居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ちゃちゃ君 さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    叔父がいつも読んでいるので年賀状をプレゼントしたいです。


  • かめちゃん さん (60代・ 山形県・ 女性)

    海外旅行のお供は坂崎磐音様です。明日に備えて睡眠をしっかりとらねばとは思うのですが、なかなか止められません。日数に応じて持って行ったつもりでも、あっというまに読み切り、外国の書店では次巻を買うこともできません。今年の旅は磐音様のご都合で1回しかご一緒できずにとても残念でした。これからの同伴できる旅が少しでも長く続けばと祈るばかりです。(紅花の里 山形のかめちゃん)


  • いわねどんぐり さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    主人と一緒に楽しく拝読しております。1巻から全て揃え、繰り返し繰り返し読んでいます。
    何度読んでも楽しいのですが、特に好きなのは孤愁の春から一矢ノ秋です。完結がどうなるのかとても楽しみにしております。佐伯様におかれましてはとてもご多忙のご様子ですがくれぐれもご自愛下さい 。


  • 居眠り駄目根 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    もともと時代小説が好きでしたが、ある雑誌の中に紹介されていたのをきっかけに読み始めました。新刊が発売される度に母と競って読んでます。それが終わってしまうなんて!佐伯先生!もっともっと続けてもらえませんか!?お願いしますm(__)m


  • 小尋 さん (70代・ 東京都・ 女性)

    息子の成長をみているようで、1巻から49巻まで5回程 通して読んでいます。
    始めは人柄もよく育ちのいい若者でしたがだんだんと人間が大きくなって 武士の胆力はかくものかと
    感心しています。花燃え に見る武士もそうですが 昔の日本人の立派さに感心しています。
    神保小路に帰って尚武館も再興されて 空也が若先生に。お嫁さんはと想像してしまいます。
    辰平さんが好きで黒田藩でどうなさっているのかもきになります。


  • たか さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    毎回楽しく拝見しております。
    今後も胸躍らされるような作品を期待しています。


  • nao さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    2005年の入院時に事前に1巻から9巻までを購入して、痛さも忘れ一気に読んでしまいました。それから続編を読み続け、新刊が出るのを待ち遠しくしてました。ついに51巻で完結となり、少し寂しい気がしますが、楽しみにしています。


  • 山ちゃん さん (70代・ 新潟県・ 男性)

    耐えに耐えた迫真の宿敵対決、剣術家としての矜持、人間としての人情に絡んだ小説が幕を閉じてしまうのがとても残念です。またの再開を願います。


  • モーターマン さん (70代・ 福岡県・ 男性)

    初回から拝読しています。
    磐音の生き方に共感しています。
    今時このような生き様を貫くのは容易なことではありません。
    自分の信念を闘志貫く姿にうらやましく思ってる次第です


  • あすなろ さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    陽炎の辻を読み始めてから意次の妄までの愛読者です。


  • ヤマトヌマエビ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    磐音シリーズはテレビで知りました。私は小籐次シリーズを読んでいたので、佐伯作品が面白いのはわかっていましたが、テレビでみて内容がわかっているものを わざわざ書籍で読まなくても…と最初は敬遠していました。試しに図書館で1巻を借りて読み始めたら、どうなるかわかっているのに、ワクワクして止まらなくなったのです。それからは 磐音シリーズだけでなく、佐伯先生の全てのシリーズを発売日に購入して読んでいます。磐音シリーズでは おこんさんの大ファンで、こんな女性になれたらと憧れです。
    佐伯先生にはどうかいつまでもお元気でいていただきたいです。これからも楽しみにしています。


  • chiro_alex さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    毎回磐音の強さに癒されています。今回で完結となりますが、最後まで書き続けてくださった佐伯先生の気力に感服しています。完結編で佐々木家の秘密が明かされることにも期待しています。


  • みっこ さん (40代・ 山口県・ 女性)

    道場ありてこそ、ここに坂崎磐音あり。
    乱稽古の激しさ、威厳たる時間に武道者のたまらない時間を感じさせてくれる。ありがとう。


  • ばあば さん (60代・ 東京都・ 女性)

    NHKのドラマをきっかけに読み始めた「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ。新刊が出る都度、家族で
    競って読んできました。シリーズ完結にあたりまた第一刊から読み返し新刊発売に備えます。


  • すましやX さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    今は図書館で借りて読んでいますが、あまりにもおもしろいので、
    全巻揃えようかどうか、検討中です。


  • チャンドニーチョーク さん (50代・ 奈良県・ 男性)

    坂崎磐音を終わらせて欲しくないのが正直な気持です。
    続編を期待します。


  • luckyBOOFmama さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    一巻から愛読しています。シリーズ完結!楽しみより寂しいかも! 磐根ロスになるかもしれません。 これからも何回も読み返します。


  • 雅汲 さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    第1巻より最終巻までワクワクする気分で読み又、次回作を待ち遠しく期待していました。だが、完結編が間近になり寂しさが募ります。何度も感極まり涙したり、愉快で絶頂気分にも浸りました。感動、感激をそして人としての生き方をご教示誠にありがとうございました。願わくは、その後の老剣士となった磐音と息子空也の成人姿をご披露下さいますようお願いします。最後に失礼ですが佐伯先生の益々のご健勝とご活躍を衷心よりお祈り申し上げます。


  • あっこちゃん さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    高齢の父が入院中に何冊かの時代小説を病院へ持って行きました。『居眠り磐音』はその中のひとつでしたが今は父より娘の私が大ファンで次回の発売をいつも心待ちにしていました。
    読んでいると江戸の街並みや人物が浮かんでこの役は〇〇さんかなと妄想するの楽しみでした。佐伯先生、長い間楽しませて頂きありがとうごさいました。


  • はやと さん (80代・ 山口県・ 男性)

    こんなに次号の発刊が待ち遠しい本との出会いは久し振りでした。4年ほど前膝の手術で入院しましたが、
    1ヶ月の入院期間中、第1巻陽炎の辻から順次繰り返し読んで退屈しませんでした。磐音さん有り難うでした。もうすぐ終わりと思うと寂しいですね。全51巻また繰り返し読もうとおもっています。


  • ノラボス さん (40代・ 東京都・ 女性)

    本を読む事があまり好きでない私が、旦那から薦められ読み始めました。
    余りの面白さにあっという間に読んでしまい、今は3度目に突入!
    もう少し早くこの本に出会っていたら、子供の名前に必ず使っていたであろうと思います。
    最終巻、早く読みたいような・・・でも終わってしまうのはさみしすぎるような複雑な心境です。
    この本を読むようになってから毎日の通勤時間や待ち時間が楽しくなりました。


  • 写翁 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    来年一月で磐音さんともお別れ、寂しいですね。小生が時代小説にハマるきっかけはこの「居眠り磐音」シリーズです。登場人物が個性豊かで人情味に溢れていて素敵です。このシリーズが完結するのは非常に残念ですが、これからもお元気で頑張って下さい。佐伯先生、磐音さん、ありがとうございました。


  • なお さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    いよいよ完結かと思うとさびしいです。先生の本の中で一番好きなシリーズです。


  • テル坊主nyao さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    次は3回目読破に挑戦。おこんさんが大好きです。若い時にこの本が書かれていたら、理想の相手として今も探し続けていたでしょう。


  • ジョー さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    退職後の通勤電車内での読書に気軽に読める本はないかと
    探していたときに「居眠り磐音 江戸双紙」を発見しました。
    第一巻から続巻の発行が待ちどうしい気持でした。
    ある時、友人も「居眠り磐音 江戸双紙」を含む、佐伯作品
    シリーズのファンと知り、作品の交換読書を続けております。
    治作が最終巻となること残念です。他のシリーズも完結となり
    寂しい限りです。
    「居眠り磐音 江戸双紙」のTV放送もかいさいされるとのこと
    楽しみです。


  • ヨッシー さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    読んでいると心が和む、性格が変わった感じになる。心が洗われた気がする。磐音及び登場人物の人間味に安心感があることによるのかも知れない。東京から糸島に引っ越してきて、余計、磐音の味が身に沁みる。


  • ケンケン さん (60代・ 東京都・ 男性)

    陽炎ノ辻から13年間ずっと読み続けて、ようやく完結が見え嬉しく思います。刀のいわれを早く知りたいです。


  • 孫の世話に疲れた婆婆 さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    長い間ありがとうございました。楽しく愛読させていただきました。
    他の著書もあわせて読んでいます。
    これからも、お身体に気をつけて頑張ってください。


  • どーやん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

     5年前の9月の終わりに第1巻を読み始めてから、約1か月の間に既刊の34巻をすべて読み切り、以来5年間、新作が出るたびに飛びつくようにして購読してきました。このシリーズが残り2巻で終わってしまうことに、一抹の寂しさを覚えます。


  • 雨水弦五郎 さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    初回から愛読。読み始めると一気に終わりまで止まらず楽しめる愛読書。


  • かつママ さん (50代・ 広島県・ 女性)

    夏に怪我をしてリハビリを受けています。
    リハビリ室で順番を待つ間ほんの20分程度の暇つぶしに・・と思い読み始めましたがどんどんはまってます。
    「なんか難しそうな本を読んでいるんですね」と言われます。表紙のデザインがそう見えるんでしょうね。賢い人に見えるんでしょうか?(笑)
    ドラマで主演された山本さんを思い浮かべながら読んでいます。
    本を知るきっかけになったのは町立の図書館。司書のかたからのお勧めでした。
    並んでいる巻数のおおさにびっくり!でも「みなさんはまって読んでおられるんですよ。」の一言で読み始めたのです。借りに行っても次の巻が出ていることもあるのですが、飛ばさずにちゃんと読もうと思ってます。まだ6巻までしか読んでいませんが、最後まで読む気まんまんです。
    たくさんのファンの方がいらっしゃるのですね。
    賛否両論があると思いますが、ドラマでもまた観たいです。


  • 綾音 さん (60代・ 新潟県・ 女性)

    1巻からすべて読んでいます。完結してしまうことに残念に思いながら、これからも何度も繰り返し読み直して楽しみもうと思います。


  • スーパームーン さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    佐伯作品に嵌りました。磐音の魅力もありますが、私にはおこんさんの粋な生き方にとてもひかれます。
    磐音が惚れるに値するいい女。
    物語を人情味あふれる味わい深いものにするおおきな役割を持ついい女。
    佐伯さんの理想の女性でしょうか?磐音はもちろんおこんさんの姿も追いかけながら読んでいます。


  • きたぼし さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    当初職場の友人に勧められた時代小説が佐伯泰英の鎌倉河岸、だんだんはまって密命、酔いどれ、友達から借りたり図書館で借りたりしたが図書館は新書が出てから数カ月掛からないと自分のところには回って来ない、時にはしびれを切らせて本屋で購入、おかげさまで江戸の町に興味が出てきてOB会の行事に日本橋の観光船に乗ったり、古い町並みを散歩したりし年寄り仲間で交流している。


  • ゆきりん さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    巌音ファミリーが大好きでした、何回も読み返してました、本当に残念です。


  • Yo さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    父が大ファンです。佐伯先生の本はかなり読んでいます。
    今後とも素晴らしい本を楽しみにしております。


  • ルーちゃん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    個性的な登場人物達に惹かれ何度も読み返しています。もうボロボロになっちゃいました。(買い直しを検討中です)


  • takehiro 1941 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音シリーズは1巻~49巻迄全部読ませて頂きました。
    最初の頃は、図書館でリクエストして読んでいたのですが、順番が何時も100人待ちとかで、待っているのが大変でした。妻に、発売開始と同時に購入すれば良いんじゃないの、の一言で、以後近所の書店で発売日の一日前に購入するように成りました。 読み始めると一気に読んでしまい、次の巻迄待ち遠しいです。読み終わりますと直ぐ近くの図書館に寄付します、予約待ちの人が沢山いらっしゃるからです、図書館の方も、「佐伯さんの本は人気が高く寄付は助かります、有り難う御座います」と、何時も歓迎して頂いて下ります。
     来年1月でこのシリーズも最終回を迎えるとのこと、楽しく読ませて頂きました。有り難う御座います。
    佐伯泰英先生の執筆本(時代劇シリーズ)は全て読破しております、他のシリーズも続編が、待ち遠しいです。お体ご自愛の程、お気を付けてご執筆お続け下さい。


  • よいどれマック さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    磐音シリーズも佳境に入り物語がややモタモタした感じがします。他のシリーズの完結巻のように、竜頭蛇尾にならないようにしてほしい。


  • afrojiji さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    読み始めてから長い年月がたちました。今では時折手にする新刊を、残りのページを気にしながら味わうかのごとく読んでおります。部分的なものではなく全編に流れている雰囲気のようなものに惹かれて読んでいるような気がします。家内もそうですが、今回年賀状を送る先は、紹介してファンになった人たちです。今はどのような終わり方をするのか、佐伯様が苦しまれていることが一番の関心事です。どの作品もそうだと思いますが、後味よく終わってほしいと思います。好きな磐音の、終わった時の表情を見るのが待ち遠しい気持ちです。


  • ポンタ・アビ さん (50代・ 北海道・ 男性)

    さて、居眠り磐根が完結後の私の生活とは?

    「陽炎ノ辻」だけは胸が苦しく読み返すことができません。磐音が完結したとき、勇気を振り絞って「陽炎ノ辻」から読み直せたら、と、なるかなぁ~?


  • hatato さん (80代・ 山口県・ 男性)

    こんなに次号の発刊が待ち遠しい本との出会いは久し振りでした。
    4年ほど前に膝の手術で入院しましたが、第1巻陽炎の辻から順次繰り返し読み退屈しませんでした。
    何回読みなおしても新鮮で面白いですね。坂崎磐音有難うです。
    もうすぐ終わだなと思うと寂しいです。


  • みかん好き さん (60代・ 富山県・ 女性)

    磐音の言葉、倦まず弛まず、 行き詰まった時、これを自分に言い聞かせています。


  • しーさんの娘 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    父に勧められて読み始めたら、すっかり磐音の世界にはまってしまいました。父はあと一冊で完結するのをとても寂しがっています。ぜひ、また父が熱中出来る長編を書いて下さい。


  • さなっち さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    初刊からずっと愛読しております。次巻が出るのが待ち遠しかったのですがワクワクドキドキの時でもありました。でもとうとう完結編となり磐音、おこんとの別れが寂しく思います。


  • パール さん (60代・ 東京都・ 女性)

    最終回を楽しみと共に次はないのかなと思うと寂しいです😭最終回 早く読みたいてす


  • 流浪之介 さん (40代・ 山形県・ 男性)

    今年に入ってから「居眠り磐音」シリーズを読み始め、あっと言う間にシリーズ完結まで追いついてしまいました。あと二巻でもう読めなくなってしまうと思うと今から寂しくなってしまいます。是非、今後もスピンオフで新たに磐音「裏」シリーズを続けて下さることを期待しています。たとえば「吉原裏同心」シリーズとリンクするような形で。楽しみにしています。


  • 鷹宮薫 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    楽しく拝読させていただいています。
    しっとりとした江戸情緒があり、紆余曲折する事件もありなのに、読後感は爽やかで穏やかな気分になるのも、主人公である磐音によるところが大きいのでしょうね。
    いよいよ終わってしまうとは、早く最後を知りたいと言う気持ちと共に、寂しさもあります。
    佐伯先生、ご苦労様でした。


  • しぱちゃん さん (50代・ 広島県・ 女性)

    私は磐音のことを「いわちゃん」と呼び、ずっと応援してきました。もうすぐ、長年の田沼意次との戦いが結実するのはうれしいのですが、いわちゃんと会えなくなるのは寂しいかぎりです。


  • ラッシーニ さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    NHKのドラマで拝見したのをきっかけに居眠り磐音シリーズを購読しています。武士の世界を江戸の庶民の目線で描いている点が魅力です。


上へ