居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 佐野 重之助 さん (60代・ 広島県・ 男性)

    第1巻から継続して愛読させて貰っています。此の度、完結を迎える運びとなり、非常に残念でなりません。以前にも扇子をいただいたり、手ぬぐい、をいただいたりして磐音とともに歩んできました。登場する人物それぞれが個性あふれ、親しみを強く感じております。”武左衛門!無茶を言うでない”とつい口にだしてしまうことも。寂しくなります。再三帰省する郷里は豊後の国でもあり、尚更です。佐伯泰英先生におきましては、大分痩せられた様に見受けられます。くれぐれもお体に気をつけて、これからも、溶け込める小説を執筆くださいますようお願いもうしあげます。


  • sajun さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    磐音のおおらかな性格、周りの個性的で温かい人達の安らかな日々。
    にもかかわらず、襲い掛かる数々の試練にドキドキはらはらしながら、
    楽しく読ませていただいております。
    とうとう、完結ですね、何度、読んでもその度、感動。
    これからも、何度も読んで楽しみたいと思います。


  • go(ゴー) さん (60代・ 長崎県・ 男性)

    毎号江戸古地図を開いて一人悦に入っています。


  • 酔牛 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    佐伯先生の全作品を読んでます。特に「居眠り磐音」シリーズは大好きです。


  • ヒロ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    本を読まない生活から、磐音さんに魅せられて、今まで全巻よみ続けております。そして本を読む楽しさを覚えました。あと二巻でお別れは淋しい!
    磐音ロスにならないかしんぱいです。
    今までありがとうございました。


  • ジャック さん (80代・ 奈良県・ 男性)

    大好きなシリーズでした。坂崎磐音は接する人が全員好感をもつようになる人柄で我々の理想の人物像です。


  • よしだやきん さん (60代・ 石川県・ 男性)

    家康から拝領の刀の使い方や相手の反応が今から楽しみです。出来ればもっと本を書いて頂きかったです。


  • みみこ さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    第一巻から楽しく読んでいました。楽しさいっぱいでした


  • シャロウシくん さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    磐音の剣の凄みは文字を読んでいても身に感じ、鍛錬の積み重ねが身に迫ります。終刊が近いを知り、残念な気持ちと、どのような結末に持っていくのか楽しみにしています。


  • ふーまま さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    陽炎の辻から欠かさず購入して何度もなんども読み返しています。磐音さんを取り巻く人たちも魅力的ですが特に江戸の女性の凛として矜持を持って生きる姿が大好きです。これで次はいつ出るかと期待して待つ時期がなくなると思うと寂しくなります。また読み返して磐音さん一家の人たちと会いたいと思います。


  • ダイヤパパ さん (40代・ 群馬県・ 男性)

    いよいよ最終巻。たのしみに待っています。


  • ぽっぽ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    運命を受け入れるたびに大きくなる磐音。生かされていることの意味と感謝を教えてくれました。奈緒どのの想いの切なかったこと。喜怒哀楽の旅をありがとうございました。


  • こうめ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    「居眠り磐音」との出会いは、テレビドラマ化の時でした。磐音に扮した山本耕史さんの写真を見て、これはこれはと思いながらもどんな話なのかしらー。そして思い出しました。書店で「陽炎の辻」の文庫本が積まれていたのを。初めは、ドラマの原作になった6巻までを購入。あれよあれよと全巻購入し、それ以降は発売日に必ず読了でした。49巻のうち手にしながら読まなかった、読めなかった1冊があります。「更衣の鷹(下)」発売の日、検査の結果を聞きに行きました。上巻は読めましたが下巻は開かないまま。いつ読んだか覚えていませんし、繰り返し読むこともありませんんでした。


  • ひろ269687 さん (40代・ 大阪府・ 男性)

     江戸に帰着してからの展開から予想外に「意次の死」となり、「今後はどうなるのかな?」と思っていたところ、もう直ぐ終了となってしまいそうな感じになってしまい…少し、寂しくも思っています。
     取り敢えずは、ラストの発刊を楽しみにしています。


  • ひよこ さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    職場の先輩に薦められて読みはじめ、何年になるでしょうか。いよいよ完結となり、うれしくもあり悲しくもあり、早く読みたいような読みたくないような…とにかく円満に終わって欲しいです。


  • ヤマメ さん (20代・ 千葉県・ 女性)

    ドラマからはまり読本も含めて全巻読破いたしました。
    理想の男性は坂崎磐音と真顔で答えます。
    江戸時代の話ではありますが、現代に通じるところもたくさんあり、日本のいいところってこうだよねと学ぶことも多いです。
    大好きなシリーズが終わってしまうのは本当に寂しいですが、完結を心から楽しみにしています。


  • ボンちゃん さん (70代・ 和歌山県・ 男性)

    坂崎磐根は心の支えのような人柄です。困難に立ち向かい、一つひとつ乗り越えていく、剣の道だけではなく人生の生き方を示してくれているように感じながら、次はどう展開するのかと、発売日が待ち遠しく感じていました。そうして佐伯作品を読みあさり、いつのまにか物語性の豊かな時代物を読み続けるようになってしまい、他のものはほとんど読まなくなってしまいました。佐伯先生有難うございました。また新作を期待しています。


  • はせを さん (50代・ 三重県・ 女性)

    もうすぐ完結してしまうことが嬉しく、また同時に哀しくもあります。
    時に、あれこれ先ゆきを思い眠れぬ夜を過ごすこともあります。そんな夜には思いっきり磐音の世界に浸って、一巻から何度も読み返し、力をもらっています。
    居眠り磐音は、永久に不滅です。磐音に出逢えたことに心から感謝申し上げます。


  • くーちゃん さん (50代・ 福島県・ 女性)

    待ち時間の楽しみを 今後どうしたら・・・あのメンバー誰もがいとおしいです!


  • ゆうけん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    あと2巻で終わってしまうとは、田沼意次がいなくなっても、磐音の晩年、空也の成長と物語りは尽きないと思い込んでいたが、残念です。ありがとうございました。


  • ひがしひめ さん (40代・ 北海道・ 女性)

    最終話へ向けて、磐音、おこん、奈緒ら主要人物はもちろんのこと、脇を固める登場人物の先行きも気にかかります。
    輝信と早苗、幸吉とおそめは一緒になれるのかしら?雑賀衆の鷹次は尚武館へ入門できているでしょうか?気になる~!!
    早く読みたいです!!!


  • ぺこばちゃん さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    「居眠り磐音江戸双紙」を読みだして、次回の刊行を楽しみに待つようになり元気をもらっています。
    毎回、新しい展開が起こり、ついつい夜遅くまで読んでしまいます、
    完結編での磐音さんがどのような活躍するか今からたのしみです。


  • そらのとんぼ さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    6~7年前ラジオに佐伯泰英先生がゲスト出演された番組を聴いたのが、居眠り磐音江戸草紙を読み始めるきっかけでした。 読み始めると面白く、物語の中にどんどん引き込まれて行きました。 その時点で20数巻発売されていましたが、一気に読み上げました。  それ以後は、発売が待ち遠しく、全館読ませて頂きました。
    坂崎磐音とも お別れかと思うと寂しいです。 長い間有難うございました。


  • yakko さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    磐音自身・仲間等に降りかかる諸々の事件に対する落着いた思慮ある対応に共感できます。
    小説とはいえ私自身、このような対応ができていたらと思うととても羨ましく思えます。
    再び蘇ることを期待しております。


  • 飛蝶 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    磐音を語り出したら、止まらない!
    雨の中でも、発売日に買いに行く!!
    そんな主人の心をつかんでいる磐音に、ちょっぴり焼きもちさえ感じます。

    佐伯泰英先生大ファンの主人を、新年早々感激・感涙させたく、是非お年賀状送付をお願い申し上げます。


  • tokutyan さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    江戸双紙は1巻から読んでます。本屋のお姉さんに、何かお勧めはないですか。と聞いたらこの本を
    面白くて人気ですよ.すすめられた。以来全巻読んでいる。好きなのは磐音とおこんが、湯治に行く
    時の磐音のやさしさ、おこんへの気配り 泣きながら読んだこと思い出します。
    新刊出るの楽しみにしていた。


  • 進むん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    癌の闘病中に本を読んで力をもらい頑張ることができました。


  • マイコラス さん (50代・ 東京都・ 男性)

    「居眠り磐根 江戸双紙」は第1巻から全巻読ませてもらっています。
    いつも感動をしながら読んでいます。
    主人公の磐根が、剣の達人であるのに温厚な人柄でまわりの人たちを引き付けて行きます。
    そういった磐根が自分は大好きです。
    あと2巻で終わってしまうとの事ですが非常に残念です。
    どういう結末になるか楽しみです。


  • 埼玉 G8 さん (80代・ 埼玉県・ 男性)

    坂崎磐音、おこんさん12年間楽しませて頂き有難う御座います。何回読み直したことか。一休みして
    鋭気を養い熟年した磐根、おこん夫婦の活躍を待っています。 (埼玉 G8) 


  • わにわに さん (50代・ 東京都・ 女性)

    試しに1冊買って読み始めたら、気がつけば当時既刊36巻を1か月で読み終えていました。こんなにハマるなんて・・・
    今では、なくてはならない元気の素です!


  • owlboy さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    シリーズものを、間断なく執筆する気力・筆力に敬意を表します。
    「居眠り磐音」シリーズに接したのは、「密命」を購読中に新たなヒーローがシリーズ化され、思わず手にして虜になった訳です。昨年末201冊目でしたが、そのほとんどはわが家の書棚を埋め尽くしています。
    最近は、「佐伯通信」をスキャンファイルし、先生の日常のエピソードも、楽しみです。
    「第24号」の御心境、【執筆の源は、体調勝負】は、本音ですね。決して若くは無いですから、お体をお労り乍ら、シリーズを継続して頂きたい。お願いします。


  • 元紀州藩士 さん (60代・ 和歌山県・ 男性)

    いつも吉田版「居眠り磐音」江戸地図を広げて読んでいます。


  • レフア さん (30代・ 京都府・ 女性)

    完結、おめでとうございます。
    毎回、次が出るのが待ち遠しく何度もサイトで新刊チェックをしていました。
    磐音さん、おこんさん、どの登場人物も魅力的で、まるで自分の大切な人達の出来事のようにハラハラしたりドキドキし楽しませていただきました。
    有り難うございました。


  • こばちゃん さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    毎巻、発売日に買いに走っていました。 完結おめでとうございます! 終わるのが寂しいようなほっとしたような・・・


  • すぅちゃん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さんが終わるときが来るなんて思ってもいなかったので本当にショックなのですが、最後まで磐音さんと共に駆け抜けたいと思います!
    私は品川さんとか木下さんとかの磐音さん周りの方たちが好きです。磐音さんに吸い寄せられるように知り合って、皆さん良い方たちばかりで心温まります。ラスト2巻、楽しみです!


  • デーヤン さん (50代・ 和歌山県・ 男性)

    新刊が発売されるのを心待ちにして購読しています。
    次作の発売される一月が待ち遠しくてなりません。


  • うばすての里 さん (40代・ 岐阜県・ 男性)

    最初に陽炎の辻を読んだとき正直、これ程長い間付き合うことになるとは思いもしませんでした。また、壮大な展開でまさか空海様に守られてる里にまでたどり着くとは想像だにしませんでした。
    展開が拡がる度にウィキで調べて実在の人物の人と成りを学んだり先程の話ではないですが高野山に興味を持ち、江戸の古地図に魅せられたり話だけでなく情景にも惹き付けられてます。
    まるで池波正太郎先生の作品に出る料理に引かれて食べるのと同じです。
    そんな居眠り磐音江戸双紙シリーズが終わろうとしています。御苦労様と同時に寂しさ、最後の顛末への楽しみといろいろ複雑な気持ちです。おつけれ様です。


  • なっちゃん さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    磐音さん、おこんさん、登場人物を想像し
    心温かく懐かしい思いがします
    最終回になるのは寂しいです
    ありがとうございます。


  • YUKI さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    ある日レジでどこかで見た表紙を持っているご年配の方に
    「私も読んでいます」
    と、思わず声を掛けてしまってから、会うたびに磐音さんの感想を話し合ってます。
    かれこれ3年にはなると思うのですが、未だに名前も知らないままです。
    そんな出会いもあったシリーズが終わってしまうのは寂しいですが、新たなシリーズで感想を伝え合いたいと思います。(そんなお爺さんにこそ年賀状を送りたいのですが身元を明かさない空気を大切にしたいと思います)


  • かっちゃん さん (50代・ 石川県・ 女性)

    かっこいい!の一言。是非 磐音さんからの年賀状が欲しかったので申し込みしました。


  • るしふぁ さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    初めて時代小説を読みました。
    理不尽な相手に筋を通すやり方、最高にスッとします。
    出来たら空也が主人公の物語もお願いします。


  • みえちゃん さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    完結、寂しい限りです 
    TV放送のDVDも購入し、書籍も揃え、磐音さんにどっぷりはまりました
    他のシリーズも購入し、読ませていただいています
    佐伯先生、大好き!


  • とみぃ さん (40代・ 東京都・ 男性)

    テレビドラマをきっかけに読み始めましたが,その世界にどっぷりはまり,いつの間にか全巻がそろっていました。謹厳実直な磐音の姿はもちろんのこと,竹村武左衛門や笹塚孫一,小田平助などに象徴される個性あふれる様々な登場人物や,それらの人々の生活する様子から詳細に描かれている江戸時代の何気ない日常の情景なども,このシリーズの魅力なのではないかと思います。


  • GAMA さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    佐伯先生の発行本はすべて読破しました。毎月の新刊が楽しみです。最近、終了してしまうシリーズが多く残念です。佐伯先生にはゆっくりしていただきたい思いもありますが、さみしくもあります。
    私は主に電車の中で読ませていただくぃていますが、居眠り磐音 江戸双紙は時々胸が詰まる思いで読んでいます。人前でハンカチを使っている自分があります。
    佐伯先生いつまでもお元気で作品を執筆してください。


  • クーチャン さん (60代・ 北海道・ 男性)

    居眠り磐音シリーズを毎号楽しみに読んでいました。まもなく最終号とので、寂しく思います、長い間楽しませて頂きありがとう御座いました。


  • じぃじぃさん さん (60代・ 香川県・ 男性)

    「居眠り磐音 」のTVシリーズの再開をお願いします。
    空也の活躍をもう少し盛り込んで欲しい。


  • とら吉 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    居眠り磐音、毎回楽しみに読ませて頂いております。まだ読んだことが無かった頃、本屋さんで山積みされている「居眠り磐音」を見て「すごい沢山出てるんだなぁ~」ぐらいにしか思っていませんでしたが、友人に勧められて読み始めたら、アッと言う間に発刊分に追いつき・・・追い越してしまいました(笑)
    「鯖雲ノ城」辺りからが特に好きですが、唯一ちゃんと読んでないのが「更衣ノ鷹」です。家基さまも大好きでしたが歴史上の人物であるので亡くなられるのは仕方ないと覚悟してましたが、まさか玲圓先生とおえい様が亡くなられるとは!あまにりショックでこの2冊だけは購入したものの未だにさらっと目を通しただけで読めてません。
    「居眠り磐音」は発行時に読んで暫く経ってからまた読み直す楽しみもありました。私にとっては保存版の本たちです。
    年に何冊か発行される磐音シリーズを楽しみに過ごして来ましたので、完結してしまうのはとても寂しいです。。。磐音様やおこんさん、他沢山の魅力ある登場人物とお別れなのは悲しいですが、佐伯先生本当に長い間お疲れさまでした!!でも、もしも、もしも可能であれば、空也様の今後や登場人物の番外編(本編には書かれなかった昔の話など)などなんでも・・・読み切りでも短編でもいいので、是非書いて頂きたいな~と心から願ってます。


  • カエル さん (70代・ 東京都・ 女性)

    いつも次巻の発売日を心待ちにしてきました。いよいよ終わりと聞いて淋しい限りですが、きっとこれからも幾度となく読み返すでしょう。


  • 旅の詩人 さん (50代・ 滋賀県・ 女性)

    NHKのドラマで、“陽炎の辻”に出会って以来、文庫本を購入して読み続けています。新刊の発売を知るとすぐに購入します。いろいろな人物を思いつつ、江戸時代の面影を残している源内峠を歩き、高野山を訪ね、甲賀の里にも行きました。こんなにワクワクしながら読み続けていたのに、ついに完結とは…。寂しさも感じますが、本当に楽しい時間をありがとうございました!!


  • チャンバラ好き さん (50代・ 京都府・ 女性)

    居眠り磐音をテレビで観て気に入って、まずは図書館で本を借りて読んだら、すっかり佐伯泰英ファンになってしまいました。遅ればせながらせっせと本を買って、読み返しなが楽しんでいます。


上へ