居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ペンペン さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    佐伯先生の作品は全て読みました。毎回、出版されるのを楽しみしております。これからも、面白い作品をお書き下さい。


  • ゆうさま さん (40代・ 岐阜県・ 女性)

    磐音さんとの出会いは図書館でした。何気に借りた一冊の本
    読み進めていくうちにすっかり虜に・・・
    読んでいると物語の中に入った気分
    その時々により磐音さんになったり、おこんさんになったり・・・
    ずっとずっと一緒にいたい世界です。


  • ヨシツネ さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    佐伯先生の数あるシリーズはすべて読み続けています。中には中段のまま再開を待望しているものもありますが、愛読してきたシリーズが終わってしまうのも寂しい限りです。先生のご年齢を考えれば読者の我が儘なのですが、坂崎磐根とその仲間たちの物語もエンドレスで読ませていただきたいのがファン心理です。最初から刊行されれるのを待ちかねては読んできた者としては、磐根と関わりを持った人たち一人一人を作者自身が大切にして育んでいくことで拡がりと奥行きを強めていく──そこがストーリー展開の面白さだけを追う小説との違いであり醍醐味でした。若い読者にはまどろっこしいかもしれませんが。


  • ronron さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    このシリーズが終わってしまうなんて・・
    残念で、残念で・・・
    初めは本で磐根を知り、TVで磐根のイメージが増々広がり
    新刊が出るとすぐにその世界に浸り続けてきました。
    先生有り難うございました。


  • たっけ さん (50代・ 鳥取県・ 女性)

    いつも楽しく読ませていただいてます。毎回新刊が出るのが楽しみでわくわくし、次はどうなるのだろうと期待をふくらませるばかりです。
    初めはテレビドラマを見てとてもおもしろいと思い、原作を読んでみたいという思いで本を読むようになりました。こんなにおもしろいならもっと早く知りたかったと思うほどです。
    磐音さまがとてもかっこよく惚れてしまいます。
    あと2巻で完結してしまうのはとても寂しいですが、とても楽しみでもあります。


  • ワンワンタロー さん (50代・ 東京都・ 女性)

    佐伯さんの作品との遭遇は、2001年「鎌倉河岸捕物控」がきっかけでした。翌年から開始された「磐音シリーズ」は、場面展開のダイナミックさに大いにはまり、以来14年間夢中で愛読してきました。いよいよ完結となるのは少々さみしいです。


  • 木曽のまーさん さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    読み始めて2年ですが、単身赴任生活の癒しになっています。
    まだ途中ですが完結を想像して楽しんでいます。


  • まめ太の母さん さん (60代・ 北海道・ 女性)

    ただいま30巻を読んでいます。
    居眠り磐音大好きです。登場人物の皆さんを自分の親戚のように親しみを感じています。(白山も大好き!)
    佐伯先生の他の作品も大好きです。
    佐伯先生の末永いご活躍を切に祈っております!


  • コンスケ さん (50代・ 山形県・ 男性)

     居眠り磐根シリーズの発売が待ち遠しく、今か今かと待っていること自体が楽しみでした。何度となく読み返し、その度ごとに涙があふれてきました。特に私の住んでいる山形舞台の小説は少なく、奈緒の紅花関係の巻は、特に感慨深いものがあります。最後の2巻を残すのみということで、悲しいことですが、改めて1巻から読み直してみたいと思います。佐伯先生の新たな作品の登場を期待しております。


  • 夏の風物詩 さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    磐音さんをペンネームで使わせていただいています🎵金兵衛長屋の頃が好きです🎵


  • ひできち さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    毎巻楽しみにしてました。いよいよ完結,寂しい気もしますがどのような結末になるか,楽しみにしてます。


  • モリモリ さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    夫婦共に長年にわたって愛読してきました。二人とも5回以上完全読破しています。ハラハラあり、ほのぼのあり、涙ありで何度読んでも飽きません。あと何回読み直すことになるのかなあ。


  • ひろひろ さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    佐伯先生の作品は「トウノスケ」も「親子鷹」も読みました。どれも甲乙つけがたいのですがやはりイワネはわたしにとっては格別です。。義理の父とのコミュニケーションでした。。


  • aira さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    新刊が出るのを首を長くしてまっています。新しく出るのがわかった時点で1巻からまた読みます。毎日あと何日と数えながら。1巻から読むのもまたたのしいものです。


  • うめ さん (50代・ 山口県・ 女性)

    TVシリーズが面白かったので、近くの図書館で、原作を読み始めました。そのころは、20巻あたりだったのではと思いますが、たくさん出ているなあと思いつつ、読み始めたら大変おもしろく、数日で1冊を読了し、どんどん借りて行きました。そのうち、貸し出しの順番待ちになり、なぜだろうと思ったら、それが最新刊でした。続きが気になり待っていられなくなり、ついに自分で購入開始。以来、地図も、読本も購入してます。ついに最後ですね、どのような締めくくりになるのか楽しみにしています。
    佐伯先生、長い間ありがとうございます。お疲れ様でした。


  • tomo さん (80代・ 大阪府・ 男性)

    以前から佐伯作品は好きですが、仕事をリタイアして益々はまり込んでます。


  • 江戸下町人情大好き さん (60代・ 東京都・ 男性)

    江戸下町の人情が背骨のようにしっかりと一本通っていて、政治あり、殺陣あり、淡い恋心も熱烈な恋もあり、さらには、主人公の、「節を曲げず、権力におもねず、人情に篤い」人生に対する姿勢、等々、感銘する特徴は列挙にいとまがないくらいです。が、何よりも素晴らしいのは、読んでいる時にいろいろな想像が広がることと、読後感の爽やかさではないでしょうか。いつの時代にも居て欲しいと思う主人公のキャラクターに惚れ込んでしまいました。


  • なし さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯康英の大フアンで、その著書は全シリーズ蔵書しています。
    その中でも代表作の「居眠り盤音シリーズ」が50作で完結されるのは
    淋しい限りですが、新シリーズが紹介される事を期待しています。


  • 江戸川本舗 さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    もう終わりなのですね。買ってきた日は、徹夜してでも一日で一気に読み終わります。
    おこんを連れ、九州を旅する辺りの話が一番好きです。
    家基がうなぎをお忍びで食べに来るところも。
    家基が生きていたら、このストーリーはどうなったのだろうと興味津々です。
    ライバルがいなくても、磐音の人生の話だけでも十分に想像を掻き立てられ、わくわくします。
    決して飽きることなく、登場人物の豊富さも素晴らしい。
    田舎にいる父と唯一共通する話題が磐音です。
    私より先に最新刊を手に入れ、自慢をしてくるところがなかなか可愛いです。


  • sey さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    坂崎磐根 ずいぶん長く 楽しませて頂きました。
    完結するのが楽しみではありますが 終わってしまうんだな
    という 寂しさもあります。
    有難うございました。


  • 洋さん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    寂しいです。登場人物すべてにわたり、悲喜こもこもの内容に感服しております。


  • いいちゃん さん (60代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音カッコ良くて大ファンです、また登場人物が多彩で毎号1日で読んでしまいました。もう1月で終わりとはさみしい限りです。密命の終わりの時も心残りでしたが、もっと残念です。佐伯先生また新たなシリーズを待ちわびています。


  • がんさん さん (80代・ 埼玉県・ 男性)

    磐音の生きざまに共感しています。
    どんな苦難にも耐え、だれとでも、対等に接する人となりに、尊敬の念をいだきます。
    驕り高ぶらない謙虚さ、に感動です。今の政治家に爪の垢を煎じてのませたいものです。
    どんな、終末になるのか、楽しみです。


  • 新之助 さん (70代・ 三重県・ 男性)

    「居眠り磐音江戸双紙」の魅力は、いかなる環境の変化にも屈せず、周りの状況も踏まえて、正しく、前向きに、生きる主人公の磐音の姿です。
     藩命とはいえ、いいなずけの兄との決闘をし、藩を離れた後、江戸に出てウナギの開きの職につきながら、剣も磨き、かつ、用心棒をする中で、その人柄を見込まれて、江戸での地位を築き、彼を慕う弟子に囲まれる中で、天下一の剣の道も歩む人生に、現代に生きる私たちにも、上を向いて歩く生き方の意義を示唆し、感銘を受けています。
     いよいよ来年1月には、最終刊とのこと、どのような終わりとなるか、楽しみにしています。


  • はなちょび さん (50代・ 栃木県・ 女性)

    磐音様の長い戦いもようやく決着がつくのですね。武士としての矜持を常にもち、誰とでも真摯に向き合う姿勢が様々な人々の心を打ち、彼を慕って集まるのだと思いました。後半は市井の人たちとの穏やかなやりとりよりは、国をも揺るがす大事件の渦中つらい出来事ばかりのようでしたがどう終止符を打つのか楽しみです。1月の新刊が待ち遠しいような、もう終わりとなると寂しいような。でも最後までしっかり見届けたいと思います。


  • k.y. さん (50代・ 東京都・ 女性)

    結末が知りたい反面、終わりはイヤ!です…。まだまだ磐音と共に江戸の風を感じていたいです。
    先生!ぜひとも番外編をたくさんたくさん、お願いします!!!


  • 紫陽花 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音のみならず佐伯作品は全シリーズを読んでいます。
    なかでも居眠り磐音の特製地図は必携。吉原裏同心、鎌倉河岸シリーズを読むときにも役に立ちます。
    とまれ居眠り磐音が来年1月で完結するのがなんともさみしいです。でも最終50巻が1巻増えて51巻になっただけでも良しとするか!
    ここで佐伯先生にお願いです。惜櫟荘だよりの続編を今から首を長くして待っています!


  • ボコのパパ さん (40代・ 東京都・ 男性)

    私自身は全作を読み続けてきましたが、同じく読書好きの弟はまだ磐音は読んでいないので、年賀状を届けて新年からは磐音ファンにしてやろうかと画策しています。さてさてどうなりますか、楽しみです。


  • ボコのパパ さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    ついに完結ですか。「陽炎の辻」から読み継ぎ、磐音と一緒に、私も会社の転勤で広島、愛知、東京と回ってきました。保育園の頃には居眠り磐音の出てくる絵本を書いていた位子供も今は中学生で、お父さんとはほとんど口もきいてくれませんが、完結篇の話題でまた話ができたらな、と思います。現在、単身赴任中でただでさえ疎遠になっているもので…。是非、私自身もいただきたいですが、子供たちにも年賀状を届けていただけたら、と思います。お願いいたします。


  • kazuo さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    毎日通勤電車の中で読んでおります。
    お蔭で片道1時間の通勤が苦になりません。
    吉原裏同心と交互に読んでおります。
    磐音にしろ幹次郎にしろ女性ばかりか男性にも惚れられる。
    羨ましいかぎりです。


  • ばる~ん さん (20代・ 神奈川県・ 女性)

    第1巻の陽炎ノ辻が一番好きでした。司馬遼太郎に次ぐ時代小説だと思いました。
    ドラマ化された事が嬉しかったです。主演の山本耕史さんが適役でした。
    まだ私はシリーズを全巻読み切ってはいませんが、磐音そのものが好きなので読破したいと思います。
    磐音、めちゃめちゃカッコいいです。


  • ペダルたび さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    このシリーズの5、6巻が出た頃から愛読してきました。当時はまだNHKでドラマ化されておらず、いつかドラマ化されたらいいなと思っていました。その後、NHKでオンエアされたときは毎週楽しみに観ていました。その後も毎巻出るたびにすぐに書店に行っては新たなストーリーに出会うことが楽しみでした。
    それがいよいよ大団円を迎えるのですね。もう読み続けることができないのかと思うと寂しい気もしますが、これまで本当に楽しませてもらいました。お疲れ様でした。また最初から読み直すことにします。長い間、ありがとうございました。


  • ムウママ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    ちょっと敬遠していた歴史ものでしたが、この本を手にしてから、歴史小説好きになりました。あと二冊で完結してしまうのは残念ですが、磐音に平穏な生活が訪れると思うと心温まる気がします。


  • きんた さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    佐伯先生のファンでほとんどの作品を読まさせていただいています。その中でもこの作品は別格に面白く深い。主人公の内に秘めたる力強さ、見習いたいものです。


  • kyoko さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    佐伯泰英さんの時代小説のファンです。主人公の坂崎磐根の優しさ、強さ、厳しさ、生き方、全てに心ひかれます。完結にしないで続けてほしいです。


  • ガンモ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    こんなにはまった本は他にありません。新巻がでるとすぐに買いにはしり、まずざっと展開を確認、2回目は落ち着いてじっくり読み、3回目は好きな場面を中心にという具合に、3回は立て続けに読む習慣が根付きました。次の巻がでるまで半年開くときは、また1巻から読み返して時間をつなぐ日々です。今や私の精神活動の基本ともなった磐音シリーズが終わってしまうのは、何とも言えない寂しさを感じます。また是非とも、磐音さんの世界のような小説を私たちに見せてください。


  • なんち さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    NHKのドラマで出会ってからずっと愛読しています。磐音さんは優しくて強くて、理想の男性です。物語の中でドキドキわくわくして、楽しい時間を過ごしていました。もうそういう時間が無くなってしまうのがとても寂しいです。もっと続けて欲しいです。終わってほしくありません。でも、磐音さんを休ませなくてはいけないのですね。最終章、楽しみにしています。


  • 雅 茜 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    NHK時代劇を見てから、磐音ファンになり、全巻揃えて家内と共に拝読させていただいています。
    磐音を取り巻く人々の人情愛にそしてストリーの中のサスペンス、剣の腕前さらに一心不乱に食する磐音。
    おこんさんとの夫婦の絆など楽しみに読まさせていただいています。最初は悲しくもありましたが、それがまたこの磐音の生き方につながり、時に自分の生き方と重ねて考えさせられます。
    佐伯先生のシリーズとして、先生自身磐音が好きなんだと感じています。同様の作品として、「酔いどれ小藤次留書」若干設定が異なる「鎌倉河岸捕物控」シリーズも拝読させて頂いています。磐音が終了かと思うとさびしい感じがしますが、どのような話で終わるのか楽しみでもあります。


  • 鯉さん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズを読むと、時間を忘れ、江戸時代の世界で遊ぶことができます。読み終わると暖かい気持ちにもなっています。出会えてよかった。


  • 杜撰 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    もうじき、このシリーズも、終わりますね。私は、竹村武左衛門と小田平助のファンなのですが、シリーズの最後に、用心棒仲間だった磐根と武左衛門と品川柳次郎の三人が協力して活躍する場面が見てみたいのですが、いかがでしょうか。シリーズが終わってしまうのが残念です。


  • naoji さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    長い間愛読してきた「居眠り磐音」シリーズが終わってしまうのは、とても残念です。愛読して感じたことは、江戸を離れた物語は、なぜか自分にとってちょっと退屈なお話でした。
    シリーズ前半は夢中で読み、半ばは退屈で読むのをやめようかと思いました。後半になり盛り返してまた夢中になりました。


  • てあ さん (80代・ 大阪府・ 男性)

    祖父の代行です。
    祖父が先生の書く文章がとても好きで、新刊をいつも楽しみにしております。
    先生の本を読むのが楽しいといっておりました。
    これからも先生のご活躍を応援しております。


  • debuya さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    本当に長い間「坂崎磐音」を楽しく満喫させていただきました。ありがとう!
    また、楽しい人情味溢れる作品を楽しみに待っています。


  • のり さん (70代・ 岐阜県・ 女性)

    佐伯さんの本で時代物語はほぼ全部読み切りました。まだまだ読みたいので新シリーズをお待ち致します😄


  • ☆ヒデ☆ さん (50代・ 茨城県・ 男性)

    いつも面白く、ワクワクしています!何度も読み返します!


  • シュシュ さん (30代・ 広島県・ 女性)

    もう磐音シリーズが読めなくなるのかと思うと、発売日が楽しみなような、来てほしくないような。先生の作品の中でこのシリーズが一番好きで、面白く、発売されたらいつも一気に読んでいました。


  • ぴーちゃん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    もうすぐ終わってしまうのかと思うと寂しいです


  • ポーラ さん (70代・ 三重県・ 女性)

    弟が佐伯先生のファンで文庫の全作品を持っています。実家に行く度に「新刊があるから」と半ば無理やりに貸してくれるのですが、私の好みは海外ミステリーなのです。でも折角の好意なのできちんと読んでます。また読み出すと面白いの。あるときは同時にたくさん読んで、刀研ぐ人?鰻を割く人?吉原の用心棒?と頭ごちゃごちゃになりましたが、今は磐音さんは朴訥な人柄に隠れた必殺剣の使い手として(山本耕史さんはちょっとイメージが違う)しっかり認識しています。シリーズ完結はさびしいです。今後も先生のご健筆をお祈りします。


  • とっくん さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    いつもいつも、いつ次の新刊がでるか待っていますが、期間が開いたり2冊同時に出たりと翻弄されています。でも来春で終わりとなり、待っていますが、さびしさもあります。
    また、佐伯先生は、同時進行で複数シリーズを次々と出されており、どのように各シリーズを切り替えされているか感心しています。


  • るんこ さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    NHKのドラマを見てファンになった母は、当時発行されていた磐音シリーズを読み終わると、新聞の新刊情報を見つけると書店へ予約に行くようになっていました。母にとってはドラマの山本さんが磐音さんのようで、他のドラマに出演されていても磐音さんが出てると言っています。今では他の作品にも手を伸ばしているようです。先生の作品は母が楽しみにしているので、これからもたくさん作品を発行していただけると喜びます。よろしくお願いいたします。


上へ