居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • あゆちん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    復讐よりも命を活かす心に重きを置いた磐音に、人間としての成長を感じました。
    人を強く鍛え、愛する者を守る剣の道を進むことを願っています。


  • チャンバラ好き さん (50代・ 京都府・ 女性)

    居眠り磐音をテレビ知って、すっかり気に入り、まずは図書館で本を借りて読みました。本を読んだら佐伯泰英ファンになってしまいました。遅ればせながらせっせと本を買って何度も読み直して楽しんでいます。


  • くみさん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    磐音様
    初めてそのお名前に接したのはテレビのドラマでした。
    それからはまってしまい、1巻から読み始め、来年の最終巻、今から楽しみです。さみしい気持ちもありますが…。


  • 伊呂波 さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    ミュージカル「レ・ミゼラブル」でかわいい子役だった山本耕史君が、NHKで渋い磐音を演じているのを観ていました。レッスンの合間にドイツ語仲間の友人に話したら、彼女から原書をプレゼントされました。それ以来原書もファンになりました。まだ最終巻読破までには到達していませんが、じっくりと浸ります。


  • 泉州の暇人 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    おこんさんの啖呵・武家言葉を楽しみに読んでいます。
    おこんさんの賢さと、磐音さんへの愛情と信頼が
    ほのぼのと伝わってきます。
    磐音さんは良い奥さんを娶り、幸せ者だと思います


  • コウ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    こんなに続くとは正直思っていませんでした。
    でも、もうおしまいなんて寂しい。一緒に過ごして来た時間という気がします。
    東京に住んでいても、神保町・駿河台・深川という地を知っている訳ではなかったので、居眠り磐音で随分深川近辺を歩いた気になります。読んでいるだけでお酒に手が伸び、鰻に思いを寄せて、と楽しい時間が持てますね。


  • 黄昏おじさん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    第一巻より拝読しています。最初から何度読み直したことか、叉、新刊が発刊するのを楽しみにしていますが、それも来春の2巻で最終とは?・・・・ 寂しい


  • しばわんこ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    ずーっと楽しみに読んでいました。
    終わるのが残念です。


  • 岩井むさし さん (70代・ 東京都・ 男性)

    江戸に生きて一太刀、磐音と合わせることが出来たらどんなに楽しいだろう


  • 月夜のうさぎ さん (70代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音の存在を知ったのは38冊目が出たという新聞広告。それまで何も知りませんでしたので
    これ以前の37冊分を一挙に買って、夜も昼も読み続け肩が動かなくなったこともありました。
    この物語はこれからの私の大いなる楽しみの一つになると思えたのです。次の物語が進展を見るまで
    物語に合わせて江戸の地図を眺めながら、地図の中の水路や橋の上に立ってみたいと思いました。
    私の年齢と、物語の終わりがいつの日になるかハラハラでしたが、どうやら物語の終わりを見届けることができそうな気配。今まで読んだことがない時代小説に一入のおもいがあります。


  • チチンプイプイ さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    第1作から購読しています。発売を楽しみにしていますが、間隔が長いと思います。佐伯泰英氏は多数の作品を執筆されていますので、無理からぬと思います。これからも「居眠り磐音江戸双紙」シリーズの続刊をお願いします。


  • とし さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    母と一緒に楽しみに拝読しています。

    母と楽しく拝読しています。


  • missy さん (60代・ 北海道・ 女性)

    50巻で終わらせたい…は本当だったのか 寂しい


  • マッサン さん (50代・ 福島県・ 男性)

    この本は、NHKの番組を見て知りました。
    その後、第一巻から読み続けています。
    いよいよ最終巻(二巻)が来年一月に発刊されますが、最後は磐音一家にとって幸福な結末であることを願っております。


  • おが さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    母が、「居眠り磐音」シリーズの大ファンです。
    今回、新聞で年賀状のことを知り、応募します。
    年明けに完結とのこと、母が大変残念がると思いましたので、
    せめてもの慰めになればと思います。


  • 永代 光 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    本棚に並んでいる「居眠り磐音江戸双紙」すでに3周目の完読。
    何回読んでも 磐音、他皆さんの活躍が 心躍ります、
    後、2巻で どの様に終わるのか、ドキドキし 楽しみです。


  • カンナ さん (80代・ 静岡県・ 女性)

    「陽炎の辻」以来ずっと愛読してきました。本はいつも、私の次は娘のところへ回ります。
    私は「紅椿の里」が好きで,何回読んだでしょうか。
    80歳を過ぎましたので、最終巻はもう読めないのかなと、思ったことがありました。
    でも、まだ元気で読書ができるので、完結するのが本当に残念です。まだまだ続いて欲しかったと
    思っています。


  • やまあらし さん (60代・ 大分県・ 男性)

    毎回楽しみにしています。
    1月で完結するということで、どのような展開になるのか楽しみですが、終わってしまうのがさみしい気がしています。


  • easytiger さん (60代・ 東京都・ 男性)

    熱烈な小説ファンの友人より、応募を依頼されました。ネット環境がないため、代理で応募致します。
    病気も克服され、元気な友人に年賀状をぜひ届けてください

    抵触に触れるようでしたら、改めて友人に、コメントを、ハガキで送ってもらって再投稿させていただきます。
    わたしも、読んでコメント間に合えば対応します!


  • うめきち さん (70代・ 東京都・ 男性)

    何度読み返したか、あと2巻で終わりかと思うと残念やら寂しいやら、老境の磐音も読んでみたくなりました。


  • キラージョー さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    毎巻、何年もの間、いつ発刊されるのかを待ちながら、楽しみに読んできました。いよいよ終幕にと思うと寂しくなります。人生様々なドラマの連続ですが、どんな結末を用意されているのかワクワクしながら待っています。


  • あっちゃんのママ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    最終回が残念でたまらない反面、ホッとしている自分がいます。
    今まで何度泣いてきたことでしょう。また、やったぁ~!と何度ガッツポーズをとったことでしょう。
    若かりし磐音を懐かしみながら、幾多の試練を乗り越えて人間として大きく完成した彼を静かに休ませてあげたい気持ちでいっぱいです。
    長い間、感動をありがとうございました。


  • イワネ・サカザキ さん (70代・ 長野県・ 男性)

    毎回楽しみに新刊を待ってます。最終回が楽しみです。


  • niku さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    そもそものきっかけは故児玉清氏でした。氏の紹介文がとても魅力的で、読み始めてからとても長いお付き合いになりました。今では父もその魅力にはまり、親子で楽しんでいます。
    また、磐音にゆかりのある地に旅することが楽しみに加わりました。


  • 茨城のおじん さん (60代・ 茨城県・ 男性)

     居眠り磐音シリーズは、1巻から読んでいますが、どの巻も面白く楽しませてもらっています。いよいよあと2巻で終了してしまうそうですが、期待と寂しさが入り交じった複雑な心境です。磐音にしろ、おこんさんにしろ、その他の登場人物それぞれに愛着があります。このような作品を書いてくださった佐伯泰英氏に感謝申し上げます。


  • ren さん (60代・ 広島県・ 男性)

    新聞で見てビックリ、こんな企画があるんですね、待ち遠しい。


  • 景虎 さん (40代・ 広島県・ 女性)

    磐音さんは私が理想とする人間像です。剣の腕は確かながらおごらず、傷つけず、いつも人の事ばかり心配して力を貸してくれる。私も人としてこの様になりたいといつも思っています。


  • 千姫 さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    坂崎磐音ファンとしてはシリーズが残りわずかになり心のうちは涙・涙です。


  • 朝寝坊男 さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    第49巻「意次ノ妾」まで読みました。シリーズの完結が楽しみですが、寂しさもあります。暇な時は「居眠り磐音」江戸地図を片手に、物語の舞台となった町を散策しております。磐音や取り巻きの人達の活躍を思い起こしながら歩くのを楽しみにしています。私は、若い頃東京の浅草や本所、丸の内などで働いていましたので、物語を読んでいる時にはその地域や場所が頭に浮かんできて、大変身近に感じられます。間もなく完結のようですが、「新・居眠り磐音江戸双紙」の予定はないのでしょうか?


  • きいさん さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    1巻から拝読しています。きっかけは、時代小説が好きな私に職場の上司が貸してくれたものです。磐音の育ちの良さからくる大らかさ凛とした佇まい。すっかりファンになりました。江戸の世界に浸りながら読んでいます。最終巻は寂しい!
    寂しいけれど、どんな展開になるのか、わくわくもあります。読み終わったら、しばらく磐音の世界に浸るんだろうな、と読む前から思います。
    佐伯先生、素敵な世界をありがとうございました。健康に気を付けてお過ごしください。ますますのご活躍をお祈りしています。


  • Ichihara さん (60代・ 広島県・ 女性)

    このシリーズが大好きだった亡き兄が残した43巻をあっという間に読みました。すぐに続きを購入しました。最後の2巻が楽しみでしょうがないです。


  • きさらぎひめ さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    磐音様に出会って、癒され楽しく過ごせました。生きてる内に完結を見届けれて幸せです。長い間、有難うございました。


  • 英 さん (70代・ 山口県・ 男性)

    居眠り磐音を点訳(著作権法に当たらない)をさせていただいております。現在9巻を頑張っていますが、
    点字の本なっているのは5巻です。
    目の見えない人も居眠り磐音が大フアンで、点字図書館で貸し出しが最高です。
    点訳を待っているようですが、1冊の本で点訳が4冊(約600ページ)になります。
    待っている人たちために頑張って点訳に努めます。


  • 江戸の花 さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    この時代の背景や江戸文化の描写、磐音の武士としての立ち振舞い、
    そして、物語の展開が素晴らしく、話に引き込まれて、読み出すと
    止まらない。本当に素晴らしい小説でした。


  • ギン-チャミ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    悲しくなるほど、人に尽くす磐音とおこん、絶対に幸せになって欲しい!!! 自分には無い素直さと無欲
    さ・・・大好きです。


  • よーさん さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    テレビのドラマで出会ってから、小説が待ち遠しくなりました。
    最近はお年玉気分で年末年始に発売される磐音の行く末を楽しみにしています。


  • ミナワンコ さん (50代・ 岡山県・ 女性)

    今年初亡くなった父はシリーズの完結を楽しみにしていました。代わりに娘が1巻から読み始めています。最終巻を仏前に供えて感想を語り合いたいと思っています。


  • はるか さん (60代・ 福島県・ 女性)

    たまたま図書館で出会い、はまりました。毎回ハラハラドキドキの展開で、それが終わってしまうと思うと残念です。完結編楽しみにしています。


  • モーさん さん (70代・ 新潟県・ 男性)

    初号発売時から愛読し今日に至りましたが、いよいよ完結に近づいているのかと思うと一抹の寂しさが感じられます。途中ではなかだるみを感じましたが早く完結を読みたいものです。


  • 聖 さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    ラジオで評判を聞き 読み始めたら止まらなく
    いままでのは全巻地図も購入しました
    面白いのでとまらなく 毎日一巻ずつ読みました
    今は二どめに入ってます
    来年新刊楽しみにしています


  • すみれ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    大好きなシリーズです。次回作を待つのも楽しみでしたが、もうすぐ終わってしまうんですね。とても寂しいです。


  • watahiro さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    陽炎の辻から読み始めてはや数年が以上が経過しましたがもうすぐ完結ですね。
    磐音の言葉遣いが一番印象深いです。横柄さが全くなく相手をおもんばかる言葉が
    沁みる。日本人全員がこうであればもっと良い国になると信じます。


  • 時代劇おたく さん (60代・ 北海道・ 男性)

    通勤電車で時代劇を読み始めて10年、磐音の発売が待ちどおしい季節となりました。


  • がるのすけ さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    「居眠り磐音」シリーズが終わろうとしているのが、悲しいです。シリーズが完結したならば、再度1巻より読み始めようとも考えています。その後の磐音もシリーズとしても読みたく思うのは私だけでしょうか。


  • とぶたん さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    毎回刊行されるのをとても楽しみにしてきました。
    終わってしまうと思うとさみしいです。磐音ロスに
    なりそうです。最初から読み返すことにしましょうかね。


  • casho さん (40代・ 東京都・ 女性)

    登場人物一人ひとりの人生がどうなっていくのか、読むたびにとても楽しみです。闘いのシーンは怖いけど迫力満点だし、想いを寄せ合う人たちはほほえましい。何度も読み返しては映像を想像して楽しんでいます。そして、大好きな今津屋の老分、由蔵さんが、いつまでも元気でいてくれたらいいなと思っています。


  • あっちょ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    母が磐音さんの大ファンで、すすめられて読んでいると、無我夢中に読んでいる自分に驚きました。
    正直、今まで読書する習慣がなかったので…。
    今は繰り返し、繰り返し読ませていただいてます。
    テレビドラマでも見れるとうれしいです。


  • 伊達じいじ さん (70代・ 宮城県・ 男性)

    主人公坂崎磐音が、豊後関前藩を止むを得ぬ事情から親友を斬って出奔したところから、田沼意次との葛藤
    ・・・長い人生を、毎回息をつかせぬ迫力で書ききり、いよいよ最終巻の発刊が近づいてきました。
    毎回発売日に本屋の店頭で買い求め、喫茶店に飛び込み読みはじめました。引き込まれて一気に読破して、
    安心して帰宅。改めて読み始める楽しさ、長い間有難うございました。


  • レオ さん (70代・ 大阪府・ 女性)

    毎回楽しみに読ませていただいております。
    何回読んでもあきが来ず、繰り返しの日々です。
    スペシャルの放送を期待しております。


  • kimikimi さん (70代・ 大阪府・ 女性)

    磐音の周りの人たちへの気配りや剣に生きる心構えが素晴らしい!


上へ