居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • マルイチ番 さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    磐音と知り合って10年。もっと合っていたいな。


  • machi-musume さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    居眠り磐音がもうすぐ最終巻とは、寂しい限り。磐音たちのいる江戸の町に自分も生活しているような妄想をしてます。すっと読んで楽しめて、じっくり読み込んでも面白くて、大好きです。佐伯先生はもう決めてると思いますが、読者がその先も想像して楽しめるようなラストであることを願っています。


  • よーちん さん (80代・ 岡山県・ 女性)

    あと2冊で終わるのは、とても寂しいです。スピンオフで、空也編とか利次郎編とか、読みたいです。


  • 日光キスゲ さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    坂崎磐音さんから 届く、年賀状 今から 楽しみに、待って います。 来年は 申年 日光東照宮の さんざるに、ちなんで 悪いことには 見まい 聞くまい 話すまいで すごしたいと、おもいます


  • まこりんかあさん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    私がこのシリーズに出会ったのは五年くらい前。過去にドラマ化してたことも知りませんでした。新聞の書評を読んで面白そうだと手に取ったのが運のツキで、貪るように続きを読み耽りました。磐音のストイックな生き様がかっこよく、惚れました。もう終盤だなんて信じたくありません。でもだからこそ、素晴らしいエンディングを期待しています。


  • お眠り言わねえ さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    もう、終わってしまうのかと思うと、なんだか拍子抜けしてしまいます。
    スピンアウトが何か出版されませんかね。
    期待しています。


  • ぶん さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    生き方、胸の透く活躍に尊敬を覚えます。
    普段の会話に、磐音の語調を真似できないかとも思ったりします。
    ストーリーは出来過ぎの感じもしますが、必ず次を読みたくなります。


  • anklebiter さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐音江戸双紙は、歴史小説として素晴らしい作品です。ほかの佐伯作品も好きですが、居眠り磐音シリーズは、現在で4回目の読み直しをしています。登場人物が多士多才であるばかりか、それぞれの性格や心根が細かく描写されていて、ついつい時間を忘れて読みふけってしまいます。何と言っても、主人公坂崎磐音の道徳観・思いやり・正義感が素敵で、どう育てたらこんな人間に育つことができるのか、子育てという観点からも魅力的です。本当に終わってしまうのですか。残念ですが、佐伯先生から、居眠り磐音シリーズを超える新たな歴史小説が生み出されることを願っています。


  • たろう さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    長いあいだ楽しませてくれてありがとう。また会得ることを信じて待ってます。


  • いっさん さん (70代・ 岐阜県・ 男性)

    次号はどうなるのか待ち遠しいが、なかなか発売されなかった。
    読んでから子どもに回している。
    1巻から読み直そうと思ってている。


  • 修二 さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    旅行の相棒に、一冊手に取ったのがきっかけで磐音ファンになりました。そのあと、職場の休憩室に全巻いていただき、そのあと漫画のシリーズは子供たちにも人気、テレビシリーズ化も、配役もピッタリで面白かったです。


  • taroko さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    とうとう終わりですね。きっと希望通りの内容で気持ちよく終わると信じています。楽しみです。


  • 修三 さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    旅行の相棒に、一冊手に取ったのがきっかけで磐音ファンになりました。そのあと、職場の休憩室に全巻いていただき、そのあと漫画のシリーズは子供たちにも人気、テレビシリーズ化も、配役もピッタリで面白かったです。


  • ドクタートイ さん (80代・ 千葉県・ 男性)

    第一巻からストーリーに引き込まれて、次を待ちわびながらもう49巻になりました。剣さばきのすばらしさ、磐音さんや周囲の人のやさしさに惹かれています。「居眠り磐音」は近所の散髪屋さんのマスターもFANで散髪中もその話題で話が途切れることはありません。私は11月に胃ガンの手術で入院しますが、
    終わった後次の発行を待っています。


  • フジヤマケンザン さん (40代・ 東京都・ 男性)

    テレビドラマでこの作品を知り、ドラマでその魅力にはまって、原作を読み始めました。あれからだいぶ時間がたち、とうとう最終巻ですね。あっという間です。しかし、もう終わってしまうと思うと、最終巻はなかなか読めない気がします。


  • りらっくま さん (20代・ 京都府・ 女性)

    居眠り磐音は、本も、NHKのドラマでも見ていて、大ファンです!優しく、強い磐音さんは、私の永遠の憧れです。


  • オーシャン さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    新刊の発売をいつも楽しみに待っていましたが、それももうすぐ終りかと思うと残念です。
    小説ですが、江戸時代の歴史、庶民の生活等の本も読みながら楽しんでいます。
    妻も大ファンで、読んだ後は言葉使いが変わってしまいます。


  • 痩せたいしずちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    本を読みいろいろ思いを馳せながら、磐音の世界にどっぷり入り込める至福の時を過ごせる私は幸せです。


  • のりなな さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    坂崎磐音は永遠にまっすぐに生きていく頼もしき青年です。1月に終わらせることなくぜひ続けていって
    ほしい。


  • あまぐり さん (60代・ 滋賀県・ 女性)

    私にとって佐伯泰英文学は生きる力になっていると申し上げても過言ではありません。磐音シリーズの完結が近いのでとても寂しい気持ちです。こんなに人気があるのですから、またテレビドラマ化もお願いしたいです。未練は残りますが磐音に劣らない素敵なヒーローの次作に期待をしております。佐伯先生、全国のファンの為に、どうぞお元気でいつまでもいつまでも小説を書いてください。


  • タラコ さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    毎回、楽しんできたシリーズもいよいよ終わりとなり淋しい限りですが、少なくなった他のシリーズを楽しみにしていますありがとうございました^_^


  • 鯰仙人 さん (60代・ 長野県・ 女性)

    休日の楽しみは、磐音の居る江戸時代に行くのが一番です。


  • 長谷川小平 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    只今34巻を読んでます、時代小説が大好きな小生。佐伯ワールドにどっぷりはまって至極の時を過ごしています。


  • 可愛い亜美ちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    母の為にと陽炎ノ辻を買ってきましたが私がすっかりはまってしまい十数年。磐音さんの剣捌きでストレス解消し、あらゆる苦難を乗り越える人間の底力にいつも勇気をもらっています。来年完結との事で様々な思いが湧いてきますが、取りあえず楽しみにしています。佐伯先生ありがとうございます。


  • 山小屋 さん (60代・ 宮崎県・ 男性)

    第1巻を読んでたちまち磐根のとりこになりました。思いがけない展開が次々に繰り広げられ、楽しく読み進めていきました。特に、江戸時代の地図を見ながら当時の風景を思い浮かべると楽しくなりますね。しかし、最終巻が近づくと思うと寂しくなります。


  • jin jin さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    51巻で筆を置く❢‽との、事ですが、非常に残念です、出来れば『空也』の成長も見たいものですが^^;;


  • ユズ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    後、二回で終わってしまうのが、とても残念です。
    nhkドラマも、続編を放送してもらいたいです。


  • y.marusan さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    来春の2巻の発売、今から楽しみです。結末がどうなるのかドキドキしながら発売を待ってます。
    最終2巻読み終われば、初めから読み直し坂崎磐音の世界に再度浸りたいと思います。


  • 宮音 さん (40代・ 宮城県・ 男性)

    父の本棚にずらりと揃った背表紙は、圧巻の一言に尽きます。年賀状はこっそりと、私から父へのプレゼントとさせていただきます。私もこれから一巻から読み始めたいと思っています。登場人物を肴に、父と酒を呑み交わす日々を思いつつ。


  • 桃のコロッケ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    いつも最新刊が待ち遠しく思っていたけれど50巻が近づくにつれ複雑な気持ちが増しています。まだまだ磐音さんの人生を見ていたい…波瀾万丈の人生、自ら切り開き懸命に生きてきた彼に本当の強さ、優しさ、たくさんのことを教えていただきました。最終巻は心して一頁一頁大切に読ませていただきます。


  • よーちん さん (50代・ 岡山県・ 女性)

    あと2冊で終わるのは、とても寂しいです。スピンオフで、空也編 利次郎編とか、読みたいです。


  • チャコタ さん (60代・ 山梨県・ 女性)

    只今11巻 毎晩時のたつのも忘れ朝方まで読んでしまいます まだ沢山読めるとわくわくしています
    ただ完結してしまうと思うと残念でたまりません


  • さぶやん さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    弟が持っていた26冊目から借りて以来、病みつきになり、現在まで発売を待ち望んで購入しています。 すっかり頭が持っていかれました。磐音はもとより。おこん、奈緒が断トツに気になります。以来佐伯さんの本はかなり読みましたがこの本が一番心をひかれます。NHKも全部録画してたまに見ています。是非続編も作ってほしいと思っています。磐音が山形に行く情景は土地感があるので楽しめたし、法師の湯にも弟と行き楽しんできました。この上は全員が極上のハッピーエンドにしてほしい。(もう完成しているとは思いますが)正月の発売を楽しみにしています。


  • ターチャン さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    シリーズ第一巻から読み続けています。いよいよ大団円を迎えそうですが、磐音一家が全員無事で終了することを祈るばかりです。佐伯先生どうぞよろしくご健筆を振るって下さるようお願いします。長年親しんできたシリーズが終了すると楽しみが減ってしまうのが残念ですが、そろそろ潮時かなと自分を慰めています。
    年賀状を楽しみに待っています!


  • 夢の介 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    江戸の文化と歴史を勉強しています。佐伯先生の史実に基づいた人物や店の登場を毎回楽しみにしています。


  • O-大宮 さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    第1巻からの読者です。磐音の苦難と成長とが楽しみです。

    おこんとの結婚、子供の成長、弟子たちの成長、家族の絆、等.現代社会にも引継がれている。

    次巻が楽しみです。  


  • セイちゃん さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    磐音と田沼意次との長期にわたる闘いがとても面白かった。何時も発売するのがとても楽しみでした。


  • ミッシェル さん (60代・ 東京都・ 女性)

    はじめまして、毎回楽しみに愛読しています。後2回さみしくなります。磐音さんはもう家族のようです。このシリーズの本は先になって老人ホームに入ってもきっと持っていきますよ!


  • きよしんぐ さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    佐伯先生の本が大好きです。
    居眠り磐音のテレビドラマシリーズを復活させてください。


  • チャッコ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    ”居眠り磐音 江戸双紙”は初刊から欠かさず、楽しみに拝読させて頂いています。独り者の磐音がお今を娶り、苦労を色々重ね、子供を二人授かりと「人生」を感じます。シリーズが完結してしまうのは非常に残念ですが、どのような終わり方なのか非常に楽しみにしております。
    他のシリーズも楽しみにしております。一つのシリーズが終わったということは、また新たなシリーズが始まるのではと期待しております。
    NHKの映像でも佐伯先生の作品楽しまさせて頂きました。
    何時までもご健康にご留意頂き、私たちファンを楽しまさせて下さい。
    どのような年賀状を頂戴出来るのか楽しみにしております。


  • たもやん さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    現在、38東雲ノ空を読ませていただいております。
    東京の地図お見ながら、毎日楽しんでおります。


  • 雲の散歩 さん (60代・ 山口県・ 女性)

    夢の企画ですね!    磐音さんより年賀状が届くなんて!!
    きっと”こいつは春から縁起がいいやの一年” になることでしょう。
    佐伯先生の”スピード感溢れる居眠り磐音”に心を奪われます。
    これからも読者の心を奪ってやまない作品をお願い申し上げます。


  • スワネコ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    図書館で仕事をしています。佐伯さんの本はどのシリーズも大人気ですし、早くお読みになりたい利用者さんはまだ正式な発表がされていないのに次号の予約を出されます。壮大なスケールのお話もいよいよ完結。新たな作品が楽しみです。


  • ヨシ さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    長い間ありがとうございました。続編を期待します。


  • ママ41 さん (50代・ 鹿児島県・ 女性)

    何年前だったでしょうか、これまで時代小説にはほとんど縁のなかった私が、近所の本屋さんの平台に
    並んでいた「居眠り磐音」に何故か惹かれ、しかも既に10巻ほど出ていたのを決して普段はそんな冒険をしないのに一気買いしたのは、いまでも本の神様のお導きだったと感謝しています。

    その後はまったのは、兄、従妹、伯母、友人・・・、大好きな世界を共有できるのは、本当に楽しく、
    6年前には従妹や姉と古地図を片手に、深川・両国散策旅行もしました。

    磐音さんがもうすぐ終わってしまうのは淋しいですが、作品的には完結で正解なのだと思います。
    ファンの希望としては、いつか外伝を出して頂ければ、成長した空也君に逢えるとか・・・
    嬉しいんだけどなぁ。


  • ぶらり新兵衛 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐音に出会う前の愛読書は、推理小説でした。時代小説も面白そうで、どれを読もうかと書店の棚の前で試案していた時、この居眠り磐音に会いました。あれから7年、次の巻が出るのを楽しみにしてきました。様々な人物の登場で、人間一人では生きられず、お互いに助け会いながら生きてゆかなければと再確認しているところです。来年1月を楽しみにしています。


  • leemorgan さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    江戸下町風景・架空ではあるが九州の城下町の風景を愉しませて貰いました。


  • 居眠り狂四郎 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    妻の友人の面白い本との話がきっかけで1巻から最新刊(現在49巻)まで愛読しております。発刊の感覚があいているときは毎朝新聞の本の広告欄を見て次はまだかなという思いでした。51巻で完結するという佐伯先生のお知らせを読みどのようなかたちで終えられるのか楽しみにしております。


  • himawari さん (70代・ 岡山県・ 女性)

    いつも楽しく拝読しています。
    佐伯先生の大ファンで、「居眠り磐根」しかり「吉原裏同心」「新・古着屋惣兵衛」「鎌倉河岸捕物控」
    「完本密命」「新・酔いどれ小藤次」などなど楽しんで読ませていただいています。
    座光寺藤之助も終わり、1月には磐根が完結( ;∀;)寂しい限りです。
    磐根の最終章も気になりますが、「新・居眠り磐根 江戸双紙」が始まらないかと期待しているのですが


  • セッチャン さん (60代・ 東京都・ 女性)

    ダイファンです。後2回で終わるのが残念です。
    nhkのドラマもぜひ、続編を放送してもらいたいです。


上へ