居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • たあさん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    磐音夫婦の嫡男、空也の今後の成長と活躍が楽しみです。


  • ははのんきだね さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    帰省した時に「居眠り磐音」を発見!
    時代小説好きの母が読んでいるに違いありません。
    お正月にびっくりさせたくて・・・。


  • うすけ さん (50代・ 熊本県・ 女性)

    結婚して姓が変わり、その後この小説のことを知りました。ラッキー♪
    テレビドラマの放送開始からは、周囲からも「いいなあ」と言われ鼻高々。
    現在の場所に転居後、ご近所の気難しいおばあちゃまも、「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの大ファンと知り、以来意気投合!盛り上がる盛り上がる、女子トーク!
    幅広いファン層もさることながら、御年89歳に「この年になってもこのお話しには学ぶことがたくさんある」と言わしめるところもさすが。「このシリーズは棺おけに入れる」そうです。すごすぎる。


  • ミー さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯泰英さんの作品ではやはり居眠り磐音が一番です。最後の展開がややスピーディでなかったように感じますが、どのような結末になるのか楽しみです。


  • 閻魔 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    佐伯さんに出会ったのが磐音で、きっかけは亡くなった児玉清さん。以来あらゆるシリーズを読み続けています。同世代の佐伯さんの心情に共感し、若いころの自分がよみがえったのが磐音でした。
    いい時に完結するとのこと慶賀に耐えません。理想の女性おこんさんを女房にした磐音が羨ましかった。
    終わるのは残念ですが、江戸地図を持って此れからも、江戸の街を歩くつもりです。最後に息子の嫁が読んでいたのに驚かされこの文庫の凄さを実感した次第です。


  • ちびマグ さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    時代小説なんてと思っていたのに夫の読んでいた佐伯氏の本にはまって楽しみになりました。
    他のシリーズ物も終わり今度は磐音...楽しみ待ち遠しい がっくし⁉︎


  • ちゃぁちゃん さん (60代・ 和歌山県・ 女性)

    磐音さんが、終わってしまうなんて、、、
    新刊が出るたび、いの一番に、買いに行ってたのに、なくなると聞いて淋しいです。
    磐音さんを取り巻くみんな、幸せにしてください!


  • レオビン さん (50代・ 長崎県・ 男性)

    時代劇小説が好きでよく読んでます。新聞広告で「居眠り磐音 江戸双紙」で発行部数を知り興味を持ちました。読み始めるとテレビ番組のキャストと重なりワクワクして来ます。もうすぐ終わりかと思うと寂しいですね。


  • きすけふぁん さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    長い間楽しみに読み続けました。高野山、日光、柳生でああこの坂や山を修行されたのだと実際の旅先でも、楽しんでいます。
    これからも、最初から最終巻まで何度も読み返します。


  • いねむりん さん (70代・ 京都府・ 男性)

    居眠り磐音 江戸双紙のシリーズ完結 おめでとうございますと、言いたいけれど、なんだか寂しい気もします。


  • 夏の香り さん (40代・ 広島県・ 男性)

    テレビ放送を見て以来、出張先への行く道中
    書物を愛読、おかげで磐音のように冷静、勇気が出るようになりました


  • sensnya-o さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    江戸時代の生活環境.人間模様が描写され痛快に読んでいます。


  • 春明高治 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    粋な企画で、正月に楽しみがひとつ増えました。


  • たかさん さん (80代・ 奈良県・ 男性)

    毎回楽しみにしています。年齢の事もあり、もう少し早く出してください。


  • N.T さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんからの年賀状、とても楽しみにしています


  • モミジ さん (60代・ 栃木県・ 女性)

    最後になってしまうのは 残念だけど、どんな結末になるのかと 新刊の発売を楽しみに待ってます。


  • ハル さん (70代・ 青森県・ 男性)

    毎回、わくわくしております。
    磐音様本人もそうですが、ご子息の「空也」様の成長も、楽しみです。
    是非、続編で、その姿を、みたいものです。


  • うめきち さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    「居眠り磐音」のおかげで、自分とは縁のない世界の友人ができました。
    ファンの幅広さに驚くとともに、感謝しています。


  • じいじ さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    早く新刊が読みたいです。いつも、人の繋がりの大事さをを感じながら読んでいます。


  • 磐音丸 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    是が非でも『おこんさん』を嫁に貰いたい…小生でだめなら、息子の嫁に貰いたい。『おこんさん』は、全男子の理想の女子ではないか!磐音が憎い!!


  • うっかりきよね さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    児玉清さんがラジオで「読み始めたら止められない本」と紹介されていて私も読み始めました
    それから何年かして亡くなったので今ごろ天国で気になってないかなーと時々思います
    もうすぐ完結、楽しみでもあり寂しくもあります


  • 冬珊瑚 さん (40代・ 京都府・ 女性)

    居眠り磐音 江戸双紙は、最初にテレビドラマで知りました。人気があるということで最初に図書館で借りて読んでみましたら、とても面白くて次々と借りていきましたが、なかなか貸出し中も多くて、まだ全部を読破できていませんが、こうこつと楽しんで読みたいです。完結するのはとても寂しいです。


  • kai さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    長年 読み楽しんできた居眠り磐音さんの お話が 終わるのは、とても、悲しく、寂しいです。
    この際、生涯ライフワークにして頂いては?とか 思います。

    完結後も スピンオフとか、磐音さん家族の、その後・・・という形で 磐音さん関係の小説を 出し続けてほしいです。
    あまりに、磐音さんファミリーや、まわりの方々に馴染んできたので、お別れが 辛い!
    それぞれ、沢山のキャラクターさん達が、それぞれに、人格が 独り立ちして、
    どの方を主人公にしても、小説が1冊づつ 書けそうでは、ありませんか?
    是非とも スピンオフ小説を お願いします。

    その他の シリーズも 楽しみに 読ませて頂いております。
    特に、新古着屋総兵衛さんも 大好きです。(イケメン好きです)楽しみにしています。
    あんまり 佐伯先生に 頑張って下さいと言うのも、酷な気がしますが、
    お体に気を付けて、のんびりで 良いですので、ボチボチお話を書いてくださいませ。
    佐伯先生のご健康とご多幸を お祈り申し上げます。


  • 今日樹 さん (50代・ 岡山県・ 女性)

    もはや大河小説となった居眠り磐音、登場人物の個性が光っていて、飽きさせません。


  • だから さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    今まで知らなかったが、とてもおもしろそうだ。是非読みたい。


  • 今日樹 さん (50代・ 岡山県・ 女性)

    8年位愛読中です。最近夢中で御飯を食べる磐音さまのシーンがないのでちょっと残念。
    振り返ればすごい冊数ですね!でも、全然中弛みせず読者を引っ張った佐伯先生、凄い!


  • クー&チャー さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音さんから年賀状を頂けるなんて夢のようです。どの様に完結するか、わくわくしています。


  • デゴスケ1941 さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    磐音との出会いは、2011年1月でした。救急車で入院、緊急手術を受けました。ベッドから起きられるようになり、談話室においてあったのを見つけて読み始めました。面白くて、そこにあったものは全部読み、退院してから、続きを読み、最後の2冊が出版されるのを首を長くして待っています。人を切る=殺すことはあまり好みませんが、磐音ならではの表現が、続きを読まずにはいられなくなっています。


  • 池鯉鮒の人々 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    続きものでこのように長いものをすべて読んだのは初めてです。意次がリタイアしたのでそろそろ終了かなと思っていたら新聞に完結と出ていたので残念です。「鎌倉河岸」はどうなるのか、こちらも出版を待って購入するような状態で楽しみにしています。どちらもおしどり夫婦で周囲の人たちがとてもいい人という構成は、とても気持ちよくさせてくれました。


  • めぐさん さん (50代・ 東京都・ 女性)

    全部読んでいます。毎回ドキドキで、次号が待ち遠しかったです。シリーズ完結は寂しいけれど、どのように完結するのか楽しみです。


  • 居眠りえいそう さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    実家の母(80代)と一緒に読んでいます。本の感想を言い合うのが楽しいです。
    もう終わってしまうのですね。
    密命が終わった時も、胸にポッカリ穴が空いたようでしたが。
    もっと寂しくなりそうです。
    他のシリーズに手を出す時が来たのかな?鎌倉河岸…吉原…考え中です。


  • 出羽女 さん (60代・ 山形県・ 女性)

    とうとう完結ということで、第1巻から読み直ししました。何度読んでもせつない白鶴太夫との橋の上の別れ、出羽で末永い幸せをと祈りましたが・・・・。波乱の人生を生きる人に、これでもかというほどの試練が続きます。最後はどこで終わるのか、早く知りたい完結編です。思えば、若き司書にこれ面白いから、図書館の蔵書にしてと言われたとき、えっ、文庫本かと思った私の浅はかさ。すっかりはまって、以来発行されるたびに、本屋に直行し、「佐伯泰英」のコーナーが自宅にもできました。その後、「山形、江戸、時代小説」ときたら紹介する本の中に、「居眠り磐音」が入ってしまうのは、私の独断です。


  • かんちゃん さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    友達に紹介をされて読み始めたら止まらない。次はどうなるか、あと何冊と思いながら読み進めていましたが、とうとうあと2冊となってしまいました。結末が楽しみでもあり、終わってしまうことが残念でもあり。最後の2冊が刊行される前にふたたび最初から読み直しています。


  • 片ちゃん さん (60代・ 石川県・ 女性)

    居眠り磐音江戸双紙48「白鶴ノ紅」をはじめて手にとり一気に読まさせていただきました。
    坂崎磐音と仇敵・田沼意次との戦いがわくわくしました。
    吉原裏同心は1から23も面白いです。


  • 烏山の直さん さん (70代・ 東京都・ 男性)

    奈緒が身請けされて山形に行くときに、吉原で襖越しに最後の別れをしたときに、奈緒は抱き合いたかったが磐音は襖を開けさせずに我慢をした。また奈緒の家族を大変な思いで江戸に戻して藍染の店を開かせた。
    磐音の婚約者からの奈緒の家族を身近に住まわせ、家族ぐるみの付き合いをしながら、磐根は奈緒に手を出さなかった。こんなこと普通の男にはできない。アッパレです。


  • つばき さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    磐音さんの大ファンです。日本中に磐音さんのような、責任感があり思いやりのある人がもっと増えてほしいと思います。磐音さんと奈緒さんは、最後はどうなるんですか? 私は、二人が結ばれることを願っています。


  • ダムピン さん (60代・ 大阪府・ 男性)

     市役所に勤めていた頃、ふと手にした磐音ちゃん。仕事に行き詰っていた厳しい時だっただけに、磐音ちゃんに浸る時だけが救いだった。奈緒を思い続ける磐音にどれほど勇気をもらった事か。おこんとの出会い、温泉宿での結び付き、心が躍る場面の連続だった。まず仏間に入り先祖の位牌に祈るという場面ではいつも涙を流してしまった。古き良き日本、そのものが凝縮された瞬間だった。
     作家職人の佐伯さん、本当に、癒しの時間と空間をありがとうございました。


  • ウォーカーじいさん さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    田舎への帰省時何気なく購入し、はまってしまいました。
    休日には二冊読破したことも・・もうじき終わるのは残念です。
    酒好き武佐衛門(自分?)のその後が気になります。番外編を楽しみにしています。


  • わくちゃん さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    終活の用意に全巻棺に入れる事決めてます
    全て好きです
    磐音さん、おこんさん、空也、睦月の子供達
    回りのひと全て好きです
    とにかく新刊が出るのが待ち遠しく
    出ると一気に読んでさらに又読み直しては楽しんでおります。最終回は楽しみでもありますが
    寂しさも又あり複雑な気持ちです。
    ともあれこの上なく大好きな作品の第一位
    そうです、お墓まで持って行くのですから
    ただ、一緒に焼かれてしまうことを
    お許し下さいますように。
    今はこの本だけは別の本棚において
    読み直したい所を何時でも読める様になっています
    楽しみに待ってます
    宜しくお願い致します


  • 夏ちゃんと白 さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    長い長い物語になりましたね。でも読み通しました。
    いつのまにか磐音さんも2児の父親になりましたね。
    あと2巻ですか。
    楽しみにしています。


  • ブルーレット奥田家 さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    このシリーズが入口で、佐伯先生の全シリーズを読破、冥途の土産としています。
    三途の川の渡し場で佐伯先生をお待ちし、サインを戴くのを楽しみにしています。


  • サンボ さん (60代・ 広島県・ 女性)

    坂崎磐音の最後をすごく楽しみにしています。


  • あゆ さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    磐音の息子、空也の成長シリーズを書き下ろしてください。


  • 坂東太郎 さん (80代・ 茨城県・ 男性)

    佐伯泰英氏の熱烈なファンで発行済み全作品を読破しております特に居眠り磐音江戸双紙シリ-ズは大長編作で毎回発売日が待ち遠しかったのですがいよいよ完結とのこともっともっと続けて欲しいですね以前テレビドラマで陽炎ノ辻が放映されてシリーズ化するものと楽しみにしておりましたがその後放映されず残念ですが完結記念としてテレビによる復活が待ちどおしいですね長寿番組疑いなしです


  • 月ちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    居眠り剣法に闘牛士のマントを重ねて?ふわり・ふわりと柔らかい、磐音の雄姿。一番印象に残ってるシーンは奈緒(白鶴)との襖越しの別れ。時代が創った人間模様の数々ハラハラの連続!あの大震災後のやるせない気持ちを佐拍作品で気分転換。旅先で勧められて読み始めました。


  • あゆ さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    磐音の息子、空也の成長を描くシリーズ物を手掛けてください。


  • 柴加田乙絵 さん (70代・ 奈良県・ 男性)

    歳のせいで最近ますます涙腺の緩い私は読みながらいつもティッシュのお世話になる。これまで何人の人が(例外なく悪人である点が救いではあるが)命を落としたかしれない殺伐とした小説のように思えるが、実は市井の人々の交流を温かく描く人情味溢れる人生劇に仕上がっている点がここまで長いシリーズがベストセラーであり続ける理由なのだろうと思う。あと2冊で終わってしまうと思うと本当に淋しい。


  • 大崎柳三郎 さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    いつも人の為に走り回って大変な目に合う磐音さん!
    そんな人を夫に持ってはらはらしながらも応援するおこんさん!
    そんな2人のほのぼのとした会話がいつも楽しくて待ち遠しくも
    ありました。この会話を楽しめるのもあと僅かと思うととても
    淋しいです。
    ぜひ、番外編も書いて下さい、せつにお願いします。


  • 修さん さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    このシリーズに出会ってから、いろんな趣味ができました。本の中に出てくる神社、仏閣めぐり、御朱印集め、江戸の町めぐりなど、日常が充実しました。何度も読み返し、新刊が出るのを楽しみにしております。
    完結するのが楽しみやら悲しい思いです。


  • coco さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音の大ファンです。1作目からずっと読んでおり、次号が出るのを楽しみにしていました。
    でも もうすぐ終わりだと思うとさみしい半面、どんな結末になるか期待しています。


上へ