居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • まったりおやじ さん (50代・ 岡山県・ 男性)

    居眠り磐音を読み始めて、10年が過ぎましたその間、磐音にもいろいろな出来事がありました、自分の人生と重ね合わせてみたりして、一喜一憂しながら毎回たのしみに読んできました、このたび完結するとのこと、とても寂しい気がします。吉原裏同心も第1話からすべて、拝読しております。
    これからも佐伯先生の作品を楽しみにしています。


  • pocochan さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

     良い人のまわりには、自然と助けてくれる人が集まりますね。磐音さん素敵です。
    奈緒さんのことがいつも気になっていました。幸せになって欲しいです。
    友達に薦められて、読み始めて本当に填まりました。テレビも見ないで一気に読みました。
    もう1度読みたいです。
    楽しい本をありがとうございました。


  • コニタン さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    磐音フアンは高齢の方も大勢おられます。最終を必ず読破できますようにお願いいたします。
    終盤になるにつれ、年間2~3冊寂しいですね。それと、出来うることなれば50-1、50-2、
    50-3としてください。(100冊くらいまで)お願いいたします。


  • ペーパードラゴン さん (60代・ 山口県・ 女性)

    故児玉清さん一押しにより初刊から読み進めてきました。磐音とともに泣き、喜んで来ましたがいよいよ最終巻ですね。空也の誕生をとても喜んでいた児玉さんも、その成長ぶりにきっと目を細めていらっしゃることと思います。ずっと奈緒さんの幸せを願ってきましたが、心優しい佐伯先生は最後にその願いをかなえてくださることと信じています。


  • チョビ&ホック さん (50代・ 北海道・ 男性)

    ここまで連載が続く作家の創造力に感嘆です。連載が終わるとのこと残念です。坂崎磐根とは違う主人公の創造、出現を期待しております。


  • トニー さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    面白くて、面白くて。
    どうにも止まりません。
    ビバ! 佐伯ワールド!


  • 三河おやじ さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    磐音シリーズ第1巻からずっと楽しませていただいています。次号の発売をいつも楽しみにしており必ず発売日に購入しています。来年1月で終わってしまうみたいですが、ずっと読み続けたい気持ちと、坂崎一家がどう落ち着くのか決着を知りたい気持ちと半々で複雑な気持ちです。もう何回読み返したかわからないです。


  • archer さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    265年続いた江戸時代を舞台とする小説が好きだ。日本の歴史の中で最も相対的平和が永く続いた時代、天草の乱以後、尊皇攘夷の嵐が吹き荒れる前までの大きな争乱が無い江戸時代を描いた小説。しかし、人の世の常として権力への固着や富への執着はなくなるはずも無く、大きな諍いがないぶん余計に人の心の明暗を描くことができる時代。ひっそりと木戸番を務める夫婦や隠居した同心、平和であるがため無用の長物になりかけている剣に生きる人々が好きだ。大きな争乱が無いと言っても、いつの時代も小さな諍いは絶えない。諍いの当事者にとって大小はないが、そこから磐音の波乱の人生が始まる。


  • 彩矢 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんに惚れ込んで、何度も何度も読み返しています。シリーズの完結は寂しいものの、やはりとても楽しみです。完結したら、1巻から完結まで全部続けて読むつもりです。


  • silvia さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    山本耕史さんが磐音を演じたドラマをきっかけに原作を読み始めました。ドラマ以上に原作も好きになりました。シリーズ完結されてしまうのが寂しいです。


  • jyuiti さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    大好きなシリーズで購入して、友人にも貸し出して輪を広げています。


  • まだまだ元気な叔母 さん (80代・ 東京都・ 女性)

    甥が、時代小説が、好きで、佐伯さんの寒月一刀流密命シリーズから、酔いどれ小籐次シリーズ等を読んでおり、居眠り磐根江戸双紙が、テレビで始まったのを機会に、甥から借りて、読み始めました。九州から、江戸へ出て来て、鰻を割く言わばアルバイトをしながら、剣術の腕を生かして、貧乏御家人や浪人とお助け人のような仕事をし、両替商や」奉行所の与力等との繋がりを得、隠れ旗本とも言うべき佐々木玲圓の養子になって、田沼意次との暗闘が続き、どうなる事か、私が生きている間に、決着が着くのかと、やきもきしておりました。どうやら、生きているうちに最終回を迎えられそうなので、楽しみにしております。


  • やすべえ さん (20代・ 千葉県・ 男性)

    磐音の大ファンです!
    一度読んだら、一気にひき込まれ読んでしまいます。
    周りからから信頼される爽やかな人柄と
    磐音の剣は新たな時代劇ヒーローである。


  • magu さん (50代・ 東京都・ 女性)

    いつも期待を裏切らない展開、最終回も期待しています。


  • テルさん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

     最初はTVドラマでした。それから原作をすべて読んでいます。
     原作を読むとき、「居眠り磐音 江戸地図」を広げています。江戸の川・堀などの風景が、TVのシーンを参考に浮かんできます。
     その後、佐伯先生の他シリーズの本を読んでいます。面白い本を、ありがとうございます。


  • 大川のストーリーに共感する男 さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    剣の達人、まっすぐに生きるひたむきなキャラクターの人脈形成の広がりに感動をもらい、自分の人生の範としたい。


  • W さん (30代・ 京都府・ 女性)

    いつも楽しく拝読しています。
    私の周囲でも磐音シリーズは大人気で、発売日はそわそわ。本当に終わってしまうのかと、いやまだまだ!…と思っていたら、来年ついにゴール!
    惜しい気持ちと50・51巻を待ち遠しく思う気持ち両方です。


  • toradaisuki さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    自分自身を見失うことなく、さりとて頑固ではなく素直な心を持つ。
    そして、柔らかな心とやさしさと
    近くと遠くと そして深慮と人々へのやさしさ
    一つ一つを見据えていく  一本の道を真っすぐに 自分もそうありたい


  • 林檎 さん (30代・ 東京都・ 男性)

    学生時代から読んでいます。居眠り磐音の新刊を読むたびに懐かしさを感じながら読んでいましたが、完結となると磐音と共に自分の青春ともおさらばな気がして寂しくなります。


  • くじら さん (30代・ 愛媛県・ 女性)

    ほんとうにいつもワクワクしながらよんでいます。小説を少しでも体感したく思い、磐音の地図を片手に隅田川を深川から3時間散歩してみたり、高野山にも行ったりしました。終わりが近づくのが残念です。


  • まふみ さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    壮大な世界観、読み進みにつれますますのめり込みました、全巻持っています。


  • ミヤ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    母と二人、長年にわたって時代小説ファンです。今まで出会ってきたキャラクターの中でも、磐音さんのような達観した剣の達人はいなかったように思います!


  • いつまでも磐音さん さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    このシリーズを、四年前に病死した妻は、楽しみに欠かさず読んでおりました。余命を知った妻は、このシリーズを読んでいる間は、現実の世界から別の世界へ行き、一時死の恐怖を忘れることができていたようです。
    妻が死んだ後も、新刊が出るたびに購入し、仏壇に供えてまいりましたが、いよいよ完結ということで、一抹の淋しさを感じます。私にとっても思い入れのあるシリーズになりましたが、妻の分も併せて感謝いたします。


  • のんのん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    NHKの木曜時代劇で居眠り磐音のファンになり、全巻読破しています。
    新刊が出ると、ゆっくり一読、しばらく時間をおいて、
    「江戸地図」を参考にしながら再読しています。
    両国近くで育ったので、馴染みのある地名が多く嬉しいです。

    あと2巻で終了とは寂しい限りですが、次の佐伯ワールドを楽しもうと思います。
    佐伯先生、長い間、ありがとうございました。


  • bunばあ さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    磐音さんに魅せられ 物語に共感し 何度も何度も読み返して 磐音さんの台詞の一言一言が頭に浮かんできます。後2巻で終わるかと思うと さびしいですが、いつでも読み返せるように全巻そろえて 大切にしています。なかでも ”信じていれば必ず思いはかなう” ”人間我慢辛抱がかんじん”は本当にそのとうりだと おもいます。本当に良い読み物に出会い 幸せでした。


  • 江戸娘 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    図書館で借りた1巻目ですっかり磐音ファンになり、すぐに全巻買いそろえて約2ヶ月で読破しました。私にとっては久々のヒーロー出現で、寝ても覚めても「磐音さま~」の至福の2ヶ月でした。完結してしまうのはとても寂しいですが、反面どんな結末になるのか、楽しみです。


  • パルキ山X さん (40代・ 奈良県・ 男性)

    坂崎磐音の居眠り仕事術を修行中です。
    最終巻まで楽しみです。


  • ミニ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    NHKのドラマではまってから、一冊一冊新刊が出たとわかれば本屋さんにすぐに買いに行き、続きを楽しみに読みふける日々ももうすぐ終わりだと思うと寂しくもありますが、また一気に最初から最後まで磐音さんの世界を読み直すのが今の楽しみでもあります。


  • Poohさん さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    一巻からずーと読んでいます。
    完結してしまうのは寂しいです。


  • 炎邪 さん (30代・ 京都府・ 男性)

    なんとなく購入してみた作品でしたので最終巻まで楽しめるとは思いませんでした。
    最終巻の発売前に読みなおして準備をしておきます。


  • いわねばばあ さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    ばーっと読めるのがいいです。全部、完読したいです。


  • 江戸時代にいってみたい さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    時代小説というジャンルがあるのは知っていたが、年寄りのおじいちゃんが読むものと思っていた。たまたまテレビのドラマを見て読んでみたくなり、読んだらはまってしまった。それからは時代小説を読みまくってる。


  • ぶー さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    ドラマの磐音がカッコよくて第一巻から読み始め、新刊を待つまでになりました。
    シリーズが終わってしまうこと、とても残念です。


  • 磐音ひとすじ さん (60代・ 三重県・ 女性)

    磐音シリーズに気付いたのが11作目の発売を知らせる新聞で、その日のうちに書店で大人買いし寝る間も惜しんで読みふけりました。それからというもの1冊購入すると次回はいつになるのか、毎月出ないものかといつも思っていました。いよいよ完結となると待つ楽しみがなくなります。番外編を時々出していただけませんか?


  • pooh_V6 さん (40代・ 群馬県・ 男性)

    愛読していたシリーズ、いよいよ完結とは。。。
    「居眠り磐音」シリーズは、佐伯先生の作品を読むきっかけとなった、思い出深いものです。
    磐音の成長、そして取り巻く人々との繋がりを、ずっと楽しんできました。
    どのような結末になるのか、今から心待ちにしています。


  • 磐音ラブ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    読み始めたら止められなくなりました、ただいま46巻まで読みました
    あと少しと思うととても寂しいです。


  • とも さん (50代・ 東京都・ 女性)

    佐伯先生の大ファンです!先生の出された著書は全て読んでおります!最終巻が楽しみでもあり、残念で、なりません…(´・_・`)


  • みちみち さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    新聞の新刊紹介ですごく長く続いているので、おもしろいのかな?と1巻目を買って読み、嵌りました。
    思わぬ展開で、すぐに続きを読みたくて大人買いしました!!
    磐音さんの人柄や取り巻く人達に引き込まれながら、今は母もファンです。
    映像化、希望します。配役はファン投票で!!
    あ~終わってほしくないです。


  • いわねの姉 さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    とうとう終わりが来てしまうのですね。毎回91歳の父親と読み、感想を言い合っております。その楽しみがなくなると思うと残念でなりません。


  • く~~~ちゃん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    あと2巻終わってしまうなんてとても残念です。空也君や睦月ちゃんの成長も楽しみにしていたのですが。
    佐伯先生お疲れ様でした。次回作も楽しみにしてます。


  • 野菜生活 さん (40代・ 新潟県・ 女性)

    磐音の青年期が出発だった第一巻。仲間が出来、家族が出来、弟子も出来、その弟子が巣立った磐音の壮年期を迎えた最終巻。ずーと読み続けていた私も、同じように日々過ごして一緒に成長している感じが好きな小説です。もうすぐ終わってしまうので、来春は磐音ロスに陥る予感がします。


  • 不器用侍 さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    1巻から51巻まで楽しみながら読まさせていただきました。時代が変わりすぎて武士道などを話すと変人と言われる時代になりましたが、心の中では武士道を貫いています。そのお蔭で、いつの時代でも変わる事のない男の役割と責任を果たせていると強く思い、読書の有り難さを噛みしめています。吉原裏同心、酔いどれ小藤次、夏目影二郎始末旅、古着屋総兵衛影始末、密命、鎌倉河岸捕物控と数多くのシリーズを拝読し、シリーズ毎の奥深さに引き寄せられ、常々虜になっています。それが一番のストレス解消となり時代小説を読み始めてから殆どストレスが無くなりました。これからも精一杯楽しませていただきます。


  • いねむりたぬき さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    何度も何度も第1巻から読み返していますが、更衣の鷹(下)については気が引けてしまいます。
    それは家基様の死もありますが、それ以上に玲圓先生の殉死がショックでした。
    避けては通れないこととわかっていても悲しかったです。


  • とんぶ さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    「居眠り磐音」シリーズに始まり、今では佐伯先生の作品を色々読ませていただいてます。きっかけになった磐音シリーズが完結なのは残念に思います。


  • よしかっちゃん さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    「居眠り磐音」私は、2回 家内は3回読み終わり完結が待ちどうしい。以外にシリーズ全てを読み終わり
    続編が待ちきれません。


  • ます さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    とてもおもしろい。江戸時代小説にはまりました。


  • イワネファン一号 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    第1卷を手にしてから夢中になって楽しませて頂きました。残念ながら後2卷結末が楽しみです。 有難うございました。


  • Rocky さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    佐伯先生のシリーズの中でも大変お気に入りのシリーズです。許嫁の奈緒との悲運の運命にもかかわらず絶えずどこかで繋がっている『想う心』に心打たれます。また関前藩の物産を江戸で販売することで故郷の財政に大きく貢献するくだりは現在にも通じる発想力ですね。また、磐音の日々の生き方、考え方はお手本と呼ぶにも気高すぎるくらい理想ですがすがしい感動です。
    いよいよ完結されるとのこと、寂しい気持ちと先生に感謝する気持ちでいっぱいです。
    またいつか第1巻から読み直すことを楽しみにして日々頑張りたいと思います。


  • ゆ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    ドラマを拝見しすぐにファンになってしまいました。うなぎよりはあなごのほうがすきな私ですが、もし磐音様が現実にさばいていらっしゃったら、財布の許す限り、毎日買いに行きます。男前でさらりとして、気は優しくて剣は強いのに残念、もうおしまい?!


  • mikeにゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音さん、おこんさん、奈緒さんに胸キュンして一緒に生きている気分になりました。
    どのような境遇にあっても自分らしさを失わない姿に、わが身を振り返り凛と在りたいと思いました。
    登場人物の成長も充分堪能いたしました。この物語に出会えたことに感謝です。


上へ