居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • neliese さん (40代・ 東京都・ 女性)

    登場人物のそれぞれの個性が魅力的です。読み終わるのがいつもさびしい!


  • まさ さん (40代・ 岡山県・ 男性)

    佐伯シリーズ全巻が本棚いっぱいになってきました。新しく本棚を新調予定ですので、まだまだ楽しい本を宜しくお願いいたします。


  • 伊東海音 さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    大阪での仕事で人を信頼できなくなる事件が相次ぎ悩む日々が続いていました。その時に丁度「姥捨ての郷」が出ました。いつも佐伯作品でひと時の幸せの時間をいただいていましたので、これは神様からの啓示だと思い、思い切って退職し高野山でアパートを借り、日々瞑想をし磐音も歩いたと思いながらひたすら山を歩き般若心経をとなえました。お陰様で本来の自分を取り戻し元気に山を下りる事ができました。あのときに磐音に出会う事がなかったらどうなっていたかぞっとします。佐伯先生と磐音に感謝です。ありがとうございます。


  • bosotuusinn さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    現在盤音さんを2回目読んでおります。全く飽きが来ません。時代背景、各地の風物とどこを取っても味わい深い
    事ばかりです。数年後には3回目を読んでいると思います。


  • amc440 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    悲しい涙、いかりの涙、悔しい涙、うれしい涙、いろいろな涙を流しました。そして、人を愛すること、家族を守ること、信念をもって生きることに感動し、学びました。何度も読み返し、心を洗い続けたい。


  • けんたろう さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    いよいよ完結かと思うと感慨深い物があります。
    どういう結末が待っているか、楽しみですね。


  • くんちゃん さん (50代・ 栃木県・ 女性)

    磐音先生素敵です!空也の成長も楽しみです。
    終わってしまうのがとても残念です。


  • いわねいいね さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    NHKの「陽炎の辻 居眠り磐音 江戸双紙」を視聴して、この小説を知りました。磐音を取り巻く多くの人々の温かい人間模様が展開され、毎回読み終えるたびに、清々しい気持ちにさせていただいています。今後の展開を楽しみにしています!


  • 磐音オレの代行者 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    単なる剣豪物の面白さだけでなく、ホーム・ドラマの要素が実に面白い。登場人物が生き生きと描き出されて、感情移入が起きて、どっぷりと物語の中に引きずり込まれてしまう。こんな剣豪小説はほかにない。
    あと2巻で終わってしまうなんて残念だ。
    毎卷、磐音になりきって読んでいたため、完結そのものは素晴らしいことだけど、このまま終わってしまうのは忍びなく、完結後は、自分で新たな展開を創り出したいと思っている。できれば佐伯泰英先生に続編を書いてほしいのだが。


  • YK さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    社長に薦められて居眠り磐音シリーズを読み始め、すっかり佐伯先生の、時代小説のファンになってしまいました。既に通しで2回読みましたが、最終回を読み終わったら、もう1回陽炎の辻から読み直してしまうんだろうな。


  • タケオ さん (80代・ 群馬県・ 男性)

    どんな困難にあっても、磐音は負けない! 
    そんな磐音の活躍が痛快ですし、読んでいて勇気づけられます。
    「居眠り磐音シリーズ」は退職後に読み始めました。早く続きが読みたくて、ここ何年も新刊を予約しているので、なじみの本屋さんも入荷すると連絡してくれます。あまりの面白さを家族に伝えたところ、娘たちもすっかりファンになりました。
    磐音を取り巻く人々との人間模様も味わい深く、何度も読んでも飽きません。
    家族皆が大好きですな磐音からの年賀状、楽しみに待っています。


  • コーちゃんの妻 さん (60代・ 福島県・ 女性)

    主人が時代物が好きで影響を受けています。本を読んでから映像で観たほうが良いのか、映像を観てから本を読むほうが楽しいのか、分かれるところです。   でも、この「居眠り磐音」は、TVドラマで、きっかけを頂きました。結果は、---最高でした。  何事も、終わりが来るとわかってしまうと、何故か気持ちが萎んでしまいます。でも又、今度はどんな主人公だろうと期待も生れます。   ちなみに、主人の口癖は、「拙者とて武士のはしくれ」です。

                               


  • kuukaka さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    大好きです。磐音さんとおこんさん…成長した空也さん・睦月さん!!
    完結しないでほしいと思いますが、完結作も楽しみにしています。


  • ザッキー さん (50代・ 広島県・ 女性)

     かつての上司が,職場の情報誌に趣味の読書として紹介していたのがきっかけで,本屋で手に取って読み始めました。最近は,ミステリー,冒険小説ばかり読んでいたのですが,たちまち,江戸の磐音の生活の魅力にどっぷりはまってしまいました。
     きっかけを与えてくださった上司に感謝しています。


  • うめきち さん (60代・ 東京都・ 女性)

    シリーズの途中から読み始めたので、それまでの既刊を毎日読み(一日1冊)大河小説にどっぷりつかる楽しみを味わえました。また、一気に読みたいと思います。


  • 紫苑 さん (80代・ 神奈川県・ 男性)

    とにかく面白くて、毎回新刊が発売されるのを楽しみに読んでいます。地図・記念号も、コレクションしています。娘はNHKのテレビが先でしたが、今は順番に読んでいるようです。年賀状、素敵なキャンペーン、嬉しく思っています。


  • Himi さん (50代・ 東京都・ 女性)

    母が大ファンで新聞紙上で新巻の発売を知ると、早く買いに行けと催促の電話が入ります。


  • いさ さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    居眠り磐音から始まり他のシリーズも全て読み始めました。
    完結は残念ですがどうなるかとても楽しみです。
    50巻以上ですがあっという間だった気がします。


  • こーちゃん さん (70代・ 長野県・ 男性)

    娘の本棚から見つけて読んでいます。
    いよいよ終わりかと思うと残念です。

    磐音の選んだ答えを楽しみにしています。


  • ランナーしばひろ さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    NHKドラマがきっかけで、はまってしまいました。磐音をとりまく人間関係がとても魅力的です。
    そろそろゴールが見えてきて、心にぽっかり穴があいてしまいそうです。


  • きゃらこ さん (50代・ 長野県・ 女性)

    結末は気になりますが、終わってしまうのはさみしいです。
    磐音さんはもちろん周りの魅力的な人たちとのお別れは切ないです。
    おこんさんのような強い女性になりたいと思いながら、なかなか強くはなれません。
    本当の強さを教えてもらった気がします。
    どうかみんな幸せにと願っています。


  • けん さん (10代・ 東京都・ 男性)

    磐音の活躍を楽しみにしています。終わるのがさみしい。


  • るりいろのはな さん (50代・ 三重県・ 女性)

    何度読んでもワクワクします。読み返すほど登場人物に深みが出てきて応援しています。速水家のご兄弟の成長は自分の子供のような気持ちになっています。今は、睦月さんがどんなふうに成長されていくのかがとても楽しみです。大切な蔵書が増えていって嬉しいです。


  • ちょんまげのねこ さん (50代・ 栃木県・ 男性)

    毎回 発売日が待ちどうしく その日のうちに買いに行きます 
    ついに完結ということですが 空也を主人公とした続編の様な作品を待ってます


  • よっちんだるま さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    何回読み返したか分かりません、登場人物の日常の会話も魅力的です。秩父街道のシーンも目に浮かびます。権造親分や代貸とのやり取り、小僧の宮松もすっかり背が伸びたなど、細かな周辺描写も楽しみです。
    完結編がどのよぅに完結するのか楽しみと終了の寂しさを感じますが、また、最初から読んで感動したいと思います。


  • あーちゃん さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    NHKで放映されて、主演の山本耕史さんのイメージのままの若々しい「坂崎磐根」に惹かれて文庫本を愛読してきましたが、最終回でどのように剣客人生の決算をつけるのか、想像を膨らませています。と、ともに寂しい思いです。


  • にゃんこ さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    数年前にドラマの再放送を見たのがきっかけ。どこか、ツボにはまり、それから全巻を一気読みです。新刊が待ち遠しいのが、今回ばかりは複雑な気持ちです。あ゛~😱寂しい😢


  • あっちゃん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    父が楽しんでいた世界に、私も仲間入りします。


  • ドリーミーホンダ さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    磐音はもちろんですが彼を取り巻く人々が非常に魅力的で、物語に厚みを加えていると常々感じています。


  • Paseri さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    3年前新聞の下段広告に「交代寄合伊那衆異聞」新刊の紹介が掲載されているのを見て、仕事の帰りに本屋に立ち寄りその第一巻目から読み始めたのが、佐伯先生の作品との最初の出会いでした。その後は早く新刊まで追いつくようにと往復の通勤電車で読み続け、さらに他の作品にも興味が惹かれ夏目影二郎始末旅、密命、古着屋総兵衛影始末、秘剣、新・古着屋総兵衛の各シリーズの第一巻目から読み漁り続け、このスピードであれば先生の50巻を目標としている「居眠り磐音」シリーズの最終巻を新刊で読むことができるとの自信と目標で辿りついた次第です。2016年初の第51巻・52巻のシリーズ完結編を自身のお年玉として期待しています。
    時代小説以前の作品も並行して読みましたが、もっと早く先生の作品群と出会っていれば、各あとがきのコメントを実感しつつゆったりと読み進めることができたのかもしれません。
    今後も書き続ける先生の作品含め、他の読み切れていない作品をこれからも楽しく読み続けること、そして、昨夏日曜大工で作製した文庫専用本棚を佐伯先生の作品で埋め尽くすことが次の目標です。
    私も北九州市出身で先生には同郷の親しみを感じており、これからも一読者として応援しています。


  • 忘れがたきタロとジロ さん (50代・ 青森県・ 女性)

    きっかけはテレビのドラマでしたが原作を読み始めたらはまってしまいいっきに読破し続けその後何度も読み返し続けています。まだ読み飽きていません。


  • ごろやん さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    平成8年に入院中に娘より「陽炎の辻」を差し入れしてもらい一気に読破しました。
    今までは推理小説一本で過ごしていたのが、一転時代小説に目覚めました。
    他院後第二巻より全て読み磐音の人生経過に惹かれてしまいました、終了とは残念です何とかして下さい。


  • りょうけい さん (30代・ 東京都・ 女性)

    NHKで陽炎の辻を見て、おこんさん可愛い!坂崎さんかっこいい!!、からはじまって、どんな原作なんだ?! と、興味を持ったのがキッカケです。

    また、当時大病を患い毎日が辛かった中、磐音の一途なところ、何にも負けない生き様にゾクゾクとし、このシリーズが終わるまでは、病に負ける訳にはいかない!!! 私も磐音のように頑張る!! と、長い入院生活の支えになったのを思い出します。

    初読みから12年。とうとうこの時がやってきてしまったなーと、結構ショックです。
    でも、漸く平和な時が彼らにやってくるんだな、と思うとそれも嬉しく。

    あーー!でも、本編終わったあと番外編絶対出てほし〜〜!!!(>_<)


  • にゃんたろう さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音 江戸双紙はおもしろいです。可能であれば続編を熱望しています。これからも頑張ってください。


  • みち さん (50代・ 広島県・ 男性)

    本屋さんで「陽炎の辻」を手に取ったのは何年前のことでしょうか。
    ここまでハマってしまうとは。
    終わってしまうのは淋しいですが、きっと素敵な完結話になっていると期待しています。


  • さゆらん さん (40代・ 京都府・ 女性)

    ドラマから原作を知り、以来ずっと大ファンです。まだまだ先の事と思っていましたが、本当に終わってしまうのでしょうか。とても残念ですし、寂しいですが、どのような完結を迎えるのか、楽しみでもあります。
    特に好きなのは鯖雲の城です。(言葉がリアルで懐かしくて)


  • 空子 さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    開創1200年の高野山へ一緒に行った友人から薦められ「姥捨の郷」を読んですっかり「居眠り磐音 江戸双紙」にはまっています。


  • まなさん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    毎巻、非常に面白く拝読しています。朝夕の通勤の電車の中で、シンガポールに研修出張に行った時は往復の機内やホテルで、そして今は単身赴任先の韓国・亀尾のアパートの自室で、磐音の生きた時代の中に入り込んで、至福の読書の時刻(とき)を過ごしています。多くの方が書かれていることですが、登場する人物の一人一人がとても魅力的です。節目節目で、切なさに胸が締め付けられる思いをしたことも幾たびかあり、その場面ごとに感じた思いを日記に書き付けたりしながら、磐音と共に生きて来ました。もうすぐ大団円を迎えるであろうこと、一抹の寂しさはありますが、佐伯先生も記されている通り、「人生も小説も限りがあるから面白い」のだと私も思います。この時代小説に出会えたことで、私の人生が豊かになったことは間違いなく、とても嬉しく感じています。佐伯先生、50冊を超える「居眠り磐音 江戸双紙」の執筆、大変お疲れ様でした。ありがとうございました。


  • ねこ好き さん (50代・ 岩手県・ 女性)

    ドラマを見てファンになってから原作を読み始めましたが、ついに完結なんですね。
    いつも新刊を楽しみにしていましたのでさびしくなりますが、最後までしっかり読ませていただきます。


  • 甘えん坊将軍 さん (50代・ 愛媛県・ 男性)

    間もなく完結、寂しくなるなぁ~


  • emily さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    佐伯先生の本が図書館でも別枠で並んでいることや、対談に出演されたのを観たことがあり、一度読んでみようと思っていましたが、手にとることはなく過ごしておりました。
    この夏、入院中に隣のベッドの方が四六時中読書をしておられて、まさに先生の本でした!!
    私も時代小説が好きだと話が盛り上がると、「居眠り磐音」おもしろい!と絶賛でお薦め下さり、読み始めたところに、”完結記念”と本屋でポスター発見!と~ これからのなが~い楽しみができました。


  • すまらぶ さん (50代・ 大分県・ 女性)

    あと2巻と思えば、楽しみであり、さみしくもありです。
    磐音に会わせてくれた佐伯先生に感謝です。
    田沼意次が亡くなった後、どういう決着をみるのか、ワクワクしています。


  • tomonee さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    優しさが相乗効果を生み守る事の大事を知る


  • あっし さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    ラジオで紹介されていたのをきっかけに、読み始めてライフワークの様になってしまったが、いよいよ完結なのですね。その間には、沢山の出来事があり、感慨深いです。本当に毎回楽しみにしていました。ありがとうございました。


  • 林へようこそ さん (20代・ 群馬県・ 男性)

    もともと時代小説は大好きでした。その日もいつものように本屋で本を探していました。そこで目に入ったのが、「居眠り磐音 江戸草子 陽炎ノ辻」でした。家に帰り、読み始めるとすぐにとりこに。
    シリーズが始まり大分経っていたのでそれからは読み終えると、本屋で2,3冊をまとめて買って読んでいます。
     今回年賀状が磐根から届くと知り、たまらず応募しました。これで最後になってしまうのはとても残念です。今までありがとうございました。佐伯さんにはお疲れさまでしたと言うと共に、これからも面白い時代小説を書き続けてもらいたいです。 


  • な~ さん (30代・ 東京都・ 女性)

    NHK版磐音を観てファンになり、毎回発売を楽しみにして、発売日には書店へ行き一気に読んでしまいます!心地よい痛快さや、ハラハラドキドキの展開、どちらも楽しく拝読しております。最初は磐音の活躍だけ目立って応援していましたが、軍鶏二人の成長ぶり、活躍には目を見張るものがあり、今は空也の成長も楽しみの一つとなっております。磐音たちの行く末がどうなってゆくのか最後まで楽しみにしております。


  • あいこさん さん (80代・ 東京都・ 女性)

    息子に勧められて第一巻から読み続けています。毎回ハラハラドキドキ。終わって欲しいような、終わって欲しくないような。


  • jinjin さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    ドラマで山本耕史さんが演じた「居眠り磐音 江戸双紙」を観たのがきっかけで、坂崎磐音様が大好きになりました。山本磐音をイメージしながら小説を読むのを楽しんでいました。坂崎磐音様は、私の心に柔らかい、優しい風を吹き込んでくれ、新刊が出るのがすごく楽しみでした。シリーズが終わるのは寂しいですが、坂崎磐音様一家の行く末をしっかり見守りたいと思います。


  • ようこ さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    続刊を待ち焦がれています。
    とても楽しみにしています。


  • とくさん さん (60代・ 奈良県・ 男性)

    いよいよ お別れですね。書店で手に取り時代小説の面白さを再認識した小説でした。磐音のような人物が
    現代にいれば 日本も明るい未来が見えてくると思わせる程 魅力的な 生真面目な、真摯な人物像でした。エンディングは未来に夢・希望を持たせる結末をお願いしたいですが 佐伯先生はどうでしょうか?

     


上へ