居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • みーねこ さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    姉と弟が兄弟が集まった席で坂崎巖音の話をよくします。
    どんなものかと思いだいぶ遅れて購入。すっかりはまり、遅ればせながら今までの分全巻購入、全巻読破しました。
    今度兄弟が集まったとき話の仲間入りができます。
    もうすぐ終わるのが寂しいです。
    坂崎空也を二代目磐音として近い将来   ありませんかね。


  • ひろ53 さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    いよいよ完結ですか。ハッピーエンドでスッキリさせてください。楽しみにしています。小田平助さんの活躍が最終巻でも読めることを期待しています。新刊を待つ楽しみがひとつ減ってしまうのは残念ですが佐伯先生まだまだがんばってください。


  • 史朗 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    磐音に会えて小説の面白さ、本を読む楽しさを思い出した。特に、70代になって少なくなっていた“待ち遠しい・・”という感覚を楽しめたと思う。最終章に向け、最後の待つ楽しみを味わってる?いる日々である。・・と言いながら、どこかで「後日談」または、「好評により続刊」といった事態を期待しているの
    だが・・。


  • しーさん さん (90代・ 兵庫県・ 男性)

    入院中に居眠り巖音の一冊目を息子から貰ってから、面白くて一気に読み始め、あっという間にあと一冊。
    完結本を今は楽しみに待っています。また、これ程に夢中になれる本を書いて下さい。


  • ダエンボール さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    歴史上の人物が出てきますが、小説とは思えない迫力を感じ、これが現実でないかと思うほどです。


  • ゴンタワンコ さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    私にとり他の本とは一線を画して特別なシリーズです。まだ読込途中ですがこの先が楽しみです。磐音が運命に翻弄されながらも、周りの人々と織りなす日々が、江戸の季節々々風情とあいまって読む者にとって、何ものにも代えがたい時間をすごす事ができます。


  • 磐音好き さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    時代小説は、池波正太郎先生からのめり込み藤沢周平先生と読んできました。

    両先生が亡くなられてからいろいろな先生方の本を読んで、自分がこれはと感じた作品の一つが佐伯泰英先生の 「居眠り磐音 江戸双紙 陽炎の辻」 でした。

    出会って以来、居眠り磐音シリーズを始めとした、佐伯先生の作品はいつでも読み返せるよう大切に保管しております。

    居眠り磐音シリーズ完結は残念ですが、佐伯先生にお時間があれば外伝でも出していただけると嬉しく思います。


  • くみ さん (20代・ 千葉県・ 女性)

    友人にすすめられ読み始めました。いつも楽しく拝読しております。人情あふれる物語がとても素敵だなと感じます。


  • 久世アユム さん (50代・ 東京都・ 女性)

    読みはじめてから年表を捲ることが多くなりました。史実と照らし合わせてハラハラドキドキ。磐音の周囲の人々の生活が、江戸時代の街灯のない闇夜がリアルに感じて楽しいです。そんな磐音の完結が嬉しくも淋しい、そんな気持ちがしています。佐伯先生、磐音をありがとうございました。


  • エルビス さん (50代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音シリーズが私の生活の支えです。人生山あり谷ありのなかいつも元気をもらえました。いよいよラストが近づいていますが、登場人物のすべての人が幸せな結末になればいいなと祈ってます。


  • てつばあば さん (80代・ 山口県・ 女性)

    第1回からの磐音ファンです。
    シリーズが終わるのはとても寂しいです。


  • mooyan さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    NHKでも放映されて、時代劇ファンとしては楽しく見させてもらっています。
    漫画本もありますが、やはり活字の方が情景を自分なりに想像していけるので私は初治ファンです。


  • ひさた さん (50代・ 東京都・ 女性)

    母も夫も磐音に夢中です。いつまでも磐音の活躍が続きますように…


  • みなみ さん (60代・ 北海道・ 女性)

    坂坂崎磐を最初に知ったのはテレビドラマでした。それ以来原作を1巻から買い集め、今では全巻を揃えています。次の巻が出るのが待ちきれず、鎌倉河岸捕り物控えや、吉原裏同心をはじめ、佐伯先生の時代小説はすべて読んでいます。坂崎磐根は初めは不幸な出だしでしたが、多くの仲間が出来て、みんなでひとつの家族のような団結力で難事に立ち向かう姿がすばらしいです。もうすぐ完結するのが少しさびしい気持ちです。でも密命のような悲しい結末にはしてほしくないです。


  • D さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    いままで有り難う御座いました。一番好きな作品なので、待ち遠しく、早く読みたい気持ちと共に、あー終わってしまうのかという気持ちが混在しています。佐伯先生お疲れ様でした。


  • よりな さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    毎巻、待ちに待って読むこと三度、困った奴です『居眠り磐音』


  • shinonome no sora さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    読み始めたのはいつだったか?長い間読んでいて、何度も同じような説明があり多少くどいと思う所も有りますが、途中から読む方もいるかもしれないのでやむを得ないのか?しかし年を取るとどんどん気が短くなっている私をまあ飽きさせもせず、読み続ける気にさせる小説はそう無いと思います。来年1月に出る予定の2冊を待っています。最後はどうなるのか?。長い間ありがとう。


  • kanpatidaisuki さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    寝る前に読んでいて、夢中になり寝られなくなつてしまいます


  • 歴史LOVE さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    居眠り磐音に出会ったのは調度仕事を辞めたあとの頃でした。
    仕事を辞めた寂しさと、親の病院通いや家事のフォローのストレスがたまり、心が寒々としていたとき、居眠り磐音を読んで、もう夢中になりました。
    磐音のまっすぐでどこまでもやさしい性格、おこんさんの気風のいい、でもひたむきな言動、長屋の人たちの暮らしの温かさが自分の心にさわやかな風を送ってくれ、本で癒されるというのはこういうことなのだと実感しました。武家社会の厳しいしきたりの中で、みんな前を向いて笑って暮らしている姿が心を打つのですね。磐音の成長とともに様々な困難が立ち向かい、環境も変わっていく中で、変わらない誠実さが本当に魅力的です。生きていく中で大切なことを教えてもらいました。もう終わってしまうのはとても残念ですが、これからは磐音、おこん夫婦の老後生活を心の中で描いていきます。佐伯先生、おかげさまで両親の死も自然に受け入れることができました。本当に有難うございました。


  • 金兵衛長屋の住人 さん (40代・ 東京都・ 男性)

    人の生き方は様々ですが、人として大切にしなくてはいけないもの、忘れてはいけないもがあります。磐音やおこんさんに、それらに気が付かせていただきました。
    完結の寂しさを堪えつつ、心から坂崎磐音、そして作者佐伯泰英さんへ感謝の想いをお伝えしたいです。


  • よっちんだるま さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    何度読み返しただろう、チョッとした会話が物語に花を咲かせているのでは、武左衛門と隆二郎との掛け合いしかり、新年早々完結とは残念、ずーっと続編を期待したいが。
    完結編では名脇役も是非登場を願います。2枚看板の権造親分や代貸の五郎蔵、背が伸びた宮松も。
    完結編の発売が待ち遠しく、また、物悲しい気も。


  • とおおる艦長 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    家内に紹介した所、私以上に入れ込んでしまい同じ巻を購入する事が4回も


  • グッゲンハイム さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    半年前ぐらいに本屋さんで、手に取りシリーズに「はまり」ました。これからも期待致しております。感謝!


  • Housei さん (50代・ 千葉県・ 男性)

     時代劇への入門は映画からでした。5歳位から若様侍、水戸黄門、遠山の金さん…などを毎週見ていました。
     少々年齢が上がり小説を読める様になると、眠り狂四郎、竜馬が行く(司馬遼太郎全集)、桃太郎侍(山手樹一郎殆ど全部)、鬼平、梅安、剣客商売と読み続けました。その中でも剣客商売の小兵衛・おはる・大治郎・三冬が醸しだす親子・夫婦・恋人の情感が颯爽たる殺陣より好みでしたが、池波先生の体調がすぐれなくなると殺伐とした内容が増えてゆき読むのが辛くなったものです。
     江戸双紙での磐音・おこんら家族・弟子とその恋人らの会話は春風駘蕩感が続いており、毎号、試合や決闘の場面より、彼らの会話の場面を楽しませていただいております。
     最後まで、この春風駘蕩感をお願いいたします。


  • つや姫パパ さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    私と兄が大ファンです。本は勿論、ドラマも大ファン。ついでに出演俳優さん達のファンにもなりました(笑)ズラリと並んだシリーズ蔵書は定年後また再読予定!


  • ちーかなママ さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    あと2巻の完結は楽しみですが寂しいです。


  • ちい さん (40代・ 京都府・ 女性)

    主人の父は、時代劇が好き。私も好き。
    義父がすすめてくれた居眠り磐音にすっかりはまりました。「新刊出るよ」と電話で情報交換。義父と私を繋げてくれる磐音さんです。


  • コーギーイリス さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    NHKのドラマから本にのめり込みました。磐音本人も魅力的できですが、周囲の人々が個性的で何とも磐音のクールさとは対照的な温かさ、どんどん読み進んでしまいます。


  • 放蕩おやじ さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    No.1~No.49で3度目を読み返しているところです。No.50およびNo.51が年末までに発売されると
    新聞宣伝で知りましたが、待ち遠しく楽しみにしています。はたして、どのような結末を迎えるのか
    興味津々です。既刊書で筆者の卓越した見識と巧みな文構成に、ハラハラし、また含み笑をしたりと
    このような作品に出会えて感激しています。またNo.51が最後とのことですが、空也が大人に成長
    して活躍する場面に磐根の回顧録をまじえた続編をぜひ発刊してほしいものです。
    私自身は、エクセルで、磐根殺陣記録をつくり楽しんでいます。
    ちなみにNo.11無月ノ橋迄で真剣勝負により命を失くした方は83人です。峰打、木刀による負傷者、
    追払いの数はそれ以上になりました。
    佐伯泰英氏の健康がすぐれないとの風聞ですが如何ですか。応援します。放蕩おやじより


  • みのの さん (50代・ 奈良県・ 男性)

    坂崎磐音の大ファンで毎巻楽しみに読んでいます。
    1月に発刊される2巻で終わってしまうとか残念です。
    実は、私も末期癌と診断され来年の年越しは、保証出来ないと余命宣告を受けました。
    最初は驚き戸惑い情けない醜態を曝け出していましたが、今は、磐音の生き様を見習い
    潔く生けれる限り精一杯生きようと思いました。
    私に生きるエネルギーを頂いたように思っています。
    嘘か誠か私の寿命と同じ年にこのシリーズも終わります。
    何か運命を感じます。
    他にも先生の作品は、購読させて頂いています。
    これからも先生の更なるご活躍をお祈り申し上げます。
    それでは、よいお年をお送り下さい。


  • ムーサン さん (50代・ 新潟県・ 男性)

    時代物が、こんなに面白いと思いませんたでした。絶対的なものでなく身近に感じられるところがいいです。読んでいると江戸時代で一緒に生きているような気がします。居眠り剣法も大好きです。立ち会いの時は、手に汗を握るようで場面が映画よりもハッキリと見えるようです。


  • ツーチャン さん (60代・ 東京都・ 男性)

    すでに最終巻「意次の妄」は完読しました。次巻はいつ頃刊行になるでしょうか?


  • ヘロちゃん さん (40代・ 東京都・ 男性)

    坂崎磐音様いつも楽しく拝見させていただいております。読書など縁のない生活を送っておりましたが、磐音様との出会いで人生が変わりました。剣術一筋の生き方に最大の魅力を感じています。2年ほど前より剣道を始めました。来年には二段に挑戦します。実際に剣道に触れることで居眠り磐音の凄さを改めて感じました。
    もうすぐシリーズも完結してしまうのがさみしくて、最近では、1ページ1ページゆっくり味わっております。
    最後に佐伯泰英先生、素晴らしい読書の機会を与えて下さりお礼申し上げます。


  • 小当時 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    長編時代小説が大好きです。特に市井の人の心温まる交流や人情、また、剣、恋、涙ありで飽きません。
    今後も、期待し応援しています。


  • れお さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    第1巻からの大ファンです。闘病中だった母も面白いと言っていましたが、程なく他界しました。しかし、現役中は読書などしなかった父が母も好きだったよ!と言うと、始めはしぶしぶ…読み始め巻を重ねるごとに次はまだかと催促されるようになりました。完結は残念ですが、父に読書の習慣をくれた佐伯先生&磐音に感謝です。


  • さすらいの黒田二十四騎 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    昨年還暦を迎えた大阪在住の男性です。磐音と出会ったのが50代前半の東京への単身赴任の時でした。既刊本をすぐに読みつくし、それ以来、刊行日を心待ちにするようになってしまいました。磐音をはじめ各登場人物が個性豊かに生き生きと描かれ、磐音の世界に嵌り込んでしまいました。中でも一番驚いたのが「荒津ノ海」で福岡藩の「吉田久兵衛保年」が登場してきたこと、実は保年と私は黒田二十四騎の吉田壱岐長利を祖としており、保年が目の前に現れたような感動があり、「居眠り磐音」はより身近になり、米寿を超え岡山で暮らしている母に全巻送っており磐音ファンが増殖いたしました。今年12月で完結するのは寂しいですが、感動の最後を期待しております。佐伯先生長い間楽しませて頂きありがとうございました。


  • 輩毎度 さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音を読むと心が爽やかになり、また、小さいころに祖父に仕込まれた食べ物に感謝し無心で食べる磐音に感動です。


  • おじいちゃんM さん (80代・ 福岡県・ 男性)

    東京に住む娘から、折に触れプレゼントされるようになり、気づけば一巻から全て読ませていただいています。年とともに、大好きだった読書も根気がなくなり、年々読む本が減っていきました。
    歩行困難になり、1日テレビの前で過ごす日常ですが、磐音だけは毎回心待ちにしています。2016年、飄々とした磐音と共に、私も飄々と生きますよ。


  • さくらそう さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    51巻で終了とのこと、残念でなりません。これまで楽しませて戴きました。本当にありがとうございました。


  • ヘーハチ さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    『居眠り磐音』を読み始めて約10年。このシリーズに気付いた時は年末年始休暇中で、すでに10巻ぐらい発刊されてました。
    第1巻読了とともに本屋に走り、既刊すべてを購入し休暇中に読みまくったことが思い出されます。
    その後は他のシリーズにも手を出し、今も佐伯泰英作品にどはまりです。
    『居眠り磐音』シリーズは終わるけど、新しいシリーズを出されることを期待しています。
    絶対読みます。


  • 豆タンク  さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    一貫して佐伯先生のお人柄が にじみ出ている作品ですね。のんびりしてるようで、繊細な磐音、かっこよく強い、どんなときでも安心。最後の本、まだまだ続く気がして・・・。とても残念!完結編に ふさわしい華やかさがありました。白鶴さんのお店開店の、花魁道中、目に見えるようでした。また。続編はありませんか。空也くんのお話しとか。是非お願いします。楽しみに待ってます。


  • ゴマ さん (30代・ 長崎県・ 男性)

    祖母がいつも楽しく拝読しています。
    佐伯泰英さんの大ファンです。


  • 蒼猫 さん (60代・ 大分県・ 女性)

    年が進むにつれて、文庫は敬遠していましたが、文字も大きく、それになにより、大分県の国東半島の生まれ、すっかり心を掴まれてしまいました。
    終わるのは、寂しいですが、この年になると、80代の親三人の面倒をみながら、自分の終わりもそろそろと、思っていますからね。
    なにごとにも、終わりはあるもの。
    磐音の心にそう終わりであればと、思います。
    お疲れ様でした。


  • 紫の煙 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    坂崎磐根が完結したらその後はなにを読めばいいんだろう。困った。


  • いっちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    完結にむけて応援しています。頑張ってください。


  • マイボール さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    5年前に初めて磐音様に出会ってから最終巻までいくと、寂しくてたまらなくなり、初めの巻から
    再び、読み出すと、またまた、面白くなり、はまり、10回以上読み通しましたが、飽きる事など
    なく、新しい発見があったりとあらたな魅力をみいだしたりと魅力が満載です。
    磐音様は本のなかでも頻繁に言われてますが、
    不思議な方ですね。
    自分が落ち込んでいる時でも、自分を明るくしてくれる、楽しませてくれます。
    私にとっては、この本は大事な大事な愛読書です
    いつも、幸せをありがとうございます。


  • まるら さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    2人の息子をもつ公務員です。息子達が幼い頃に離婚し、2人とも既に社会人になりました。金銭的にも精神的にも辛い時期はありましたが唯一の救いは就寝前の読書でした。小説の中で心優しく暖かな磐音様に癒され乗り越えられたと思っています。どんな苦境の中でも人として正しく真っ直ぐに生きる。明日を信じて静かに耐える。磐音様の生き方は騒がしい現代にこそ最も必要です。私にとって「居眠り磐江戸草紙」は人生の教科書です。有難うございました。


  • ソラマメ さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    磐音にはまってから現代劇に戻れなくなってしまった。


  • ラウル さん (50代・ 香川県・ 男性)

    完結は寂しいですが、長い間有難うございました
    悪をやっつける爽快感がありました


  • 意次もいいかも さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    児玉清が病床からラジオ番組に電話出演し、「磐音にね、子供ができたんですよ!」と叫んでいた。それがきっかけで読みだした。おじさんのライトノベルとして絶品。


上へ