居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • いねむりママ さん (70代・ 千葉県・ 女性)

    居眠り磐音もいよいよ終わりとは誠に残念です。
    大人になった空也ちゃんの活躍を是非書いてください。


  • β さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」は会社のストレス解消の教育で一緒になった方ご紹介で知りました。
    当時は20巻くらいの発売されていましたが、なんとか追いつき今は追いつき、新刊が待ち遠しい毎日です。
    江戸情緒たっぷりで、最初はスカットする話が多かったのですが、最近はハラハラドキドキ(の割に磐音に当初から変わらず切迫感がないのがイラッときますが…。)です。
    どのように完結されるか楽しみでいっぱいです。
    もし読んでおられないのであれば今からでも遅くありません。完結に向けて読み込みましょう。


  • 愛犬家母さん さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    毎回、発売日を心待ちにし、当日開店と同時に本屋さんにて購入し2日で一気に読み、また、繰り返し何度も読み返しました。磐音様とおこんさんが末ながく幸せに、そして佐々木道場が再興され、隆盛を極めていかれんことを、心より祈ります。


  • タケト さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    いろいろな苦難に会いながらも乗り越えていく磐音の姿にあこがれています。また、いつも、磐音に勇気をもらって毎日を過ごしています。


  • マルテン さん (50代・ 佐賀県・ 男性)

    初巻から繰り返し読んでいます。各キャラクターの描き方が素晴らしいですね、読みながら各人の会話や反応を予想しながら楽しませて貰っています。初期のころの今津屋老文さんが膝をたたく間の良さが何とも言えず心地よいものでした。エンディングが近そうですが、納得の終わり方を希望します。


  • かあこ さん (50代・ 北海道・ 女性)

    母が 佐伯先生の大ファンです
    中でも「居眠り磐音 江戸双紙」が大好きで
    新聞の新刊欄をいつもチェックして 次号を楽しみにしています

    その母に影響され 私も数か月前に一気に全巻制覇しました
    久々に夢中になれる本に出合えて 母に感謝です 


  • けんた さん (60代・ 東京都・ 女性)

    全部読んでいます。
    次回作も楽しみに待っています。


  • 百獣の王ヒロ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    とにかくお人好し、そして家族思い、しかも凄腕の剣客、まさしく我らのお手本


  • 軍鶏ちゃん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    新刊の出るのを楽しみに早や十年以上が過ぎました。最後はどんな展開になるのかワクワクしています。時代小説の醍醐味を十分味わせて頂きありがとうございました。


  • まりママ さん (60代・ 北海道・ 女性)

    楽しみにしていた、磐音シリーズが終わりに近づいて、淋しいかぎりです。時代小説を読むきっかけを、作ってくれた一冊です。又、子どもたちが成長した姿でお会いしたいです。


  • soratoumi さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    佐伯さんの作品は、磐音シリーズが最初でしたが、他のシリーズも次々と手を出して読んでいます。どうしてか手が出ます。でも磐音シリーズが一番好きで、終了するのは残念です。これからまた別の新シリーズの出ることを期待したいと思います。


  • ケモリ さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    今現在四度目の再読中です(24巻)
    何度読んでも飽きない上に、
    悲しみや感動は同じようにあります。
    私も磐音のよな生き方考え方態度が
    出来ればと日々考えていますが、
    中々の感情を抑えられず小さな
    人間やってます。
    後少しですが大変楽しみにしています。
    寒かったり温かったりと安定しない
    気候ですが皆様お体ご自愛ください。


  • 中越おこんさん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    本屋で手に取り読み始め、17巻ぐらいを読んでいるとき。偶然、障害者支援のボランティアでワープステーション江戸を訪れました。女性の一団が集まってロケーションを見学してました。端の女性に何の撮影ですかと?聞くとNHKの陽炎の辻の撮影と言われ、思わず磐音は何処と叫んでしまいました。私が読みかけの本をカバンから出すと、まわりのすべての女性が磐音ファンでした。確か、暑い日で皆さんの熱心さにビックリ。障害児を連れていたので、おそめちゃんをチラと見ただけですが今でもはっきり覚えています。


  • めがね さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音がどんなふうに年を重ねていくのか楽しみでした。あと少しで終わるのはさみしいです。


  • yu7919 さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    毎シリーズ愛読しています。いつもハラハラしながら読んでいます。本当に痛快です。


  • ぽんきち2 さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    時代小説を読んで見ようかなと本屋でタイトルのみ
    見て購入しました。
    読んでみたらビックリ、面白くて止まりませんでした。
    一気に48巻まで読みました。
    玲圓の最後の戦いが書かれている”更衣ノの鷹”と霧子の里の”姥捨て郷”
    の巻が一番心に残り、好きです。
    最後がどうなるか?楽しみに待っています。


  • 紅餅 さん (30代・ 埼玉県・ 女性)

    完結を迎えるのは寂しいですが、完結巻が読みたくて待ち遠しいという矛盾が心で渦巻いています。
    でも、やっぱり結末が気になって仕方がありません!


  • のこばあば さん (70代・ 東京都・ 女性)

    私は主人公の磐音の次に品川柳次郎が好きです。母幾代とのやりとりは、心温まるものがあり
    22巻で柳次郎が品川家継ぐことになるくだりは、お気に入りで、よかった、よかったと目頭を
    熱くしました。


  • nyanta さん (50代・ 新潟県・ 女性)

    初めてコメントします。故、児玉 清さんがラジオで紹介していらして、おもしろそうだなと思い読み始め、今は主人や義姉もはまり、次回作はどうなるのだろうと毎回楽しみにしておりました。とうとう終わってしまうのですね。どうぞ磐音とおこんが幸せに暮らせますように。佐伯通信で発売日を確認し本屋さんに駆け付けるのが幸せでした。   


  • moo さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    この作品が大好きです。最終話に向けてもう一度1話から読み返しました。
    終わってしまうのが寂しくて『意次の妄』を読み終えるのを躊躇したほどです(笑)
    そして改めて素晴らしい作品と出会えた事に感謝です。


  • ライオン さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    ドラマ化をきっかけに読み始めました。
    とても面白くて、続きがきになって、読み続けてきました。
    磐音の物語も終わってしまうのかと思うと、とても残念ですが、どんなラストを迎えるのか楽しみでもあり、複雑な気分です。
    でも、磐音をはじめ登場人物の皆さんは生き生きとしていて、私の中でまるで実在する友人のように残っていくと思います。
    佐伯先生、長い間、楽しませていただいて、ありがとうございます!


  • dub さん (60代・ 東京都・ 女性)

    どうしても好きなので是非応募します。新年の始まりに送っていただけたら嬉しいです。


  • reds-freak さん (40代・ 福島県・ 男性)

    佐伯さんの作品は量が膨大で、しかも読んだら面白いんだろうな、出も手を出したら逃れられないだろうな、などと躊躇しておりました。そんな中最初に手を出したのが磐音さんでした。案の定ハマってしまい、それ以降他のシリーズも買い漁り結局全シリーズを揃えるまでになりました。最初に面白さに気づかせてくれた磐音さんの物語が終わるのかと思うと感慨深いです。心清らかに最終巻を待ちたいです。今までありがとうございました。


  • 爆睡猫 さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐音も、あと2巻で完結。佐伯さんは切りが良い50巻で終わらせたかったであろうが、読者にとっては、1巻増えたのは勿怪の幸いである。磐音を取り巻く個性豊かな面々の近未来を覗いてみたいと思うのは、私だけであろうか。


  • インチャン さん (80代・ 兵庫県・ 女性)

    最終回のストーリーを自分なりに作って楽しんでいます。
    先生の完結がとても楽しみに待っています。


  • ふにゅにゅ さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    坂崎磐音との出会いは移動図書の書棚でした。
    それも途中の巻から。いつも途中からだと借りないのに、なぜか借りて読んでしまいおもしろかったので1巻から購入して読み始めました。
    その後、両親に勧め、両親が叔母や近所の人に勧め・・・きっと勧められた人も他の人に勧めていると思います。
    それだけ魅力のある居眠り磐音シリーズです。

    年に数回会えるのを楽しみにし、想像した江戸の町で過ごしていました。
    いつかは終わるとは思っていましたが、とうとう来てしまいましたね。
    寂しい限りです。
    本当に残念です。

    でも、本を読んでいる間は幸せで、先を読みたいけど終了したくない。そんなジレンマをかかえていました。
    このシリーズに会えて幸せでした。
    ありがとうございました。


  • にゃん さん (50代・ 香川県・ 女性)

    シリーズ完結お疲れ様でした。でも、私はもっと続きが読みたいです。奈緒さんと一緒になって欲しかった。


  • 傘寿が さん (80代・ 埼玉県・ 女性)

    本棚に2冊ぶんのスペースが口を空けて待っています。でも塞がった後の心の穴をどうすればいいのでしょうか。


  • うめりん さん (80代・ 東京都・ 女性)

    新聞で年賀状の件を目にした折、まるで板崎磐音様ご自身にお目にかかれる毎く錯覚を起こすほどの想いでした。初版より四十九巻まで待遠しい思いで読ませて頂きました。それほどまでに磐音様はじめおこんさん、辰平さん、利次郎さん、小田平助さん、他数々書ききれません魅力ある登場人物に魅せられ数少ない余生の大きな愉しみの一つで刊行を待って居りました。あと二巻で完結とは誠に残念ながら、今後の空也ちゃんの成長を心からたのしみに想像いたします。登場した方々に書面でお会い出来ました事、佐伯先生のお人柄を偲び心より感謝を申し上げます。


  • らんらん さん (90代・ 北海道・ 女性)

    弱気を助け、強気をくじく、公正潔白な磐音さんが大好きです。シリーズは全部持っています。


  • AKI さん (40代・ 新潟県・ 女性)

    佐伯作品を初めて読んだのは機内で。確か、密命というタイトルの上下巻というものが空港の小さな書店にあり、時代小説が好きな私は読んで直ぐにファンに。以降、磐音シリーズから読み始め、現在は佐伯作品5シリーズの新刊が出るのを心待ちにして過ごす日々。長編時代小説を楽しめる幸せを下さった佐伯氏に感謝致します。また、「あなたに残っているのは、官能小説か時代小説を書くことだ」という趣旨のお話を佐伯氏にして下さった編集に携わるお方。その方がいなければ私達は佐伯氏の作品を読むことが出来なかったのではないか?と思うこと、しばしばです。NHKでドラマ化されるとついつい出演する俳優陣のファンになってしまいます。磐音シリーズが完結しましたら、また、新シリーズを読み進めます。


  • アラレちゃん さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    図書館で居眠り磐音と出会い、その後レンタルで陽炎の辻を見て磐音のファンになりました😆💕✨
    本を読んでいても磐音が山本耕史さんと重なり違和感を感じることがありません。来年1月で完結してしまうのは寂しいですが、佐伯先生お疲れさまでした。


  • KAI さん (50代・ 東京都・ 女性)

    もう本当に昔から愛読しています。坂崎さんと同じような心持ちで生きていきたいと常々思っております。


  • アーサー王 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    いよいよ終盤!展開の内容が気になる。少しでも早く読みたい!!待ちきれない…
    初めて読んでからどの位たったか不明、長かった。


  • ちゃあ さん (30代・ 埼玉県・ 男性)

    ドラマ陽炎の辻を観て以来、読み続けてきました。


  • 有豆ちゃんママ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    坂崎磐音様と出会ってから、時代小説の大ファンになりました。おこんさんと決して平穏ではなかった道のりでしたが、2人のお子さんに恵まれ、まさに幸せそのもの。クライマックスが楽しみでもあり、なんとも寂しい限り、、、。佐伯先生いつまでもお元気で頑張ってください。


  • ミーコ さん (50代・ 広島県・ 女性)

    まず主人が読み始め、私もファンになりました。新聞に新刊発売日が載ると主人が教えてくれて、ふたりで楽しみに待っています。最後はどうなるのか、早く先が読みたいような、終わってほしくないような、複雑な気持ちです。


  • ペコママ さん (40代・ 香川県・ 女性)

    いよいよ完結になるのかと思うと寂しいです。私は、おこんさんのフアンで、妻としても母親としても理想の人です。空也くんのこれからが楽しみです。


  • おこんのファン さん (60代・ 大阪府・ 男性)

     何時も楽しく読んでいます。終わりを迎えて、何とも言えない思いがこみ上げてきます。
     通勤電車で朝晩読ましていただきましてありがとうございます。
     佐伯先生には、御身体に十分気を付けていただき、他のシリーズの執筆をよろしくお願いいたします。
     また、新シリーズの始まりを必ずお願いいたします。


  • ひまわり さん (50代・ 東京都・ 女性)

    最初はNHKのテレビドラマで知ってから愛読するようになりました。
    いつも発刊が待ち遠しく、発刊されるとすぐに夢中になって読んでしまいます。
    出勤や出張の移動の電車内で読んだりすることも多いのですが、感激してつい涙を流してしまい、
    周りの視線が気になってしまうこともあります。でも、どうしても早く読みたくて電車内でも読んでしまうのです。
    いつも勇気や暖かい感動を貰うことができ、できればこれからもずっと読み続けたいので、宜しく御願いします。


  • きなこだんご87 さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    初巻から何年たつのでしょうか? 磐音さまもお父さんになり、時間がたったことを思います。今は空也さまがお気に入りです。前巻、見事なデビューでしたね❗ このシリーズは読んだ後、心がほっとします。最終巻もそうでありますように。


  • 雲渓 さん (60代・ 秋田県・ 女性)

    何度も何度も繰り返し読ませていただいてます。楽しませていただき、ありがとうございました。
    これからもずっと読んでいける本に出逢えて良かったです。


  • 好 さん (30代・ 愛知県・ 女性)

    NHKのドラマをみて原作に興味を持ち読み始めました。
    私にとって文章が読みやすく、すぐにハマってしまいました。
    他のシリーズも、徐々に読んでいます。これからも読み進めて読破したいと思っています。
    居眠り磐音の完結を待っていたのですが、いざ終わるとなるととても寂しくなります。


  • くみちゃん さん (70代・ 和歌山県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズ、楽しく読ませて頂きました。ありがとうございました。


  • らぴまま さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音様のたべっぷりが見える様でした。江戸時代の食事がよくわかりました。時々このシリーズを読み返していますが更衣ノ鷹は封印しています。すべて終わったら勇気をだして読もうと思います。


  • haru さん (50代・ 岩手県・ 女性)

    新刊が出るたびに初刊から読み直しを繰り返してました。玲圓先生が亡くなった時は泣きながら読みました。(なんで死なせるんだ~・・・と、怒りと悲しみで。) 最終巻までもう誰も亡くなりませんようにと願ってます。(佐伯先生は他の本(密命)で主人公を殺しちゃっているので・・・)
    長年楽しませていただいてありがとうございました。


  • 冬口一夫 さん (60代・ 徳島県・ 男性)

    TV時代劇を見て原作を第1巻「陽炎の辻」から読み始め、夢中で次々と読んでいる内に、先生の執筆に追いついたときは、ただただ新刊を待ち望むという状況でした。磐音を筆頭に磐音ファミリーの方、全てが私の友人であればと思っています。最後の新刊2巻が待ち遠しい。早く読みたい。しかし、その時が別れと思うと切ない気持ちになります。


  • シン君 さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    生活の励みとして、繰り返し読んでおります。磐音の年齢が自分に近づいてきて、社会人としての総括を思案する自分に磐音の行末が気になります。


  • そら さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    大変長らく楽しませて頂きました。
    物語の展開上ここで完結は致し方ないと思いますが、いかんせん残念です。
    ぜひスピンオフでまた楽しませていただきたいと思います。


  • しげぱぱ さん (60代・ 群馬県・ 男性)

    長い間毎巻楽しませていただき、いよいよシリーズ完結かと感無量です。
    終わってほしくないという思いはありますが、「居眠り磐音」ワールドはしっかりこの世界に根づいています。
    佐伯泰英様本当にお疲れ様でした。


上へ