居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • なおパパでござる さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    交代寄合伊那衆異聞シリーズを大変面白く読ませて頂いたので、他に読みたいと思い、手に取ったのがこのシリーズです。すっかりハマってしまいました。まだ読み出したばかりの新参者ですが、これからの展開がたのしみです。


  • ユウコク庵のおやじ さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    いつも磐音を楽しみにしていました。いつかは最終回が来るとは理解できるのですが本当にその時がくるのですね、これからは何を楽しみにするのでしょう。佐伯作時代小説をこれからも楽しめるように、佐伯先生健康に気を付けていつまでも書き続けてください。


  • 図書館大好き さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音が大好きです、残念! 再開を切望しています。


  • 自転車おやじ さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    「居眠り磐音」の大ファンです。「坂崎磐音」の様な生き方が出来たら良いなと、本を読むたびに思います。シリーズ完結寂しいです。
    これからも、佐伯先生感動を与える、素晴らしい本を買い続けて下さい。頑張ってください。


  • ウサギのムクちゃん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    図書館で出会った磐音。多彩な登場人物が、ひょうひょうとして生かされ、ストーリー彩っている。今では新刊書が待ちどおしい。昨年は足跡を辿りカミさんと高野山の女人道をトレッキングするほどはまっています。


  • プーちゃん さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    10年ほど前、長距離通勤が始まった時、職場の上司から通勤中に読んでみてと薦められて読み始めてから、病みつきになり、毎巻楽しみにしてました。いよいよあと2巻で完結するとのこと。寂しい限りです。


  • ひなぼぼ さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    ついにシリーズ完結!ホッとするような寂しいような。いつまでも磐音のファンかな!?


  • おおねこさん さん (40代・ 岩手県・ 女性)

    テレビで見て以来ファンになり、久しぶりに本を大人買いしてしまいた。


  • テッテママ さん (60代・ 岩手県・ 女性)

    本屋さんで初めて手にとってから、居眠り磐音の虜となり、今では佐伯先生のすべてのシリーズをよまずにはいられないようになっています。
    すべての登場人物にたいする愛情があふれる表現に、殺伐としたシーンであっても、心があと後まで痛むような言葉がなく安心して読み進むことができることがとってもうれしいのです。
    何回も1巻から読み返すと新たな発見があり、本当に私の2冊目の愛読書になりました
    ちなみに1冊目は(大地)です。本当にシリーズが終わるのがさみしい限りです。本当に今までありがとうございました。


  • 緑木 竜 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    密命にはまって、佐伯泰英さんのファンになって、どれだけの作品を読んだかな。居眠り磐音も、交代寄合伊那衆異聞も終わると聞いて淋しい思いです。裏同心などの作品がまだありますが、新たな主人公での作品を期待しています。


  • tiyome さん (60代・ 東京都・ 女性)

    1月で磐音シリーズ終わり残念に思います。         


  • トル・ワット さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    現在、小梅村の尚武館坂崎道場改築のあたりを読んでいます。うすうすと終盤が近づいていることを感じながら、ゆっくり読みたいような、すぐ先を読みたいような。結局は先を急いでしまいます。
    はらはらさせる、凄腕との対決もさることながら、磐音を中心とするファミリー、もっと広い意味での磐音ワールドに入りこみ、その中に生きる人たちの心の優しさに触れて、思わずほんわかな気持ちになります。


  • のびん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    母が大ファンで、新刊が出るのをいつも待ちわびて楽しみに拝読しております。
    母は網膜はく離で眼を悪くしてから、TVや読書など眼を酷使する作業には制限があるのですが、磐音を読むためにTVの時間を削って、毎日わずかな時間ながらも少しづつ読みすすめて楽しんでいます。
    磐音からの年賀状は大喜びしてもらえると思い、応募させていただきました。


  • 時代小説大好き さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    第1巻より夫婦ですべて読み、大ファンになりました。テレビでの放映により娘たちもファンになり、改めて第1巻より読み感動しておりました。再ドラマ化も期待しています。友人にも本を貸し紹介したら、一気に読破し大喜びで続巻を待っているそうです。


  • ひまわり さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    居眠り磐音は1巻から拝読しています。一度の中弛み(佐伯先生に失礼)もなく、意次の陰謀に腹がたち、なみだしながらの読書でした。登場人物に感謝してお別れします。


  • kurojiji さん (80代・ 栃木県・ 男性)

    息子から回し読みの磐音シリーズ次が楽しみ


  • ばーば さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    終わりだなんて残念!主人が亡くなった年に出合った本です。悲しみに暮れていた時に磐音の優しさとおこんの明るさと二人を取り巻く楽しく厳しい周囲の人々に心がいやされました。最後の本を楽しみにしています。おねがいがあります、続編で空也と睦月のことを書いてください。佐伯先生ありがとうございました。


  • 松島の星 さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    磐音が早く元の道場へ帰れることを祈るとともに、息子がどのような剣士に育つのか楽しみです。


  • TOMO さん (70代・ 奈良県・ 男性)

    ・大ファンで一巻から次の発売を待ち続けて来ました。どのように展開していくのかワクワクのしとおしでした。
    ・物語に登場する各地の歴史の側面や裏側の情報が盛りたくさんで興味が尽きません。
    ・田沼大老の扱いが、例えば池波小説の剣客商売とは正反対の設定でこれが一番の魅力です。


  • ばーば さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    終わりだなんてもう残念!主人が亡くなった年に出合った本です。悲しみに暮れていた時に磐音の優しさ、おこんの明るさと二人を取り巻くやさしく楽しいそして厳しい周囲の人々に心を癒されていた、最後の本を
    楽しみにしています。続編で空也と睦月のことを書いてくださいませ。佐伯先生ありがとうございました


  • おかざきばあちゃん さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    最後の終わり方がどうなるかが楽しみですが、まだまだ続けてほしい気持ちでいっぱいです。


  • アル さん (80代・ 埼玉県・ 女性)

    何時も磐音の活躍に胸躍らせ、拝読しております。50巻で完結すると言うのは本当でしょうか?次の発売が待ち遠しいです。


  • 白猫頭巾 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    描かれている人間関係が素晴らしい。2000年以降の殺伐とした世の中のオアシスでした。孫子にも伝えて行きたい日本文化です。


  • スーさん さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    居眠り磐音の魅力は磐音本人はもちろん、彼を取り巻く人々の人生模様です。ラストに向け磐音だけでなく
    他の人々がどのような結末を迎えるのか楽しみであり少し寂しい、ファンとしては今複雑な心境です。


  • 簾月 さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    当初の数巻は池波正太郎、藤沢周平、立川文庫で読んだことがあるような、不思議な感覚を抱きました。読み進んでいく内に牽き込まれ、いよいよ最終刊が発行されるとおもうと、言いようのない寂しさを覚えます。
    もし完本が刊行されることがあれば、ときどきあった文章の乱れを、正していただきたく、お願い申します。長い間、楽しませていただき、有り難うございました。


  • まぁくん さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    テレビからファンになりました。これからも巻をそろえて読みます。


  • 江戸好きばぁば さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    人間味あふれる磐音の生き方、回りの人々との関わりの中で田沼と戦って武士として生きていく磐音たち
    本を読むときは江戸地図を片手にわくわくしながら読んでいき、次号が楽しみで待ち遠しい思いです。


  • かずもり さん (70代・ 岡山県・ 女性)

    ここ最近は発行の期間があいて寂しい限りです。
    結果 最初からもう何度も読み返しています。
    何度読んでも、同じところで怒り涙しています。
    磐音と奈緒の襖ごしの別れのばめんは何度読んでも泣けます。
    これほどの純愛小説ほかに知りません。


  • エピオン さん (30代・ 熊本県・ 男性)

    磐音を読むのがライフワークだっただけに、終わってしまうのが寂しくてたまりません。
    私を成長させてくれた磐音を最後まで見届けさせていただきます。


  • きでひ さん (70代・ 静岡県・ 男性)

    第1巻より約15年間愛読しました、剣の使い方の表し方法また、当時の生活などの表現に惹かれて、長年楽しましていただきました。


  • 福寿草 さん (60代・ 石川県・ 女性)

    いつも爽やかな磐音さんに心が洗われます。


  • モコ さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    長年楽しみに愛読しておりました。完結ということで、ありがとうございました。


  • カントク さん (50代・ 群馬県・ 男性)

    昼食時に定食屋で文庫を読んでいたら、店内にいたお客さんに「それ、面白いですよね!」と話しかけられたのが「居眠り磐音 江戸草紙」でした。いろいろな思い出が詰まっています。


  • ゴルゴ さん (60代・ 岩手県・ 男性)

    来春の発売が待ちどうしいです。どんな結末なのか?道場は取り戻せるのか?興味はつきません。現在は発売を待つ間~正次?と「鎌倉河岸」シリーズを読んで過ごしています。それでは体調に気をつけてお過ごしを!


  • 秋葉 さん (50代・ 和歌山県・ 女性)

    磐音ワールドにどっぷり浸かった読者としては、下記申し付けたく候
    1.テレビドラマではシリーズが終わっても年何回か特番があるが如く、完結しても磐音特版を出版のこと
    2.慈悲深い作者のこと故、私達の楽しみを奪うことは努々ないと存ずるが(彼方の佐々木玲圓に呼ばれる  まで)相これ努めるのが作者の使命と存じ候
     季節の変わり目の候、ご自愛されたし。


  • ひまわりっこ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さん、いつも楽しみに読ませていただいています。次の発刊までの間、また最初に戻って読んでみたり…もう何度も繰り返し読んでいます。本棚にズラッと並んだ姿は壮観で、長い間ずっと寄り添って来た親友です。


  • C子 さん (50代・ 新潟県・ 女性)

    大好きです。空也や睦月の成長した姿も、ぜひ続編をお願いします。


  • ぶぶ さん (50代・ 群馬県・ 女性)

    たまたま書店で見てから新刊が発売されるだびに楽しみにしてました。それがとうとう終わってしまうのは
    寂しいです、好きな作品ですので何回も読み返して楽しみたいと思います。
    ありがとうございました。


  • SST さん (80代・ 大阪府・ 男性)

    ドラマも堪能しています。磐音の活躍に期待します。


  • リトルミイ さん (40代・ 宮城県・ 女性)

    会社の上司に勧められて以来の愛読者です。
    この手の本は読んだ事がなかったので、出会いに感謝ですね。
    人情味あふれる人間関係に元気をもらえますし、私も見習おうと思えます。
    そぅそぅ、おまけの栞も楽しみの1つでした。


  • ケンさん さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    最終巻に近づくほどに、宮古川で鰻をさばきながら、幸吉とやりとりしていた浪人時代を、
    懐かしく思い出すのは私だけでしょうか?


  • どこ吹く風 さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    完結、おめでとうございます。心より御礼を申し上げます。


  • 磐音とおこん最高!! さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    陽炎の辻のテレビ放送にハマり、文庫本の第一冊目から全て読みました!!
    最後はどおなるのか、楽しみでもあり寂しくもあり…また一冊目から読み返そうと考えています。スペシャルドラマの放送も期待しています。


  • 仙人 さん (60代・ 京都府・ 男性)

    毎回、磐音の活躍を楽しみにしてました。
    次回(50・51巻)が最終だと思うと大変さみしく思います。
    他のシリーズもすべて購入、読破しています。まだまだ頑張ってください。


  • 山ちゃん23 さん (50代・ 北海道・ 男性)

    たまたま手に取った、33巻「弧愁ノ春」を読んでハマッテしまい、1巻目から32巻までを一気に読んで追いつくと同時に、続編が出版される間に、佐伯先生の他の時代小説も全て読んでしまうほど、気にいってます。


  • コウマオ さん (50代・ 北海道・ 女性)

    テレビシリーズでファンになり、ずっと愛読しております。
    終わってしまうのが切なくて、ドキドキしています。
    最近、剣道は無理なので弓道を始めました。
    巌音のように、生き方に芯を作りたいと思っています。


  • すみ平 さん (30代・ 岡山県・ 男性)

    訳あって1年間程、磐音に遠ざかっていました。
    いつかはと思ってましたが、シリーズ完結、寂しい限りです。


  • 豆柴のまめちゃん さん (30代・ 千葉県・ 女性)

    完結してしまうのは、寂しい限りです。 出来れば、
    外伝で磐音の周りの皆のその後を書いて欲しいです。


  • ぶる左右衛門 さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    このコメントを書くにあたって、いままでの物語の出来事を心の中で思い返しているのですが、やはり一番印象に残るのは、陽炎の辻の最初の悲劇になるのだろうなと思います。江戸から国元に戻り希望に燃えていたにもかかわらず、酔っ払いの戯れ言に惑わされて、仲の良い3人が互いに戦うはめになり、結局、磐音だけが一人生き残る訳ですが、そのために藩を出ていわゆる浪人になり、しかも許嫁の奈緒とも別れなければならなくなってしまいます。その時の磐音の気持ちはいかばかりであったろうと想像してしまいます。しかし磐音殿がすばらしいのは、そこで生活が乱れるのではなく、どうすればお金を得ることができ、生活を維持していけるかを、きちんと考えた事だと思います。ついついプライドが邪魔をして仕事を選んでしまいがちですが、ウナギ裂きの仕事もきちんとこなすあたりが磐音殿の人格の良さをよく表しているなと思います。このお話のすばらしさは、まっすぐな道を踏み外しても、日々の生活の中で正しく生きていれば、いずれ道が開けてきて、周りでも徐々に認められ、助けてくれる人が現れ、幸せになれるんだ、ということなのかなと思います。


  • Ponchan さん (40代・ 静岡県・ 女性)

    ずっと購入して読ませて戴きました。
    門弟の今後の様子や空也の成長、気になることは沢山有りますが、あと2冊で完結と思うと、楽しみでもあり、淋しくもあります。
    NHKの続編も期待しながら、今は磐音の最後の決断の予想をしながら待ちたいと思います。


上へ