居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • マリのママ さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    坂崎磐音の周りには心穏やかで優しい人ばかりが集まっており、読後はいつも彼の剣の持ち味そのものの陽だまりにいたように温かくなります。またどの巻から読み始めても登場人物の関わりが述べられているので全く違和感がありません。登場人物の中では脇を固める三助が味わい深いですし霧子の女性としての成長も嬉しく読ませていただいています。また深川、日本橋をはじめとする江戸の町の様子も興味深く実際に足を運ぶきっかけとなりました。シリーズは一旦完結するとしても次回は空也を取り巻く新たな物語に発展していって欲しいです。


  • Tom さん (40代・ 新潟県・ 女性)

    私が時代小説にはまったきっかけになったのが、居眠り磐根シリーズでした。毎巻、読むたびにスカッとさせてくれる佐伯先生の本はわくわくしながらも安心して読んでいられるので、本当にありがたいです。(最近の話題の本はえぐい描写が多いので、私には安心して読めないものが多いのです。)ちなみに最近、義父、義兄のお嫁さん、ともに磐根ファンとわかり共通の話題ができそちらでも大変助かっています。


  • む~みん さん (60代・ 山梨県・ 女性)

    優しい磐音と一緒に、江戸の街歩きを
    いっぱいして来ました。
    完結も、うれしいような、さみしいような、、、、


  • ぼやき爺 さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    第1巻から第49巻まで何回読み返したでしょうか。次の巻が待ちきれずにです。
    それも来年1月で終わりになると思うとたまらなく寂しい気持ちで一杯です。
    9月に「交代寄合伊奈衆異聞」とお別れして又お別れなのですから。
    長い間楽しませていただき有り難うございました。そして長期間の執筆ご苦労様でした。
    「吉原裏同心」と「酔いどれ小藤次」はまだまだ続けていただきたいと、お願い申し上げます。
    それぞれのシリーズの主役や脇役も好きですが、佐伯泰英さんの大フアンでもありますから。
    お体に充分気を付けてまた新しいシリーズにお目にかかれることを希望しています。


  • みづき さん (70代・ 静岡県・ 女性)

    磐音は、もちろん大好きですが、その他の登場人物もそれぞれに魅力があり彼等の人生を応援していました。そして、一番魅力的なのは佐伯先生です。時々熱海の海岸をみかんちゃんと散歩している姿をお見受けするとその日は一日幸せな気分になれます。ありがとうございます。


  • NanNan さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    TVシリーズで知りましたが、読書好きなので本もがっつり読みました。完結するのが楽しみでもあり、寂しくもありって感じです。


  • まーちゃん さん (80代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯さんのファンで、中でも居眠り磐音がお気に入りで、毎回新刊を楽しみにしてます。いよいよ完結ということで、淋しいものの結末への期待も大です。


  • バーディー さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    きっかけは、NHKのテレビ時代劇で『居眠り磐音』を観て、本を読み始めました。
    登場人物一人ひとり魅力的で、毎回本が発行されるのが待ち遠しく購入すると一晩で読み終えてしまい
    早く次巻がと…。
    シリーズが続くことを願っていましたが、今回で完結。楽しみが減ってしまいとても寂しいです。
    長い間、楽しませて頂きありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
    できることなら、番外編で本が出版されることがありましたら「ビックリポン」で嬉しいです。


  • 重耳おじさん さん (40代・ 宮城県・ 男性)

    2年前からの読者なので、一気読みさせていただきました。大団円を迎えるた時、磐音と磐音を取り巻く多くの人びとがどう感じ、生きているのか思いを巡らしています。


  • 兎人 さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    後少々で完結かと思うとさすがに寂しい。長いこと楽しませていただきました。佐伯先生の作品の中では、小藤次さんの次に磐音さんが好きです。清廉潔白の士というイメージがあります。おこんさんや道場の面々のキャラも好きだし、白山も老いてなおいとおしい。影次郎のアカもそうだけど佐伯先生の作品は犬がまた格好いい。書き下ろしというのでしょうか、単行本でなく文庫本であることも有難く、私は電車の中で読むのですが、良い意味でのめりこみすぎず、飽きず、楽しくはまっています。長編をきちっと締めつつ、なお多くのシリーズを手掛けておられる佐伯先生のパワーと自己管理力に感服します。


  • tomisan さん (70代・ 愛媛県・ 男性)

    最初から、飽きることなく一気に読める楽しさ、
    完結が待ち遠しかったです。


  • 感謝ノ辞 さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    「陽炎ノ辻」から全巻購入してます。15年にも及ぶ大長編ですので、最後は全員がハッピーエンドとなることを期待しています。品川柳次郎や竹村武左衛門など、主な主要人物のスピンオフ作品も読んでみたいものです。


  • ミッキー さん (50代・ 東京都・ 男性)

    日々みずからの行動を顧みて磐音の心をよむ


  • 86歳のコンチャン さん (80代・ 兵庫県・ 男性)

    長い間楽しませて頂いてありがとうございます新巻がでるのをたのしみにしておりました今は吉原裏童心と光圀に期待して新刊の出るのを楽しみにしております 


  • 磐音ファン さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    シリーズが完結するのは楽しみですが、それ以上に寂しいです。


  • doragonnの母 さん (60代・ 岩手県・ 女性)

    「磐音」、人としての理想です。こんな風に生きることができたら、と思います。また「磐音」を取り巻く人々がやはり魅力的です。誰しも自分の中に少なからず持っているものをそれぞれに体現しているように思います。人は弱さ・醜さを抱えながらもそこに目を瞑るのではなく、見据えてて生きていくことが求められている…と思いつつも現実は反省・後悔の日々です。『居眠り磐音 江戸双紙』を読んで登場人物の人生を疑似体験し、いくらかでも人として成長できたらな~と思います。私個人の感想ですが、途中で他シリーズと登場人物の設定が混在したり、展開が散漫になったように感じます。また「おこん」が、年齢的成長のせいか、らしさが消えたようで不満です。でもこのシリーズ大好きです。


  • ミッキーのママ さん (70代・ 千葉県・ 女性)

    私は時代物が好きで、NHKで放映されてから、好きになって早速買い求め、面白くなり、一冊ずつ購入して、読み進んでいます。坂崎磐音の生き方、周りの人々との関わり、助け合いが江戸の下町人情が良く描かれて、今でも通用する場面が出て居るので、参考になります。何回も読み返しています。 磐音が歩いた足跡をたどりたいと思います。


  • しげ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    このシリーズが終わってしまうのが、非常に残念に思います。再度、初めからシリーズを読み返しております。


  • ぶき さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    新刊がでるのを楽しみに毎回複数回読んでいます。発刊の間隔が長く、発刊日が待ち遠しいです。


  • 北海の白熊 さん (60代・ 北海道・ 男性)

    初めがあれば終わりも必ずある、磐音よサラバ。


  • じろちゃん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    新刊が出るたび、毎回楽しく読んでいますが、その後繰り返し読んでも面白いのが、凄いと思います。


  • ルールー さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    磐音様との出会いはドラマからでした。登場人物の一人一人にそれぞれの魅力を感じ、現代の人間がどこかに忘れてきてしまったものを感じながら作品を読み進んできました。
    いよいよ完結。もう一度読み返してみようと思います。


  • roseheart さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    私はテレビドラマで坂崎磐音が好きになりました。シリーズが完結してしまうのは残念です。佐伯先生素晴らしい作品をありがとうございました!


  • フラックス さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    「酔いどれ小籐次留書」から読みはじめ、まだ10年ほどの読者です。それ以来「吉原裏同心」「居眠り磐音」「密命」「新古着屋」とシリーズを読み続けております。当時の江戸庶民の暮らしぶりを想像しながら読んでおります。


  • 未来 さん (50代・ 東京都・ 女性)

    母と2人でファンです。母は何度も読み返しては面白いと言っています。
    でも佐々木玲圓さまとおえいさまの自裁の場面は、1度のみしか読んでいないとのこと。
    私も涙涙で悔しくて読み返すことができないです。
    どうか完結で皆が幸せになれることを祈ります。


  • たけごん さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    初めて読んだ時には20巻以上出版されていましたが、夢中で読み続けて追い越してしまいました。
    今では発売が待ち遠しい程です。磐音のような人が現代にいたら男女の境なくモテるのでしょうね。
    完結するのが楽しみでもあり、寂しい気もします。


  • いねむり太郎 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    田沼との戦いも終わり、どのような結末を迎えるの最終話を楽しみにしています。


  • メインクーンのばぁば さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    長い間楽しませて頂いた「居眠り磐音」シリーズ。
    50巻で終了することは覚悟していましたが、40巻をすぎたあたりからはカウントダウンに入り、物語の展開とどちらも気になり落ち着きませんでした。
    完結した後、私は何を楽しみに待つのか 今は自分にも判りません。


  • 乱蔵 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯泰英先生の作品の中で、一番好きな作品であり間もなく終わるのは残念でなりません。
    先生のご健康を祈念致します。良い作品を有難う御座いました。


  • あんこときなこ さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    完結するのが、楽しみでもあり、寂しくもあり。


  • 卯月の八日 さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    ドラマ化を聞いて、原作第1巻を手にしました。出だしはとてもつらかったけれど、江戸にでてからの磐音はまわりの人たちに恵まれていました。出てくる人たちがイキイキしていて明るい。
    さわやかな後味にはまってしまいました。
    大好きな話は、実は磐音が旅に出ていた江戸で起きた品川柳次郎とお有の恋物語。
    誠実な柳次郎をみなが助けようとしてくれる・・・とてもうれしくて最後には幸せな二人に涙が出ました。
    いまも印象に残る巻です。


  • カナママ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    仕事を辞めて次の仕事を探していた時
    「居眠り磐音」に出逢いました。
    夢中で読み切り次の巻が出るのを楽しみにするようになりました。今も次の巻が出るのを楽しみにしていますが、それが最後になる事の実感がまだわきません。
    佐伯先生、本当にお疲れ様でした。


  • ももさぶろう さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    第1巻から磐音の世界にはまりました。
    友を失い、江戸での長屋暮らし。今津屋の用心棒などの仕事からいろんな人とのつながりの中で成長していく磐音。芯の強い人というイメージです。誰にでも頼られ、期待を裏切ることなく自然体で立ち振る舞っている。幾多の困難も乗り越えていく磐音から目が離せません。
    磐音の活躍も終盤に差し掛かっているようですが、これからの活躍も楽しみにしております。


  • 坂崎駄目根 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    波乱万丈なストーリー、泣けて笑えて、登場人物の成長を自分の家族のように見守って、ページがラストに近づくと「あ~、もっと読みたい」一巻読み終えると「あ~、次が早く読みたい」こんなに気をもたせる小説はめったにないですね!


  • えいちゃん さん (50代・ 福島県・ 女性)

    磐音さんを読んでから時代小説のとりこです。繰り返し読んで、言葉を含んではまた読むを繰り返しています。全て良いの一言です。


  • tyah さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    あの複雑な時代背景や人間関係、そして人名を駆使して月間一冊ずつ書き進めるなんて常人では到底考えられません。読むたびによくもこのようなすじが次から次へと思いつくものだと感心します。磐根シリーズが終わるのは残念ですが、つぎの新たなシリーズを鶴首して待ちたいとおもいます。作者にはくれぐれもご自愛ください。


  • 居眠り支店長 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    あと一息、どんな結末になるのか楽しみです


  • トロっち さん (40代・ 静岡県・ 女性)

    TVドラマの「居眠り磐音~陽炎の辻」を見て、原作を購入して以来、すっかり家族中で佐伯作品にハマっています。
    全てのシリーズを読んでますが、やはり「居眠り磐音」は一番好きですね。
    何度も笑い、涙し、何度も読み返しました。
    磐音やおこんの生き方、考え方に、自分が迷った時は背中を押してもらったことも。
    何より家族全員が好きで、磐音話や佐伯作品の話で盛り上がれるのは幸せなことだと思っています。
    そんな「居眠り磐音」もいよいよ完結。最後まで読める嬉しさと、終わってしまう寂しさと、複雑な気分です。
    いつか続編が読めたら嬉しいですね。


  • しろいちろ さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    児玉清さんが ラジオ(NHK)で居眠り磐音 江戸双紙を紹介されたのがキッカケで書店へ走りました。時代小説
    は、四季があり、風情があり、人情があり、これがよかったシリ-ズ完結楽しみです。


  • miesan さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    佐伯先生の各シリーズ長年楽しんでおります。終刊しても空也シリーズで再会出来ますことを願っております。


  • rokko さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    時代小説にはまるきっかけが、このシリーズです。歴史に沿って続いてるので、どこかで終わりが来るとは思ってましたが、とうとうシリーズの完結を迎えるのかと思うと、淋しいです。素敵な登場人物がたくさんなので、スピンオフを期待しています。


  • さくら さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    磐音は初巻から書店に予約して、発行日は手帳に記入して書店に行って、読みました。
    購入当日、一気に読み続いて一週間後にじっくりと読み、次回発行日前にまた読み都合三回は読みました。
    次は二世が成人した時代の話を期待します。


  • あやっち さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    何のきっかけで読み始めたか忘れてしまう程以前ですが、これほど夢中になったのは池波正太郎さんの鬼平犯科帳以来です。江戸時代に生まれたかったとさえ思わせてくれた作品に出合えて幸せだと思います。これだから本はやめられない!
    佐伯泰英さんのこのシリーズは私にとって永久保存版、何があっても手放しません。そして、完結を迎えても何度でも本を開いて磐音さんやおこんさんに会いに行こうと思います。


  • marchan さん (70代・ 東京都・ 女性)

    磐音からの年賀状ってどんなものか見てみたいです。ぜひとも送って下さい。


  • は~いです。 さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    友達が磐音フアンで読み終わったのを回してもらい読んでいます。最初は時代物なんだ~でしたが今では次を待っている私が居ます(^-^)


  • pocha0111 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    カッコいい! こんな男になりたかった。新刊が出るのを心待ちにしていた。どんな形でもいいから、また会いたい。


  • りりたか さん (60代・ 東京都・ 女性)

    シリーズ全部読んでいます。こんなに気持ち良く、楽しく読めるシリーズは初めてです。夕方、食事の支度がいつもより頑張れます。励ましてもらった気分になれます。


  • BAPON さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    坂崎磐音は、憧れの男です。世の中、磐音の様な、筋を通し、礼節、恩を忘れず、義理人情に厚く、こんな男ばかりなら、どんなにか良いでしょう。シリーズが終わるのが、ホントに悲しい。楽しみが無くなります。佐伯様、お疲れ様でございました。


  • 小菊 さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    いつも楽しく読ませていただいております。居眠り磐音シリーズ完結おめでとうございます。
    磐音を読んでいると、いつもドラマで磐音を演じていた山本耕史さんがちらつきます。かっこよかったですよね。これからも素敵な作品を期待しております。


  • バーバラ・ゼン さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    一冊の「居眠り磐根」で、私本人、会社の同僚、友人夫婦、その両親が読み継ぎ、
    そして今、その本を40代の友人が読み始め夢中になっています。
    一月に終わるかと思うと、寂しさでいっぱいです。
    通勤時間の友でした。本に夢中で降車駅を乗り越したことも一度や二度ではありません。
    その為に朝は家を早く出て出勤しました。読む本がない時には磐根を一冊持って出勤です。


上へ