居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 終わり良ければすべて良し さん (60代・ 北海道・ 男性)

    完結も早く読みたいけど、もっと続けて欲しいですね。気になる人たちが今後どうなるのか。父正睦と義父金兵衛の老後、幸吉とおそめの関係、空也や奈緒の今後、などなどたくさんあります・・・。第1巻から読み直すこと数回になりますが、まったく読み飽きないのがうれしい。そして悲しい。佐伯先生お体大切にして、完結まで頑張ってください。


  • おもしろきこともなきよをおもしろく-狂 さん (50代・ 岡山県・ 男性)

    テレビを見た妻(山本耕史さんと中越典子さんのファンであったことも重なって)がドラマにはまり、私が本の存在を教えたらもう大変。すっかり小説にもはまりこみ、気が付くと他の佐伯先生の小説にまで広がる過熱ぶり。という私もその影響からか、しっかり磐音ファン、佐伯ファンです。
    いつも新しい作品が出るのを首を長くして待っています。「次は○月よ」という妻の催促に本屋で待ち構えているのが現状です。しかし、「居眠り磐音」シリーズも遂に完結を迎えるのですねえ。ファンならだれでもでしょうが、楽しみでもあり、さみしくもあり、というのが心境です。外伝の形ででも活躍してくれないものでしょうか。
    妻が磐音さんから年賀状が届いたら狂喜乱舞すると思いますので、妻あてにお送りくださいますようお願いいたします。(驚かせてみたいのです)
    佐伯先生、どうかお体にお気をつけください。先生の作品をずっと楽しみにしております。


  • ちぃ さん (50代・ 岐阜県・ 女性)

    やっとここまできました。小梅も登場したのに後2巻とは…剣術家の心の平穏望みます。


  • 磐城 さん (80代・ 東京都・ 女性)

    佐伯先生の作品は、ほとんど読んでいて新刊が出版されるのを楽しみにしているのですが、「居眠り磐音」が終わってしまうのはとても残念です。
    とはいうものの、どんな作品にも必ず終わりは訪れるので、「居眠り磐音」に相応しい内容であることを期待して出版されるのを、心待ちしたいと思います。
    ひとまずは、「居眠り磐音」という素晴らしい作品を世に送り出してくれた佐伯先生に感謝です。


  • MAC さん (60代・ 東京都・ 男性)

    許嫁の為に藩を出て新しい世界で生きて行くが、許嫁を陰から見守る。優しく逞しい磐音の生き方に感銘
    します。


  • 柿の葉 さん (70代・ 東京都・ 女性)

    家族でずっと愛読していました。ついに完結、大団円を期待しています。


  • アローラ さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    居眠り磐音の一途な生き方と剣の素晴らしい使い方に感動を覚えました。


  • クーム さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    TVで居眠り磐音シリーズを見てからファンになり、佐伯泰英さんの本はぜんぶ読んでいます。
    どのような形で完結するか楽しみでもあり、残念でもあります。


  • 金平糖 さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    近くの本屋でずっと見ていましてが長編物なので躊躇していました。4年前に初めて静岡に単身赴任をしていた時、アパートの近くの本屋で見つました。第1巻だけ・・と思い購入。あまりの面白さに2~5巻まとめて購入して読み漁りました。ひとり暮らしのさみしさをうめてくれました。1か月に1度の帰省するたびに夫に勧めました。はじめは嫌々よんでいましたが、読みやすくサラリーマンのストレスを解消してくれる素敵な本だとわかり新刊が出るたびに連絡しあい『○○巻は買ったからね』とだぶらないように購入。初めての単身赴任が無事終わったのは磐音のおかげだと思っています。


  • よっこちゃん さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    新刊が出るたびに、どきどきしながら、ページを繰ります。
    私はおこんが大好きです。磐根との想いの中で、時に冷たく、時に熱く、一緒になってからも、
    淡々と、でもしっかりと磐根を支え、ゆるぎないつながりを築いてゆくさまを、見習わなくてはと
    思い何度も何度も読み返しています。
    もうすぐ、完結とか。残念です。
    頂いた年賀状を大切にして、磐根全巻を傍に、楽しみます。


  • チョコ三郎 さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    かれこれ磐音に出会ったのは、5年前の年末に交通事故に遭い入院した時に、部下から非常に面白い小説があるのでと勧められ、私も歴史ものが好きであったのでどんどんとのめり込んでいった。磐音が取り巻く環境にあたかも自分が体験しているような錯覚で、筆者佐伯先生の手法にはまっています。今でも本を2~3冊持ち歩く中、必ず1冊は『居眠り磐音 江戸双紙』があります。これからもお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


  • のだハッチママ さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    何度かドラマになったので、磐音とおこんはドラマの俳優の顔を思い浮かべて、その時代に自分がいるような気持ちになって、わくわく・どきどきしながら読んでいます。もうすぐ完結するのですね、寂しいな~ 何年か先の空也の成長した姿を描いたものも読んでみたいですね。


  • yuho さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    山本耕史さんが、NHKで坂崎磐音を演じているのを見て、ファンになりました。一巻からずっと最新刊まで読んでいます。 最近 登場人物達がそれぞれに成長していく姿が描かれているので 完結するのかなと思っていました。 佐伯先生ですから余韻のある終わり方だと勝手に解釈しています。
    本当に 手に汗を握る展開の物語を楽しませていただきました。有難うございます。


  • 落陽 さん (50代・ 岩手県・ 男性)

    泣き笑いしながら楽しく拝読してきました。
    あと少しで幕引きですね。
    新年が待ち遠しいです!


  • under90 さん (60代・ 岩手県・ 男性)

    どのように完結するのだろうと期待していましたが、あと2巻で終了と思うともっと延ばして欲しい気持ちが強くなりました。今年の夏に1巻から全部読み直してみましたが結構忘れている部分がありました。家内に勧めてみたところ大フアンになりました。私は現在他のシリーズの二度目を読んでおりますが全く新鮮です。佐伯先生には是非磐音新シリーズをお願いできないでしょうか。


  • あきらっぺ さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    4年前、仕事を引退し読書を楽しもうと書店へ、そこで「居眠り磐音江戸双紙」に出合い、磐根一家のおこん、品川さん武左衛門、大頭の与力殿、一郎太、老分さんらに魅了されすっかり虜になりました。以来48号「白鶴ノ紅」まで3回目の繰り返し読み中です。49号「意次ノ妄」も購入済ですが、来年正月に発刊される完結編を楽しみに一緒に読もうと置いてあります。


  • キョウコ さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    2年前に亡くなった夫の愛読書でした。完結を読めないで亡くなりました。心の中の夫と共にハラハラ、
    ワクワクしながら読ませていただいています。夫は磐音に男の美学をみていたに違いありません。


  • ハレアカラ さん (70代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音 江戸双紙は第一巻より本屋で買い全部読んでいます。
    磐音の剣の強さは抜きんでているが、その強さに清廉さがあるのが魅力です、そして磐音の二人の女性に対しての対処の仕方がいやみがなく、美しさ、優しさがある、又おこんが奈緒の過去を承知の上、受け入れている心の広さがすばらしいと感じて読ませてもらっています。


  • ゆめのすけ さん (40代・ 東京都・ 男性)

    「居眠り磐音」シリーズが好きになり、文庫本を通して自分の中で出来上がった「居眠り磐音」シリーズ
    の雰囲気が、新刊を読む度にこーなんだ。そうそう。うわ、それは嫌だ。などと本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。正直”ん?”と思う事もありましたけど。スイマセン。。
    今はまだ通勤途中の電車内を楽しく過ごすツールですが、30年後も今と同じ気持ちで何度も読み返します。
    お疲れ様でした。それとありがとうございました。


  • とももん さん (30代・ 静岡県・ 女性)

    母に薦められて読み始めた、磐音シリーズ。
    今では、新刊が出る度に競い会うようにして二人で愛読しています。
    磐音や、おこん達の生活が私たちの生活の一部になっています。
    あと二冊で完結ということですが、はやく読みたいような、終わってほしくないような…感じです。
    本当に大好きなシリーズです。


  • 白玉堂志る古 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    毎回、心待ちにして読んでいます。磐音一家と磐音の本望がどうなってゆくのか、はらはらしています。あと少しで終わってしまうのが残念です。


  • 技傳斎 さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    第1巻の「陽炎の辻」を読んで、是は面白いと思ってから「弓張の月」まで全巻読みました。通勤電車の中で没頭して読みました。小生も少々ながら「武」の道を歩んだこともあり、磐音さんの剣に対する誠実な向けあい方が好きで共感することができました。とうとう完結編になってしまうとか、身内がなくなるようでひときわ寂しさが込上げてくるこの頃です。


  • param-seku さん (50代・ 滋賀県・ 女性)

    時代小説がこんなに楽しいものとは思いませんでした。居眠り磐音が大好きです。ここに出てくる人たちに、とても愛着を感じます。また最初から読みたいです。


  • ぼりぼり さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    大先輩から、初の入院時”居眠り磐音”をお見舞いで3巻頂きました。
    それまで、時代物小説はまったく手にしたことはなかったのですが、すっかり嵌ってしまい
    今では、佐伯先生の本は、全て読破する大ファンに成りました。
    磐音の完結は大変残念ですが、他のシリーズを楽しみにしております。


  • あきらっぺ さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    4年前仕事を引退し、読書を楽しもうと思い書店へ、そこでたまたま「居眠り磐音江戸双紙」出合い、それ以来、磐音は勿論、おこん、品川さん、老分さん、一郎太、大頭の与力らに魅せられ「白鶴ノ紅」まで現在3回目の繰り返し読みの最中です(何回読んでも飽きません)。来年正月に発行される完結編を楽しみに49号「意次ノ妄」も購入してありますが完結編と一緒に読もうと読まずに我慢して置いています。磐根一家がどうなるのか正月が本当に楽しみです。


  • まる旅行  さん (60代・ 京都府・ 男性)

    10年前に娘婿からお父さんおもしろい本があるよと言われ「居眠り磐音江戸双紙」第1巻から第5巻を貰ってから虜になり200冊ぐらい文庫本を買って楽しんでいます。


  • まゆげのゆうさん さん (60代・ 京都府・ 男性)

    磐音一家にはやく穏やかな日々がくることを祈ります。


  • まっかっちゃん さん (70代・ 東京都・ 男性)

    磐音の豪直で且つ、靭やかなさは剣の道だけではなくまた、その生き方は、よくは存じませんが佐伯先生の生き方のようにもに思えます。2013年夏頃、陽炎の辻から徒然の冬まで2ヶ月足らずで一気の読んで以来、次回作を待つ間に、それまでに出ている時代劇作品は大人買いをし、毎日一冊のペースで全て読了し、その後は可能な限り、80年代後半からのサスペンスも大半(絶版担っているものが有り)読みました。交代寄合と密命は終了しましたが、小籐次、鎌倉河岸、吉原裏同心いつも楽しみにしてます。この半年ほどで、佐伯先生お薦めのヘニング・マンケルボランダーシリーズまで全て読んでしまうことになりました。


  • nonoha さん (60代・ 北海道・ 男性)

    NHKTVで初めて知り、早速原本を購入虜になりました。
    全冊購読しており、新刊が出るのを楽しみにしている一人です。
    完結するのは少々残念ですが。


  • 今仁三郎 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    各巻に出現する「戦い」に剣の極意を感ずる


  • 瀬戸朝史 さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    小田平助さんが好きです。重くなりがちな空気を明るくしてくれる貴重な存在で、誠実で明るくて
    中身の詰まったいい男です。現代にいるなら、すぐにでも嫁ぎたいです。
    ちなみに太目の40代独身です。平助さんにも、お嫁さんがくるといいですね。


  • まっつ さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    時代小説は新撰組モノ以外は読む機会がありませんでした。・・・が「居眠り磐音 江戸双紙」1巻2巻プレゼント企画に応募して読み始めたら、もぉ!登場人物に惹きつけられ、江戸の町・時代にすっかり取り込まれてしましました。一気にシリーズを買い求め、江戸地図も買い、『自分がこの世界にいたら、どんな端役で磐音に接することができるかしら・・・』 と、想像してしまします。シリーズが完結してしまうのは寂しい限りですが、登場人物全員が幸せに終わってくれるとうれしいです。


  • おにやんま さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    誠実で無欲、無類の強さと利他のこころを持ち合わた、すばらしい人間性、磐音の魅力に取りつかれました。磐音を始め色々な人間が繰り広げる世界を毎刊、読む進める楽しさと、いよいよ終わりだなー、という寂しさが交錯し、複雑な気持ちを感じています。
    是非、続巻を期待しています。


  • 金沢城 さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    新幹線の中での時間つぶしにと思って何気なく手にした第1巻があまりにも面白くて、仕事を終え、帰りの新幹線に乗る前に第2巻を探しに行きました。以来、磐音の活躍、おこんさん、由蔵さん、どてらの金兵衛さんの会話を毎回楽しみにしていました。
    新刊が出ると最低2回は読みます。また、大好きなシーンは何回、何十回と読んでいます。
    間もなく完結ということで、第一巻の最初からもう一度、49巻全部を読みなおしましたが、やはりとても面白いです。
    次の2冊でシリーズは終わりますが、その後、単発で1巻完結の形で続いたらいいなあ・・なんて思っています。


  • みやちゃん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    創刊以来そわそわしながら新刊を待っていましたが、いよいよ完結してしまう。一抹の寂しさがある。磐音とおこんはどうなるのか?どきどき!?ワクワク!!!


  • 袖浦村のメロン農家 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    大納言家基に殉死した佐々木玲圓の謎、佐々木道場に隠された徳川幕府からの極秘使命があるのか。
    それが経済改革を推し進めた田沼意次との戦いの要因と関係があるのか。とても気になります。


  • 黒猫クー さん (70代・ 福島県・ 男性)

    外資系製薬会社にて3回目の合併がありいよいよリタイアが余儀なくなり今後の人生をどのように生きるか思い悩んでいる時に手に取ってみたのが「居眠り磐音 江戸双紙」だった。あれから13年間一番の愛読書となってきた。坂崎磐音の春風のような爽やかな生きざまが何とも心地良かった。歴史好きの私には江戸時代の生活様式や教科書では学べない武家社会など数多くのことを勉強することが出来た。このシリーズが完結を迎えるにあたり至福の時を与えて下さった佐伯先生に感謝申し上げます。


  • 居眠りじぃじ さん (70代・ 鹿児島県・ 男性)

    佐伯泰英氏の本は読破しております
    とても面白く 第一巻から全て 大事に取っております。
    これからも 楽しみにしております


  • えみ さん (70代・ 富山県・ 女性)

    大変面白く愛読させてもらっています。最後を楽しみにしております。


  • いち磐音fan さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    本を読みながら 旅をしている時は今どの辺りかなとか、今は高野山で生活しているとか。日々自分の生活をしながら 遠い世界で磐音やおこんさんや回りの人達が 息をして暮らしているように思いながら読んでいました。終わってしまうのは寂しいですが、江戸での生活が穏やかで永く続く事を祈ってます。


  • 真田 信雄 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

     難問に立ち向かい、弱気を助け、義に生きる青年剣士坂崎磐音の春風のようなさっそうさと痛感さは快感でした。長期にわたる「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズが終わってしまうのは残念な感じです。
     NHKにもこのシリーズ時代劇ドラマの放送再開を期待します。


  • 米ちゃんさん さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    磐音ファンです。坂崎磐音から年賀状が本当に届くのかしら?半信半疑ですが、良い初夢を見ているようです。


  • 黒ダイヤ さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    初版からズート読み続けております。テレビでの磐音役の山本耕史さんのイメージが強く彼を思い浮かべながら本を読み続けておりますが、来年正月での完結残念だったりとかなんだかホットするやら複雑な気持ち
     読書中は年譜、江戸地図、日本地図、を手元に置き確認しながらイメージを膨らますのが楽しかった。
    史実の様で実際はどうだったろうかとかともかく楽しく良き時間を持たせて頂きました。
    佐伯先生の著書は全部読破致しておりますのが自慢かもしれません。


  • ほのぼのペンギン さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    坂崎磐音をはじめ、彼を囲む人々は皆、身分に関わりなく「正直で、思いやりがあって、気持ちの良い、善なる人」ばかりでした。これも「陽だまりの縁側で寝ている老猫のよう」と評される磐音さんのキャラクターのおかげでしょうか。もし、自分もそんな風になれれば、良き人に囲まれて暮らせるかなと思いながら、シリーズを読みました。波乱万丈な物語展開というより、登場する人たちに会いたくて、51巻読み終えそうです。


  • ぶんちゃん さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    もう完結するんですね。49巻では、想像していた形と違った展開になり、最終話が、どんな話になるか楽しみです。主人公のように、前むきで、明るい形だったらいいな。磐音さんからの年賀状なんて、面白い企画ですね。


  • すーさん さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯先生の時代劇作品作品は全て読破、中でも居眠り磐音シリーズは何度読み返したか覚えていない。弟子が育っていく姿はワクワクするし、次号でどんな人間に成長しているかを考えると待ち切れず、一巻前から再読している活字中毒な佐伯ファンの自分が居る。そんな自分を支えるのが佐伯文庫ですね。数ヶ月先まで予定が分かるので、作品が出る前には必ず前巻を読み直しています。


  • regurusu さん (70代・ 三重県・ 男性)

    居眠り磐音は創刊以来愛読しております。作者の体調不良があるのか、新刊の発売の遅いので少々イラついております。その他にも鎌倉河岸捕り物帳、酔いどれ小藤次等が中途半端であり、密命シリーズのみ完結分まで読ませていただいておりますが早く体調完全にしていただいて頑張っていただくよう願うばかりです。
    フレー、フレー泰英・・・


  • のらねこくらら さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    第1巻を読んだとき非常に面白い小説だと思いましたが、こんなに長く続くなんてすばらしい作品だと思います。最後の結末がどうなるか楽しみとともにまだ終わって欲しくない気持ちもあります。できれば坂崎磐音以外の登場人物のスピンオフの物語を作っていただければいいなと思います。


  • 頑張る父さん さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    現在闘病生活を送っていますが、初心に戻り一巻から読み直しています。新刊も楽しみです。磐音殿のご活躍を祈念しております。佐伯先生もどうぞお健やかでありますように。


  • たけたけ さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    父が大ファンです。
    実家に遊びに行くと必ず「居眠り磐音」の話になります。


上へ