居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • こてめん さん (50代・ 三重県・ 男性)

    以前はノンフィクションや歴史小説専門でしたが、数年前に赤目小藤次で初めて時代小説に触れ、今は佐々木磐音に一番はまっています。遅まきの佐伯ファンですのでシリーズ既刊分の方が多く、一気読みした時期は極楽至極でした。大団円はやはり残念ですが、また、陽炎の辻から、今度はじっくり読み返そうと思っています。


  • にゃぎ さん (30代・ 栃木県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズ、佐伯先生の作品の中でも大好きなシリーズです。新刊を待ちわびているうちに、作中の人物同様、自分もいつのまにか成長しておりました。私の人生に寄り添っていた作品です。シリーズが終わっても、きっとまた読み返すことと思います。完結まであと2刊、寂しいですが心より楽しみにしております。


  • しゅう さん (60代・ 広島県・ 男性)

    第一巻から愛読しています
    ドラマやアニメも欠かさず見ています
    先生とあまり年が変わらないのに、すごい文章力ですね
    感心と言うか驚きです
    もうじき完結かと思うと楽しみのようで淋しい気もします
    早く読みたいなぁ


  • えいこ さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音の実直な生き方、正義感、弱味を見せない生き方に感動を覚えた。全巻素晴らしかったが、姥捨の里は特に何度も読み直した。おこんが里に辿り着くまでは、「頑張れ頑張れ。」とおこんに声をかけると同時に自分をも励ましていた。


  • madam紫 さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    これでお別れですか・・・
    寂しいです。
    それでも貴方さまのお幸せをお祈りいたします。
    年賀状が頂けたら「こいつぁ、春から縁起はいいわぁ」と、1年がしあわせに過ごせます。


  • もんちっち さん (60代・ 宮城県・ 女性)

    今、第1巻から読み直しています。当初読んでいた内容でも、「あら、こんなことが書いてあった」とか「もっと後の巻に発生した事柄だったと思っていた」など、再発見がいっぱいです。もう終わりかと思うと寂しさと残念さがありますが、まずは、お疲れ様でした。
    この後は、外伝で時折、磐音が登場してくれるといいなと思っています。
    また、磐音・幹次郎・小藤次は、ほぼ同時期に活躍していますが、誰が一番強いかしら?などと想像しています。


  • 千葉の眠り猫 さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    TVドラマが始まってから書店で1巻から買い求め、毎号毎号待ち望み、そろそろ8年ぐらいたちます。磐音様の跡をたどり深川、両国、神田と歩き回りました。
    前から佐伯先生は50巻とおっしゃっていられましたが、本当に本当に今度のお正月で終わってしまうと。わかっていてもショックです、楽しみがなくなってこれからどうしょうと思うほどです。
    それにしても最終回は、磐音様はどうなるのでしょう、早く読みたい!楽しみなのに最後なのですね。佐伯先生、お疲れ様でした。長い間、ありがとうございました。ご健康、ご活躍お祈りもうしあげます。


  • かず さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    いつも楽しく拝見しております。磐音さんが最後、命を落とすことなく物語が完結されますように心から祈っております。


  • ますまま さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    杉良太郎さんの息子の山田純大さんをイメージしながら、読んでます。自分自身は 妻のおこんさんになりきり 夢のような時間をありがとうございます。


  • てんてき猫 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    佐伯作品との出会いが私の読書遍歴を変えました!中でも、居眠り磐音はナンバーワンです。刊行初期の手に汗握る展開は、寝食を忘れて読みふけりました。
    やはり登場人物すべての今後が気になります。佐伯先生、たまにでもいいですので、みんなの近況報告えお是非お知らせください!


  • お富さん さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    8月頃から読み始めましたが、2日で3冊のペースで読んでいます。通勤電車の中で楽しんでいます。夢中になり時々乗り過ごしてしまいます。このシリーズが読み終えたら、他のシリーズに挑戦したいと思っています。


  • てつちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    毎号、楽しく拝見しています。磐音の、今後も活躍を期待する。楽しみにしています。


  • くーやん さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    磐音の活躍があと少しとは残念です。
    その後の磐音ほか、主要な人物の登場でまたいつの日か、刊行されることを期待しています。


  • tsubasa さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    ドラマ化をきっかけに読み始めました。様々な登場人物と江戸の風景描写を楽しみに新刊の発行を心待ちにしていました。とうとう最終巻を迎えることになり残念ですが、どんな大団円を迎えるのか来春がとても待ち遠しい思いもあります。どうぞ奈緒さまがお幸せになりますように。


  • iwanefanfan さん (70代・ 北海道・ 女性)

    磐音が年を重ねれば、私も同じようにとしを重ねてきました。磐音は私の今は亡き息子のような気がして末永くよき人生を全うしてほしいと心から願います。


  • きっしゃん さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    磐音さんがあと2作で完結になるとは、さみしい限りです。


  • 酔生夢死 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    十数年前、懇意にしている古本屋の書棚に「陽炎の辻」がありました。ふと取り上げて1,2ページを立ち読みしていたら、すぐに佐伯ワールドに取り込まれました。爾来、佐伯先生のすべてのシリーズを発売日んいは購入して、2,3日後には家族で回し読みをするという習慣ができました。「読本」の江戸地図は私の書斎の壁に今でも貼り付けており、物語の進展とともに場所を確認しています。
    あと数巻で終わってしますのは、悲しいのか、嬉しいのか、まだ分かりません。
    佐伯先生の御自愛を祈念いたします。


  • 早起きの仁助 さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズを読み始めて早2ヶ月、ただいま31巻を精読中です。
    NHK木曜時代劇の吉原裏同心を見たのをきっかけに、吉原裏同心、密命、酔いどれ小籐次、狩りシリーズ、古着屋総兵衛、秘剣、長崎絵師、異風者、鎌倉河岸捕物控と立て続けに読破しました。
    時代小説を読んだのは吉原裏同心が初めてでしたが、展開がおもしろくはまってしまいました。
    居眠り磐音は49巻まで買い揃えてありますので年内中には読破して、最終となる50、51巻の発売を待ちたいと思いますが、他のシリーズはまだまだ書き続けてください。読むのを楽しみにしています。


  • mai-g さん (70代・ 福岡県・ 男性)

    いつも楽しく拝読しています。
    30代の娘も最近、読み始めました。


  • 時代小説大好き さん (60代・ 広島県・ 男性)

    長いようで短かった坂崎磐音さんとの付き合いでした。あと2巻でお別れとは大変残念です。現代では、
    磐音さんのようにまっすぐで力強い生き方は難しいと思いますが、未来の子供たちに伝えたい生き方です。
    心に響く小説を書いて下さる佐伯先生に感謝しています。


  • uwabami さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    佐伯先生の大ファンです。なかでも、「居眠り磐音」シリーズは陽炎ノ辻以降欠かさず読ませて頂いています。主人公の剣豪の魅力もさることながら、人情の機微にふれる洞察に心を打たれ、感動します。完結まじかとか。どういう結末か、楽しみと同時に寂しくもあります。そういえば、「交代寄合伊那衆異聞」も23巻で完結。新たなシリーズ発刊も待ち遠しい限りです。


  • しんいち さん (70代・ 長崎県・ 男性)

    このシリーズが大好きでいつも新刊が出るのを楽しみにしています!これからも良い作品心待ちにしています。


  • ikochan さん (70代・ 福岡県・ 女性)

    最初の1巻を読み始めから引き込まれ,次の発売が待ちどうしくて、何度も読み返す日々でした。遂に五十巻の完結を迎えることとなり楽しみが一つなくなることになり残念です。夫婦で毎回楽しみにしておりました。次はどんな読み物を佐伯泰英先生が執筆されるか楽しみにしております。


  • 健康第一 さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    毎回、次号を待ち遠しく、楽しみに・期待と共に待っています。時には最初から、又は、途中から、何回も、何回も繰り返し読んでいます。繰り返し読んでも、その都度、優しい気持ちになったり、涙が出てきます。特に、磐音・おこんらが、矢傷に倒れ、まだ意識の戻らない霧子を、小梅村に移送するくだりは、毎回泣けます。他にもたくさん泣かせて頂きました。有難うございました。そのような磐音が完結を迎えるのはさびしいですが、又、どのような完結を迎えるのか期待もしています。


  • ハナモモ さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    始めはタレビドラマを観てから 磐音ワールドにはまりました。新刊が出るのが待ち遠しく、夫と二人何度も読みました。家基の死後 磐音達が刺客から逃れ、尾張から姥捨の郷までの 気の遠くなるような 道中行が 大好きな場面です。名古屋の長屋で ひたすらオムツを縫っている おこんさんに涙したり、辰平達が 姥捨の里へ たどり着くまでの 緊迫した様子に 早く‼️早く‼️磐音達に会えますようにと ハラハラドキドキして読んだのが ずっと 印象に残っています。あと 2巻で完となる 磐音ワールド 終わるのが とても寂しいです。何年も夫婦共々楽しませて いただき 有り難うございました。


  • 卯之助 さん (60代・ 宮崎県・ 男性)

    できることなら、その片鱗を見せてはいるが、空也が活躍する時代まで描いてほしい。兎に角、シリーズ当初からのお付合いです。磐音一家は他人とはおもえません。どうか、納得のいく終わり方を望みます。


  • ヒロスケ さん (50代・ 茨城県・ 男性)

    毎巻の発売を心待ちにするほど、楽しみにしています。
    磐音のどのような状況になろうとも、決して自分を見失わず行動する。半世紀以上生きてきたが、自分には到底真似できそうにない。
    あと2巻で完結となることは非常にさみしい限りです。一子空也が成人するまでの物語も読んでみたい。


  • SASAEI さん (60代・ 秋田県・ 男性)

    居眠り磐音が終わるのは残念!いつも新刊が出ると前号から読み直しました。次は「居眠り磐音 空也」編を書いてもらえたら、また楽しみが続きます。


  • yama さん (60代・ 京都府・ 男性)

    第一巻からずっと読んでいます。
    面白くて面白くて続きを読むのが楽しみでした。
    私が読んだ後は順次、嫁に行った娘に譲っていますが途中からは「次はまだ?」と催促される有様で
    ちょっと鼻が高い気分になったものです。
    それもついに最後の二巻になるのですね。
    発売日を寂しいような楽しみなような複雑な気持ちで待っています!


  • 湘南生活者 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

     いつかは終わるのだと覚悟していましたが、ついに完結ですか……。
     思えば、NHKのドラマを見て原作が読みたくなり、新刊の予約をして手に入れ、一気に読まずにゆっくりゆっくり読んで何年経ったでしょうか。
     不思議なことに中心人物は死なずに筋立てを盛り上げてくれる、という安心感が心休まるのですね。最後はどうなるか分かりませんが、佐伯先生の優しさが出る終幕になるのでしょうね。


  • かえちゃん さん (40代・ 京都府・ 女性)

    本当に終わってしまうのですね。磐音の行く末が知りたい半分、最終巻で読めなくなってしまう寂しさ半分
    複雑な気分です。友人と争って読み、感想を言い合うのがとても楽しみでした。
    今まで、磐音、おこんさん、奈緒さん、今津屋さんなどなどと共に 楽しい時間を過ごさせて頂きありがとうございました。


  • やっこちゃん さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    姉が大好きで、紹介されて私も好きになりました。


  • とん。 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    3年前に新聞広告で知り、読み進めるほどに大ファンになって、得意げに実家の母に話したところ…なんと、母は昔から先生の大ファンで磐音シリーズも全巻持っているとのこと!血は争えないものです。あと2巻で終わりだなんて…磐音ロスに陥りそうです。くれぐれも最後は磐音ファミリーが誰一人傷付くことなくハッピーエンドで終わりますよう、伏してお願いいたします。


  • 磐音マジLOVE さん (60代・ 東京都・ 女性)

    いつも磐音に胸ドキドキしています。いつの日かまた連載が始まることを心待ちしております。空也の大きくなった姿を読みたいと切に望んでます。


  • tyoko さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    読書好きの義母とのコミュニケーションに◎


  • donato さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    もうすぐ還暦を迎えますが、私の読書歴のなかでも、この「居眠り磐音江戸双紙」シリーズに出会えたことは幸運だったと思います。


  • 由奈 さん (20代・ 埼玉県・ 女性)

    いつも、新刊が発売されるのを楽しみにしていました
    。磐音のシリーズが終わってしまうのは、残念です。


  • こん さん (60代・ 三重県・ 男性)

    会社務め時は、あまり本を読んでなかったのですが、定年後、「居眠り磐音」の本を見てチョイ読みした時、心がキューンとなり10冊づつ纏めて購入して読み終わると、新しく出るのを新聞の下の方に光分社 長編時代小説にて確認して、購入して来ました。また、佐伯泰英さんの他の本(古着屋総兵衛、吉原裏同心、夏目影二郎始末旅、密命等々)を読んでもどれもこれもが面白かったです。


  • mie-oba さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    はじめはテレビドラマを見て磐音ファンになりました。すぐに本屋さんに走って一から読み始めあっという間に出ているものは読み終えました。 次の巻がとても待ち遠しく出ればすぐに買いに行くのですが 読み終えるのがもったいなくてわざと途中で休んだりします。終わってしまうのは仕方がないのでしょうが残念です。他の佐伯作品(時代小説)も読みますがやっぱり磐音が一番好きです。


  • 磐音大好き さん (60代・ 北海道・ 男性)

    シリーズ完結が待ち遠しいのと、終わらないでほしいとの気持ちで、複雑です。
    佐伯先生の本は、すべて読んでいます。
    中でも居眠り磐音が大好きです。
    また磐音が登場する物語を期待しています。


  • mie-oba さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    はじめはテレビドラマを見て磐音ファンになりました。すぐに本屋さんに走って一から読み始めあっという間に出ているものは読み終えました。 次の巻がとても待ち遠しく出ればすぐに買いに行くのですが 読み終えるのがもったいなくてわざと途中で休んだりします。 ワクワク、ハラハラ、ドキドキその場に自分もいるような気になって読みました。終わってしまうのが残念です。他の佐伯作品(時代小説)も読みますがやっぱり磐音が一番好きです。


  • 耕史磐音 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音とおこんから、暮らして行く張り合いを感じていました。
    法師の湯の二人が好きです。
    この文庫がきっかけで古地図が好きになり、江戸に関してあれこれ関心を
    広げることができ、老後の生活が楽しくなりました。感謝です。


  • かりん さん (50代・ 愛媛県・ 女性)

    NHKのドラマを見て、すっかりはまり、一気読み!!その後は発売日をいつも楽しみに待っていました。
    それもあと1回(2冊)で終わりだと思うと寂しくなります。


  • 磐音大好き さん (60代・ 北海道・ 男性)

    完結するのが残念です。
    新シリーズの予定はありませんか?
    是非お願いします。


  • ジャカランダ咲いた さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    先生の作品はこの本が初めてです。あと2冊。とても楽しみにしています。磐音氏、霧子さんと小田平助氏のファンです。このシリーズが終わっても他に先生の作品があると思っても寂しい。この待つ気持を抑え密命を読み始めました。これがまた面白い。ところで最近夫との会話がかなり増え、夫婦で磐音、江戸ワールドにどっぷりです。DVDが出ていることを知り二人で見ました。これからもお体を大切にし楽しませてください。


  • 独立愚連隊 さん (80代・ 熊本県・ 男性)

    毎巻楽しみにしています。あと2巻で終わりになるとは残念です。


  • トシオ さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    長期にわたりお疲れさまでしたと言いたい
    刊行と刊行の間が永すぎると少し熱が醒めるような気がする


  • サラ さん (40代・ 福岡県・ 女性)

    母が大ファンです!読書だけが趣味の75才。この作品の新刊が出るのを今か今かと、瞳をキラキラさせていつも待ち続けています!


  • moriken さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    毎回購入しています。ラスト二巻での大団円と今後のファミリーの展望が描写されることを期待します。


  • テルちゃん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    佐伯先生の大ファンです。終わってしまうのがとても残念です。
    新シリーズに期待します。


上へ