居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ありえす さん (40代・ 千葉県・ 男性)

    きっかけは、年齢の倍近く離れた方からの、おすすめ本でした。
    当時、推理小説が好きで読んでいました。たまたま同じシリーズを読んでいる方に薦められて、初めて読んだ時代物小説が、磐根シリーズでした。
    最初は、付き合い程度で”読まなくては”で始まったのですが、いつのまにか”早く読みたい”に変わっていました。
    年齢を問わず、読み込めるシリーズです。


  • みさごん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    できることなら、江戸時代に行って磐音さんに会ってみたい。


  • ケムンパス さん (50代・ 奈良県・ 女性)

    大好きなシリーズで、かわいそうすぎる話です。磐音の生き方が、とても歯がゆい時があります。どうしてそこまでと考えてしまいます。夫婦ではまりました。


  • 志麻 一郎 さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    磐音を取り巻く敵以外の人間関係が大らかで、他の人を配慮して、それでいて言いたいことを言い合っており、大変、良い関係で、現実にもそのような人間関係が、さらに増えて行くと良いのではないかと思います。最後は、どのような結論になるのか楽しみです。


  • alpha さん (70代・ 群馬県・ 男性)

    定年後磐音と出会いました。それから家庭菜園と磐音が楽しみになっており、
    来年正月が早く来てほしい気持ちとそうでない気持ちが入り混じっています。


  • 柿娘 さん (30代・ 愛知県・ 女性)

    今の世の中、磐音のように他人のために見返りを求めずに汗を流してくれる人は憧れの男性ですが、ほぼいないでしょう。小説の中で、憧れの男性:磐音に恋心を抱きながら楽しませていただいてます。


  • ゆーこ さん (30代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音様おこんさんが、手を握りまた握り返す…この文章だけで、私は、幸せいっぱいです。今津屋さんをはじめ周囲の人々の優しい気持ちに感動しています。磐音様の圧倒的強さに惹かれています。さまざまな場面を読んでも心躍る、居眠り磐音大好きです。


  • プーチャン さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    テレビを見て、本を購入。「居眠り磐音」シリーズは第1巻から今迄出版された文庫を全て購入。作家の佐伯先生はさぞかしご苦労されて、作品を作っていると思います。しかし、我が儘読者の私は一日も早く次を読みたい!気持で過ごしてきました。それも来年1月で完結、長いようで短い。楽しみが終わってしまうのか…悲しい。でも次を期待したいと思います。


  • こたつ猫 さん (30代・ 埼玉県・ 女性)

    ドラマにはまり、原作も読んでみたいと思い手に取りました。その時はもう20巻まで発売しており、通勤の電車の中で3~4日に1冊のペースで読みました。それほどはまった作品がもうすぐ終わってしまうのはとても寂しいです。ぜひ、坂崎磐音組が誰一人欠けることなくハッピーエンドで終わってほしいです。(品川さんが最近姿を見せないので出てきてほしいです。)


  • おこんさんは私の理想です さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    このシリーズは、邪魔されたくなくていつも家人が寝た後に一気に読んでいます。
    翌日は目がしょぼしょぼになりますが、新刊が手に入るとまた繰り返します。
    あの充実感を味わえるのもあと少しだと思うと寂しいですね。


  • 磐音びいきでござる さん (50代・ 東京都・ 女性)

    陽炎以来、何とも楽しみなシリーズでした。人が人を思いやるこの世界が大好きです。


  • 磐音大好き さん (60代・ 京都府・ 男性)

    夫婦で作品を楽しんでいます。読む時に磐音や、他の登場人物を勝手ではありますが、自分のイメージする俳優さんに置き換えています。
    そうして読むのも楽しいです。


  • 富山の母 さん (60代・ 富山県・ 女性)

    磐音さんに出逢えた事に、感謝しています。ひょんな事から手に取った三冊から始まりました。稀有の心根の磐音さんに、魅了されっぱなしでした。お別れは淋しいけど、安寧の日々の訪れを願ってましたから、我慢します。


  • ごんまま さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    義父や親戚の叔父さんたちが熱心に読んでいたので、きっと年配の方向けの時代劇シリーズだと思っていました。ところが、2-3年前に新聞で若手俳優さんが、雑誌で若い女優さんが勧めている記事を読み、試しに・・・と思って読んでみたら、読みやすくておもしろい!!やっと時代に追いついたと思ったら、もう完結してしまうなんて・・。最後が楽しみでもあり、残念でもあります。佐伯先生、ご自愛ください。素敵な作品をありがとうございました。


  • 春ちゃん さん (80代・ 神奈川県・ 女性)

    「橋の上」の江戸地図を片手に気分はどっぷり江戸時代です。
    磐音どの、おこんさんも親戚の子や孫のようにとても身近に感じ、完結編が待ちきれずにいます。
    陽炎の辻から、またじっくりと読み返しているところです。


  • とくのしん さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    定年した父が一日読書に没頭しているなか、新聞で年賀状の事を見つけてきたので代理で応募させていただきました。


  • dorpokuma さん (60代・ 福島県・ 男性)

    初刊からワクワクしながら読んできました。磐音の優しい人柄と弱い者を守るそして悪を許さない、断固たる行動、それが最後となる予告に無念の思いです。


  • マロン さん (50代・ 秋田県・ 女性)

    長年の居眠り磐音シリーズのファンです。新作を読み始めると睡眠時間さえおしくなります。


  • いわねっち さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    初めて磐音様と出会ったのは、江戸時代小説が大好きなダンナさんのお父さんから借りた1巻でした。それまでは、無口な義父と話すのが苦手だったのですが、この物語のおかげで話が弾むようになりました。
    新刊が出ると競いあうように読破し、お酒を飲みながら感想を言い合うのを楽しんできましたが、もうすぐ出来なくなるのは、少し残念です。最終巻期待してますよ。


  • けいたん さん (60代・ 長崎県・ 女性)

    江戸古地図を見ながら、シリーズ作品の舞台に思いをはせてます。
    読後の爽快感は、なんともいえません。ストレス解消には一番です。


  • みさ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    毎回、出版されるのが楽しみで買うと、まずざっと読み、その後じっくり読み、その時代に入り込んでいるような気になります。
    あと二話で終わりとは本当に淋しく残念のような、楽しみでもあるような複雑な気分です。


  • ぱちゃぽ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音様
    ついに完結となるのですね。毎回楽しみに拝読していましたが、これからはどうしましょう・・・
    磐音様他幸せに終わるように祈っております。又新しいシリーズを楽しみに待っています。


  • きんぺい さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    無二の親友と闘い、許婚と別れて江戸へ出てきた磐音。この先どうなるのだろうと興味を持ち2冊目3冊目と進んでいくうちドンドン惹かれ、別冊・ドラマとすべて買い揃えていよいよ最終版。いろいろな闘い、人との繋がり、多くの人生訓を盛り込み、もう最高です。時代小説でベストスリーに指折られると思います。


  • さか さん (50代・ 熊本県・ 男性)

    はじめまして。居眠り磐音 江戸双紙のファンで、テレビを毎回見ていました。
    実は、私も坂崎です。同じ名の主人公が活躍する時代劇を楽しみにしていました。
    その磐音様から年賀状が届くとあって、来年はとても良い年になる予感がしています。
    益々のご活躍を期待しています!


  • いくよ~ さん (30代・ 愛知県・ 女性)

    磐音、大好き♪~な母に代って応募しています。お正月のハッピーサプライズになれば幸いです。


  • モリちゃん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音が終わってしまう寂しさは、他の小説とは違ったものがあります。


  • ミツルの息子 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    長い間、通勤電車の中で楽しいひと時を与えてくれた磐音シリーズが大団円を迎えようとしている。寂しい気持ちもあるが、磐音らしい 爽やかな終わり方への期待の方が強い。
    佐伯先生、宜しくお願いします!


  • みなつ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    風林火山のような磐音にいつも憧れています。レールのないところの雪かきをするラッセル車のようだねといわれたことがある私は、とにかく行動力だけは二児の親になってからも健在。活動的だとかフットワークがいいねと言われることもありますが、居眠り磐音シリーズを読むたびに反省です。もっと思慮深く考え、準備や調整を十分にする部分が欠けているので、なんらかしらの迷惑をかけ通し。その尻拭いに奔走することも。磐音のように余裕をもって生きてみたい、とせわしい現代社会にまだ小さい子ども2人を抱えながらも思う毎日を過ごしています。まず、口数を減らすところから始めようかな!


  • ごんざぶろう さん (80代・ 神奈川県・ 男性)

    近くの公民館の図書室にあった「居眠り磐音」シリーズを読み面白くて図書室にあった45巻までを3か月ぐらいで一気に読んでしまいました。今年春に入院治療が必要になり46~48巻を購入して入院しましたが退屈せずにすみました。今は別の佐伯シリーズを読んでいるのでその後の新刊はまだ読んでいませんが、必ず読むつもりでいます。


  • ブーマーズ さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    NHK陽炎の辻を見て読み始め、ファンになりました。
    50、51巻で完結、寂しいです。


  • 佑子 さん (70代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんの人柄と周りの人間関係が好きです。


  • TAKA★ さん (60代・ 京都府・ 男性)

    佐伯道場に入門したのは、1年ちょっと前になります。
    通院での抗がん剤の点滴ち受けた病院帰りの本屋さんで何気に手にし、ハマりました。
    仕事を辞め、闘病生活になった中、病院帰りの本屋での
    居眠り磐音シリーズを毎週4.5冊買って、読むのが、唯一の楽しみとなり、他のシリーズ物も次々と読破して佐伯ワールドを堪能させていただいています。
    残念なのは、最近次々とシリーズが完結してしまっていることです。
    最後は平和に締め括って下さい。
    新しいシリーズを楽しみにしています。


  • samurai-mama さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    子育ての合間に読みました。読んでいる間はとても楽しく、ホッとする一時でした。


  • なおみん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    夫は佐伯先生の作品の大ファンです。
    新刊が発売されると、すぐに購入し、その日のうちに読んでしまいます。
    もっと、ゆっくり読んで楽しめばいいのに…と思いますが、早く先が読みたいという気持ちもわかります。
    自分でも、HPで次の新刊の発売日をチェックして、発売されるまで首を長くして待っているようです。
    そんなに面白いのなら、と私にも勧めてくれたのが居眠り磐音シリーズ…まだ、読み始めたばかりですが、夫との共通の話題もできて、楽しく読めそうです。


  • けめのすけ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    いよいよ大団円ですね?そうですよねっ?
    ここまでいくたびの苦難を強いられた磐音さんファミリー。
    うなぎ割きから始まった磐音さんの長い長い旅を、最後まで見守らせていただきます!


  • 甲斐 武尊 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯先生からの最近の発信されている内容からは、ご自身の年齢をお考えになられて、このシリーズの仕舞
    を決断なさっている様子が窺えます。
    一読者としての希望として、空也の成長、速水兄弟からの援護更には霧子や桜子の子供などの活躍が期待
    できる構想は無限に広がります。
    前例のないことではありますが、前途有為な若手作家に引き継がせ大連載として継続して頂きたい。


  • しろう.まほろば さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    本を読んでいると、自分も磐根さん達と同じ江戸の町に住んでいる気持ちになります。物語のワクワク感と同時に人の息づかいや温もりを感じて、当時の生活が思い浮かぶところが好きです!


  • ken さん (30代・ 大阪府・ 男性)

    いよいよ完結ですね。
    さみしくなってしまいます。


  • ミルのママ さん (60代・ 奈良県・ 女性)

    磐音様にはまりました。本はとても好きですが、たいてい図書館で借りて読んでました。全巻文庫本を揃えたのは、初めてです。3度は読みかえしました。磐音様は憧れであり、師匠です。


  • mikky46 さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズを知人から借りて読み始めたのがきっかけでハマってしまい、全巻を読んでしまいました。新刊が出るのを楽しみにしてます。年を経ると歴史に興味が湧いてきますが今はその歴史もいろんな
    説が出てきて佐伯氏の作品にも必ず歴史の中での重要人物をからませて読者を楽しませてくれます。特に
    古着屋シリーズは簡潔で爽快、映画の007を観た時の爽快感を感じさせます。2~5巻で終わってるのも捨てがたい、もっと続けて欲しいと思うのは私だけでしょうか?わが人生の終わりまで読み続けたいと思わせる文庫本です。


  • kuwabaranoseki さん (50代・ 長野県・ 女性)

    遂に完結!!。思えばNHKで磐根シリーズが始まった時、主人公がかっこいいという娘に付き合って見だしてから、原作が読みたくなり佐伯さんの磐音シリーズを買い始めました。本編のほか特別シリーズ、地図帳まで楽しく読ませていただいてます。磐根を取り巻く皆さんが、さまざまな場面で成長しながら又は老いながら暮らしていく姿が、流れる時間を感じさせますね。さて、どのような最後になるのか、確か特集編で佐伯さんは磐根が橋の上にたたずむシーンで終えると語っていた気がしますが、楽しみです。


  • エルモー さん (30代・ 神奈川県・ 女性)

    佐伯作品を読んだことがなく、図書館で手に取ってみたらあっという間にはまってしまい、それからは新刊が出る度に本屋で購入しています。
    ドラマの山本さんもぴったりでした。
    もう少しでお別れだと考えると寂しいです。
    磐音とおこんみたいな夫婦がお友達に欲しいです☆


  • タローくん さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    苦難を春風駘蕩として切り抜ける磐音の姿に感動する。


  • mikky46 さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    居眠り磐音を知人に見せてもらい、すっかりハマってしまい、いまや全て、読み尽して新刊が出るのを心待ちにしております。なかでも、古着屋シリーズはストーリーが簡潔で読んだ後、映画の007を観た後の爽快感と同じ快感を覚えます。


  • ちーちゃん さん (70代・ 福岡県・ 女性)

    陽炎の辻から最終章まで短いような、長かったような複雑な思いです。
    何時もハラハラドキドキでした。
    佐伯先生をはじめスタッフの皆様や編集に携わった方々に感謝とお礼を申し上げます。
    最終巻を読み終えたら,全巻を並べて初めから読み返したいと思っています。
    これからますますのご活躍と再び磐根さんに会えるといいなと思っています。


  • choko さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    今後の生活で夢中になれるものがないか先輩に相談したところ、時代小説を紹介されました。数人の作家を教えていただき、図書館で借りて読んでいるうちに時代小説にはまっていきました。そんな中で「磐音」の誠実な生き方に共感し、2月から借りて現在24巻まで読みました。21巻で、「そなたが生まれたとき、それがしは名を決めるのに悩んだ。磐音の名は、何千何万の時が造った巨岩が発する音という意で名付けた。何千何万の時が造った磐の風格と同時に硬い巨石が軋みたてる微かな音にも耳が傾けられる人間たれとな」 と名の由来がありました。
     昔の人のほうが、現代よりも知恵もあり、心も豊かであったように思います。「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズは、私の心を癒してくれる本です。半分しか読んでいませんが、最後まで楽しみに読もうと思っています。


  • グリーンフィールド さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

     数年前NHKで再放送された「陽炎の辻」を初めて見て、大ファンになりました。仕事に追われる毎日ですが、少しの時間を見つけては楽しんで49冊読みました。九州旅行に行った折りには、大分県の杵築市にも足を運んで、磐音さんの生まれ故郷かなと勝手に想像したりもしました。時代劇ですが、巌音さんのまじめでありながら、相手の気持ちを理解できる想像力の豊かさと、おこんをはじめとする周囲の人たちの人間模様に、普通の時代小説とは違う何かを感じて、惹かれました。ただ、後半は田沼意次等との闘争に重点を置きすぎて、物語の前半で見せた巌音の人間的魅力やおこんや家族とのかかわりがあまり描かれておらず、残念に思います。許嫁とはいえ、奈緒にいつまでも気を遣いすぎるのも気になります。物語の最後は剣の道をきわめつつも、家族との幸せな未来も見たいと願っています。テレビでも山本耕史さん、中越典子さんで続編が見れたら、言うことないですが・・・


  • モンク さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    別居している母は年金暮らしで趣味のない生活をしておりました。毎日テレビを見る事ぐらいしか日課に出来ず、このままではボケが酷くなってしまうと心配し読書を進めました。最初は近隣の図書館に赴き、気の向くままに借りてきていたのですが、ある時から夢中になって熟読している本がありました。
    それが佐伯泰英さんの時代ものだったのです。
    若い頃は仕事と家事に追われ、最近逝去した父の介護でここ数年は自分の楽しみなど顧みる事もなくひたむきに他人のために過ごしてきた母は、その欠落を埋めるかのように今では夢中になって佐伯氏の本を買いあさっています。人が変わったようです。
    そんな母が珍しく私におねだりを乞い、それが母自身ではままならぬ事と知り、今回年賀状の応募をしたしだいです。


  • NAC さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    時代小説はほとんど読んだことがなかったのですが、会社の人に「おもしろいよ」と勧められて
    半信半疑で読み始めました。すると、すっかりと磐音ワールドにはまってしまいあっという間に
    既刊分を読み尽くしてしまいました。最新刊を首を長くして待つ日々でしたが、それもあと少し。
    待ち遠しい気持ちと、とうとう完結のさびしさに揺れ動いています。


  • スーちゃん さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    激動の時代に真摯に生きる生き様に感動です。


上へ