居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • アカギ さん (60代・ 群馬県・ 男性)

     勤めをやめてからじっくり読ませていただいています。毎回、ハラハラドキドキですが、最後はまるく収まると一安心です。終わりになってしまうのは寂しいですが、つぎを温めているものと思いますので、楽しみにしています。


  • メダカ517 さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    最終話!磐音とおこん、奈緒、もうお別れか、少しさみしくなる。


  • こうき さん (50代・ 和歌山県・ 男性)

    未だ終わらないで、下さい。
    続でも、かまいません。よろしくお願いします。


  • なお さん (40代・ 北海道・ 女性)

    まもなく完結するなんて、信じられない思いですが、どのように完結するのか楽しみな気持ちもあります。
    何度も読み返しては、楽しんでいます。


  • 晴 雨霧 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    佐伯ファンです シリーズのすべて読破しております
    今後も読み続ける予定です


  • ハナコとモモコ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    最終刊の発行が家族とともに楽しみにしてます!!


  • まさる さん (80代・ 埼玉県・ 男性)

    毎回はらはらどきどきでとても楽しく読ませて戴いました、早く磐音さんたちを神保小路の尚武館に
    住まいし剣呑な生活が出来ますように  祈っています。


  • ともうし さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    終わってしまうのがさみしいです。
    登場するみんなが個性があり素敵な方たちです。
    長い間本当にありがとうございました。


  • いけちゃん さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    磐音ついに完結するのか残念です!!又空也が引き継いでの物語を期待します。


  • さむらいたけちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯作品はどれも爽快感を味わえて大フアンですが、中でも坂崎磐音は理想の侍で、強さ・優しさ・謙虚さと、申し分がありません。他の登場人物も皆個性的で面白い。


  • 白根葵 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    夢中で読める小説が終わってしまうのはとても残念です。登場人物が生き生きと描かれていて話の中に入り込んでその時代に生きていたような気になります。続きもぜひ書いてください。


  • ハウベンロン さん (80代・ 兵庫県・ 男性)

    磐音もいよいよ来年1月刊行分で終わりになる。淋しいね。大勢の多才な脇役が繰り広げる江戸双紙、武左
    衛門さん、三助さん、空也、睦月、最終はどのような結末になるのだろうか。この続刊も号を改めて出して
    もらってもよいのだが、佐伯先生もご老体?だから無理かな。環境の良い処にお住まいのようだから出来ないことはないだろうと思う。佐伯氏頑張ろうぜ。


  • 小澤善子 さん (60代・ 奈良県・ 女性)

    往復3時間の通勤時に読ませていただいております。
    会社へ行かずこのまま読んでいたいと思うこともしばしば。
    なにとぞ定年までとお願いしたいところです。


  • 日向 朔 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    読了したものの続刊がまだ刊行されず、再読、三読したことも度々ありました。NHKで放映された「陽炎の辻」DVDも鑑賞。時代小説の面白さを教えてくれた「磐根」シリーズ。いよいよ完結。全巻通して四読する日も近いと思います。


  • 一青窈会 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    磐音シリーズが完結してしまうのが残念です。
    居眠り剣法で時の権力者と対決していく物語を毎回愉しみにしていました。
    佐伯先生には、忠臣蔵に関わる物語を書いてほしいです。


  • ポチ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    磐音さんの活躍を毎回楽しみにして新刊が出ると本屋に朝一番から買いに行きました。完結してしまうとちょっと寂しいです。


  • nana さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音様に惹かれて「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを愛読しております。
    終わりかと思うとさみしいです。


  • コンパルじゃ さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    いいね!のひとことに尽きる。
    毎号、1刷りの本を約50冊揃えてきた。


  • エラリークイーン さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    主人公なので死なないとわかっていても、戦いの場でははらはらどきどきしながら読んでました。また磐音とともに時を刻んで一緒に生きてきたようにも思います。
    テレビでも放送されその後は、本を読むたびに役者さんの声や動きが、思い浮かびました。終わるのが残念でなりませんが、とにかく幸せになって欲しい。
    一人の青年の逞しく生きていく姿と彼を取り巻く人間模様を堪能させていただきました。ありがとうございました。


  • junna さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    二世の活躍も期待したいが、もう少しでエンディング、終わるのは残念です。


  • かよぴょん さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    これだけ長いシリーズを追っかけたのは初めてです。
    磐音は終了とのことですが、品川さんや辰平、利次郎、
    おそめちゃん達のその後の話を読みたいです。


  • ttttt さん (10代・ 山口県・ 男性)

    1巻から読んでいます。まだ途中読んでいる途中ですが、このシリーズがとても好きです。


  • にしまさ さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    昔放送していたテレビのドラマの配役で読んでます。新しい登場人物が浮かばないので、続編放送を期待します。


  • みんみん さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    このシリーズは大好きです。でも前半の家基さまがなくなるまであたりが一番かな。
    いまは ちょっと惰性で読んでます。でもようやく最終回との事。読むものがなくなるのは
    やっぱりさびしい。ドラマの山本耕史さんもこの役で大好きになりました。ほんとはまってますよね。
    またやってくれないかなあ。


  • ララ(犬の名前)にタクト(猫の名前) さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯さんの作品は、最初よりすべて愛読しています。居眠り磐根シリ-ズいよいよラストですか、
    まちどおしいのと、これで終わりかと思うと誠に残念です。
    でも、どの作品も楽しく読ませていただいています。有難うございます、年賀状楽しみです。


  • こもも さん (60代・ 東京都・ 女性)

    終了するのは寂しいので、少し経ったら後日談として10年後の姿を見せてください。
    毎年10年ずつ年を重ね、空也時代に突入するのもいいですね。
    読者の励みになります。


  • なおちゃん さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    どんな風に完結するのか楽しみにしています


  • st さん (10代・ 山口県・ 男性)

    1巻から読んでいます。もっと居眠り磐音シリーズを読みたいのに、もう終わりということで残念です。


  • シャンソン さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    大ファンです。普段、文庫本はブック・オフで購入しますが、このシリーズだけは特別ですね。新聞で刊行の記事を見ると、すぐ書店に飛んでゆきます。


  • 柏の住人 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯先生の作品の中で最もお気に入りの作品です。あと2巻で大団円を迎える事を悲しみと楽しみの入り混じった気持ちで心待ちにしております。家族愛、師弟愛など様々な事を学ばせて頂きました。


  • ぶんちょう さん (70代・ 三重県・ 男性)

    最近は、磐音一家周辺も落ち着いた状況がうかがえる様になって来たが時々緊迫する場面が展開され緊張感と面白みが増してきている、弥助、霧子、利次郎、小田平助等々のさらなる活躍、空也が大きくなった時にどのような坂崎磐音の仲間への位置づけが楽しみ。
    少しサボっていて”意次の妄”が未だ読めていないので更なる展開を期待しています。


  • 大分のノンチャンです。 さん (60代・ 大分県・ 男性)

    NO49「意次ノ妄」の続きが早く、発行されないかな-。空也も頼もしくなってきましたね。


  • 凡人 さん (80代・ 奈良県・ 男性)

    長い間楽しませていただきました。磐音さんは幸せな一生を送られたと思います。
    佐伯先生のご健康をお祈りします。


  • Domingo S,光家 さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    毎回必ず購入します、
    財産が増え金より嬉しい


  • 九郎やな さん (60代・ 和歌山県・ 男性)

    今か今かと続きを待っていました。続巻が出るまでは又読み返しています。
    今までに何度読み返したことででしょう。
    道場跡から出てきた古刀が磐音の行く末をどの様に導くのか楽しみです。


  • まおちゃん さん (50代・ 和歌山県・ 女性)

    NHKドラマを見てから原作本にはまりました。以降職場の先輩、父親と磐音ファンを増やしています。
    本を買った日に1度目読んで父親に貸出。帰ってきたらまずもう1度読んでいます。


  • ダンダン さん (40代・ 東京都・ 男性)

    新刊の発売が、ここ数年の楽しみの1つでした。あと1回とは寂しいです。


  • 駿河のばあば さん (70代・ 静岡県・ 女性)

    時代の移り変わりと人物の背景が正しく書かれた本は、確認しながら読むので、他の楽しさも見い出す事ができて、とても自分自身を高めてくれます。


  • ゴンタ さん (60代・ 広島県・ 男性)

    司馬遼太郎作品を読み漁り書店巡りをしていた時に佐伯泰英作の時代劇「密命」のかなくぎに出会い、磐音、政次、影二郎、小藤次、総兵衛等の主人公と絶妙な取り巻きに引き込まれています。また「佐伯通信」も楽しみの一つです。特に愛犬みかんの記事は我が家の柴犬りんと比べてしまいます。佐伯作品をより多く読みたいと思っています。                                                           


  • かい さん (20代・ 福井県・ 男性)

    いつも新刊がでるのを楽しみにしています。


  • 蝸牛 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    5年程前に時代小説を読むきっかけになった作品です。その後佐伯作品はもちろん全作制覇しました。
    今は81歳の親父も読んでます。


  • こてつ さん (80代・ 京都府・ 女性)

    いつも孫と新刊が出るのを、まだかまだかと楽しみにしております。


  • barbaryoko さん (60代・ 東京都・ 女性)

    こんにちは、毎回はらはらどきどき、時には涙流しながら読ませていただきました。終わってしまうのがとても残念です。完結編楽しみに待ってます


  • 堅ちゃん さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    「居眠り磐音江戸双紙」ファンの堅ちゃんです。これまで全巻読んで来ましたが、いよいよシリーズ完結
    との事、楽しみにしています。


  • なかさん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    磐音の人間性に惹かれ読み続けています。シリーズの完結は致し方ないと思いますが、残念です。


  • 元ナースば~ば さん (60代・ 東京都・ 女性)

    東京での生活にゆとりができた時ドラマの磐音様に出逢いました。山本磐音様最高! その後磐音ワールドにはまりました。お別れ哀しいです。空也クンのその後というのはどうでしょうね。磐音様からの年賀状を楽しみに待ちながら お別れを噛みしめます。


  • はっしー さん (50代・ 大分県・ 女性)

    夫が愛読しています。もうすぐ終わってしまうので、とても残念がっています。


  • 老いたポパイ さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    「坂崎磐音」を取り巻く悲劇の許嫁の奈緒、おこん、弟子達、江戸下町の人情溢れる人々、どの巻にも必ずあるほろっとする場面、快哉を叫ぶ場面、親子の機微に至るまですべて含まれている素晴らしい作品
    これが最高のエンターテイメントやと思います。


  • あたぼお さん (60代・ 長野県・ 男性)

    若い頃から吉川英治、柴田錬三郎、藤沢周平、池上正太郎、平岩弓枝を愛読しています。そんななか、佐伯泰英さんの小説に出会い(満員電車の中で、人の読んでいる居眠り磐音の小説をちょっと見させてもらいました)、ハマってしまいました。「居眠り…」「交代寄合…」「鎌倉河岸…」「密命」等々の全巻を何度読み直したことか…。何度、読み直しても、次の展開を承知しているにも関わらず心が躍ります。特に磐音の勧善懲悪と人情を併せもつ内容は本当に読者冥利に尽きます。最終回は、どの様な結末になるのか、大変に楽しみにしております。


  • としこ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    ついに終わってしまうんですね。大好きなシリーズなのでさみしいです!


上へ