居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • ナンヨウハギ さん (70代・ 東京都・ 男性)

    『その後の磐根』を一冊/年刊行してください。


  • さーちゃんママ さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    思い返せば、陽炎ノ辻を手にした時から時代小説にはまりました。以来、先生の他作品のみならず江戸検定を受けたり江戸時代の勉強まで・・・歴史の事や地理にまで思いを馳せ楽しんでいます。毎回あとがきでご自身の健康を心配されていらっしゃいますが、ファンとしては一冊でも多くと願わずにいられません。今回、とうとう磐音シリーズが完結すると思うと寂しくてなりません。せめて、シリーズでなくとも、別冊などの形で続編があるというような楽しみを持たせて下さいませ。


  • さなえ さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    佐伯先生の本は全部読んでいるファンです。坂崎磐音は剣客しても人間としてもすばらしい男性ですね。
    我慢強く目的の向かって進む姿を楽しみに拝読しています。


  • ダンプ さん (40代・ 東京都・ 男性)

    友人のお薦めで読み始めたばかりですが、楽しく読ませてもらっています。
    剣のシーンでは昔見た時代劇(最近は少ないですが)を思い出しながら、
    想像しながら楽しんでいます。
    まだ、私は最後まで先が長いですが、どんな完結を迎えるのか想像しながら
    読み進んでいきたいと思います。


  • バリスタ さん (30代・ 東京都・ 男性)

    いつも楽しみに購読しています。
    知人に紹介され読み始めたのですが、これほど長いシリーズを読んだことがなく、
    続くかと不安でしたが、既に2回目を読みふけっています。


  • 西瓜 さん (80代・ 東京都・ 女性)

    母共々に磐音ファンです。勿論佐伯先生の他の作品も読破しておりますがドラマの影響もあり一番のお気に入りのシリーズが完結とは寂しい限りです。
    この機会に最初から読み直そうと母と会話しております。高齢の母に代わりにコメントを書かせて頂きました。


  • 水戸に隠居 さん (70代・ 茨城県・ 男性)

    よく続くものだと感心しています、冗長にならず、巻を追うごとに楽しい。他のシリーズも読むが、これが出色です。


  • 雷蔵 さん (60代・ 栃木県・ 女性)

    第1巻から読んでいます。磐音の生き方に憧れます。若い時からいろいろなことを経験しても己を失わず、周囲の人たちにも心配りができ、すばらしいと思っています。


  • 磐音の心の門弟 さん (30代・ 千葉県・ 男性)

    毎回楽しく拝読させて頂いております。
    いつも読み終わって「心がぽかぽか」してまた、スッキリ致します。
    磐音さんの言葉や玲園先生の言葉に胸を打たれ感動し、涙を流した事もありました。私のバイブルとして時間の許す限り再読しています。
    個人的には末長く佐伯先生には続けて頂きたく願っております。


  • おっしょい さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    磐音は言わずもがなですが、彼の周りに居る人々の心根の清々しさに心が洗われます。
    これらの人々との結びつきこそが、シリーズを読み続ける動機です。
    でも、完結するんですね。
    残念です。
    お疲れ様です。
    新たなシリーズを期待してよろしいでしょうか?


  • 銀次 さん (30代・ 長野県・ 男性)

    いつも楽しく読んでおります。このシリーズにハマったのは主人公の人柄にとても親しみが持てるからです。人としての強さ、優しさが素晴らしいと思いました。私自身、叶わなかった想い人との思い出を胸にしまいこんでおり、そんな事情からも親しみを持って読んでおります。このシリーズの大ファンです。


  • sakura15 さん (60代・ 北海道・ 女性)

    磐音 大好きです.完結を迎えるのがとても悲しいです.どうかどうか、どんなかたちでも良いので続けて下さい.  お願いします


  • べーろく さん (50代・ 新潟県・ 男性)

    初めて磐音に出会ってはや数年。ふと書店で手に取った陽炎の辻以来、次巻の発刊を待ち遠しくすごしておりました。
    青年だった彼も壮年となり、おなじように私も還暦を迎える齢となりました。
    磐音の人生を俯瞰するように共に歩んできたような思いでおりますが、それもあと少し。
    磐音の人柄のように、幸せな清々しい大団円を、登場人物と一緒に迎えたいと思います。


  • 南の星 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    たしか平成18年だったと思います。あるラジオ番組のゲストに故児玉清さんが出ていて、その時にお薦めの本の中で、佐伯泰英氏の居眠り磐音江戸双紙を紹介していて、読み始めたのがきっかけでした。すぐにこの本に夢中になってしまい、明日仕事があるのに読みふけってしまったことや、新刊がでるのが待ち遠しかったことなどを思い出します。もうすぐこの本がラストを迎えるのはとても淋しい気持ちがします。主人公の磐音はもちろんのことですが、磐音を取り巻く登場人物の成長を見るのも楽しみの一つで、自分の親戚や友人のことにように、時には錯覚をしながら読んでいました。できることなら、ずっと読み続けていたのですが、それはかなわないことのようですね。佐伯先生には、私のような読者を随分長い間楽しませていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました。


  • けんけん さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    読書が好きで、特にジャンルを決めずに読んできました。何気なく手に取った居眠り磐音、読み始めたら面白くて、痛快で、登場人物が魅力的で先が気になり止まらなくなりました。時代物の面白さを教えていただいた佐伯先生ありがとうございます。


  • MASA さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    冴え渡る剣さばきと、聡明さ。
    格好良すぎます。
    又、その後の話が出て欲しい。


  • フーちゃんの孫 さん (40代・ 東京都・ 男性)

    先日7回忌を迎えた、亡き祖母の最後の愛読書でした。形見分けの数冊を譲り受けて祖母に思いを致しながら読み始めましたが、私自身すっかり虜になってしまいました。以来、祖母のことなど思い出すこともなくひたすらに新刊が出るのを待っている年月でしたが、シリーズが完結する予告に接してなぜか祖母のことを思い出してしまいました。「とても面白かったよ」と墓参で報告したいと思っています。


  • タックン君 さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    許嫁を追いかけていくのがすごいとおもった


  • はっしー1964 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    母が読んでいたものを試しに読んでみたらすっかりはまって読み続けています。母は視力が落ちたため文庫本が読めなくなってしまったので私が読んだ後あらすじを話しています。いよいよラストで少しさびしいですがしっかり報告します。


  • さだちゃん さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    読み続けていく中で江戸時代の生活に興味がわいてきました。磐根の旅した場所も出張
    ついでに数々ゲット、日光例幣使街道がよかった。今年50年の会社生活に終止符、これからは近場の磐根の活躍場所を本を片手に尋ねるつもりです。佐伯さんもお疲れ様でした


  • たけちゃん さん (80代・ 栃木県・ 男性)

    毎号の物語の展開を楽しみに過ごしております。


  • homolon さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    磐音様、おこんさんお疲れ様です。長い間本当にありがとう。
    これだけ長いと、もう身内のようなものです。お別れなんぞ出来ません。
    しばらく休憩して頂いて、新シリーズに入って下さい。
    空也がいます、睦月がいます。辰平、利次郎達の子供に会いたい。弥助、平助にいい女性を世話してほしい。
    私、金兵衛長屋に引っ越します、ここでずっとずっと待ってます。


  • 夢雀 さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    図書館で初めて「陽炎の辻」を読んで病みつきになり20巻まで、図書館を利用した、べらぼうに長い物語になりそうなので、その次からは、発売ごとに、書店で購入、次回の発刊を待ちながら、ずいぶん長い間楽しんだ、おこんと金平衛の掛け合い、ウナギ屋の幸助とお染ちゃん、竹村武左衛門の子供たち、ストーリーのすべてが楽しい。
    できれば、品川柳二郎の出番がもっとあってもよかったのではと思う。
    最終巻を楽しみに待っています。ありがとう。


  • King GO さん (60代・ 東京都・ 男性)

    初版からよんでおります.坂崎磐音の生き方考え方に共感するものがあり時代劇好きの私には長く愛読させていただきました。シリーズ完結心寂しく思います。
    磐音様,おこん様完結編はまだ読んではおりませんが長い間本当にありがとうございました。


  • 新子 さん (70代・ 岡山県・ 女性)

    磐音と出会えて楽しかったです。完了が寂しいです。発売になる日がどんなに待ち遠しかったことか。
    磐音の爽やかな人となり、剣術家としての高い見識、人を見る目の優しさ・・・・。
    佐伯文学に魅せられた一人として読ませて頂きましたこと、厚くお礼申し上げます。


  • dub さん (30代・ 東京都・ 男性)

    母親孝行で贈りたいと思います。母親のたつての希望ですので応募させていただきました。


  • まつ さん (40代・ 福岡県・ 男性)

    時代物小説でシリーズ全巻買って読んでいるのは居眠り磐音シリーズが初めてです。こんなに面白い本に出会えてよかったです。


  • ゆう さん (40代・ 広島県・ 女性)

    最後どうなるのか…
    ハッピーエンドで終わるのがいいなと思ってはいますが、空也の成長が楽しみです!
    空也がどんな剣術家になるのか読んでみたいですね!


  • ひでなが さん (40代・ 山形県・ 男性)

    来年1月が待ちどうしいです。発売されたら即読みたいです。


  • だんだん さん (50代・ 新潟県・ 女性)

    山本・中越さんから、本に入ってただいま三周目です。
    義母の介護の中、磐音、おこんの世界が楽しみで助けられています。
    終了で寂しくなるのが今から心配ですが、特別編でもそのうちあると嬉しく思います。


  • りーさん さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    あと二巻で終了してしまうのが 寂しいです。大変 楽しみにしておりました。


  • ナカさん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    坂崎磐音を通して血がつながらなくても大きな意味での家族の絆そして古き良き日本人としての心意気が感じられ毎巻心熱くして読んでいましたが最後の2巻どのような結末が用意されているのか、今から楽しみです。


  • クロダイヤ さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    NHKのドラマ、山本耕史さんの磐音に魅せられての始まりとなりました。佐伯泰英先生の作品の面白さに惹かれ先生の作品を片っ端から読破。気がつけば次はいつ?出版と待つようになってしまいました。
    おかげで時代物の小説に熱を上げ他の作家にまで手を広げている状況。しかし家族愛を書かせたら佐伯先生がNo.1と思っています。このような時代小説にハマらせた磐音が終わるのが残念。
    佐伯先生お疲れ様でした。


  • ぷよよん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    空也さんのその後を時々発行してほしいです。


  • ぴろみん さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    居眠り磐音はテレビで見てからファンになりました。
    しがらみのその中で生きていく人々の様子にいろいろと考えさせられました。
    幸せはどこにあるのかそれは本当にそれぞれの人のなかにあるんだと思いました。


  • ぽっちゃり さん (60代・ 東京都・ 男性)

    「居眠り磐音」シリーズは私が読んだ後に89歳の義理の母の順番で読み続けています。母も大大ファンですので、連載終了が母の体調へ影響しないことを願っています。年賀状がもし母の所に届いたら、どんなに母が喜ぶことか、きっと良いお正月となるでしょう。


  • karegonoR さん (60代・ 新潟県・ 女性)

    初版からずっと買い続けて49巻、毎回出るのを楽しみにしていました。
    いよいよシリーズ完結、早く読みたいと思う反面、これで終わってしまうのかと思うと
    何か寂しい気もしますが、早く読みたい!、心待ちにしています。


  • ゆきじい さん (50代・ 東京都・ 男性)

    居眠り磐音は、入院を始めた父に面白い時代劇があるよと、勧めた想い出の本です。
    僕が新刊がでる度に送っていましたが、それは楽しみにし、他のシリーズは自分で買っていたみたいでした。9年前、20刊前後が出た頃、亡くなりましたが、楽しみにしていた新刊をもっていってもらいました。それからは、僕がずっと読み続けています。完結するのはさみしいですが、父が亡くなり10年の区切りの卒業なのかなと思うこの頃です。磐音におこんさんにありがとうと心からお礼申し上げます。


  • なおぴー さん (50代・ 広島県・ 女性)

    シリーズ完結、おめでとうございます。どの巻も、何度も読みました。是非、続編を発刊してください・・・無理でしょうか。逆境の中、常に前を向いて、素直に生きていく生き方に感動をしています。磐音、おこんを取り巻く人たちも魅力的で好きです。個人的には、平助のファンですが。


  • 月さん さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    よくぞここまできましたね、あの霧子がここまで活躍するとは、役の佃井皆実さんご存知なのかな、吉原裏同心も同じ時代、もしかすると筋の上で出会いがあると期待していたのです残念です。いずれにしても
    最終話が楽しみです、ありがとうございました。


  • 居眠り半睡 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    居眠り磐音「江戸双紙」だけでなく、佐伯泰英作品は全て所持しております。(西班牙写真集も!)
    拙(半睡)が、春の縁側での「居眠り猫」みたいとは、作品登場前から云われておりました。
    二冊同時刊行が待ち遠しいやら、完結とのこと残念やら複雑です。


  • vitthree-taka さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    高野山姥捨の郷の梅衣のお清様に感動いたしました。いつの日か、空也達が三婆様を訪問するのだろうなと楽しく想像しております。


  • 磐音読者 さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    すべてがハッピーに終わることを望んでいます。最終回楽しみにしています。


  • おこんさん大好き さん (40代・ 栃木県・ 男性)

    初めての出会いは、同僚に勧められて読んだ時だった。その時に発行されていた18冊を一週間で読み、後は続編がいつ出るのかを楽しみにしてながら、続編が出るたびに最初から読み返して、もう何十回この繰り返しをしてきたことか。このルーティーンも最後になるのかな。いつものように陽炎の辻から読み始めて最後の2冊を待っていることにいたします。


  • あーちゃん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さんみたいな素敵な人が周りにいたらいいのに。。。と思いながらいつも楽しく読んでいます。
    終わってしまうのはさびしいですが、結末も知りたい!
    時間を見つけてもう一度最初から読み直したい、愛しい本たちです・・・。


  • まぁる さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    いつも楽しみにしております。あと2巻で終わってしまうのは寂しいですね。何回読み返したかわかりません、その都度緊張したりほっこりしたりします。どの本も必ず2回は読み返すのですが何回読んでも飽きない作品はまれですね。


  • 信濃のしんちゃん さん (60代・ 長野県・ 男性)

    あと2回来年1月に終わるのが大変寂しい思いです。毎回はらはら「どきどき」しながら、磐音になりきり物語の展開を楽しんで来ました。最後の結末を想像しながら、発刊を待っています。


  • こうじろうざえもん さん (60代・ 東京都・ 男性)

    色々な人々が登場しました。
    いつも読むたびに「鰻」が食べたくなるような、香りがたっていました。
    あぁ、食べたい!


  • さい丸 さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    長い間の楽しく読ませていただきました、もうこれで終わるのかと思うととても残念です。
    磐音様のその後などや、子供達の物語などを読みたいと思います。絶対的に強いというのは、安心して読めてよかったです。大勢の登場人物の個性・人間性が最後まで変わらず、一つの別世界が出来上がっていて、もうそこに行かれないのがとても残念です。長い間お疲れ様でした。


  • 怠け者 さん (60代・ 北海道・ 男性)

    全巻読み切りまで後二巻 どんな結末か超期待


上へ