居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • 宙(そら) さん (70代・ 静岡県・ 男性)

    夫婦で磐音の世界へはまり込んでいます、いよいよ完結間近の様子!わくわく・ドキドキが止まりません、待ちどしいですね。


  • チョコまま さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    江戸時代へタイムスリップしている気分です。


  • やまちゃん さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    「居眠り磐音」シリーズは、TVドラマを観てからファンになり、本も読み始めました。
    主人公の人柄もありますが、家族や周りの人たちとの交流が、とても素晴らしく思います。
    あと僅かで、完結になるのが残念です。


  • もうてん さん (70代・ 東京都・ 男性)

    佐伯作品を今か今かと待っている小生です。磐音は来春で終わりということですが、もう少し延命させて頂けないでしょうか。それとも磐音の時代が終わり、せがれの時代に突入ですか?いずれにしても楽しく読ませて頂かせている小生です。


  • モモカラココ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    いつも楽しく読んでいます。もうすぐ終わってしまうのが悲しいですが、最後がどうなるのかという期待もあります。江戸時代に生きた人々に思いを馳せる一時です。


  • そぼろ さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    やっと坂崎磐音の長い戦いが終わると思うと感無量です。
    早く結末が知りたい気持ちと、終わってしまう寂しい気持ちがミックスしています。


  • yoshirou さん (80代・ 千葉県・ 男性)

    今までのシリーズは全巻取り揃えてます、1月上旬に発刊される完結編楽しみに
    待ってます。テレビのドラマでまたやらないかなと期待してます。


  • rollins さん (60代・ 長崎県・ 男性)

     時代小説を殆ど読まなかった私ですが、年金生活に入った4年前に、たまたま居眠り磐音シリーズの存在を知り、それから一気呵成に僅か3か月で、約30巻を読破しました。以来、新刊が出るのを首を長くして待つという状態で今日に至っています。私は、本シリーズは深夜にしか読みません。読んだら笑いと涙が止まらなくなるからです。NHKのドラマも繰り返し観ています。キャスティングが最高です。
     いよいよ大団円、もちろん淋しさは感じますが、活字も映像も、そして想像力も不滅です。
     佐伯泰英様、素晴らしい物語をありがとうございました。


  • みともも さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    あと2巻で終了とは待ち遠しい気持ちとなんか寂しい気持ちが拮抗して複雑な心境です。
    次に続く夢のある結末を期待して待ってます。


  • 伊那のスナフキン さん (70代・ 長野県・ 男性)

    “おこん”さんは、私のマドンナ。
    気っ風のいい深川娘と江戸の下町を散策することが私の夢です。


  • 高橋エンソル さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    「居眠り空也」の物語が読みたいので佐伯先生頑張って。


  • 江戸のありんこ さん (50代・ 奈良県・ 女性)

    テレビで知って読み始めたら長いシリーズを一気に読破し、新刊が待ち遠しくてたまりませんでした。後は最終巻を残すだけで待ち遠しいような、名残惜しいような気持ちです。磐音だけでなく、登場人物の成長が楽しく、どんな最後を迎えるのか、期待して待ちたいと思います。


  • 加賀武将隊 さん (30代・ 宮城県・ 男性)

    どちらかというと、ノンフィクション的な歴史本が好きな私ですが、例外として「居眠り磐音」はどっぷりと時代小説の世界に浸れるので、大好きなシリーズです。これからも続編に期待しております。


  • なりおん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    いつも楽しく読んでます。特に文庫本は大きい文字版があり助かります。


  • 絹代さん さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    磐音とおこんが湯治にいった法師の湯に行って来ました🎶


  • ぱた さん (50代・ 大阪府・ 女性)

    磐音さんが年齢を重ねている、周囲も変化している、話の中にしっかりと時間の経過が感じられ、併せて自分の時間も感じています。佐賀弁?も味がありますね。


  • おこんちゃん さん (50代・ 新潟県・ 男性)

    佐伯先生の全シリーズの中でも一番好きな作品でした。
    磐音は私のヒーローであり、こんな漢になりたいと思う目標です。


  • 小春 さん (50代・ 北海道・ 女性)

    磐音様お紺さんを頭に浮かべ、楽しく読んでいます。


  • パーキング さん (70代・ 埼玉県・ 女性)

    いつも磐音の剣さばきに感動しています。どき物差しでこうすれば切れるのかとか、振ってみてかんがえます。主人と二人で読んでいますが、実家が神田明神のそばなので昔の地名(橋、川)が懐かしいです。


  • よしべ さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    もうすぐシリーズ完結と知り、また第1巻から読みかえしています。
    若い頃の長閑すぎる坂崎さんから、風格を備えた剣士坂崎磐音へと成長していく物語に、あらたな味わいを感じています。
    磐音はもちろんですが、由蔵を益々大好きになりました!


  • ゆきみちゃん さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    全作品とても楽しく、切なく読んでおります。磐音の変わらぬ.りりしさ心に染みています。


  • ソニエール さん (60代・ 石川県・ 男性)

    江戸双紙 毎回発売日に購入し一気に読んでしまいます。そろそろ終わりに近づいているようで、終わりを見たいような見たくないような気持ちです.次はゆっくり読ませていただきます。


  • 絹代さん さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    磐音と山本耕史さんがぴったり合って大好きになりました


  • Moris Akane さん (70代・ 岐阜県・ 男性)

    磐音の初版から読み続けています。
    随分長いシリーズとなり、田沼一派との闘いに勝ち山を越えた。
    物語もそろそろ終焉する時期になった思う。
    長い間ありがとう!


  • にゃろめ さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    初めて読んだ時代小説がこの磐音でした。完結してしまうのは残念ですが、最後楽しみにしてます。


  • トメさん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    第1巻から、すべて読んでいます。50巻までは、まだまだと思っていましたが、あっという間に来てしまいました。どんな終わり方をするのか、今から楽しみで、現在、再び第1巻から読み返しているところです。


  • たらこ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    両親から借りて読んだのが磐音との出会い。以来、発売日を待ちわび購入、すぐに読み終わり私から両親へという日々が続いております。


  • tak さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    最初、5巻を読んで面白いと思って1巻から読み始め、その後継続して読み続けています。毎回、話
    に引き込まれています。


  • ゆうき66 さん (40代・ 愛知県・ 男性)

    初めて磐音に出会ったのは、約10年ほど前「朝虹ノ島」だった。それまでは推理小説一辺倒だったのが、旅行先で電車内で読むため思わず書店で購入した。すぐに磐音にほれ込み1巻から既刊まで大人買いした。それ以降時代小説の魅力に取りつかれ、今では推理小説よりも時代小説が主流となってしまった。磐音の活躍が完結していまうのは、とても淋しい。できれば、「密命」のように空也が後継になるまで続けて欲しかった。


  • 居眠りお母さん さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    この本を読んでから時代劇小説の大ファンになりました。坂崎磐音シリーズだけは吸い込まれるよにあっという間に読み上げてしまいます。もう何回読み返した事か・・・・・終わってしまうのが大変残念でなりません。


  • 鈴音 さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    TVドラマをみて、磐音とその周囲の人々が好きになりました。
    原作もいいのですが、またドラマ化された作品もみたいです。


  • hiro さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    大の磐音ファンです。ほとんど読破しているつもりです。


  • みよちゃん さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    体が不自由なって、楽しみが少なくなってしまいました。居眠り般若は、私のいちばんの楽しみでした。読み終わってしまうと次が待ち遠しくて、予約購入していました。もう終わってしまったのがとても残念でなりません。うなぎをいただいて、元気を出しましょうか!


  • 霧ママ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    本を開くといつも江戸の情景を思い浮かべながら登場する人々と共に旅を重ねてきました。
    続きを早く読みたいと待ちわびる日々が終わりを迎えるのかと思うと本当に寂しい限りです。
    これからも時々磐音、おこんに会いに行きます!
    長きに渡り楽しいひと時を有難うございました。


  • とるぱぱ さん (60代・ 北海道・ 男性)

    いつかは終わるのでしょうが、「ついに」という感じです。
    寂しい気持ちですが、新しいシリーズもお願いしたいです。


  • MATAKA さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    佐伯さんの大ファンです。時代劇文庫本はすべて読んでいます。
    新刊を手にした途端、すぐ読み始めあっという間のひと時。
    すぐに次の新刊を待つ日々です。
    主人公の人柄やストーリーの面白さに引き込まれますが、なんと言っても周辺の女性たちの魅力に
    圧倒されています。
    本当は、女性たちに出会うために読み続けているのかも。


  • 夜のストレンジャー さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    5年前に入院した際に読破し、以後発売されると同時に読んでいます。読んでいくと、磐音の力強さ、爽やかさが、自分に乗り移ってくるような錯覚を覚えます。最後の大団円となるか、楽しみにしています。


  • 静岡の単身赴任 さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    自分が読んだ20刊を86才になる父親に、面白いよと薦めたのが数年前、その後は、新刊の発売日に父が購入し、私が貰っています。
    父を読書好きにしたのが「磐音」です。


  • ぶちゃこ さん (60代・ 香川県・ 女性)

    毎回発刊をとても楽しみにしていたので、とても寂しです。


  • だ~ちゃん さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    確か23巻目が発売されている頃に、読売新聞の長井好弘編集員の書いた記事で
    存在を知りました。自称長井ファンの私が、即購入したのは当然です。ドはまりました~(^-^)v家事そっちのけで、朝から夕方周りがくらくなるまで、灯りをつける時間も惜しくて文字がみえなくなるまで、没頭した時もありました。今は、発売が待ち遠しくて待ち遠しくて仕方ありませんでしたが、その楽しみも後2巻で終わってしまいます~でもその後、じっくり最初から読み返すことを、次の楽しみにしています。佐伯さんには、お身体大切にお過ごし下さいますように…。完結がもったいなくて、待ち遠しいです。


  • SAKURA さん (50代・ 東京都・ 女性)

    始まったのがわからなく、途中で、大人買いしてしまいました。今は、本棚にならべてうっとりしながら、完結したら又、最初から、読み返したいと思います。夫婦、2人の、共通の楽しみでした。


  • いるか さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    とうとうこの時が来たか!待ち遠しいような、寂しいような複雑な心境です。


  • 坂崎いわねこ さん (80代・ 新潟県・ 女性)

    老三姉妹で磐音のとりこでした。また会える日まで。


  • かず さん (60代・ 北海道・ 男性)

    何時も楽しんでいます。
    絶対強いですがはらはらする展開で
    読み終わると痛快です。


  • Sawasige さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    図書館で2巻から読み面白く、その後1巻から10巻まで図書館で借り読みました。知らぬうちに虜になっていました。今では全巻購入し、発売日を楽しみにしています。老中田沼意次氏が亡くなりいつこのシリーズがどのように幕を下ろすのか楽しみになりました。と共にあと2巻で終わり残念に思います。
    ちなみに書棚の下段には吉原裏同心が23巻が並んでいます。両作品は少なくても5回以上は読んでいます。


  • あきちゃん さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    まず1回あっという間に読み、2回目でじっくり読むのが定番です。


  • ココ さん (40代・ 岐阜県・ 女性)

    TVドラマを見て、続きが気になり本を手に取りました。
    磐音に惚れちゃいました。
    あと2巻で終わっちゃうなんて寂しいですが、佐伯先生 お疲れ様でした。


  • ずんぶー さん (50代・ 宮城県・ 男性)

    楽しく愛読させて頂いております。新刊が出版されるまでの期間に再度、第1巻から読み返す事を繰り返しています。完結を楽しみにしている半面、物語が終わってしまうのがとてもさみしい気持ちです。とにかく大好きな小説です。


  • かあくん さん (50代・ 兵庫県・ 男性)

    長編でしたが遂に後2巻で完結。少し寂しいですが、どうまとめるか楽しみにしています。TVドラマ化されましたが綺麗にまとめすぎです。やっぱりオリジナルを読み返してしまいますね。


  • たかばっち さん (60代・ 三重県・ 男性)

    NHKで放送された全作品を録画し、DVDで残してあります。何度見ても痛快、胸キュン、心が温かくなります。シリーズ完結おめでとうございます。と同時に寂しくもあります。これからもDVDで作品を楽しみたいと思います。


上へ