居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • えいちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    第1巻陽炎ノ辻から最新巻まで、楽しみに読んでいます。もうすぐ完結、残念。坂崎磐音のような、自分のことより相手のために、尽くすような人物になりたい。


  • シゲ さん (50代・ 愛媛県・ 女性)

    居眠りシリーズにはまっています。磐音の持つ正義感や思いやりが良い。中でも、田沼派から追われて尾張、紀伊への旅は胸を打ちます。座光寺藤之助-玲奈、小藤次-おりょう様に劣らず磐音にもおこんさんという相方がいて時代を超えて応援をしたくなるし、その時代にタイムスリップした感じになります。


  • けいけい さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    坂崎磐音が故郷豊前から江戸に来て色々な人と交わり成長する姿がいつも励まされました。
    いよいよ最終編に成るとの事「おめでとうございます。」


  • 齋 一 さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    10年後の居眠り磐音パート2を始めて欲しいです。彼らの子供達を主人公に始めて欲しいです。


  • しまかめ さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    図書館にて磐音の本を何気なく持って読んでからのファンです。以後発売日には必ず本屋へ立ち寄り、積み重なっている単行本の上から3冊目を買っていました。それも来年で終わると思うとさみしい限りです。
    しかし、いつもは本を読まない私がこれだけ熱中させてくれた事に心から感謝いたします。本当にありがとうございました。


  • 伊賀の弥助 さん (60代・ 三重県・ 男性)

    時代小説を読むのが趣味で、今まで沢山読みましたが、居眠り磐音の様な娯楽性豊かな時代小説は初めてで
    はまってしまいました。きっかけは息子(三男)から第1巻~第4巻を誕生日祝いに貰ったことです。
    それから何年経ちましたか、4~5回は繰り返し読んでいます。


  • 草津湯マコさん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    あまりにも主人が、熱心に読み耽っている姿に感化され、読み初めました。
    おこんさんの優しく、強い凛とした女性になりたいと思い巡らせながら、主人のあとからファンになりました。
    磐音、おこんの様に支え合いながらこれからも、歩いて行こうと思います。佐伯先生ありが
    とうございます


  • なおちゃん さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    磐音の大ファンです。勧善徴悪でわくわくドキドキが魅力です。空也がどんなふうに成長するのか楽しみです♪空也編を書いて欲しいです。


  • ときそう さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    第一巻から発売日に購入して読み続けています。娯楽小説は古書か借りるかなのですが、磐音だけは毎回の発売日が待てないくらいのめり込んで読ませていただいています。物語のスケールが大きく、主人公だけでなくすべての登場人物の個性を丁寧に描いていて、それぞれに引き込まれてしまっています。また、むだに人を殺さないところも好きです。もうすぐ終わってしまうのはとても残念です。甘いと思われてしまいますが、大ハッピーエンドにしてほしいです。


  • ばけつ さん (60代・ 山梨県・ 女性)

    兄妹から おもしろいよ と勧められて はまりました。 早く次の本が出ないかと 首を長くして待っていました。 読み始めると直ぐに読み終わってしまい 又 長い楽しみの日を待っています。回が進んでくると いつ 完結してしまうのか 心配になります。 でも、やはり 終わりになってしまうのですね。完結を 読めないで逝ってしまった 義理の弟の無念を思ってしまいます。 時代小説で 江戸の街や その頃の様子が 大変なよくわかり 楽しく ハラハラしながら 読みました。完結おめでとうございます。


  • しげっちん さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    よくぞ、第1巻から続いたものだ!これも磐音のおかげかな?


  • 坂本孔明 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    タイに駐在していた2006年からの10年来のファンです。剣道をやっていた事もあり嵌まってしまいました。完結は残念ですが区切りも必要と思います。


  • MIZI さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    あと2巻とは・・・終わってしまったら、その後はどうすればよいやら。でも楽しみです。
    長編お疲れ様でした。長い間楽しませていただきました。


  • 大掾国路 さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    武士の生き方の見本、日本人の心のふるさとのような物語です。


  • ひろじい さん (60代・ 広島県・ 男性)

    いつも楽しませてもらってます。お二人を理想のカップルとして見習いたいです。


  • 素浪人 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    この歳になっても、毎回楽しみにしています。


  • 貴さん さん (40代・ 兵庫県・ 男性)

    続編をお願いします。面白く読ませて貰いました。


  • 大枝じいちゃん さん (90代・ 京都府・ 男性)

    手帳に発売日を毎回記入し 購入しています。  第1巻からの 磐音の人生が 一つの区切りを迎えようと しています 最終巻を 手にするのは 少し寂しい気がしますが これも人生 また 最初から 読み直します。  


  • 三島 宏 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    やはり坂崎 磐音の魅力がつい読みこんでしまう、原点でしょう。
    加えて、おこんさんの女としての魅力、これがまた、読み込む原因ですね。
    さて、結末は?楽しみです。


  • 夢見る江戸小町 さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    私もこの時代にタイムスリップして、磐音ファミリーの一員になって活躍したいです。でも、家事は苦手なので、まずは行儀見習いから。おこん様直々に色々ご指導していただきたいです。磐音様以上におこん様は肝が据わっておられたのでしょうか?いつの間にか、おこん様が私の人生の師匠のようです。こんな女性になれたら、うちの旦那様も最高に喜んでくれそうです。


  • つる梅もどき さん (50代・ 福島県・ 女性)

    昨年、亡くなった母が大好きで、私も一緒に読んでました。いよいよ完結で、寂しいです。母にも、最後を報告します。


  • Don-iwane さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    正しい事を正しいと私の代わりに言ってくれている。常に、弱者の味方である、磐音の心情がたまらなく好き。


  • ちょっとです さん (70代・ 岐阜県・ 女性)

    図書館のちょっとしたスレ違いでこの本にはまりました。まるで初恋のようにはまり早速出版されている分全部読みました。おこんさんに少し悪いかしらね。その方から年賀状が頂けるて、お正月が待ち遠しいです。
    佐伯さんの本まだまだお待ちしてます。


  • ツエ さん (50代・ 福島県・ 女性)

    磐音シリーズ大好きです! とにかくずーっと終わらないでと願いたい! シリーズの中で磐音とおこんが結ばれたときは一番キュンキュンしました♪ 良かったなぁ~って(笑)こんなにワクワクドキドキする小説にもう出会えないかなぁ・・・。


  • きよちゃん さん (50代・ 奈良県・ 男性)

    豊後関前藩の将来と奈緒さまの未来、また坂崎磐音の活躍を期待しております。只今7巻拝読中です。


  • ちゅういち さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    会社の同僚から、磐音のことを聞かされ、完全にハマってしまい、一気に読み上げました。
    人情溢れるところ、窮地に追い込まれても多くの人の助けがあり、乗り越えていく場面で何度涙したことでしょう。
    後半戦では、磐音が大きな人となり、若かりし頃に見られたおどけたところ(本人はそう思っていいないのでしょうが)が見られなくなったのがやや残念。おこんもすっかり貫禄が出できたので致し方ないのですが…
    それにしても随分楽しませていただきました。これで火がついて、他のシリーズも読破、逆に今度は私が同僚に推薦しております。


  • sachirin さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    自分の置かれた境遇を受け入れ真っ直ぐ生きていく姿、町人の中で頼られる存在となっていく過程を楽しんで読みました。


  • パルぱる さん (50代・ 東京都・ 男性)

    完結してしまうのは本当に残念です。ひょんな話から、読んでいる事がわかり、盛り上がって周りに進めまくって仲間作ってきました。今後は違うシリーズで仲間集めをしようかと思いますが、みんな読んでいますね。酒の肴にはもってこいの本です。


  • ショコラ さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    山本耕史さんの顔が、すぐ浮かびます。
    居眠り磐音さんと山本耕史さんが、うまく合いますね。
    新しいテレビ放映を待っています。


  • おにかいさん さん (60代・ 青森県・ 女性)

    シリーズ全巻読んでおります。楽しませていただきました。終わるのが残念です。仕事のストレスから解放されて、江戸時代に潜り込んで磐音さんの剣術でスッキリするのが私の健康法でした。これからどーしようと思案しております。また繰り返し読み返そうかと思います。


  • 一刀両断 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    一巻より、楽しみにしています。もう完結かと思うと寂しく思います。空也の時代はないのかな?おこんさんのファンです。


  • 奈良の佐伯ファン さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    「陽炎の辻」以来毎年楽しみに読み継いで来ました。気がつけば49巻。私が読んだ小説の中で「居眠り磐音 江戸双紙」は最長の小説でした。磐音も青春時代からおこんとの結婚、子育てと時代は継がれてきました。毎回はらはらドキドキの連続でしたが1月にはついに完結とのこと。寂しい気もしますが、平和な時を迎えてほしいものです。15年間、楽しいひとときをありがとうございました。


  • fzuka さん (70代・ 東京都・ 男性)

    物語の展開に新鮮さを感じて第一巻から心を奪われて一気に読んでしまう本でした。 ですぐに次作を読みたくなり発行を心待ちにしていた十数年でした。 その楽しみが・・・・来年には終わるとは残念でなりません。 長い間ありがとうございました。


  • さこ さん (30代・ 千葉県・ 女性)

    11年間書店勤務をしてまいりました。文庫担当になったときに、お客様からとても嬉しいクレームがあったのです!
    何故、嬉しいのか?
    それは、『あなたが薦めてくれた文庫(居眠り磐音江戸双紙)面白くてハマっちゃったわ!!どうしてくれるの!?』と笑顔でのクレームです!!
    クレームって嫌なことばかりじゃないって学びました!!
    そして、その本の大ファンに私もなりましてございます!だっていろんな人に薦めまして、皆さん直ぐに全館読破して『次出たら電話で知らせて!!』って仰るんですもの!
    こりゃ読まないと人生の損だわ!!とおもい、ついに私もハマって今か今かと出版されるのを心待ちにしております!書店勤務を終えたいま、此方のHPで確認するのが楽しみです。


  • 秋桜 さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    居眠り磐音、次の本が何時出るのか冷蔵庫に貼り付けてる佐伯通信で確認してました。友達と本友で盛り上がってます。


  • アポロン文庫 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    非常に面白い。「密命」の終わり方が余りにも酷いと感じたが、「交代寄合伊那衆異聞」の最終刊の内容がまあまあだっただけに、大いに期待している。この書だけは手放したくない。時代小説は好みの分野で、柴田錬三郎はことごとく読破し、手放したくない書籍だが、同様に佐伯泰英氏も当分手放せそうに無い。


  • もっちゃん さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    我が家の本棚の一番大切な場所にしまっています。
    毎回、楽しみに拝読させていただいております。
    小生も剣道を高校・大学時代にやっていました。
    磐音の生き方に憧れ、自分の精神面で大いに役立っています。
    来年の完結編は楽しみであり、寂しい気もします。
    いつか子供もこの本に接し、感動する気持ちを共有出来たらいいなと思います。


  • すずまろ さん (60代・ 青森県・ 女性)

    陽炎の辻を読んだとき、本当にわくわくして、たちどころにファンになりました。
    早く続きが読みたくて、「いわちゃん(我が家では磐音シリーズをこう呼んでいます)まだかな~」と待ち焦がれる日々でした。
    もうすぐ終わってしまうのは、寂しいけれど、どんな結末になるかが楽しみでもあります。
    主人公の強さはもちろん登場人物たちの生き生きとした軽妙なかけあいも大好きです。


  • みどり さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音の時代、生活、物語をそのまま現在に持ってきたい気がします。現代は何もかもが便利で暮らし良いように思いがちですが、この時代の方が他人を思いやり、人間らしく暮らしているように思います。終わりのない話と思っていましたが。他の著書は終わっても、これだけは終わりなく続けて欲しいと思います。


  • ギズモ さん (30代・ 茨城県・ 女性)

    私が居眠り磐音を知ったきっかけは、NHKの時代劇でした。昔から時代劇は嫌いではなく、その内容の面白さからどんどん引き込まれました。
    原作があると知り、丁度その頃発売された更衣ノ鷹から読み始め、途中からではありましたが、はまってしまいました。子供の頃読書は全くというほど、本を読まなかった私ですが、「まさか私が!?」というくらい、磐音という人物に魅了されました。
    その後は1巻から全部買い占め、病気で入院した時、仕事に行き詰りを感じたときは何回も何回も読み直し、励まされてきました。
    こんなに温かくて感動する小説はありません。佐伯先生や、磐音様にどんなに助けられたことか。
    完結してしまうのは本当に寂しいですが、私の中に磐音様は永遠に残ります。
    読書好きにしてくれてありがとうございます。心から感謝しています。


  • 清友庵 さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    磐根ファンになったきっかけは、テレビを見てからでしたが、それ以来、本が出るのが楽しみになりました。シリーズがもう終わるのかと思うと、とっても淋しいです。
    パートナーも磐根シリーズを愛読しておりますので、彼にもお年玉プレゼントとして年賀状を送ってください。
    よろしくお願いします。


  • 由蔵らぶ さん (50代・ 熊本県・ 女性)

    居眠り磐根シリーズだけは、第一巻から繰り返し読んだおります。たくさんのキャラクターの中でも由蔵さんが一番好きです。


  • ふにゅりん さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    大変、良く書けていておもしろかった。今後も期待しております。


  • hassan さん (80代・ 兵庫県・ 男性)

    各巻の爽やかな読後感と名残惜しさが後を惹く大河小説も遂に完結か、単なる大衆小説の枠を超えた素晴らしい作品でした。


  • ジィ さん (80代・ 埼玉県・ 男性)

    父が居眠り磐音の大ファンで、新聞広告を見て磐音からの年賀状を欲しがったので、代理で応募させていただきました。
    楽しいお正月になるよう、期待して待たせていただきます。
    ステキな企画をありがとうございます♪


  • 浅草蔵前長屋住まいの小商人 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音江戸双紙・全巻読破次はいつか?次はいつか?と首を長くして待っています。
    モチロン隠密裏同心・古着屋総兵衛・新古着屋総兵衛も。
    毎日の行動範囲も作品の知った地名・場所が出てくるので頭の中で自分なりに臨場感をもって楽しんでいます。裏同心をまねれば「いつでるか つぎはいつかと まちこがれ」駄作であったか。


  • ひさひさ さん (70代・ 東京都・ 女性)

    初版からはらはらしながら読んでいます。早く磐根夫婦に幸福になってもらいたいと願っているのですが、来年どんな結末になるのか楽しみにしています。


  • まやまや さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    とうとう居眠り磐音 江戸双紙ファイナルですね。
    さみしいですがまた何らかの形で再会したいものです。


  • まみい さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    強くて優しく懐の深い主人公に憧れ、いろいろイメージを膨らませて楽しんでおります。


  • フッシー さん (40代・ 奈良県・ 男性)

    長い間、感動、興奮、切なさ、悲しさ、哀しさなどいろいろと与えて下さった佐伯先生、そして坂崎磐音をはじめとする登場人物にお礼申し上げます。ありがとうございました、そしてお疲れさまでした。これからも小説の様々なシーンは、私のこれからの人生の中で生き、蘇り続けるでしょう。


上へ