居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • レプカ さん (50代・ 秋田県・ 男性)

    毎回、発刊のたびに楽しみにしています。次巻が出るまで、その展開を予想して勝手に想像して楽しんでいます。全くそのとおりには展開しませんが。また、全巻、購入して何度も読み返していますが、第1巻だけは読んでいません。読み始めのきっかけは「鯖雲の城」の巻を書店で手に取り、惹かれるように買ったことから始まり、そこから既に発刊していた巻を遡っていったため、よし、最終巻が出るまで第1巻「陽炎の辻」は読まないと決めて、これまで来ました。(こんなに長くシリーズが続くとは)いよいよ、ラストということで、寂しいような、うれしいような気持ちですが、また、勝手な妄想した展開、大団円とにギャップを楽しみつつ、第1巻を読んでから全巻を改めて痛読したいです。
     本シリーズの発行に関わられたみなさんに感謝します。1月が待ち遠しいような、もう少し、続いてほしいような・・・・


  • japaiian さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    江戸地図は読み進む途上でものすごく役立っています。もうひとつ出版してほしいのわは、登場人物と行動履歴の年表です。話が長いので、そして移動も激しく、時として、いつ出てきた人物か、どういう関係だったのか、解らなくなります。年表に時代背景の事件や行った先の地図などもあれば、物語が立体的になり再読も楽しめると思います。


  • 重田 民人 さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    最初近所の男性に勧められ5,6冊借りて読みました、すぐにはまり以後自分が購入し読むようになりました。 いま、2回目を読み終えました。あらすじが分かっていても面白く一気に読みました。51冊で終了させるのは、さびしい気がします。


  • 鯉 太郎丸 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    40代後半、読書の楽しみを思い出させてくれた
    シリーズが完結を向かえるとのこと。
    2冊同時に読める楽しみとこれで終わるのかという寂しさを
    持って還暦の新春を迎えます。


  • しみまさ さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    登場人物全員大好きです。若い人たちのいく末が気にかかります。なんとしても、51巻で終了するのは、残念で仕方がありません。ぜひ、ぜひ、増刊号を出してください。永遠の磐根ファンより!!


  • てらさん さん (80代・ 神奈川県・ 男性)

    大分前にNHKのテレビドラマで放映された事を思い出し 原作に興味をそそられ この春から読み出しました いやあ読み出したら面白い 理屈抜きに面白い 書店にいくとは発売中の全巻が並んでいるが まとめ買いはしない 読み終えたら次の巻を買いに行く 年を取ったジイさんでもこれが楽しみで書店にいく 少年の頃の様にわくわくする 全巻読み終えたら他の本と共に 近くの老人福祉センターに寄贈しようと思っています


  • トッペイちゃん さん (70代・ 静岡県・ 男性)

    1号からずっと楽しく読んでいます。いつ完結するかハラハラの日々です。
    できればテレビ放送がまた見たい!!今後もよろしくお願いいたします。


  • M.O さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    入院した際、差し入れしていただいたのが出会ったきっかけでした。シリーズ完結はちょっと寂しいですが、どんな結末か今から楽しみです。


  • モトさん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    「居眠り磐根 江戸双紙」シリーズもいよいよ終わってしまうのですか? 残念ですね。 このシリーズ
    のカタルシスに随分助けられた気がします。 佐伯先生本当にご苦労様でした。 これからもお元気で
    ご活躍ください。


  • norinori さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    本屋で立ち読みしてから十数年、佐伯泰英にはまった。今は全品楽しんでいます。


  • debudebu さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    母からの頼みで買いに行くようになった『磐音』。首を長くして待っていると思うと、やはり発売日には渡してあげたくて。発売日をチェックし予定に組み込み。発売当日、書店の棚になかなか並ばず、一人でジタバタしてた事も。そんな『磐音』が、ついに完結とは!最後までしっかり、届けますよ!母の満足顔で、締めくくってもらいたいですからね!


  • りこぼん さん (30代・ 東京都・ 女性)

    ふとしたきっかけで、今年の夏に居眠り磐音シリーズを知り、一緒に住んでいる母と二人で読んでいます。今、やっと45巻まで来ました!
    並行してドラマのDVDも見始め、原作ではこうだったね、なんて思い出しながらどちらも楽しんでいる所です。
    初期のファンの皆様とは違い、まとめて読む贅沢を味わっています(笑)
    最新刊まで追いつくのが嬉しいような、続刊をジリジリして待たねばならぬと悲しいような…とにもかくにもストーリーの先を楽しみにしております。
    佐伯先生、編集の方々、どうぞご自愛下さい。


  • St.George さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    第1巻「陽炎の辻」から第49巻まで全巻愛読。 読本・江戸地図・橋の上を含め全52冊を書棚に並べ、折に触れ読み返していますが、何度読んでも心から楽しめる平成時代劇小説の最高傑作だと思います。
    あと2巻、1月の発売を一日千秋の思いで待っております。  


  • あおつ さん (40代・ 秋田県・ 男性)

    題名に惹かれて居眠り磐音 陽炎の辻を購入してから早5年。新刊が待ちきれず発売日に必ず購入してます。読んでいる時は自分も江戸の住人になりきり、その場にいるつもりで読んでいます。磐音も素敵な人物ですが、おこんさんがなんと言っても素晴らしい。あと二巻楽しみにしてます。


  • くー さん (50代・ 東京都・ 男性)

    佐伯作品に出合って、次々に色々な作品を読み、そして磐音に出合い、それ以来ずっと磐音のファンです。
    本を読み終わるとすぐに”また早く磐音に会いたい!”と、新しい本が出るのをいつも待ち遠しく楽しみにしています。
    磐音をはじめ、磐音を取り巻く人たちも魅力的な人な人ばかり。
    次はどのような話になるのか今から楽しみにしています。


  • ミニダンプ さん (60代・ 京都府・ 女性)

    佐伯さんの本との出会いは古着屋総兵衛だったと思います。文庫本がうれしくて、磐音シリーズも最初から愛読しています。ひととき爽快、痛快を味わったり、時に涙ぐんだり・・・。書店にならぶのを楽しみにしていますが、終わったらどうしたらいいのかな~。もう一度はじめからよんだらいいかなどと考えています。


  • PoLo さん (40代・ 愛媛県・ 男性)

    毎回読んでいるうちに江戸時代に自分がタイムスリップした気分になります。


  • 時代劇好き さん (50代・ 東京都・ 女性)

    テレビがきっかけで読み始めました。
    終わってしまうのは残念ですが、何回も読んで楽しみたい。


  • ま~きゅり~ さん (50代・ 福島県・ 男性)

    ドラマを見てから読み始めました。ぜひ、「居眠り磐音 江戸双紙」のスピンオフを書いていただきたいです。


  • としさん さん (10代・ 兵庫県・ 女性)

    磐音が戦っているシーンが好きです。目に浮かびます。永遠に続いてほしいです。


  • misa☆misa さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    テレビを見てファンになって1巻から全部揃えて読みました。あと2巻で完結になってしまい、磐音さんに会えないのが残念です。出来たら続編を期待します。


  • エネヤギ さん (60代・ 北海道・ 男性)

    16年1月に完結、長い間 ご苦労様、有難う御座います。
    磐音ご一同様 有難う御座います、またの日いつか、楽しみにしています。


  • アンズあめ さん (50代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音の第1巻の陽炎の辻を読んで、佐伯作品にはまり他の全ての作品を読みました。
    後2巻で磐音が完結するにあたり、寂しく思います。


  • たぬきどり さん (50代・ 東京都・ 女性)

    新刊が出るたびに夫婦どちらが先に読むかの争いでした。どんな終わり方をするのでしょう。長い間楽しませていただいてありがとうございました。次は空也を主人公にした物語が始まると嬉しいのですが。


  • ふっしぃ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    長い間 ずっと新刊を待ってまって 読み続けてきた 居眠り磐音シリーズが 間もなく完結する
    今度新刊が出た時に すぐに読めるのだろうか 読めば終わってしまうのだ ずっと続くと思っていた訳じゃないけれど ずっと続くと思いたかったのだ 寂しい想いも一杯だけど どうやって終わるのだろうか 今は その楽しみが大きい  TVシリーズもまたやってほしいな。。。。 さぁ 間もなく新刊が出る その日を思うとドキドキがたまらない


  • RUN-RUN さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    いよいよ痛快な磐音の居眠り剣法も、酒に滅法弱い・明るく能天気な武左衛門も、辛抱強く親子仲の良い柳次郎も、2016年お正月に最終章を迎えると思うと、ここまでの歩みが一緒に過ごしていた仲間がどこか遠くへ行ってしまうような寂しさと共に、この物語もこの2冊で一区切り終える事が感慨深い。
    毎年季節ごとに居眠り剣法の仲間たちの喜怒哀楽が、活字からイメージとして浮かび上がり、一緒に暮らしてきたように思う。繰り返し何度読んでも読み飽きず、他の「酔いどれ・・」などと共にこれから先も読み返していきたいと思います。


  • 秋桜 さん (50代・ 京都府・ 女性)

    新刊が出るのを楽しみにしています。シリーズが長く続きますように!


  • 463 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    「意次ノ妄」から早4か月。「居眠り磐音 江戸双紙」が、いよいよ完結が近づいて来たなぁ・・・・・と、感慨深く「新刊」を待ち望んでいます。
    ただ、もう時期完結・・・だと思うと、淋しい限りです。


  • 加古川の松 さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    岡山 備前包平の里へ行ってきました。50卷51卷が待ちどうしいです。


  • 侍にっぽん さん (60代・ 新潟県・ 男性)

    長い間、楽しく読ませていただき、ありがとうございました。若い時、相手に切られたり、ちょっとハラハラさせてくれる磐音が好きでした。物語の進展で、主人公が強く大きくなっていくのは仕方がありませんが、最後はちょっと強すぎ。ぜいたくな悩みですが、ちょっとそこが不満でした。他のシリーズも読ませていただいています。特に、古着屋総兵衛は最高。


  • モモ さん (100歳以上・ 大分県・ 男性)

    密命(豊後相良藩)、酔いどれ小藤次(豊後森藩)、吉原同心(豊後岡藩)、居眠り磐音江戸双紙(豊後関前藩)と、いずれも地元大分県にゆかりのある作品です。特に居眠り磐音シリーズの豊後関前藩がどこにあるか。関鯵で有名な佐賀関の前は臼杵か佐伯か、瀬戸内海航路で大阪からだと日出と杵築と何処か気になるまま終わります。同じ景色を探してみたいと思います。


  • お利口ピッピ さん (50代・ 秋田県・ 女性)

    もうすぐ終わってしまうのはとても残念ではありますが、結末がどの様になるのかも待ち遠しいです。私がこの作品と出会ったのは、NHKのドラマからです。特別、出演者のファンでも無かったのですが段々とストーリーに引き込まれて仕舞いました。さっそく原作を読まねばと書店に行き、一気に27冊買い求めました。それから、新刊が出る度に楽しませていただいてます。最近は、江戸の地図と合わせながら読み返してます。これもなかなかおもしろいです。年賀状頂けるとの事で投降しました。こちらも楽しみに待ってます。


  • こなつ さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    とうとう、居眠り磐音も完結をむかえるのですね。寂しいような早く読みたいような複雑な心境です。完結編を読み終わったら、第一巻間から読み直そうと決めています。


  • Billy さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    父が私に図書館から借りてきた事がきっかけで読み始めました。
    今まで時代小説は読んだ事がなく、興味もなかったのですが、1冊読み終えると、坂崎磐音という人がこの世に存在するのではないかと思うくらい物語に引き込まれました。
    その後、江戸地図を広げながら読み続けています。
    磐音様のひととなり、そしてまわりの人たちの温かさが大好きです。
    いつか斬られてしまうのではとハラハラしながら50、51巻の発売を楽しみにしています。


  • puka さん (40代・ 東京都・ 女性)

    読み始めたらどんどん引き込まれ、止まらなくなってしまいました。
    とても面白いので友達にも勧め、一緒に感想などを言い合っています。
    もうすぐ終わってしまうのがとても残念ですが、結末を楽しみにしております。


  • パパ さん (50代・ 東京都・ 男性)

    来年で発行が終わるのが、とても残念です。


  • 静音 さん (40代・ 福岡県・ 女性)

    今年は坂崎磐音の最終決戦なので、一生懸命を応援しましょう。


  • しげGG さん (80代・ 東京都・ 男性)

    佐伯氏の小説はどのシリーズも読んでいますが、磐根の人間性が一番好きです。


  • 父の娘 さん (50代・ 福井県・ 女性)

    半年ほど前に、ひょんなことから米寿の父と私(50代)が佐伯シリーズの愛読者であることが判明!
    20歳で家を出て以来、あまり父とは交流がなかったのに、どのシリーズのあの場面が良かったとかで盛り上がり、今や毎日メールを交わすまでになりました(父は初めてのメールでしたが、打てるようになりました)。
    不思議なことに、お互いの好きな話やシーンが一緒で、これは遺伝子のなせる業かと、びっくりするやら嬉しやら。
    本の貸し借りも頻繁になり、毎日とても楽しく過ごしています。
    そんな二人の今一番の話題は、居眠り磐音の最後がどうなるかということ。
    楽しみなような、寂しいような・・・あっと驚く結末をわくわくしながら待っています。


  • ののすけ さん (50代・ 三重県・ 男性)

    入院していた際、手に取った“居眠り磐音”に嵌ってしまって以来読んでいます。
    磐音の結末がどうなるか楽しみです。


  • あいだぷりお さん (30代・ 長崎県・ 男性)

    いつも楽しく拝読しています。
    磐音と取り巻く人々のキャラクターが確立しててどのキャラクターも好きです。成長過程が見れるのも楽しく継続して読み続けられたポイントです。
    時代背景や当時の様子などが丁寧に描かれているので、頭の中で情景を思い浮かべながら没頭して読むことができます。
    もうすぐ終わってしまうのかと思うと非常に残念ですが、どう締めくくられるのか楽しみにしています。


  • さくら さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    母は介助がなければ外出が出来なくなり、毎回新刊を購入するのは私の役目となりました。「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズを通して小説の時代背景などにも興味が湧き色々と楽しんでいるようです。シリーズも新刊がでるまでは既刊本を繰り返し読んでいます。


  • ペンネームねこ さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音ファンの一人です。来年1月で終わってしまうと思うと、とても残念です。
    いったいどんな終わり方になるのでしょうか?おこんさんが悲しむ事がないようにお願いしながら
    磐音の最後の対決シーンを期待してます。
    年賀状楽しみです。応募者全員がとてもうれしいです👵😍😍


  • 亀 さん (70代・ 千葉県・ 女性)

    第1巻からすべて購入しましたが、最初のうちは発行がわりとすぐでしたが30巻ぐらいから
    いつ次が発行されるか新聞広告を毎日見て、首を長くして発行を待っていました。
    いよいよ最終巻と言うことで楽しみが一つ減り残念です。


  • よしさん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音、強くて優しくて大好きです。新刊が出るのが楽しみでした。でも、もう終わってしまうと思うと
    寂しいです。最終巻を読み終わったら、もう一度始まりから読もうと思います。


  • 六ちゃん さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    何度も何度も読み返して、その度にさわやかな気分に浸っております。もうすぐ最終回。終わってしまうのは大変寂しく思います。是非、続編を期待しております。


  • みるくてい さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    毎回楽しみに待ち焦がれています 次ぎで終了かと思うとなんだか切なくなります  居眠り磐音ほど自分の中で人々がいとおしいと思い 誰一人としていなくなってほしくありません 何回も読みながら 人に対し方・料理(おいしそう)・江戸の地図をみながら 楽しく思いうかべています 


  • mito-66 さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    次巻を楽しみにしながら、長い間楽しく読ませていただきました。
    完結が嬉しいような寂しいような。


  • ペコちゃん さん (40代・ 茨城県・ 男性)

    全49冊全て読みました。後2巻で完結はとても寂しいです。


  • アーチャー さん (40代・ 長野県・ 女性)

    テレビドラマが好きで、原作にも興味を持ち読み始めました。そうしたら、ほんとうにおもしろくてズッポリはまりました。歴史上の出来事とのかかわりもしっかり書かれていて、「坂崎磐音という人は本当にいたのかもしれない」という錯覚に陥ることもあります。いまは、高校生の息子も読み始めています。
    もちろん切り絵のしおりも毎回楽しみにしています。
    もうじき完結してしまうようですが、残念でもあり、どのように終わるのか楽しみでもあります。


上へ