居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • キューたん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    一読して直ぐに虜になりました。以来10年の時が過ぎ後2冊で完結、どんな結末を迎えるのでしょうか?発売日が待ち遠しいです。
    TVドラマも完結までドラマ化して欲しい。


  • ルル さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    母が大ファンで、とても楽しみに読んでいます。いま78歳ですが、若いと言っていただくことが多く、磐音さんが母の若さの秘密だと思っています。


  • キューたん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    一読して直ぐに虜になりました。以来10年の時が過ぎ後2冊で完結、どんな結末を迎えるのでしょうか?発売日を楽しみに待っています。


  • なのはな さん (40代・ 茨城県・ 女性)

    いつも面白くて あっという間に読み終わってしまいます。いよいよ 終盤をむかえ 次の巻が楽しみです。どうぞ おこんさん 磐音さん 幸せになるといいな。


  • たまごたけ さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    この10年、磐音様は私の心の支えであり、恋人でもありました。


  • おおきいちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    初読みは磐音さんと決めていますが、最後だと思うと悲しいです。


  • hiro さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    山本耕史さんのファンで、テレビドラマを見てから、すっかりはまってしまい、読み続けています。完結してしまうのはさびしいですが、また、最初から読み返してみるのも楽しいかな、と思っています。


  • あひる さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    第一巻からずっと読んでいます。豊後関前へ行ってみたくて大分へ行きました。山形へ行った時には奈緒さんと磐音氏はこんなだったのだろうか・・・高野山の奥の院へ行った時には此処でああしてこうしてと思いを馳せていました。旅行会社に「磐音氏をたどる旅」というのを提案しておきましたが未だ企画はされていません。旅行会社の人は忙しくて本を読んでいられないのでしょうか?是非企画して欲しいです。


  • meg13 さん (40代・ 和歌山県・ 女性)

    終わってしまうのは勿体無いですね。映像の方から入ったので、どうせなら全部映像で見てみたいです。


  • パパちゃん家 さん (50代・ 岐阜県・ 男性)

    何の気なしに手にした「居眠り磐音」。あっという間に虜になり、今では愛読書となりました。あと2冊で終わってしまうとは寂しい限りです。でもあと2冊楽しみでもあります。しっかりと最後まで読みたいと思います。


  • こねこねこ さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    読んでいると、登場人物が頭の中で生き生きと動き出して、とても楽しい。
    物語の人達がどこをどう歩いたのか、古地図と照らし合わせながら読むのも、また楽しみのひとつです。
    この本だけは、誰にも貸したくありません。


  • 歴史好き さん (60代・ 東京都・ 女性)

    児玉清さんがラジオ番組で登場人物をご自分の知合いの様に紹介したのを聞いたのが読むきっかけ。以来年2回の出版を心待ちにしていました。後2冊で会えなくなってしまうのは寂しいですが、磐音一家にこれ以上辛い思いもしてほしくないし・・・複雑な気持ちです。今はどんな結末が待っているのか首を長くして出版を待っています。佐伯先生には時節柄お体に気をつけてラストスパートお願いします。


  • 居眠り右近 さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    坂崎磐音の生き方、矜持を見習い人生を送りたいと思い愛読してきました。
    とうとう50・51巻の最終を迎えワクワク感と寂しを覚えます。
    磐音は、これからも私の師匠として生きていきたいと思っています。


  • みさパパ さん (40代・ 熊本県・ 男性)

    本当に50巻超えてしまうんですね。佐伯先生の、執筆スピードの速さには、びっくりしてしまいます。
    終わりまで間もなくですが、頑張ってください。


  • 代理人M さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    代理で投稿していますので良くわかりませんが、とにかく大ファンだそうです。


  • タクババ さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    大ファンだそうです。年賀状楽しみにしているそうです。


  • めぐお さん (20代・ 三重県・ 男性)

    いつも磐音様に元気をもらっています。シリーズが終わってしまうのかと思うと、残念でなりません。


  • ジュン さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    私が「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを読み始めて、早15年余り毎年楽しみにしてきました。来年1月
    完結するとのこと、これで磐音とも会えなくなると思うと寂しい限りです。


  • 北の宏ちゃん さん (70代・ 北海道・ 男性)

    毎回毎回期待に胸躍らせて読み続けてきた「居眠り磐音江戸双紙」が2016年1月で完結することがわかり心の中にポッカ地と穴が開いたような気持になりました。長年にわたり楽しませていただき本当にありがとうございました。
    今後も残された他のシリーズの購読を継続して楽しませていただきます。


  • エリコム さん (60代・ 北海道・ 女性)

    何度も読み返し新刊が出る度にワクワクして買いに行ったこの楽しみも後2巻で終わりとはなんとも寂しいかぎりです。願わくばこのまま終わりにしないでほしい・・・たまでいいのでその後の磐音様、おこんさん、お子様達、道場の方々のお話を出してください。お願いします。


  • みそっちょ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    NHKドラマのファンから原作ファンになりました。これまで何回繰り返し読んだことか。50巻で完結の予定が51巻になると知り、1冊ごほうびをいただくような気持ちです。完結が待ち遠しいです。


  • 梅ちゃん さん (60代・ 和歌山県・ 女性)

    夫と共に、磐音さんとおこんさんの大ファンです。
    様々な苦労を共にしてきた二人が、最後穏やかな日々を迎えられるよう願っております。


  • いの さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    父が大ファンです。いつも片手に磐音が!
    そんな父にステキな年賀状が届きます様に


  • ぽぽ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    シリーズが終わってもう磐音に会えないと思うと寂しいです。


  • YOSI33 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    第1巻から愛読しています。あと2巻、楽しみにしています。早く読みたい!


  • 恭子 さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    書店にあまりにもたくさん並んでいるので今年の7月から読み始め、今日49巻まで読了しました。1巻目よりお話の筋の面白さ、磐音の人柄、登場人物それぞれの個性、現代の私たちの今の生活や生き方に欠けている人間として大事な心が織り込まれ、佐伯先生ワールドにはまってしまいました。主人は読んでいませんが、いつもいろいろなエピソードを読み聞かせており、主人も大ファンになっています。生まれ変わったらぜひ江戸時代の磐音の側で生活したいです。こんなに強くて素敵な人がいたら今の日本の外交もうまくいくのにと思います。宮戸川の鰻屋さんも本当に作って、磐音に扮したお侍さんも歩かせて、深川、両国辺り街全体で町興しするべきだと思います。きっと大当たりしますよ!!
    佐伯先生、これからも御身体に気を付けられて読者のため作品をお願いいたします。これからの人生を再考させられたこの本に出会えたこと、本当に心より感謝申し上げます。ありがとうございます!


  • 松 さん (40代・ 愛媛県・ 男性)

    シリーズが完結してしまったのは残念ですが、一巻からゆっくりと余裕を持って楽しんでいきたいと思います。


  • chaco さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    知人から居眠り磐音の本をもらったのがきっかけで佐伯作品に嵌り、磐音は全巻読破。一松の薩摩示現流の
    スーパーマンのような活躍に睡眠不足になりました。秘剣流亡の次作はないのですかあればいつ出ますか。
    今は鎌倉河岸と吉原裏同心が毎日の愛読書です。まだまだ他のシリーズが待っています。暫く佐伯作品から
    離れられません。


  • ふみ吉 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    陽炎の辻から、毎刊、出るとすぐに買って、その日のうちに読んでしまっておりました。
    あまり本を読み返すことはないのですが、ブックカバーをして、旅先で読み返していて電車の乗り換えを間違えそうになったこともありました。あと2刊はさびしい限りです。


  • いくべえ さん (60代・ 岐阜県・ 女性)

    豊後へちょくちょく旅行するようになりました。実在する藩ではありませんが、私の中では杵築城がイメージにかなっています。磐音様は私にとって永遠の憧れのヒーローです。


  • iwane! さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    あと2巻で終わってしまうのが、非常に残念です。可能なら新シリーズとして数年後?からでも話を続けて欲しいものです。


  • 蒼野アキラ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    母がこのシリーズのファンでこの企画の年賀状がどうしても欲しいということで応募させていただきました。


  • 睦月 さん (40代・ 茨城県・ 女性)

    下町の人と人のふれあいが好きです 武家とは思えない巌根さんがいい!


  • ゆきのふ さん (40代・ 東京都・ 男性)

    母と親戚が読んでいて、このキャンペーンを見つけたので入力を頼まれました。


  • オレンジ さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    いつも楽しく読んでいます。 磐音とおこんさんはいつも想像しながら読んでおります。 もう終わりということは、寂しくなります。 子供達の成長を楽しみにしてたんですけど 残念です。


  • バルのじいじ さん (70代・ 静岡県・ 男性)

    佐伯作品との出会いのきっかけが、この『居眠り磐音 』シリーズでした。山本耕史さん主演のテレビドラマの原作ということで娘が買ってきた『陽炎の辻 』、これが佐伯作品にはまる第一歩でした。時代小説にありがちな堅苦しさはなく、現代小説のような読み易さ。毎回予想を上回る展開に、何度笑い、涙したことか。他シリーズも揃え、家族で楽しみにしています。今までに何度も読み返し、家族に呆れられてるほどです(笑) 定年後の何よりの楽しみとなりましたし、家族や仲間との佐伯作品談義も増えました。そんな中での『居眠り磐音 』シリーズの完結は淋しく思いますが、完結まで読めたことにも感謝でもあります。こんなに愛せる作品にはなかなか出会えません。最後まで楽しみたいですし、いつか息子、空也の活躍も読んでみたい次第です。


  • 志保 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    長い期間楽しんで読んでいた居眠り磐音シリーズもいよいよ完結を迎え、期待と寂しさを感じています。
    長い間楽しませて下さりありがとうございました。


  • あとむの母 さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    第1巻から読み続けています。
    とうとう、最終なのですね。
    寂しくなります。
    最終巻を読み終えたら、また、1巻から読み直してみるつもりです。


  • ひろこ さん (70代・ 福岡県・ 女性)

    いよいよ最終回間近!!
    感動・感激です。妹と一緒に50冊を揃えすべて制覇しました。
    長い間お疲れ様でした。


  • まきこ さん (30代・ 神奈川県・ 女性)

    60代の母が、夢中になって読んでいます。シリーズが終わってしまうのを残念がっております。


  • TAC さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    磐音・・・彼は自分の師匠であり精神安定剤です。
    60歳を超えても恥ずかしながら、彼の足元にもおよびません。
    読みながら、人との付き合い方を彼から教えてもらっています。
    あと2話で終わりなんですね。
    藤之助、惣三郎、清之助が去り磐音ともお別れですか・・・
    幹次郎がまだ吉原にいますから、最後は二人が会うシーンが欲しいですね。
    佐伯先生お願いします。


  • うたさん さん (60代・ 和歌山県・ 女性)

    最後が楽しみで今からドキドキして待っています。


  • ヤスママ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    長年の知人の家族のような感覚で読んでいます。磐音さん達と一緒に、年を重ねることができて嬉しいです。


  • S.neko さん (50代・ 長崎県・ 女性)

    磐音も素敵なんですが、玲圓先生がまた魅力的でした。夫妻での最期選択も、今の時代風ではないのでしょうが、羨ましい限りです。もう少しで最終巻。もどれるのですかねえ。いずれにしても楽しみです。


  • 川越のしげさん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    末永い活躍を期待する佐伯ファンの一人として、来春完結予定の「居眠り磐音」がどの様な終り方をするのか興味深く待っています。9月に23巻で完結した「交代寄合伊那衆異聞」が、まだ続きが見たくなる(藤之助と玲奈の明治維新前後の時代の活躍)ような終わり方に余韻が残ったように、作者の次のシリーズの作品が待たれます。


  • なつ さん (30代・ 東京都・ 女性)

    母が愛読させていただいております。毎晩、寝る前に読むのを1日の終わりの楽しみにしているようで、お風呂上がりは「これから本読むんだ〜」と楽しそうにしています。そこまで嵌れる本に出会えたことが、羨ましく感じました。


  • たくさん さん (80代・ 福岡県・ 男性)

    第一巻から読んでいます。途中で妻が死去しましたが、悲しみを乗り越えるための勇気を与えてくれました。磐音の生き方が小説の上ではなく私の孤独な生活に生きていることが実証されました。いよいよ28年初頭に最終章を迎えます。その年に妻の13回忌を迎えるのも因縁があります。長い間読み続けてきた私には寂しい気持ちでいっぱいです。佐伯泰英先生に深く感謝申しあげ、ますますのご健勝をお祈りいたします。


  • 熊太郎 さん (30代・ 神奈川県・ 男性)

    いつも新刊がでるのを楽しみにしておりました。磐音は神保小路に戻れるのでしょうね。早く読みたいです。


  • さつき さん (30代・ 山口県・ 女性)

    NHKドラマを見て知りました。長く続いていてもいつかは終わってしまうのですね。さみしいです。また、ドラマ化されるとうれしいです。


  • だんくま さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    第1巻を読んでから自然と引き込まれ、今は第49巻意次ノ妄もう何回読み返した事か、仲間の友情、家族への愛情、そして友人への無償のお節介、坂崎磐音との田沼意次から刺客との闘い、あと2巻で終わるとの事残念です、でも早く読みたいが本音です。
    佐伯先生本編が終わってもスピンオフで居眠り磐音の活躍を期待しています。


上へ