居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • まっちゃん さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    とうとう終わるのですね。本当に寂しいです。


  • kuman さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    学生時代の歴史の授業を思い出しながら、毎回楽しく読ませていただいています。
    自分と作中の人物が同じように年を重ねていて、一緒に生きている感じがします。
    これからも楽しみにしております。


  • 丹下 典膳 さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    まだ初心者で、朔風ノ岸の途中ですが、磐音に夢中です。


  • さだやん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯作品は全作揃えてよんでます。全てのシリーズが次作のでるのが待ちきれないほどです。磐音シリーズ
    も また、終わってしまうのかと寂しくなります。佐伯先生 健康に留意され新作シリーズをまってます。


  • おっとと さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    毎回楽しみにしています。一気に読んでしまい次の号が待ちきれません。


  • mitu さん (60代・ 宮城県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズ毎回楽しみに読んでおります。私だけの楽しみが、いつからか夫婦の楽しみになりました。


  • こうちゃん さん (40代・ 広島県・ 女性)

    あと2冊…。
    母が読み始めたのがきっかけでしたが、いつの間にかどっぷりはまりました。最終巻まで早く読みたいような、終わってほしくないような…。今はそんな気持ちです。
    この物語がきっかけで、江戸時代の芸能、風俗に興味を持つようになりました。
    物語に出てくる人たちそれぞれが幸せでありますように。


  • とらくん さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    TVドラマを観てから原作見たくて図書館で借り、でも手元においておきたくて、全巻買い揃え何回も見ています。人には貸しません。
    磐根様、おこん様大好きです。新刊を楽しみに読んでいます。でも終わってしまうのは嫌です。
    寂しすぎます。
    きっと何時か、また皆さんと会えますよね。


  • クロ猫 さん (70代・ 群馬県・ 女性)

    私、長きに渡り愛読しています。来年に発売される最終巻を楽しみにしています。


  • あおさん さん (40代・ 福岡県・ 女性)

    癌の治療中に出会いました。既に、お話が進んで居ましたので、現実逃避にはもってこいで病室に積み上げて読みふけっていました。
    それから数年経ち、体調、仕事共に順調です。終わってしまうのは寂しくもありますが、最終巻を楽しみにしています。


  • デミオちゃん さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    登場人物みんな大好きです。
    自分も本の中にいるような、磐音たちが近所にいるような錯覚さえします。
    母も大好きで読んでいるので、二人で ~でこざる とか よしなに とか言って
    家族に笑われています。
    平助の含蓄ある言葉も、笹塚さんも、みんなみんな大好きです。
    ずっと続いてほしいけど、どんな終わりかも気になります。
    50巻ジャストで終われない佐伯さんも、人間らしくて大好きです。


  • iwaneiwane さん (50代・ 東京都・ 女性)

    歴史は大嫌いな教科でしたし、そもそも歴史に全然興味なかったのですが、磐音さんのおかげで「歴史が好き、面白い」という人の気持ちがわかるような気がしてきました。磐音さんツアーと題し隅田川ウォーキングをしてみたり、テレビの歴史番組を見てみたり、もっと早くに歴史のこの面白さを感じられたら、もっと勉強が楽しかったと今更ですが思います。そんな気持ちにさせてくれた磐音さんに万歳!!!


  • 淳一 さん (80代・ 神奈川県・ 男性)

    密命が発売された頃からずっと読んでいます。古着屋、伊那衆など、何度も読み返しています。


  • むらさきあかね さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    TVのシリーズがよかったので本も読み始めたのですが本のほうの磐音のほうがずっと私の好みです。山本さん、ごめんなさい。この先どうなるのか心配だったので完結はいいことなのかとも思いますがどんなラストなのかしら・・・


  • FJヨッシー さん (50代・ 東京都・ 男性)

    多くの時代小説を読んできました、最初に読み始めたのが「居眠り磐音」です、これだけいろいろな展開は他の小説にはなく大変楽しめました。


  • Fさん さん (70代・ 大阪府・ 女性)

    ずいぶん前の事になりますがNHKラジオの中で、児玉清さんのお勧めで「居眠り磐音江戸双紙」を知りました。読み始めると面白く、のめり込んで今に至ります。惜しむらくは最近の著者はお忙しいらしく続きがなかなか出なかった事です。内容も少しずついい加減になっているように思うのは私だけでしょうか。
    とはいえ、来年の1月に発行の2巻で「完」を今から楽しみに待っております。磐音関連の本は全て購入しました。50巻余の文庫本を改めて地図と共に読みなおしていきたいと思っています。江戸時代のお伽草紙に群がった庶民の気持ちはこんなものかと思いながら・・・・


  • 晴 さん (70代・ 山口県・ 男性)

    磐音のラストシーンどうなるのか?
    利次郎、霧子 辰平、お杏は?
    空也はどんな剣士になるか、父を超えるか?
    あと2巻 早く読みたいが寂しくなる。


  • どら猫 さん (50代・ 広島県・ 男性)

    いつも読んでます。次回作が今から楽しみです。


  • Miz さん (40代・ 北海道・ 女性)

    家族でドラマを見てたのしみました。父に全巻プレゼントしました!


  • 大阪商人 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    私が磐音と 出会ったのは 書店の立ち読み その時から 江戸の古地図を(大江戸古地図)横に 何度も居眠り磐音の世界を散歩しました。磐音の旅で千石船 東海道、中山道、紀州、豊後 昔の街並みを思い浮べ 上州の山並み(妻の実家)心ときめき、興奮しながら読破しました。いつまでも続けてほしい物語です。


  • 卑弥呼 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    『居眠り磐音 江戸双紙』いよいよ最終章、もう少し先を読んでみたい気持ちです。
    空也や睦月のその後も気になります。


  • michino さん (50代・ 大分県・ 女性)

    シリーズが終了してしまうのは寂しい。是非とも、数冊の外伝を出してください。


  • マコちゃん さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    めちゃめちゃ、面白くて、一気によみました。必ず、続編を書いてください。


  • ちーちゃん さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    いよいよ完結となり寂しさを感じます 早く読みたいと本屋に行ったことが思い出されます
    磐音さんはもちろんですが彼を支えるおこんさんが大好きです
    どんな結末になるかはわかりませんがおこんさんを悲しませないハッピーな終わりであって欲しいと切に願います 


  • ぱぷり さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズ、とうとう終わってしまうのですね。とても残念です。いつも読ませていただきながら、江戸の街を想像し、自分がもしこの中にいたら、どんな役割だったかな~なんて考えながら読むのが楽しみで、それは、磐音様に会える最高のひとときでした。また、番外編など出していただけると嬉しいです。それから、鎌倉河岸シリーズなど、佐伯先生の他の連載にも磐音様をチョイ役で出していただくとか・・・ぜひ考えてください!


  • はりじーはりばー さん (60代・ 滋賀県・ 女性)

    新聞は読んでも本を読む機会が少なかったのですが、居眠り磐音シリーズを知ってからは、驚く読書量です。気が付けばあっという間に夫婦揃って49巻まで読破。いまだかつてない出来事です。主人は磐音ノートを作って年表や、言葉の注釈なども書いているようです・・・。
    佐伯先生ありがとうございます。気軽に楽しく江戸時代の様子が学べ、登場人物たちの活躍に心躍らせる日々です。完結は非常に寂しいのですが、これからも素敵な作品を楽しみにしております。


  • 昔の美人 さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    坂崎磐音の生き方にいつも勇気を貰っています!凛とした姿といつも周りの人々に対する優しさステキですね!自分の息子だったらなんて思うけど息子ならいつもハラハラドキドキですかね!完結編じっくり読もうと思っています!


  • ももみるく06268251 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    1巻からずーと読んでます、 テレビ放映も全部DVDに落としてます、
    双葉社ーー双葉文庫の新聞”” 新刊案内 ”” すぐ全部みます 、佐伯泰英さんの
    記事 新刊案内を探します 12年間有難う御座いました。


  • かりゆし磐音 さん (60代・ 沖縄県・ 男性)

    このたび9回目の読み直しに入りました。毎回新たな磐音やおこん、由蔵、柳次郎を発見し喜んでいます。
    磐音年表も自分で作成しています。江戸古地図は、コピーしマーカーで印をつけながら読んでていました。これから最終回に向かいますが、磐音や登場された人の未来が大きく開けてほしい。


  • たまちゃん さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    毎巻楽しみに読んでます。
    シリーズ完結がとても楽しみであり
    寂しくもあります。


  • HIROあき さん (40代・ 茨城県・ 男性)

    居眠り磐音 最終章 楽しみであり寂しくもあり 磐音一家がみんな無事で堂々と終焉を迎えてほしいですね。


  • おっしょう さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    NHKドラマで磐音シリーズを知りました。山本耕史くんの磐音さまが素敵でドラマ終了後、本編はどうなるのかとても気になり磐音シリーズを買いました。本編がずいぶん進んでいたので、ひたすら読んで、どっぷりとはまってしまいました。既存作品を読み終わると新作が待ち遠しくて待ち遠しくて。来年で終了とは悲しいです。最後まで読んだら、きっと最初から読み直すと思います。


  • ラベンダー さん (60代・ 山形県・ 女性)

    毎号楽しみにしています
    新刊でるのを楽しみにしています


  • 堀川捕り物帳 さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    磐音の人柄に魅せられ多くの人達が寄ってきて個性豊かに描かれているのが実に楽しい。


  • おこん さん (70代・ 広島県・ 女性)

    今後、磐音一家と坂崎道場がどの様になるのか知りたいです。
    睦月ちゃんが、どんな娘さんになるのか楽しみです。
    空也君がイケメンになります様に!


  • rierin7 さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    読む度に発見があり、とても面白く、何度読み返したことでしょう。佐伯先生の作品に出会うまで、これ程何度も同じものを読んだことはありません。完結は残念ですが、佐伯先生、本当にお疲れ様でございました。


  • 磐音 好き さん (80代・ 兵庫県・ 男性)

    楽しく 読ませていただきました 48巻 2度読みました


  • さくら&リボン さん (60代・ 大阪府・ 男性)

     完結おめでとうございます。いつも楽しんで読んでおりました。
    今後、空也が成長して活躍してもらいたいと思います。ありがとうございました。


  • つねさん さん (60代・ 長野県・ 男性)

    初めての出会いはNHKのテレビ放送でした。スペシャルも含めて全部DVDに録画しています。
    同時に原作本を購入し読み出しました。こちらも全作品書架にそろっています。特に磐音が歩いた江戸地図は、パネルに貼って本を読むたびに見ています。
    早く最終巻を読みたい反面、終了することが残念です。


  • ペコちゃん さん (90代・ 埼玉県・ 女性)

    居眠り磐音江戸双紙初回から、ずっとドキドキしながら、読ませていただきました。
    高野山の件はあっかんでした。

    NHKで、山本耕治さんの磐音を見てから、ますますファンになりました。
    磐音をみていると、もう少し、楽な生き方をしても良いのに。
    と思いますが、また、そこが良いのかも知れません。
    後残り二巻楽しみにしています。


  • 代沢のじいさん さん (70代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音も後2巻で完結とのこと。
    寂しくなりますが、皆が驚くような結末を期待しています。


  • takefun さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    文庫本49巻まで繰り返し読みました。大変面白かったです。とりわけ興味深く読んだのは、貧乏長屋住まいの磐音が腹をすかしながら活躍するくだりです。


  • なお さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音が奈緒さんを追いつつ、一緒になれなかったのが残念でしたがお互いに紆余曲折があったけれども、最後の方では又磐音が奈緒さんといい関係になれて良かったと思います。


  • 天野 若軽 さん (70代・ 岐阜県・ 男性)

    父親がずっと磐音シリーズの大ファンで、毎回新刊が出る頃になると、ソワソワワクワクしておりました。
    完結ということでちょっと残念がっておりますが、また1巻から読み返す!とニコニコしているので、
    本当にこのシリーズを愛しているんだなあ、と、微笑ましく見ております。長生きの秘訣のひとつと確信してます。
    時代劇は未踏ジャンルの私も挑戦しようか、と思わせる溺愛っぷりです。


  • yutachan さん (50代・ 東京都・ 男性)

    主人が大好きで、「居眠り磐音」シリーズ
    全て読んでいます!
    テレビドラマも観させていただきました!


  • よしゆき さん (40代・ 東京都・ 男性)

    意次が亡くなり、今後どのような展開になるのかが、楽しみです。


  • kurochanarena さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    長年愛読してきた磐音シリーズが完結感無量


  • takefun さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    文庫本49巻まで通読しました。全巻面白かったですが、特に磐音が貧乏長屋で、腹をすかしながら、活躍していた頃が面白かった。


  • ローリン・ローリン さん (80代・ 静岡県・ 男性)

    このシリーズ第1巻「陽炎の辻」からのファンです。主役の磐音やおこんさんへの共感はもちろん、脇役にも大いに魅力を感じています。例えば、オヤッとした場面に顔を出す弥助・季助・平助ら年寄り組。子役もほほえましい、初めの頃の幸吉・おそめ、途中では早苗・宮松、最近は空也・睦月など。剣の道では、門弟の辰平と利次郎の活躍、別派の霧子の存在。あと武左衛門や金兵衛も面白い役どころを担っています。これだけ多彩な人物が登場した物語、どんな大団円を迎えるのか。ワクワクしています。それにしても、よくぞ14年に及ぶ長編の執筆、そして完結へ。著者、佐伯泰英先生に拍手喝采したいと思います。


  • まっちゃん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    しっかり「居眠り磐音」の罠にはまってしまいました。こんなに続くなんて。でも途中で断ち切ることができず、発売日には書店に飛んでいく悲しいさが。ゆっくりと楽しもうと思っても、知らず知らずのうちに読み終えてしまっています。もう終わっちゃうのか。なんだか寂しいですね。


上へ