居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 木曽のまーさん さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐音を読み始めて1年が過ぎ、単身赴任生活が誰にもじゃまされず楽しくなってきましたよ…


  • KOUJI さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    完結されるとの事、寂しい限りです。佐伯先生の新作を期待しております。


  • 大包平 さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    息子が読んでたのを借りて読んだのが始まりで、今では、次が出るのが1年の楽しみになりました。
    磐音の成長とともに、自分も年を取り還暦を迎えてしまいました。空也・睦月は、私の孫になっています。
    (金兵衛さんごめんなさいね) いよいよ完結を迎えそうですが、楽しんで最後までしっかりと読み切ります。


  • なおちゃん さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    佐伯さんの本を読むのは初めてで、この本の面白さを教えてくれた妹に感謝


  • 風来坊 さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    いよいよ50巻目になってしまいました。いろいろな場面が思い出されますが、つい手に取ってしまうのは、日光社参で大納言家基とのお忍び道中です。刺客との戦いもさる事ながら、のどかな旅の中に次期将軍としての器の大きさを見せる、家基との交流が大好きです。


  • アンチョビー さん (70代・ 熊本県・ 女性)

    NHKのドラマを見てから原作が気になり一通り読み、新作も欠かさず購入しています。
    最終巻まであと2冊、楽しみにしています。


  • ひろ12 さん (50代・ 長野県・ 男性)

    ネットで新刊情報を見るたびに刊行日の一月ほど前から本屋に出向き、新刊が出てるか確認し、少しでも早く手に入れようとしてたのが懐かしいです。


  • K・K さん (50代・ 北海道・ 女性)

    どのような最終回を迎えるのかはわかりませんが…
    これから落ち着いた日常を送られると思えば、最終回は寂しいけどホッとしている気持ちもあります。
    今までありがとうございました。


  • オシト さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    創刊号=陽炎の辻から第49巻まで毎巻、一気読みで楽しんで来ました
    新春で完結は本当に残念ですが、今から楽しみにいています、
    酔いどれ小藤次、吉原裏同心、鎌倉河岸捕物控え、古着屋宗兵衛旧新等全巻
    読んでいますので、これからの新刊出版が待ち遠しいです。よろしく。


  • スプリングマン さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    坂崎磐音の生き様を早く読みたい。おこんさんの啖呵を聞きたい。
    ほろ酔いの武左衛門たちがいる道場で、門弟たちと酒を酌み交わしたい。
    関前藩の江戸屋敷や今津屋の空気を感じたい。
    最終巻の残りページが少なくなったとき、早く読みたい自分と名残惜しくて少しでも最後を先延ばしにしたい自分とのせめぎ合いがありそう・・・。


  • 太極拳の老師 さん (70代・ 岐阜県・ 男性)

    坂崎磐音さんは、私の理想像です;本分をわきまえて、余分なことはしないが、世の悪と思われることには命をかけ、また、一般市民への思いやりも決して忘れない。もうしばらくで、このシリーズが完了するのは非常に残念だ。もっともっと活躍してほしい。


  • のぞみ さん (30代・ 神奈川県・ 女性)

    図書館で偶然手に取り、それ以来ド・ハマりです。
    一巻一巻、磐音サマに恋い焦がれるように読み続けました。
    ラストはどうなるんでしょう??
    おこんさんと二人で佐々木家のお墓参りするシーンかな…?なんて予想しています。
    シリーズ完結はとてもさみしいですが、空也くんの成長物語を待っています!!


  • 花折峠の近所の住民 さん (40代・ 滋賀県・ 男性)

    長いお付き合いの物語が終わってしまうのが残念です。花折峠を通って金沢に奈緒さんを追ったのが昨日のようです。どんな結末になるのか楽しみですが、終わって欲しくないのも事実です。
    尚武館がもとの場所に戻ることも期待しています。


  • 惠ちゃん頑張って! さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    間もなく最終回になるのは寂しく思います。
    楽しみが減ってしまいます。
    ご自愛しまだまだ頑張って書いて下さい。


  • めたろう さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    約3年前に本シリーズと出会いました。当時既刊20数冊を一気読みし、以後、新刊発売と同時に購入しています。来年1月の最終巻を読了した後、再度読み返すつもりです。


  • ゆきやなぎ さん (70代・ 長野県・ 女性)

     私は余り本を読まなかったが、佐伯泰英さんの坂崎磐音に出会い好きになりました、磐音の人間性に引かれました、自分も磐音のような人になれればと、もう少し若ければと思っております。


  • けろりん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    忍びの里に隠れ住み、子どもが産まれてきた時はホッとしました。また、様々な陰謀渦巻く中、江戸に戻ってこれて嬉しかったです。完結してしまうのは残念ですがとても楽しかったです。


  • ヒロ さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    親子2代で読んでいます。
    父親(86歳)は1巻から49巻まですべて保管しています。私(57歳)はスペースの関係で24巻からしか保管していませんでした。シリーズ完了が近くなったので読み直したくなり父親から1巻~23巻を借りて読みはじめました。
    改めて、磐音と関前藩、今津屋、江戸の市井の人々との交わり、殺陣にわくわくしながら読み返しています。
    父親は居眠り磐音のシリーズしか読んでいないので、密命シリーズも面白いと全巻貸して、密命ファンを1人増やしておきました。本の売り上げには貢献しなくてすいません。
    1月発売の50、51巻が待ち遠しいのと、シリーズ終了の寂しい気持ちが半々ですが、他のシリーズはまだまだ続いています。お体を大事にしていつまでも書き続けていただきたいと思います。


  • 白髪のしんし さん (60代・ 広島県・ 男性)

    昨年12月、47巻「失意の方」を初めて読み「こんな本があったのか」と感動して1巻から46巻まで購入し、今年の正月から3月にかけて、ワクワクする気持ちで全て読みました。あと2巻でシリーズ完結と聞き、全巻揃えばもう一度1巻から読み直したいと思っています。
    磐音の武士道、家族愛、取り巻く人々への思いやりなど、本を読んで初めて涙が出ました。
    感動を与えて頂きありがとうございました。


  • きるとっこ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    坂崎さんを取り巻く個性豊かな人々に、楽しく読んでいます。シリーズ続けてほしいと願っています。
    空也を含む次世代の人たちの活躍も書いてほしいです。


  • ココ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    第一巻から買い続けてもうすぐ終わると思うと寂しい限りです。磐音さんだけでなく一人一人の人生がこれからどうなるのか気になりますが、そのあたりも含めてどのように終わるのか大変楽しみにしています。


  • ももちゃん さん (80代・ 大阪府・ 女性)

    長い間、楽しませて頂き、ありがとうございました。
    人生後半の ライフワークになりました。
    毎日、少しづつしか読めない身体ですが、長い期間をかけて、読み続けてきました。
    毎回、先のお話が楽しみで ワクワク ドキドキさせてもらって、楽しませてもらいました。
    完結にあたり、とても、寂しいです。
    でも 完結まで 生きていられて、良かったです。
    ありがとうございました。


  • しろ さん (50代・ 東京都・ 男性)

     主人公が年齢を重ねたためか、最初のころの主人公の(心)動きと違い、思慮深く落ち着き感があるが、もっと若いような動きも感じてみたい。


  • 浪人 さん (40代・ 長崎県・ 男性)

    一年前に第1巻を手に取り、あまりにも楽しすぎて一気に最新刊まで読んでしまいました。
    そして、もう一度読み直しています。江戸地図を確認しながら少しずつ。


  • 伯山 さん (80代・ 大阪府・ 男性)

    高齢になり、腰や、膝を、病み、
    自由に、出歩く事が、できなくなり、
    車椅子生活の私にとって、唯一の
    楽しみが読書です。

    佐伯先生の、作品は、いつも、楽しませて頂いております。
    とくに、磐音さんシリーズは、長きに渡り、楽しませて頂き、有難うございます。
    そして、完結にあたり、寂しさも、ひとしおです。
    私の人生の、終わり近くで、良い作品に、巡りあえて、楽しかったです。
    ほんとに、有難うございました。
    来年の、完結編を、楽しみに、
    でも、ちょっと、終わって欲しくない気持ちも、ありながら、複雑です。
    有難うございました‼


  • さくら さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音さまともあと二冊。幸せな結末になりますように。


  • ほっとけの啓 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音を初刊から読み始めて早いもので13年ですか!小生の人生とダブり感慨深いものがあります。
    会社を早期退職して、ブラブラしている時に出会って磐音がうなぎ割きを始めたのと仕事ができたのと同じで、以来愛読してきましたが終わってしまうのは残念でなりません、先日も佐伯泰英先生の1作品が終えたばかりなのでひとしおです。


  • 妙見の虎 さん (60代・ 熊本県・ 男性)

    この様な長編時代小説は初めて読みました。完結がどうなるかとても楽しみです。
    先生に感謝します。お体ご自愛下さい。


  • 馬笑 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    第一巻の西部劇のワンシーンを見ているような壮絶な対決シーンが感動的でした。
    最後にそんな対決シーンが登場するのではと期待しながら読んでいます。
    妻も愛読しており,今では私以上の磐音ファンになってしまいました。


  • りん さん (30代・ 大阪府・ 女性)

    正義感と意志の強い磐音さんが転々と放浪するのを、一緒にいるような気持ちで読んできました。今後も楽しみにしています。


  • 剣の健ちゃん さん (60代・ 富山県・ 男性)

     時代小説に嵌ってから10年ほどですが、佐伯先生の作品は、ほぼ読破しました。(もちろん今後も継続します。)
     この「磐根シリーズ」も、半年毎の発行なので、その間第1巻の「陽炎の辻」から何度も読み返しました。
     磐根の活躍はもちろんですが、辰平・利次郎の成長、父坂崎正睦や田沼意次の深謀遠慮など、読みごたえは十分、そして今津屋の主・老分、速水左近、松浦弥助等の脇役の存在も見逃せませんでした。
     佐伯先生の筆によって、どんな結末になるのでしょうか。楽しみでもあり、さみしい思いもありますが、先生の健康をご祈念しながら、完結を待ちたいと思います。


  • けんしゅう鮫 さん (30代・ 東京都・ 男性)

    楽しく読ませていただいております。
    佐伯先生の作品の登場人物、特に主人公たちは皆魅力的であり、そして強い!もちろん磐音さんにおいても同様です。将来、豊後関前藩の担い手である若者として嘱望された坂崎磐音から、大きなものを背負う道場の主としての佐々木磐音に至るまで、そしてまたその後と、年を経てその人物に磨きがかかり、またより一層の強さを身につけますが…そんな人物でも、傷つき、悩み、苦しむことが少なくなく、しかしながら芯は一切ブレることなく、前進していきます。その姿に魅せられ、何度も読み返してしまいます。完結が待ち遠しくもあり、少し残念でもありますが、どんな姿を見せてくれるのか…やはり楽しみで仕方ありません。


  • おくちゃん さん (70代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音を読み始めて、時代小説にはまりました。今や佐伯小説を
    抜きには考えられません。完結は寂しいですが、新たな磐音の出発を
    喜びたいと思います。


  • はは さん (50代・ 京都府・ 女性)

    友人に薦められ図書館で10巻借り、いっきに読み!2度借りました。
    そして当時出ていた全巻買いまたいちから読み返し、新刊発売を楽しみに過ごしてました

    もうすでに坂崎家の親戚のおばちゃん気分で楽しみにしてます

    終わってしまうのはとても淋しいけど、もう穏やかな日々を過ごしてもいいのでは?との思いも強く結末楽しみにしてます


  • 磐猫 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯先生のウエブサイトで近刊チェックを欠かさず、その発売日がとても待たれるシリーズです。
    それが終わってしまうなんて、非常に残念です。登場人物の誰かを主人公にしたスピンオフ物語でもなんでも結構ですから、彼らの近況をせめて年に1回でも書いて頂けないものでしょうか。
    ここまで坂崎磐根について来たわれわれを見捨てないで下さい。切にお願いいたします。


  • おれんじ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    坂崎磐音の人生は波瀾万丈で読みながらも辛くなる場面もありますが、力になってくれる周囲の人の思いの温かさに、読み手の私も救われています。
    坂崎家の人々と、彼らと共にある人々の幸せを願っています。


  • なおさん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    時代小説を読み始めるきっかけになりました。
    いろいろ読んでいきたいです。


  • 眠り猫 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    小生が坂崎磐音に会ったのは、2006.11の事であった。あれから、9年今では江戸の地で剣客としての地位を確保し田沼の悪だくみに負けず道場の面々と安寧の明日を夢に見ながら日々切磋琢磨の中、人生を全うして己を鍛え、悪計を破りこれからの活躍を期待しています。佐伯先生に際してもくれぐれも身体を大事にして今後の展開をお願いいたします。


  • とこさん さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    最初に「坂崎磐音」さんを知ったのは、NHKのテレビでした。普段はほとんどテレビのドラマ系は見ないのですが、山本耕史さんのファンだったこともあり(土方歳三ファンなので)見続けることになりました。その後は当然、原作の方を読むことになり、新刊が発売されるたびに読み続けました。「江戸時代」ファンでもあるので、江戸地図も愛読書となっています。


  • けんさん さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    ワクワクしながらドンドン読みました。
    たのしかったです。


  • 谷中の出身者 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    現在は神奈川県に住んでおりますが、生まれは台東区の谷中で、高校まで住んでいました。その頃、良く自転車で谷中墓地から上野、不忍池、浅草、千住など周りました。「居眠り磐音」を読んでは、当時巡った場所や路地のことを懐かしく思い出しております。


  • 緑の豆たぬき さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音シリーズが出るのを、今か今かと待ち焦がれています。あと2冊で終わってしまうなんて、とても寂しく思います。テレビで放映された「陽炎の辻」の原作とは知らず読み始め、のめりこんでしまいました。
    既刊分を読んでしまってから、また、1巻目からと何度読み返したでしょう。何度読んでも読みあきません。心がほのぼのとして、温かくなります。


  • むらっちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音が大好きです。
    これから寂しくなります。


  • yume さん (60代・ 東京都・ 男性)

    毎回、発売日と同時に拝読しています。
    後2回、少々寂しい気もしますが、楽しみにしています。


  • kazuおばさん さん (60代・ 大阪府・ 女性)

    初巻より今日まで全巻読み終え再度読み直していますと、一段と深い感銘があり時を忘れて読みふけっています。残念ながらいよいよ完結迫るとのこと寂しくなりますが、佐伯様のご健康をお祈りいたします。


  • Tomo さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    他界した父から薦められ読み始めました。
    新刊が出ると直ぐに読み、次の新刊の発売が気になってました。
    いつまでも続いて欲しい反面、完結まで読めるうれしさがあります。
    楽しい作品をありがとうございました。


  • 不言 未来 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    毎巻楽しく読んでいます。TV化されるのを楽しみにしています。
    原作になるべく忠実に映像化されると、なおありがたいのですが。


  • やんやん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    毎巻、発売日がくるのを楽しみに読ませていただきましたが、あと少しで完結になってしまいます。残念です❗️
    NHKのドラマもまたやっていただきたいなぁ。


  • こけもも さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    主人がいつも読んでいます。お正月も仕事で忙しい主人に磐音からの年賀状でびっくりさせたいので、よろしくお願いします。私自身は時代小説をあまり読んだことがないので、これから主人に借りて読んでみたいと思います。


  • なんだかんだ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    あと2巻で磐音シリーズが終了するかと思うとさびしいような気がします。
    巻を重ねる毎に皆が成長していくのが楽しみでした。
    磐音をとりまく皆が幸せになるような結末を希望いたします。


上へ