居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 菊之助 さん (60代・ 長崎県・ 女性)

    とっても楽しみな磐音とおこんの物語でした。時代は違っても磐音たちの人としての生き様というものに、昭和を生きてきた者に人間としてただ共感する場面が多くて楽しみでした。
    願わくば今後、家族の物語として続編が読みたいものです。子供たちが主役になるでしょうが・・・・
    まだまだ佐伯先生、老け込むのは早いですよ、新シリーズ期待しています。


  • みさちゃん さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    磐音との出会いは、還暦のお祝いに子供たちからプレゼントされた4冊の本でした。
    それから物語の面白さにはまり、一気に集めてしまいました。新刊が出るのを毎回楽しみにしていましたが、もう会えなくなると思うと寂しいです。


  • マミー さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    完結残念です。初めて手にした佐伯作品です。それから毎月出る本を楽しみに佐伯新聞の予定表みながら待っています。佐伯作品が少なくなるのは残念ですが他の作品が充実しますように楽しみに待っています。


  • Y.T さん (60代・ 和歌山県・ 男性)

    時代小説のファンになったきっかけの本です。ドラマにもなり一層のめりこみました。1月が楽しみです。


  • あみこ さん (40代・ 和歌山県・ 女性)

    ドラマ版 磐音役の山本耕史くんのファンだったことがきっかけで、読み始めました。完結するのは、少し寂しい気もしますが、磐音たちの行く末を見届けたいと思います。


  • じんるいず さん (60代・ 東京都・ 女性)

    本書の大ファンです。終わりになることが残念でなりません。
    できれば息子空也の成長ぶりをずっと見守りたいと思っておりました。
    また、どんな形でも本書に巡り合える日を楽しみに切なく待ち続けたいと存じます。
    佐伯泰英先生のご健康をお祈りいたしております。


  • jun さん (70代・ 宮崎県・ 女性)

    最新刊がでるたびにすぐに買い求めワクワクしながら読んでます。
    読み終わってしまうと次の巻がでるまでがとても待ち遠しく感じます。
    物語が完結してしまうのはとても残念です。


  • nishitomo さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯泰英作品中で一番好きなシリーズで、毎回楽しみながら、次回作を待っていました。
    あと二巻で完結は残念です。密命シリーズも完結してしまい、新たな作品を期待しています。


  • かちゃか さん (70代・ 東京都・ 女性)

    磐音シリーズ全巻を通して感じるのは、磐音の人としての考え方、接し方、物の見方などにほっこりさせられている自分が居るということです。時間があれば、既刊を読み返し、磐音ファンの多くの方々と同じように内容を覚えてしまった巻もたくさんあります。。他の登場人物とのやり取りも同様です。磐音シリーズが完結してしまうのかと思うと、とても寂しいです。50巻で終了と思っていたのですが、なんと51巻もありということで、嬉しいです。出来れば、番外編のような形でまた磐音さんに会えたらいいな〜ト密かに思ったりしています。磐音ファンとして…つい期待してしまう今日この頃です。


  • なりさん さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    冷静さの中にも人としてのあたたかさを感じる磐音様。現代人に欠けているものを教えてくれます。権利ばかり主張する人が多い現代、見返りを求めない愛情いっぱいの磐音と周りの人たちに、惹かれてしまうのかもしれません。


  • 銀河鉄道 さん (60代・ 岩手県・ 男性)

    以前にNHKのラジオ番組で児玉清さんがやみつきになる時代小説ですと紹介していたのをたまたま聞いて以来のファンです。とにかくはまってしまいました。まもなくシリーズは完結しますが、私の心に永遠にのこる時代小説です。


  • mk さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    第1巻陽炎の辻から49巻意次の妄まで読み終わりました
    最終巻が楽しみです。
    新シリーズも熱望しています。


  • Isabella15 さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    主人が大ファンです。時折、泣きながら読んでるのを見た事があります。私は放映しか知らないので、わかりませんが、本の中に入り込んでるのですね。前に購入した古地図も照らし合わせてる時もあります。主人にとってフィクション、ノンフィクション関係ないのでしょうね。


  • ムラちゃん さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    まるで「私はおこんさんか!」と思ってしまうくらい磐音と共に生活があったのに、完結してしまうのは楽しみでもあり、とても寂しくもあり残念なんてもんじゃありゃしない!
    日常の出来事にも、ふと磐音やおこんさんだったらどう切り抜けていたかしらと思考回路を預けてかなり参考にさせて頂きましたので(結局私は磐音の様に達人でもなし、おこんさんの様に寛大でもなし、と言う訳で身の丈に合ったおせっかいでとどめてはいますが)
    私が言うのもおこがましいけど「アッパレ磐音、おこんさん」です!


  • hakko さん (50代・ 北海道・ 女性)

    出逢いは知人から借りた文庫本でした。磐音ワールドにすっかり嵌り、全巻大人買いした後は主人も読み出し、2度目3度目と読み返しています。佐伯泰英さま、これこらもお体に気をつけて、末長く私達を楽しませてください!


  • あけみバーチャン さん (60代・ 奈良県・ 女性)

    終わると思うと寂しい。もっと続けて欲しいです。


  • にきゅう さん (80代・ 大阪府・ 男性)

    磐音と田沼との戦い、意次の死で決着がついたと思ったが、49巻「意次ノ妄」での定信から磐音へ先に目を向けさせた先制の戦いを読み、定信との関係がどうなっていくかが楽しみです。1月が待ち遠しいです。
    1月の2巻で終わりとは残念です。


  • yossan さん (70代・ 東京都・ 男性)

    第1巻から読み始め第50巻に達するという。坂崎磐音・おこんさん・奈緒・霧子等の成長と合わせて
    私も人生の一時を歩ませて頂きました。発刊されるのを楽しみにしてきました。まもなく完結とのこと。
    さみしくなります。


  • Kiraちゃん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    空也が磐音と対等に立ち合う日が待ち遠しい!


  • ごまどーふ さん (40代・ 和歌山県・ 男性)

    母が佐伯先生の作品のファンでして、このシリーズ終了の報せに寂しがっております。


  • 変愚院 さん (80代・ 奈良県・ 男性)

    第1巻から愛読しています。磐音やお紺はもちろん、弥助・霧子や門弟たち、三助爺さんたちや白山に至るまで懐かしい家族のような気がします。他の登場人物も久しぶりに顔を見せると、「あ!元気だったか」とホッとしています。それなのに、いよいよお別れかと思うと、とても寂しい想いです。大団円ということで諦めます。


  • きたさん さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    物語が完結してしまうのが大変大変残念です。


  • けーこ さん (70代・ 茨城県・ 女性)

    主人公居眠り磐音は、理想とする男性像です。
    闘病生活をしていますので、最終章を楽しみにお待ちしております。


  • キリン さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    楽しく拝読させて戴いて降ります。江戸の風情を思い浮かべながら人としてこう生きたいという想いを磐音に重ね楽しんで読む事が出来ました 残り二冊に悲しみさえ感じさせられます。磐音 おこんさん そして沢山の登場者達 ありがとうございました。


  • たかある さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    佐伯泰英さんと同じ姓ということをきっかけに読み始め、すっかり磐音ワールドにはまってしまいました。
    シリーズ完結が寂しくてたまりません。
    他のシリーズをしっかり楽しみたいと思います。る


  • まりたん さん (60代・ 和歌山県・ 女性)

    発売日一気によみ改めてゆっくり読んでます


  • はまを さん (50代・ 三重県・ 女性)

    理屈無しで磐音に魅かれ、読み続けました。
    集まってくる人たちがまたいいではありませんか。これは、意次ら敵対する人々の魅力のおかげも
    あるのでしょう。
    あと2巻、楽しみたいとおもいます。
    磐音を教えてくださりありがとうございました。


  • shigeG さん (80代・ 東京都・ 男性)

    佐伯泰英氏の小説はどれも読んで居るが、特に「居眠り磐音」シリーズは3年前に一ケ月近く入院している時、見舞いに娘がお父さんが好きそうな本を、と買ってきてくれました。お蔭さまで入院している間、読みふけり、入院のつらさをわすれさせてくれました。


  • 居眠り猫 さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    居眠り磐音のシリーズほど繰り返し、繰り返し読んでいるものはないです。 出ている全巻を読み終えると
    すぐもう一度、磐音様に会いたくなり、また1巻から読み始めるのです。\(^o^)/
    優しくて、ステキで、強くて・・・こんな理想の男性、世界中探してもきっといません。
    そんな磐音様のシリーズが終わりを迎えるのはとても寂しいです。ラスト2巻、残念なような待ち遠しいような・・・そんな気持ちで待っています!


  • のるまく さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    妻がNHK時代劇ですっかりはまってしまい、そのまま主人公のファンになってしまいました。本で読むときも磐音はドラマでの登場人物のままの涼やかなイメージが出てきます。このたび完結を迎えるとのこと、佐伯さん、磐音さんご苦労様でした。


  • ヒロチャン さん (70代・ 東京都・ 男性)

    坂崎磐音一家が元の尚武館に戻れるか?嫡男空也がどうなるか?最後の結末が楽しみ!


  • 廣海 さん (70代・ 福岡県・ 男性)

    坂崎磐音様、長い間読者の皆さんを楽しませて戴きありがとうございました。発売日が待ち遠しく本屋に行くのが楽しみでした。でも、終わりが近づき寂しい気持ちが徐々に湧き上がってきます。残念です。
    まだまだ、続く方法はないのでしょうか。


  • コヨリン さん (60代・ 広島県・ 女性)

    時代劇、小説特に江戸時代物にはまったきっかけでした。読み始めた頃、仕事が辛い時期で、身体もしんどい時でした。磐音物語を楽しみに、頑張っていました。終わってしまうのは寂しいですが、また新たな佐伯物語で、楽しみます。


  • 小助 さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    NHK陽炎が辻を見て磐音が好きになり、シリーズを読み始めました。磐音のバカ誠実さが誠実大好きです。


  • かれん さん (40代・ 岐阜県・ 男性)

    新刊が発売されるのをいつも楽しみにしています。


  • 翆風 さん (50代・ 滋賀県・ 女性)

    いよいよ長い長い旅の終わりですね。寂しい。


  • けいあい さん (40代・ 東京都・ 男性)

    とうとう終わってしまうのですね。寂しいです。最後がどうなるか今の時点ではわかりませんが、その後の坂崎家みたいな番外編を期待しています。


  • べにゃん さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    年始からうれしい企画ですね。
    一年間いいことがいっぱいありそうな予感。


  • 利ちゃん さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    初版から読み続けています。磐音さんの寡黙な男らしい姿に惹かれます。
    息子もファンになり、私と同様何度も何度も読み返しており、酒の“つまみ”となっています。
    来年正月のラスト二版が楽しみです。


  • マミー さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    読者が納得いく完結を期待して待っています。


  • いわねふぁん さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    はじめは主人が読み出して私も夢中になりました。新刊の発売がいつかいつかと心待ちにしていました。とうとう…さびしくなりますね。作品、有り難うございました。


  • らん さん (60代・ 大分県・ 女性)

    テレビドラマ「陽炎の辻」を見てから原作にはまり、ずっと読み続けています。時々1巻から読み直すのがまた楽しいのです。先日上京のさいには「読本」にはさみこみの江戸地図を持参して深川から両国橋まで散策してみました。磐音が毎日歩いた距離感を知りたくて。最後の2巻、寂しいですが楽しみにしています。


  • つじます さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    来年1月に 2冊で完結の磐音シリーズを1巻から読みついでいます。記念に年賀状が届けば、良い記念になります!宜しくお願い致します!!


  • めぐチャン さん (40代・ 東京都・ 女性)

    友人に勧められて磐音を知り、凛とした彼の生き方にすっかりはまってしまいました。
    他の登場人物もとても魅力的で、読んでいて少しも飽きません。
    そんな磐音とももうお別れなんて寂しいですが、最終本を楽しみにしています。


  • みえごんばばちゃん さん (70代・ 青森県・ 女性)

    磐音様=佐伯様
    心からおしたい申しあげております。
    51巻で完結になるとのこと、残念でなりません。
    あれこれと自分なりの終結を考えあぐねながら、東北の秋の彩りを楽しんでおります。
    お身体にお気をつけて、ますますのご活躍を御祈念申し上げます。


  • manamix さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    居眠り磐音江戸双紙シリーズ、拝読しています。いつも応援しています‼️


  • むーちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    何度読んでもおもしろい。
    今、多分、七回目のシリーズを読み返して第40巻まできました。
    1~2年ごとに読み返していますが、毎回新鮮です。
    著作が面白いのは勿論ですが、年齢が60代後半に入り、ぼけが進行していてストーリーを大半忘れている性かも?!
    1月の完結に向けてお体をご自愛下さい。


  • 黒鶴 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

     磐根さんと出会って十年余り、完結か。感無量です。                        四回読みました。今後も読むでしょう。肉親との別れのような感情があります。            剣道場を復興し、最後は あの思い出の橋の上で家族で朝日を拝み、エンドに             していただきたいものです。                                   佐伯先生、有難うございました。                                 私にとって、妻にとって一生で最も大切な本です。 編集部の方々、ご苦労様でした。  


  • うさぎさん さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    新刊の発行を楽しみに待っているのですが、手にすると一巻前の物語から読みます。終わってしまったら又読み返すことでしょう。


  • bunz さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    いつも楽しみに読んでいます。今では母の方が大ファンになりました。


上へ