


  • ジミ さん (50代・ 富山県・ 男性)

    会社の上司が何時も会議の席上 この本の面白さを語っています
    それに影響されて読み始めました
    確かに 面白しろい


  • 美入野翁 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    発売された当初は、居眠り磐音に魅せられて、仕事帰りに電車を降りるのも忘れて貪り読んだものです。
    リタイヤした今は、一語一語を噛みしめつつゆっくりと読むようになりました。「まるで春先の縁側で日向ぼっこをして居眠りをしている年寄り猫」の心境に魅せられ、到達したいと思う今日、この頃です。
    磐音シリーズの完結は非常に残念ですが、私の心に残る数少ない一冊として、時に読み直しながら佐伯泰英ワールドに浸りたいと思います。


  • りょうかん さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    テレビ「陽炎の辻」の再開がありますでしょうか。是非お願いしたいものです。吉原裏同心の再開もあるようですから。


  • やじまけん さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    家族や友人と接するのに必要な言動や気遣いの大切さを学びました。
    昨年、病気で長い入院をした友人に1~3巻をプレゼントした処、大変喜ばれその後刊行された全てを購入し来年の「正月で終わってしまうのが残念だ。」と嘆いています。


  • たるちゃん さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    密命をきっかけに佐伯作品にはまっている父の、今一番のお気に入りが居眠り磐音江戸双紙です。80歳を過ぎてますが、次作も楽しみにしております。


  • まるる さん (40代・ 石川県・ 女性)

    母が大ファンで原作小説はもちろん、ドラマDVDボックスもコミックもすべて持っています。終わるのは残念ですが、結末がどうなるか楽しみです。


  • にこにこ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    「磐音ワールド」に嵌り早十年!完結巻は清々しく(磐音の様に)心がほっこりとなる事を期待し、発売日を楽しみにしています。


  • 満潮No3 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    NHKの時代劇からこの小説シリーズに入り込んだものです。全巻読みあと大団円を待つばかりとなりました、勧善懲悪の清々しさ予想もしない展開にこころをときめかせたことを懐かしく思います。


  • みかりんこ さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    昨年亡くなった父の書架にあり、導かれるように読み始めました。磐根を始めとする魅力的な登場人物と思いがけない展開に、これまでの時代小説にない新鮮さを感じています。幸運にもまだ読み始めて6巻目なので、この先時間をかけて楽しませて頂きたいと思います。


  • オコトナ さん (40代・ 北海道・ 女性)

    このシリーズとの出逢いが、時代小説へハマるきっかけです。毎回殺陣の迫力にドキドキしながら読んでいます。最新刊楽しみですが終了してしまうのは残念です。どんなクライマックスが待っているんでしょうか。
    でも佐伯先生のファンは続きますよ‼


  • K さん (40代・ 静岡県・ 男性)

    これからも良い作品を書き続けてください!!絵も好きです!!


  • JACK さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    4年前の金木犀が香る時期に他界した読書好きの父に入院先の病院で読んでもらおうと、まとめて渡してたんですが、病状が進んで最後は「もう、根気がなくなってな」と、苦笑していて完読出来なかったので、私が読みだしてすっかりハマってしまい、新刊が出る毎に仏前に持って行ってます。


  • はるりん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    ついに終わってしまうんですね。とっても残念です。


  • 風子 さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    いよいよ磐音とのお別れの時が来るかと思うと残念です!でも、私の中には永遠に磐音がいる事でしょう。本当に心から楽しめる小説をありがとうございました!


  • すいんぐ・ゆき さん (60代・ 北海道・ 男性)

    新聞の広告で発売を見つけて、書店に駆けつけ、その日のうちに読み終え、次巻が待ち遠しいという習慣が無くなってしまうのがとても寂しい。


  • チェンリー さん (30代・ 宮城県・ 女性)

    新刊が出るのを母といつも楽しみにしていたので、終わってしまうのは寂しいです。


  • くにくに さん (50代・ 愛媛県・ 女性)

    居眠り磐音さんに初めて出会ったのはNHKの陽炎の辻でした。
    不思議な魅力にとりつかれ 佐伯先生の作品を読みたくなり
    第一巻からまとめて大人買いをしたのを覚えています。
    その間 ドラマが次々と放送され楽しませていただきました。
    新しい感覚の時代劇が確立しましたね。あれから8年位過ぎたでしょうか・・・う
    もう最終章に入るんですね 寂しいですけど そろそろ磐音さんを楽にしてあげないと・・・
    ほんとに楽しませていただきました。佐伯先生 磐音さん 有難うございました。


  • クルクル さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    磐音はとても男らしい。見習いたいと思う。シリーズが終わってしまうのは大変残念です。


  • マミリン さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    磐音を読むとなぜか心が穏やかになります。総兵衛も籐之助も好きですが、磐音は心を清く正しくしてくれます。ギスギスし気持ちの時、いらいらした時、平常心を取り戻せます。有り難うございます。


  • kaokidvd さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    あと2巻で終了とのことで寂しいです。今後、空也の成長の物語の予定はないのでしょうか。


  • 珈琲屋の母 さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    今年の夏の初めに本屋さんで偶然に磐音さんに運命の出会いをしてしまいました。
    ただいま名古屋城下のお話を読んでいます。
    まだまだ先があるようなので当分楽しい日が続くようです。


  • とまとんとん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    磐音さん大好きです。疲れた心の癒しです。


  • あたごやま さん (50代・ 石川県・ 女性)

    NHKの木曜時代劇、陽炎の辻で磐音を知ってからのファンです。
    弱い者の味方、権力に屈しない話の内容はスカッとします。
    これで最後かと思うと寂しいですが、磐音が幸せで終わりますように。


  • kazu 侍 さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    きんが しんねん 。

    本年(2016年)も健康で、元気に、明るく、生きてゆこう!!。


  • YORI さん (50代・ 愛媛県・ 女性)

    磐音に、出逢って十数年‼新刊が出版される日をドキドキ、ワクワクしながら待ってました❗素敵な時間をありがとう‼磐音ファミリー❗ありがとうございました佐伯先生❗
    あと二巻…楽しみに、さみしく…複雑な気持ちで手元に届く日を待ってます❗


  • ぽぽちゃん さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音ファンになって、早10年ほど。最新刊が出る度に、買い求め、手に入れた当日は寝不足気味。なぜか!続きが気になって、一気に読んでしまいます。
    権利ばかり主張する人が多い現代、見返りを求めない愛情いっぱいの磐音と周りの人たちに、惹かれてしまうのかもしれません。


  • しげみ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音の人柄に魅せられて大好きでした。いつも発売日を楽しみにしてきたので終わってしまうのが寂しくて残念です。 


  • ミー さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    1巻から発売日には手にとって読みました。磐音と共に人間として成長してきたように感じています。偶然にも磐音と一緒に私も長年勤めた仕事を引退することになりました。ずっと生きてきた気がして感慨深いです。佐伯氏に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。


  • aki さん (60代・ 広島県・ 女性)

    始まりがあれば、終わりがあるのは分かっていますが…完結すれば…とても寂しくなります。
    この13年を振り返ってみると、心待ちにしていた発売日が楽しみの一つであったと気付かされます。
    有難うございました。


  • カイメン さん (60代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音とおこんさん、そして物語に登場した皆さんの時代から時は巡ったとして、
    居眠り磐音 平成草子の登場を願います。少し懐古的かもしれませんが、現代版居眠り磐音をハードボイルドなタッチで描いたとしたら、居眠り剣法はどのようなものになるのでしょうか。


  • カイメン さん (60代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音とおこんさん、そして物語に登場した皆さんの時代から時は巡ったとして、
    居眠り磐音 平成草子の登場を願います。少し懐古的かもしれませんが、現代版居眠り磐根をハードボイルドなタッチで描いたとしたら、居眠り剣法はどのようなものになるのでしょうか。


  • yuki さん (40代・ 広島県・ 男性)

    読後感の良さがいい、といつも感じています。


  • 野ウサギ さん (70代・ 千葉県・ 女性)

    坂崎磐音の最初は、物静かでどこか頼りなさげで、あの激動をくぐり抜けてきた強さを内に秘めた、悲しいまでの孤独さに涙しながら読み、回を重ねるごとに少しずつ江戸の暮らしになじんでいく姿にほのぼのし、磐音の優しさ、たくましさが、磐音に関わる人々をまわりに集めて江戸人情を色濃く表現していく物語に
    一喜一憂しながら読みました。あと二巻で完結なのが寂しい、もうあの磐音に会えないと思うと本当に
    寂しいかぎりです。


  • 大西 さん (20代・ 大阪府・ 男性)

    毎巻、毎巻楽しみにしていたシリーズが無事に完結。嬉しいやら悲しいやら、またドラマシリーズも復活してくれたりすると嬉しいです!


  • なつみかん さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    いついかなる時も応援していますよ。頑張って下さい。


  • そら さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音さん大好きです。
    いつもドキドキしながら読んでいます。
    シリーズ終わってしまうのは、とても残念ですがどんなふうに完結するのか今から楽しみでなりません。
    できることなら、皆がハッピーで終わってほしいです。


  • はんちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    ここまで 夢中になって読み進んできました。
    終わるのは寂しいですが 登場人物それぞれの落ち着き先も気になるところです。
    このシリーズは、史実と実在の人物とフィクションをうまく絡め 思いがけず 歴史の
    勉強にもなりました。
    磐音の地図を片手に 深川 神田 吉原跡とウロウロもしました。
    やっぱり 寂しくなります。 


  • トド さん (60代・ 広島県・ 女性)

    NHKのドラマで初めて知り、原作を読んでますます気に入りました。江戸地図の販売も一層楽しみが増えもう一度地図片手に読み直したほどです。後2巻だそうですが、出来ることならまだまだ続けて子供達の成長を一緒に楽しみたいです。


  • saya さん (80代・ 群馬県・ 女性)

    深川の懐かしい情景を思い出せるようで、何度もボロボロになるまで読んでいます。時代小説でこんなに沢山読んだのは初めてです。磐音様の新刊が出るのを心待ちにしていましたが、完結してしまうのも寂しい気持ちもあります。


  • 桜香 さん (40代・ 長野県・ 女性)

    全巻拝読。次巻とても楽しみ。いわねの活躍、最終章ついに来たかと、残念。


  • たっちゃん さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    毎回新刊を楽しみにしていましたが、とうとう最後になってしまうのですね。読むたびに登場人物とシンクロしている自分がいます。長い時間を磐音さんと過ごしてきたのでシリーズ終了後の磐音ロスが心配です。


  • うんちゃん さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    これまで49冊、前半は、藩との関わりが中心に物語が進行し、後半は、田沼との確執で物語が進んできましたが、田沼が死亡してしまっては終了もやむを得ないことかも知れません。磐音に関して言うならちょっと格好が良くて、強すぎるのが難点だったかも。長い間、ご苦労様でした。


  • 猫ママ さん (40代・ 奈良県・ 女性)

    高校生の息子が読み始めて磐音さんファンになり、私も息子に勧められて読み始めて親子でハマっています。息子は磐音さんの男性としての強さに憧れ、私は人情味あふれるお話に癒されています。
    シリーズが終わってしまうのはとても寂しいです(涙)


上へ