居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • Machiko さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    シリーズが終わってしまうのがとても残念です。いつも新刊を楽しみにハラハラドキドキで読ませていただきました。


  • 一夢庵 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    白鶴の近状を。久しぶりに江戸に
    磐音の子となおの子の交流


  • ごはちち さん (40代・ 東京都・ 男性)

    もうすぐ終わってしまうのが何だか寂しい。でも、何回でも読み返すことができる作品だと思うので、手の届くところにいつもいつまでも置いておきたいと思います。


  • イッコラサン さん (70代・ 広島県・ 男性)

    二度目をじっくりと読んでおります。この歳になっても、磐根のようなやさしい心根を持ち続けたいと精進しています。


  • ゆうみん さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    最初に買い始めたのは何年前だったでしょうか?長く楽しませて頂きました。兄弟やら友人やら10人ほどで回し読みしました。磐音さんとお別れするとこれからどうして生きていこうかと思う今日この頃です。ラスト楽しみにしています。


  • 桜吹雪 さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    今年、4月に父を亡くし、還暦を迎えました。これまで自分が歩んで来た道と、これからの人生について思いを巡らす時、無性に磐音の聲が聞きたくなりました。残された人生、迷いが生じた時には、磐音の生き様を思い起こし、自分の心と素直に向かい合いながら、ささやかでも充実した人生を歩んでいきたいと思います。


  • midori さん (60代・ 山口県・ 女性)

    静かな空気の中に柔らかさ暖かいものを感じて、「居眠り磐音」を読むと心が穏やかになります。
    これからは、何度も読み返すことにします。


  • oton1947 さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    あ~磐音が終わってしまう。寂しいよう、、、。永い間楽しませてくれてありがとう。感謝、,感謝。


  • ファイターズファン さん (60代・ 北海道・ 男性)

    一番最初に手にした佐伯泰英作品です。他の作品も読んでいますが、最初だったので、やはり思い入れが強いです。


  • ユキ さん (50代・ 広島県・ 女性)

    母が佐伯先生のシリーズをすべて愛読させてもらってます。特に磐音さんの大ファンです。来年で終わってしまうのを残念がってます。


  • うりざる さん (50代・ 宮城県・ 男性)

    長かったですね。
    磐音ファンとして完結編がとても楽しみでもあり
    又、次回作がいつでるかというワクワク感がなくなり
    残念ですが、新シリーズを期待しています。


  • カッツン パパ さん (50代・ 山口県・ 男性)

    シリーズすべて購入しているのは、これだけ


  • 森のkさん さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    初刊を読んで、すっかりこの本の虜になってしまいました。磐音を始め、彼の周りに集う人達みんな地位も違えば、個性も違い、それぞれが魅力的な登場人物です。当初は、奈緒と結婚であろうと思い読み進めていきましたが、おこんの登場で一体どんな展開になり、磐音はどんな人生を歩むのだろうと、毎回楽しみに読んでいます。完結まで磐音の人生を見届けたいと思います。


  • 名塩のごんべい さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    51部に及ぶ感動を感謝します。その間の時代背景をうまく取り入れた波乱万丈の活躍を存分楽しみました。磐音の活躍もまだまだ続いてほしいのですが、座光寺藤之助とともに、ぜひ明治から現代まで継続する主人公としての再生を期待しています。


  • ∞しろうさぎ∞ さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    孫が生まれると同時期より読み始め、3年8ヶ月になります。
    空也さん・睦月さんと…

    娘も第1子(長男)、第2子(長女)と誕生し嬉しく思っていました。

    時代小説の中で1番好きな作品です。

    ステキな作品に出会えて宝物となりました。

    シリーズ完結は寂しいですが、楽しみにしています。


  • れんこ さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    磐音さまを読み始めたのは、ラジオ番組で児玉清さんがこの本を絶賛していたのを聞いたのがきっかけでした。それからは、嵌りに嵌り今に至ります。願わくば、皆しあわせな方向へ向かいつつ完結して頂きたい。長い間、平成の世からじっと見守ってきたいちファンとしては。


  • 伊豆のおじさん さん (70代・ 静岡県・ 女性)

    佐伯作品はすべてを初刊で購入して読んでいる読書です。
    「居眠り磐音江戸双紙」は明年1月に2冊刊行して完結するとは誠に残念です。
    このシリーズに変わる新作を待望しています。


  • sakura さん (50代・ 福島県・ 男性)

    磐音のまっすぐな生き方が心地よい。磐音をとりまく人々の成長も楽しみで読み続けている。


  • ぴん助 さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    佐伯先生の時代小説はすべて読ませていただいております。磐音シリーズ完結になるのは寂しい気がしますが、どのように終えのか楽しみでもあり、また、「密命」のように新装版(完本)が出されることを期待しております。


  • がくぼう さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    ただ今、第一巻から読み直し中です。
    第二シリーズを是非お考えください。
    空也君のこれからの物語をお願いします。


  • ブンタ さん (70代・ 東京都・ 男性)

    あと2巻で完結とのことだが、残念に思うし、発売が心待ちされる。NHKの磐根もその後の映像化を期待している。


  • bunnbuku さん (60代・ 広島県・ 女性)

    テレビドラマから本に入りましたので磐音は山本耕史さん、おこんは中越典子さんのイメージで読んでしまいます。いよいよ最終章嬉しいような寂しいような気持ちです。最後は、磐音とおこんのしみじみとした物語で終われば良いなあと。。。。。


  • ワクワク さん (70代・ 東京都・ 男性)

    佐伯さんの小説全て読破しています、どの小説もドキドキしながら次回の発売日を楽しみにしています


  • kyonn さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    江戸地図に照らして「居眠り磐音」を読んでいます。友人にも磐音ファンがいて、「居眠り磐音」が共通の話題になるのはとても嬉しいです。


  • nokko さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    発売当初から、書店で定期購読の登録をして欠かさず読んでいます。
    磐音さんが、素敵な中年? になり、おこんさんとの仲も羨ましいです。
    もうすぐシリーズが終わってしまいますが、ファンとしては、永遠に続いてほしいものです。


  • としくん さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    出逢いは10年前でした。
    単身赴任で来た東京、ふらりと入った本屋で、「陽炎ノ辻」を見つけました。立ち読みしたら冒頭から引き込まれてしまい即購入。もともと歴史小説が好きで、司馬遼太郎、池波正太郎さんらのファンですが、主人公やおこん、由蔵さん、またストーリー性にワクワクした事を覚えています。
    実は、2014年刊行の46巻から購入していますが、まだ未読のままです。丁度完結近し・・・という噂があった為、それなら完結分迄を購入してから、そこからゆっくり味わって読む事にしました。
    ですから、2016年が楽しみです。
    完結するのは残念ですが、本当に長い間楽しませて頂きありがとうございました。


  • タイプはおこん さん (40代・ 宮城県・ 男性)

    テレビで知ってから大ファンになり欠かさず新刊を楽しみにしています。毎回磐の活躍に胸がスカッとして、爽快な気持ちになります。もう少しで終わりになりますが、テレビでも小説でも是非続編期待しています。


  • コロコロ さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    居眠り磐音は毎回楽しみにしています。私自身が登場人物になりたい気分です。


  • 大発野郎 さん (60代・ 広島県・ 男性)

    今現在、35巻を読んでいるのですが、磐音がどのように田沼意次から逃れて幸せな日々が来るのか、また尚武館佐々木道場が再興されるのか楽しみです。


  • nonpin さん (40代・ 静岡県・ 女性)

    坂崎磐音さんのお蔭で時代小説が大好きになりました! ありがとうございました♪


  • みよちゃん さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    主人から勧められ読み始めましたが、一気に読んでしまい、次の巻が毎回楽しみです。最近は涙無くては読めない…
    登場人物の成長が年月の流れをかんじます。最終回、名残惜しいです


  • 居眠り さん (40代・ 宮城県・ 女性)

    完結するのが淋しいくもつともつと読みたいです。


  • ゆうちゃん さん (70代・ 山口県・ 男性)

    佐伯㤗英シリーズ追い続けます。次作待つています。


  • Chimako さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    発売以来、毎回新しい巻が出るのを楽しみにしています。


  • あっくん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    磐音の人柄、日向で居眠りする猫の風景がたまりません。どちらかと言うと耳したくない見たくないことの多いこのご時世。自分もそうありたいしそんな人の集まる街に暮らしたいと願うこの頃です。


  • ここちゃん さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    坂崎磐音様と出会ってからは、私の理想の男性像となりました。
    完結したら、どう毎日を過ごして良いのか‥
    今から不安でいます。又、最初から読み直しでしょうか。
    スピンオフでも、お逢いしたいです。


  • まっさん さん (60代・ 広島県・ 男性)

    完結編を楽しみにしています。最後にどのような形で終わりを迎えるのか、楽しみです。


  • ヨッシー さん (50代・ 広島県・ 男性)

    佐伯先生の作品は、必ず買って拝読させて頂いています。先生の初めの作品の購入は、テレビドラマの居眠り磐音江戸双紙からでした。1巻を購入して、その描写、息もつかせぬ展開に一気に読んでしまい、直ぐ次の巻を購入しました。後2巻で完結してしまうので、寂しい反面、どういう展開で完結するのか楽しみもあります。どうかお身体に気をつけて、完結させて下さい。


  • おきょうちゃん さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    テレビでは、山本君が出演し、彼も結婚するとのこと。印象深いです。本では、想像力豊かに楽しめます。


  • nekotora さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    磐音と共に旅をしているような心持ちで一喜一憂し、何度も読み返し、時には声をあげて泣きました。平常心でゴールを迎えようと今、徐々に高まる緊張と興奮を必死に鎮めています。これ程までに心を鷲掴みにされる本との出会いにただただ感謝です。


  • 本好きの母 さん (50代・ 京都府・ 女性)

    あと2冊!!寂しいような、楽しみなような複雑な気持ちです。佐伯先生の作品との出会いは、磐音さんでした。つきなみですが、磐音さんありがとう。


  • あくあ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    佐伯先生の作品はすべて読んでいますが、磐音シリーズが一番好きです。
    磐音、おこん、品川さん、辰平・・・特に好きな登場人物ですが、その他もみんな魅力的で
    完結してもう会えなくなってしまうのが嬉しいような淋しいような・・・。
    あと2冊わくわくしながら待っています。


  • 縁側の猫 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    素晴らしき青春小説。Great Story


  • こなみん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    磐音さまの物語を読むのがとても楽しみでした。それがなくなってしまうなんて、とてもさみしいです。江戸深川の話はまるでファンタジーのようで、わたしの生活の癒しでした。ありがとうございました。


  • Ragnarok さん (50代・ 山口県・ 男性)

    NHKの再放送で「陽炎ノ辻」を見て原作を読みたくて「居眠り磐音江戸双紙」を購入し始めました。テレビ以上にはまりました。
    長く続くのも好いのですが、最後が気になってこの夏49巻発売。例年の刊行ペースでいくと多分平成27年内には発売(されると思い込み)の50巻で「居眠り磐音」もやっと終わる。
    と思いきや、巻末に、えー最後は51巻?じゃあ発売は来年の春?までモヤモヤするのかとガッカリ半分、まだ続けて読める嬉しさ半分。
    でも実際は1月に、50 51の同時発売。「居眠り磐音 江戸双紙」大団円を期待しています。


  • つるみ さん (20代・ 千葉県・ 男性)

    テレビドラマ化されてから読み始めました。あの殺陣は独特で今でも忘れることができません。
    江戸時代にタイムスリップすることができたならば磐音さんと会ってみたいな。


  • 尚之 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    最後には、尚武館坂崎道場を復活させてはもらえませんかねー。


  • 2600GTR さん (50代・ 東京都・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」最終に際して一読者としてお疲れさまでしたと言わせてください。
    本書を読むにつれ「坂崎磐音」に感情移入する自分がいることに自分自身が驚くとともに、
    久しく読書熱がなかった自分が次期最新刊をいつも気にして日々の仕事をこなしながらの楽しみに
    していました。
    ・・・個人的には「磐音」と「奈緒」が少しでも幸せな日々が迎えられることを切に望んでは
       いましたが、これも杞憂に過ぎ安堵しています。

    最終刊を楽しみにしつつ、もう一度「磐音」と「奈緒」の生き様を読み直そうとおもっています。


  • うーやん さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    いよいよ完結なんですね・・・いつかは来ると理解していても、やはりさびしいです。
    磐音はじめ個性的な登場人物が、何故か本当に存在していた人たちに対してのように、心の中に思い出となっています。またいつか会いたい人たちばかりです。


  • みっちゃん さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    春風のような、お日様のような青年、そんな青年が今の時代に望まれているのではないでしょうか。地域に、企業に、そして政治家にこそと思います。強いということは、江戸時代では「剣」ということでしょうが、現代ではさまざまの能力があり得ます。それに、彼を取り巻く様々な人間の関わり合いといたわり、それが弱者へのまなざしともなりましょう。最後にどのような結末があるのか楽しみです。高齢になった磐音と奈緒が夫婦にはならずとも、近くで労わりながら暮らす…などと考えてしまいます。


上へ