居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 霧ママ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    本を開くとすぐ江戸にタイムスリップ、坂崎磐音と共に旅を重ねてきました。
    続きを早く読みたいと待ちわびる日々が終わりを迎えるのかと思うと寂しい限りです。手元に置いて時々磐音、おこんに会いに行きます!


  • 群馬の前橋さん さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    NHKの放送を途中から見たのがきっかけで原作を読みました。登場人物がそれぞれ魅力的で、斬り合いの場面の描写が抑えられ、こころ安らかになる作品です。完結するのは残念ですが、やむを得ないと思います。佐伯作品では、この「磐音」と「鎌倉河岸」が特に好きです。新たなシリーズを期待しています。


  • くにちゃん さん (60代・ 北海道・ 男性)

    坂崎磐音の小説は夫婦で共有して愛読しています。坂崎磐音とおこんの夫婦愛や道場の弟子(本では家族と同じ)家族愛が大変良く書かれていると思います。もちろん磐音の剣さばきも大変きにいっています。またNHKの時代劇の居眠り磐音もすべて、ビデオに取り何階も本と同じく繰り返しで見ています。後少しで本も終わりになり、寂しい限りです。長い間ありがとうございました。


  • シン さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐音はいよいよ最終章ですね。幾多の荒浪を切り裂いて自己を貫いた磐音はまさに理想の武士です。
    完結は待ちどうしいのですが、寂しいかぎりです。


  • 毎日が日曜日 さん (60代・ 北海道・ 男性)

    リタイア後坂崎磐音に出会い時代小説に嵌まりました。1月で終了してしまうのが残念です。

    クライマックスが楽しみです。


  • トシ さん (50代・ 宮城県・ 男性)

    毎回、新刊を楽しみに待っています。磐音とおこんの大ファンです。


  • かのこうさぎ さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    テレビで放映されてから 居眠り磐音のファンになりました。


  • sakura3 さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    奈緒の凛とした武家の誇り、おこんの江戸っ子気質の心意気、今の時代にも当てはまるかな?と感じました。
    東京生まれの自分と鹿児島生まれの夫、なんとなく自分たちとを重ねてしまいます。


  • マーちゃん さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    佐伯先生の本全て完続致しております、今後新作期待しております。


  • キルア さん (50代・ 北海道・ 女性)

    偶然本屋で出会ってから、どっぷり浸かってしまいました。
    本が手に入ると、家事もせず一気に読んでました。
    とうとう終わりが近づいてしまったんですね。
    残念ですが、残り楽しみにしております。


  • マーちゃん さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    小生は佐伯泰英ー密命ー居眠り磐音江戸双紙ー酔いどれ小藤次ー全て読んでおります、今後又新作期待致しております。


  • proton さん (50代・ 広島県・ 女性)

    完結編は寂しいです。父が生きていたら、楽しみにしていたと思います。


  • 祐月 さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    居眠り磐根江戸双紙が初めて読んだ時代小説でした。私の読書の幅を広げてくれた居眠り磐根江戸双紙にありがとうを言いたいです。


  • なおなお さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    居眠り磐音に出会えてとても幸せ者です。


  • 時代の女 さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    数々読んだ中で、一押しの時代小説です。人情ありスリルあり、緊迫中にもユーモアあり、こんなにワクワクドキドキさせられたことはありません。シリーズのどれを読んでも満足できます。近々終わってしまうのが、寂しいです。そしたらまた第一巻から読み直します。


  • おぐわん さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズ大好きです。以前入院していた際、この物語に癒やされ、励まされました。


  • あっちゃん さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    終わってしまうのは残念ですが、どんな終わり方になるのか楽しみでもあります。
    スペシャル版として、その後の磐音たちに会えることが出来たなら、うれしいです。

    今まで楽しませていただいてありがとうございました。


  • しらちゃん さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    NHK時代劇を機に原作が読みたくなり、読み始めました。あれから8年。いよいよ大団円を迎えるのですね。物語が終わるのは寂しいですが、終わらないのも困るし、読者としては贅沢な悩みです。


  • ぶーやん さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    毎号、夢中で読みのめり込んでしまいます、登場人物それぞれの個性が全て好きです、それぞれの立場で自分の遣るべき事を考え行動する姿から、今の自分の生活で何をすべきかを考えてしまいます、磐音も終盤になりどんな結びで終えるをのか楽しみでもあり寂しさもあり落ち着かないこの頃です。


  • あっちゃん さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    あと2巻で終わってしまうのは残念ですが、どんな終わり方になるか楽しみでもあります。
    スペシャル版として、その後の磐音達に合わせて頂けたら、うれしいです。


  • オーチャ さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    磐音の 成長をずっと見守ってきました。物語は永遠に続いてくれたらと、今も願っています。


  • とど親父 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    まだ読んだことはありませんが、これを機会に読んでみようと思っています。


  • 江戸の風 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    毎回、ドキドキはらはらしながら、一気に読み進めています。
    映画のように映像が浮かぶのが、この本(シリーズ)の魅力です。


  • みちる&ちはる さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    磐音さん1月で完結とても寂しいです。新作お待ち申し上げます。


  • マドリッドの啓様 さん (60代・ 静岡県・ 男性)

    『陽炎の辻』から『一矢の秋』までは3ヶ月間 発刊を待ち、『東雲の空』からは4ヶ月、最近は半年と楽しみにしてきましたが、それも来春に終わり?
    再来年には、『神保小路の春』?からの発刊を待ちます。


  • 旧型国電 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    第1巻から14年やっと完結。長かった。
    でも全巻購入してしまった。


  • おこんの婆 さん (60代・ 広島県・ 女性)

    佐伯先生の作品の中では、鎌倉河岸捕物控と居眠り磐音江戸双紙が好きです。
    特に居眠り磐音は愛してやみません。
    今2度目を読んでいますが、散華ノ刻が終わりに近づいています。
    中でも江戸離散のとき苦しい旅中、霧子が加わりそしてまた、弥助が忠誠を誓う件は、バスの中で読みながら涙が止まらず困ってしまいました。
    人生60年以上、これほど本に心酔したことはありません。終わりに近づき本当に寂しい思いがしています。佐伯先生のご健康をお祈りいたします。


  • のりこ さん (60代・ 福島県・ 女性)

    居眠り磐音
    もっともっと江戸の楽しみを


  • じいじ さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    出会ったのが、ちょうど10年前。読んでみたら面白くてはまってしまいました。そこから、全巻揃えてはや5回目に突入したところです。
    こんな人が居たら、今の日本ももっと良くなるのになぁなど、現代に置き換えながら読んでます。是非かっこいい終わり方で‼️完結寂しいです‼️


  • ちい さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    実家の母が大ファンでいつも新刊が出るのを楽しみにしているようです。1番好きなのが正月に出るので完結だとのこと、とても寂しがっていました。次回作もお待ちしております。


  • Seniorjumbo さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    発行されると1日か2日のうちには読み終えてます。DVDも全て見ました。DVDの続きはあるのかしら?


  • こばぴ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    父から借りて読んだら、いつの間にか作品の世界へ引き込まれていました。人間味あふれる磐音が大好きです。


  • たけのこ さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    シリーズも終盤に近づきどきどき感が少なくなった気がする。


  • 柳生詩平 さん (50代・ 栃木県・ 男性)

    早く結末は知りたいけど、終わってしまうのはとても、とても残念で、今、もの凄く複雑な心境です。


  • 坂崎弱音 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    郷里から出てから、長い旅路の果てにやっと江戸で安住の地を得るのですね?!もう、今度はいつ発売になるのかとワクワクしながらひそかに楽しみにしていた事が一つ無くなってしまうのですね。


  • 蝦夷っ子 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    磐音は新刊が出る度に毎回第一巻から読み直してから読み続けてきましたが

    流石に20巻を超えてからは無理になりました。

    最終回を間近にして、今また最初から読み始めていますが
    まだまだ終わってほしくはありません。

    最終回が気になりますが・・・
    磐音の最後は  

    勝って有終の美を期待したいです。


  • 居眠りおやじ さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    陽炎の辻を読んで以来、毎回出版されるのが待ちどうしくて楽しんで来ました。


  • じゅんさん さん (50代・ 北海道・ 男性)

    佐伯先生の作品は、40歳代になった頃から読み始め全ての作品を読破しております。その中でも居眠り磐音は、人としての生き方、家族の在り方を知らされた作品で、これまでの私の人生の手本ともいえる作品で、これからも読み返すことにしています。


  • イコン さん (60代・ 東京都・ 男性)

     江戸の粋な風 古今亭志ん朝の噺はもう聴けない乾いた心に坂崎盤音の台詞が心地よい


  • 狼少年ケンジ さん (50代・ 広島県・ 男性)

    以前書店に勤めており、当時は全く興味を示さなかった私ですが、ちょっと読んでみようと手にしてからあっという間にハマってしまいました♪


  • 永遠の磐音 さん (60代・ 岡山県・ 女性)

    いつも周りを思いやる、磐音が生きた時代に行ってみたい!


  • 史仙 さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    坂崎磐音と田沼意次。この二人、物語のスタート時点では、おなじ陣営に属していたのですね。それがどういう運命の悪戯か、敵対する関係となってしまった・・・。この二人が力を合わせることが出来たなら、その後の歴史は大きく変容したでしょうに。たとえば、日本の開国が半世紀ほど早まるとかネ。
    そんなパラレル・ワールドな「居眠り磐音」の物語も読んでみたかったです。
     


  • とんとん さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    終わってしまうのが惜しい様な淋しい様な気持ちです。完結してからも番外編など書いて頂けると嬉しいです。


  • 花うさぎ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

     何はさておき、毎号最優先で購入し、読みかけの本を後回しにして読み始めます。困るのは、途中でやめられないこと。あっという間に、深夜になり、朝日が昇り、の繰り返しです。
     最終刊までこの調子だと思います。空也さんが成長する姿も楽しみなのですが、佐伯先生には「空也さん」シリーズのお考えはお有りでしょうか。(とは言え切実に「磐音さん」を引き続きと思ってますが!) 私よりも妻が大ファンです。ほぼ毎日、繰り返し第一巻から読んでいます。何回目の第一巻なのか。 様々なシリーズを、同時進行で執筆なさっている佐伯先生に驚嘆しています。お身体を大切にして下さい。


  • 朝吉 さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    磐音2回 3回と呼んでおります 
    東北 江戸 大阪 博多 多くの地での活躍大興奮です
    登場人物 すべてが いいですね
    本棚に全巻並べて あと2冊— 
    結末はどうなるんでしょう!


  • kaokako さん (20代・ 大阪府・ 女性)

    発売が待ち遠しく、今か今かと待ちわびることが生活にどれほどの張りを与えてくれたことでしょう。磐音さんの凛とした姿をひそかに自分に重ねながら、就活の荒波を乗り越えようとしています。読む人がそれぞれに勇気をいただける稀有のシリーズだと思います。


  • 羽田の武者 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    読み始め、何だ此れはと思いました。今まで読んだ時代劇作家の常套を超えた何かがあると思い、読み始め最後まで(完結)読み終えようとしています。主人公「居眠り磐音」を取り巻く大勢のキャラクターが、それぞれの個性を持って、その巻き巻きで活躍しているのが、全編をとうして伺えた。本当に51巻まで読み終える事になり、感無量です。佐伯先生の時代小説をこれからも、愛読したいと思います。


  • いとちゃん さん (60代・ 和歌山県・ 女性)

    テレビで知って磐音さんのファンになり、それからは居眠り磐音はもちろん、佐伯先生の発売日は書店へ車を走らせます。完結してしまうのは残念ですが、いつの日か磐音とその周りの人たちのその後が読めたらと思います。


  • かずちゃん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    いよいよクライマックスを迎える事になります。
    田沼意次との決着はどの様になるのか。尚武館はどうなるのか。磐音自身はどう生きて行くのか。首を長くして発売を待っています。


  • やまちゃん さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    居眠り磐音一巻から全部読んでいます。もうすぐ完結と知り寂しく思っております。


上へ