居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • miyo さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    磐音の強くて優しくてまっすぐなところが好きです。友やかつての許婚を忘れずに欲もなくいろんな人から頼られ魅力です。家族と江戸を離れる旅は子供を授かりましたが余りに厳しく読んでてもつらかったです。名古屋についたころから少しまたほっとしました。完結は寂しいですがみんな幸せに終わって下さい。


  • かっちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    旅行の電車の中で読むため購入しはまってます


  • 鬼平 さん (80代・ 千葉県・ 男性)

    51巻を以て終ってしまうのは残念だが、田沼が居なくなっては話が行き詰まるのは仕方がないかもしれない。テレビの映像は、陽炎の辻1~3までのDVDを今まで何回見ただろうか、何回見ても飽きないのは一緒に見ている妻も同じである。本も何回も読み返したが今読んでも新鮮である、テレビは磐音とおこんの仮祝言で終っているが、金兵衛が孫と遊んでいるところが見たかった。続編は難しいか。なお、時代ものを読まない妻が、今でも繰り返し読んでいるのは、坂崎磐音だけである。


  • 名広 高子 さん (60代・ 東京都・ 女性)

     夫が大好きで、つられて読むようになりました。そのため、我が家の夕食時の会話には、磐音やおこん等の登場人物のほか、時代背景についての会話が多くなりました。ちょっとした歴史のおさらいです。
     また、私はせいぜい2、3回読むくらいですが、夫は何度読んでもおもしろいと、再読を繰り返しています。ですから、たとえシリーズが終わっても、我が家での居眠り磐音・江戸双紙による歴史おさらいは続くことでしょう。


  • 行楽 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    「居眠り磐根の江戸双紙」の絵図を頼り、居眠り磐根が足跡を残した江戸の町々を!特に深川、本所、向島、上野、日本橋を深川江戸資料館・東京江戸資料館の展示を見ては、江戸の時代に思いを馳せ、喜びを感じる今日この頃です。ありがとうございました。
     尚、「鎌倉河岸捕り物控え」も並行して、楽しみにさせていただいております。
     


  • PEKO さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    時代劇小説は磐音が初めてでした。いつも礼儀正しい磐音にさわやかさを味わいました。特におこんさんの嫁入りの時は
    涙が止まりませんでした。磐音がいたからサラリーマン生活のストレスを乗り越えました。別れはつらいです。いつか必ず
    会える事を願っています。


  • ベル&よちゃん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    いろんな困難を乗り越えて家族を守り若者たちを育て戦っていく精神とたくましい強さ
    その陰ないるおこんさんのやさしさがあると思います いつまでも終わらないでほしい


  • さくら さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    私が悩んでいる時落ち込んでいる時この本にどれだけ励まされたかわかりません
    この本に出会えた事に感謝しています


  • こはるのままちゃん さん (50代・ 北海道・ 女性)

     磐音が何かを「食する」場面がたまらなく好きです。おこんに出逢った若い頃の無心な様子、家基君に玉子かけご飯の食べ方を伝授した場面、つらい流浪の時期であっても「ひもかわ」を喜ぶところなど、食事にまつわる時は少しのんびりした空気に包まれ、暗闘の中にも光を見出す思いになりました。
     これから先、家族や弟子たちとゆったりと食事を楽しめるような、そんな生涯を送れますように、心から願っております。


  • いちばんレフトの父 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    全巻そろえていて、ドラマもみて、ファンです。


  • Hiro さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    新刊は家内(60歳代)と二人でどっちが先に読むかをじゃんけんで決めています。49巻全巻読破し、次巻が出るまでは禁断症状に陥るため図書館から借りてきて最初から読み、今では3廻り目になりました。あと2巻で完は残念でなりません。


  • 磐音ちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    もう今ではなぜ磐音さんを読み始めたのか記憶にありません・・・
    テレビ放送の話とは自分の中では最初リンクしていなかったし・・・
    ともかく面白い!そして今では目の悪くなった私でも楽に読めて残念?ながら一日で一冊読み終えてしまう位なのです。終わってしまうのは寂しいけれどまた一巻から読み直してみようと思ってます。
    これだけ書き続けてくださった佐伯先生に感謝です!ありがとうございました!


  • hiさん さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    人間味あふれる、物事の解決する事が、痛快でとても楽しみです。次々に発行を期待してます。


  • いおさん さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    毎号発売日が来るのを楽しみに待ち、早速購入、まず家内が読んで、そして小生が時間をかけて読む。
    さらに3ヶ月経ったらもう一度読む。
    でも、来年1月で完結を迎えることに、ちょっと寂しいけれど、しかたないですよね!!
    佐伯先生&双葉社のスタッフのみなさん、長いことお疲れ様でした。
    ありがとうございました。また「新シリーズ」の発刊を心待ちにしております。


  • sachihamu さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    磐音様、長い長い旅路お疲れ様でした。密命シリーズのラストは悲しすぎたので、今回はご家族や周りの方々との穏やかな場面を願っております。既に剣の道へ踏み出してしまった空也様の今後が気掛かりです。御一家の皆様の御多幸をお祈り致します。


  • 寝不足のふなやん さん (70代・ 京都府・ 男性)

    毎晩、寝る前のひと時、時代小説を読むのが習慣になっていますが、30分ほどで切り上げたいと思っていても気づいたら1時間2時間と時がたち早く寝なきゃとあせりまくる始末。こんな私に誰がした・・・。それは、居睡り磐音殿です。坂崎磐音のような強くて優しくて誰からも好かれ頼りにされる磐音とは程遠い私が、さも、磐音になった気分に浸り良い心地になって読みふけり寝不足に・・・・。結末が大変気になります、あと2巻?で終わるとの事ですが早く平穏な暮らしをして欲しいと願いつつも、終わってしまうと思うとさみしくも有ります。


  • 茜丸 さん (60代・ 京都府・ 男性)

    全佐伯作品を読んでいますが、居眠り磐音シリーズが一番のお気に入りです。次が「酔いどれシリーズ」。ひょうひょうとしていて強く、しかも純愛を貫く、義理と情に厚い、ということが共通していると思います。シリーズが完結するのは寂しいのですが、どんな完結を迎えるか、楽しみでなりません。


  • いわね さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    次に我が家に迎えるものがあったなら、いわねにしようと思っています。


  • bukiyou さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    長く楽しませていただきましたが、とうとう最後になってしまうのですね。青春小説から徐々に進化し、大河小説に昇華しました。登場人物それぞれに佐伯先生の思い入れが感じられ私も自分に重ねて熟読いたしました。完結編2作楽しみに待っております。ありがとうございました。


  • イナリトウザイ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    50巻(51巻)の長きに渡り、感動を有難うございます。空也の今後を続編化して欲しいです。


  • 暇人 さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    どんなことがあっても磐音は切り抜けると思いながら毎回楽しんでいます。しかし51巻とは…史実は変えられないのでそれをどう織り込んでいくのかも楽しみでした。磐音さんのような男性に会いたいですね。


  • ムックファン さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    ずっと愛読しています。そろそろ終焉に近づいたかなと思っていましたが、来春の発行の2巻で完となるとの49巻の後書きを読み残念です。
    随分と江戸時代の歴史とか地理やらを物語を通して学ばせてもらいました。
    これも時代劇小説を読む楽しみでもあります。


  • れい さん (40代・ 東京都・ 女性)

    第一巻から魅了されました。磐音と共に悩み悲しみ、磐音と共に諸国を旅した気持ちでいます。逞しく優しい磐音に、どれほど勇気付けられ励まされて来たことでしょう。私の心の中の一部分を磐音が作り上げてくれたようです。


  • スイートディッセンンバー さん (40代・ 長崎県・ 女性)

    佐伯先生へ

     先生の「居眠り磐音シリーズ」には、あらゆる場面で助けていただきました。父の通院付き添い待ち時間に、父の手術待ち時間・・・辛いことを一時忘れさせてくれる。私を救ってくださいました。そして何よりも、江戸文化へ私を導いてくださいました。言葉、日常生活、慣習、・・・江戸時代の魅力に魅了されて何年でしょうか。本当に幸せです。先生、ありがとうございました。これからもずっと読み続けます。


  • 花好男 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

     霧子さんが大好きです。霧子さんが怪我をした時は、心配で次号が出版されるまでとても落ち着きませんでした。著者のご配慮で無事回復させて頂きましたことに感謝しております。また、利次郎さんと結ばれたことも大変うれしく思います。
     今回完結されるようですが、常に次のページを読みたくなる著者の手腕にとても惹かれました。長い間楽しませていただき有難う御座いました。


  • マリマリさん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    第1巻発売以来のファンです。何度読み返して涙したことか。完結編でまた涙ですかね。


  • ひまわり さん (40代・ 東京都・ 女性)

    読み始めたのはシリーズが始まってからだいぶ経っていて、20冊を一気に読みました。
    時代小説はもともと好きだったので読んでいましたが、この磐音シリーズがきっかけで佐伯奏英作品を読むようになりました。
    1巻を読んだ時から作品の世界に引き込まれ、大好きな作品になりました。
    特に人間関係が豊かで、おこんさんとの恋愛中はうきうきした気持ちで読んでいました。
    とうとう最終巻が発刊されることになり、感慨深いです。
    本当にどんな結末になるか楽しみにしています!


  • 町三斎 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    ともすれば鬱々とした思いになる世相にあって、爽快にして
    伸びやかな気分を運んでくれる「居眠り磐音江戸双紙」の
    世界・・・・最終章を迎える新春が待ちどおしくあり、これで
    結びとなる淋しさもあり・・・・


  • 秘すれば花 さん (80代・ 京都府・ 男性)

    磐音の生き方に接して、60歳を超えた自分の今後をどう生きていくかを考える勇気をもらいました。


  • よっちゃん さん (80代・ 静岡県・ 男性)

    全巻揃っています。
    磐音の斬った相手の流儀及び名前・その様子・使用した刀名
    熟語の掲載巻数・題名-等々好き勝手の記憶と記録をしています。
    読み返したこと、数回???、次号の出版までに時間が有るので・・・
    楽しみです。熱海市在住。


  • kunanzaru さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    息子に進められて 読むようになり、今では 妻と発売日が来るのが待ち遠しくなっています。
    来年の2巻で終了とのこと、非常に残念ですが。他の佐伯先生のシリーズをチェックします。 


  • Mさん さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    第1巻から楽しく拝読しています。いつも次巻の発売が待ちどうしくなりませんでした。来年で終わってしまうことは残念でなりませんが、永いこと楽しませていただき有難うございました。


  • つかさん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    50代体調を崩した私に 主人が居眠り居眠り磐音 江戸双紙 三巻セット(Ⅰ~Ⅲ話)の新聞広告をみて、読んでみる? と聞いてくれたのがきっかけで 磐音ファンになりました。 
    佐伯泰英様 完結おめでとうございます お疲れ様でした。
    病気と共に、60代のいままで生きてこられたのもい 磐音さん・おこんさん・三助爺さん・辰平さん・利次郎さん・霧子さん  など磐音ファミリーのおかげです。  江戸時代末期の暮らしを肌で感じ、武士・市井の生き様の潔さ 政治への不満などなど、江戸時代を過ごした私のDNAが懐かしさと、生きる力を与えてくれました。 年賀状楽しみにしております。


  • ななかあさん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    BSのドラマで磐音の大ファンになり、是非原作を読んでみたいと夫婦で読み始めました。
    その頃はすでに30巻以上発行されていましたが、磐音と同じ時代を生きているかのような錯覚を感じながら一気に読み進みました。
    完結されるのは寂しい気がしますが、これからも何度も読み返しながら磐音の痕跡を探し、夫婦で東京(江戸)・大山詣などを楽しみたいと思っています。(老後の楽しみです!)


  • 坂崎磐音大好き人 さん (80代・ 神奈川県・ 男性)

    剣豪坂崎磐音様ご一家ほか多くの弟子の皆様がた、また坂崎家へ多大なご援助をたわった皆様方に、今年がよき新年になりますよう心から祈念しております。


  • 磐音2009 さん (50代・ 岡山県・ 男性)

    テレビを見てファンになりました。内容の面白さと、主演の山本 耕史さんの演じる磐音役の目力を感じさせる演技、脇役の女性陣のはまり役に興味を持ち、その後書店で文庫本を次々と購入し読破。剣豪小説や時代物を読んできた者にとっても飽きさせない小説です。佐伯泰英氏の作品でも特に好きなシリーズ本です。


  • マーちゃん さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

     第一巻から全て読んでおり、来年1月でシリーズが終わってしまうのかと思うと、寂しい気持ちでいっぱいです。
     時代背景や暮らしぶりが丁寧に描かれており、文中に我が身を置いて楽しんできました。
    各巻を通じて、磐音やおこんさんを始めとする登場人物が困難な状況に置かれながらも、明日に希望を見出し切り抜けていく姿に生きていく元気をもらいました。
     最終巻を読み終えたら、また1巻から読もうと思っています。


  • さっちやん さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    おこんさんが大好きです。磐根さんがいつまでも奈緒さんの事を思っているのが許せないの。霧子さんの育った熊野の奥の里に行った時、大きなお腹をかかえてあんなに苦労したのに、本当におこんさんは可哀そうです。でも、綺麗で頭が良くて誰にでも元気を与えてくれる。本当に大好きです。今は、二人のお子さんにも恵まれて、良かったです。
    長い間楽しませて戴き有難う御座います。もう磐根さん、おこんさんと逢えないと思うと、寂しい限りです。


  • ちえ さん (60代・ 栃木県・ 女性)

    読んでいると自分が江戸時代に生きているように感じます。
    1冊読み終わると友人と感想を交換し合い、それもまた楽しいひと時です。


  • 磐音の母 さん (70代・ 東京都・ 女性)

    いつも新刊が出るのを楽しみにしています。これからも長く磐音の活躍を楽しみたいです。


  • 黒沢 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    人生のバイブルです。
    磐根や取り巻きのひとの話で
    いつも4,5回泣かされます。


  • KJFK さん (60代・ 鹿児島県・ 男性)

    4.5年前でしょうか、古本屋で何気なく手に取り、読み始め止まらなくなり、大人買いで、読み続けましが、突然の展開で師匠である義父を亡くし、江戸を追われる事態に、「何故ーーー」と叫んでしまいました。


  • 嵐 さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    私も読んでいますが、姉が大好きなので年賀状を送ってください


  • ヒーロー さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    坂崎磐音のファンです。全巻読破しています。毎回活躍が楽しみです。


  • ヤッキ- さん (70代・ 東京都・ 男性)

    第1巻 陽炎ノ辻を読み「居眠り磐音」の虜になり毎回発刊されるのが、待ち遠しく指折り数えて待ってましたが、「シリ-ズ完結目前」!!!を見て楽しみが一つ減りガッカリです。
    しかし、よく考えてみれば永久に終わりが、ないわけでありません。
    兎に角、完結編を楽しみに待ってます。


  • 惠 さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    「居眠り磐音」何回読み直してもドキドキ、ワクワクしながら読みます。
    最終回はどのような終わり方をされるのか・・楽しみです。
    是非とも続編を期待します。


  • おこんファン さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    最初に、たまたま読んだのが、代寄合伊那衆異聞で、これを完読し、すっかり佐伯ファンに。
    続いて、夏目影二郎始末旅をこれまた完読し、それから居眠り磐音へ。現在、37巻目を読んで
    いるところですが、ここ1,2年は佐伯本しか読んでいないのではと思うぐらい、のめりこんで
    います。60歳になり、活字が大きいのもありがたいです。大阪から京都や奈良の寺社仏閣を
    めぐるのが好きなのですが、その電車の中でも磐音を読んでいます。


  • チーちゃん さん (70代・ 山口県・ 女性)

    磐音さんシリーズが大好きです。シリーズ完結、さみしくなります。


  • 深津三郎 さん (60代・ 広島県・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」は、今までで一番熱中した作品です。完結したら、もう一度一巻から読み直したいと思います。


  • インフィ。 さん (40代・ 宮城県・ 男性)

    第1巻を手に取ったのが2002年だったでしょうか。それ以来、毎回新作が出る度に書店に駆け込んで入手しては、待ちきれず帰りに居酒屋で読んだりしてました。初期の『食うや食わずの生活』の頃が懐かしいですが(笑)いよいよ後2つですか。感慨深いものがあります。佐伯先生、磐音さん、長い間お疲れ様でした。


上へ