居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • じっちやん さん (70代・ 神奈川県・ 女性)

    佐伯先生長期にわたりご苦労様でした。また血沸き肉躍る面白い物語をありがとうございました。特にマントを放り投げると周りにいるごろつきどもがバタバタ倒れる、とか一転にわかに曇ったかと思うと妖術使いが出現する、とか女のくせに何升も酒をのむと思ったら、仲間の男たちが分散して酒量を引き受けていた、などの他の作品にみられるありえないような物語が使われていなかったことに感謝しております。先生の他の作品もすべて拝読いたしております。今後も面白い物語をよろしくお願いいたします。


  • まさやん さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    シリーズは全巻読んでいます。次を早く出して。都度、展開にワクワクしています。まだまだ先を続けてください。


  • のび太 さん (50代・ 静岡県・ 男性)

    いつも楽しく読ませて頂いてます。発売日に買って、いっきに読みきってしまい、楽しさを共有したくて、図書館に寄付させていただいてます。すいません。


  • ひなたぼっこ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    NHK時代劇「陽炎の辻」第1話の衝撃的な居眠り剣法を観て以来、すっかり磐音ファンになりました。
    毎巻発売日が待ち遠しく、表紙の絵とタイトルを見て先ずはむさぼる様に、次にじっくりと読み返しては磐音ワールドに浸りました。
    奈緒さんと共に泣き、おこんさんと共に歩き、磐音ファミリーと悲喜こもごもを共にしたこの歳月でしたが、それも後2巻を残すのみ。
    寂しい限りですが、これからも磐音さん達はいつも私の側にいて慰め、励ましてくれることでしょう。
    長い間のご執筆ありがとうございました。


  • タムヤン さん (70代・ 奈良県・ 男性)

    NHKテレビを観てファンになり、文庫本を1巻から揃えて現在に至っています。購入した夜は一気に読み寝不足になるほど引き込まれます。何度か読み返してもいますが、それでも興味が尽きません。
    佐伯先生にはお疲れでした。最終章の発刊が年内にということですが、大変淋しいです。
    又の機会に番外編の発刊を期待しております。ありがとうございました。


  • 山爺 さん (70代・ 埼玉県・ 男性)

    気楽に読める時代劇小説、大好きです。
    居眠り磐音江戸双紙はその中でも最も好きな小説です。
    時代劇の面白さはやはり主人公の圧倒的な強さでしょう。
    密命は金杉惣三郎の最後がいささか哀れで残念でした。
    坂崎磐根が圧倒的な強さを保ったまま終わって欲しいです。


  • かんちゃん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    長い間、愛読者として楽しませていただきました。
    あと2巻、楽しみにしています。

      ですが  寂しい
      新・居眠り磐音 を期待します。とか別のシリーズをお願いします。

    で、再度 坂崎磐音・おこんさん・白鶴太夫にお会いできるのを楽しみにしています。
    優しさを有り難うございました。


  • ひとみちゃん さん (50代・ 山梨県・ 女性)

    夢中で読んでしまいました。仕事ととのオンオフにはもってこいの本で、電車を乗り越す事もしばしばございました。続編を希望します。


  • ちょうさん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    数年前NHKにて「居眠り磐音 江戸双紙」を数回途切れ途切れに見て、昨年ビデオショップにてDVDを全巻借り1週間程度で見終わりました。
    しかし何か物足りなく、磐音の全てを知りたくなり単行本を全巻購入し、1年計画で読む事にしましたが、磐音の世界に填り込み7ヶ月で読み終わりました。
    奈緒との悲恋、おこんの思い、磐音の一途な信念、切なくなる思いで読みました。
    本当に最後まで飽きの来ない物語でした。
    12月に発売される最終巻を1日も早く手に入れたく、楽しみにしています。


  • よっちゃん さん (50代・ 福井県・ 女性)

    母が磐音さまの大ファンなので、年賀状プレゼント企画に応募させてもらいました。今から母の喜ぶ顔が楽しみです。


  • すず さん (40代・ 東京都・ 女性)

    いつも楽しみにしています。時間を忘れて没頭してしまうほど。。。


  • なかさん さん (70代・ 愛知県・ 男性)

    居眠り磐根江戸双紙「陽炎の辻」以来佐伯時代小説にはまって「意次の妄」まで時に思いだし何度も繰り返して読んで楽しんでます。その魅力は何と言っても「磐根」の人情味あふれる男気かな。小藩の物語がいつの間にやら徳川幕府のもめごとまで広がっている事を違和感なしに読ませてくれ楽しませてくれてますね。他には「鎌倉河岸取物控」の金座裏親分惣五郎、「酔いどれ小藤次留書」の小藤次、「吉原裏同心」幹次郎と主人公は替り場所が変わっても心の響くものは共通性がある、人情豊かな主人公が弱きを助け、強くを挫く面白さと優しさは我々年代には本当に懐かしい時代劇を見るようで、新刊の出るのが本当に待ちどうしい事です。


  • おこんさんになりたい! さん (50代・ 広島県・ 女性)

    NHKで放送されていた磐音シリーズの新作が見たい!!!です。もうすぐ、完結なんて悲しいです(;_;)


  • あっちゃん さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    私も愛読者ですが、
    80歳の父が大ファンで、繰り返し何回も読んでいます。
    ついつい読みふけって寝不足だと嬉しそうに話しています。


  • 右京モドキ さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    終わってしまうのが寂しく思います。次作品に期待しています


  • shoukun1 さん (60代・ 北海道・ 男性)

    佐伯先生の全作品読破しました。ほとんどが2回読んでいます。何度読んでも面白い。特に、交代寄合伊那衆異聞のスケールの大きさに感動しております。終わってしまったのが大変残念です。これからも面白い作品を期待しています。
     最初に読んだのは、居眠磐音シリーズで、この作品から佐伯先生の大ファンになりました。居眠磐音シリーズはこれからもまだ続くのでしょうか?楽しみにしています。


  • ガンダム・ミネ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    時代小説に魅せられ本棚の最上段にはずらりと磐音が並んでいます。
    あと2巻・・・残念です。小生、昨年胃癌全摘手術を受け食事に四苦八苦している毎日です。
    茫洋と食事をする磐音の姿が羨しくもあり・・再び残念(^^)/湘南ガンダム・ミネ


  • 霜 さん (30代・ 神奈川県・ 男性)

    佐伯先生、お疲れ様でした。

    出来れば、続編を望みますが(笑

    この作品に出会い、時代小説の楽しさを

    教えて頂きました。

    ありがとうございました。


  • 磐音大好き さん (50代・ 大分県・ 女性)

    テレビを観てファンになり全巻そろえました。


  • なおママ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    ドラマを見たときの衝撃は忘れられません。坂崎さんとおこんさんにすっかり惹かれて、原作にもはまりました。
    何かと苦しい事が多かった時期に電車で読むこの小説の世界にトリップして、気分を切り替えていました。もう完結なのですね。嬉しいような、寂しいような複雑な気持ちです。


  • 蜜柑の母 さん (50代・ 山梨県・ 女性)

    長い間、読者として楽しませていただきまして有り難うございました。
    枕元には、いつも最新巻を置き、何かあった時には、一緒に逃げなければと思っていました。
    残り、二巻となりますが、特別篇とか、空也参上とか、又、別のシリーズで、お会いできるのを楽しみにしています。
    優しさを、有り難うございました。m(__)m


  • koginn さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    第一巻から愛読している母へ年賀状をお願いします


  • 福助 さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    毎号ワクワクしながら読ませて頂いています。
    一回目は一気に、二回目はじっくり読みます。

    残り2号、みんなが幸せになってほしい!
    そして、磐音にゆっくり集中してご飯食べて欲しいなぁ(* ´ ▽ ` *)


  • かっちゃん さん (60代・ 大分県・ 男性)

    坂崎磐音江戸双紙は、本で楽しく読ませて頂きましたし、またテレビで大変面白く見させて頂きました。次回の新作を楽しみにしています。


  • どんぶらこ さん (30代・ 東京都・ 女性)

    いつも買った翌日から、「次はいつ出るのかしら」と連呼する母。先に私が読み始めたのにあっという間に抜かれ、二番煎じで読んでます。しっかりとした軸足を持ち、一途に極めていく磐音が大好きです。


  • ショートロール さん (30代・ 福岡県・ 女性)

    シリーズ完結なんて寂しくてたまりません。


  • YSN さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    坂崎磐音の生き方、話しっぷりに惚れています。彼のようなすがすがしい生き方をしたいと思いつつ日々の生活に追われていますが、理想を高く持たなければと思います。


  • かしわのや さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    新刊発売が待ち遠しくもあり、完結してしまう寂しさもあります。
    どんな形であれ、どうにか続編が発表されないでしょうか?


  • ヒロリン さん (60代・ 山口県・ 女性)

    居眠り般若シリーズに出会ってから、私にとって、人生、はいりあいというか何かが変わりました。ありがとうございました。


  • ちびうさ さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    79歳になる母が佐伯氏の時代物にはまっています。私がせっせと図書館から借りて来て運び屋をしています。母は小学校3年生の時に終戦を迎え、戦後は買い出しに駆り出され小学校も中学校もほとんどちゃんと通った記憶がなく、修学旅行も行かなかった私に話して聞かせていました。そんな母なので学がないといつも淋しそうにしていました。その母が、70代にして文学少女に変身‼‼本の持つ魅力と偉大な力に改めて恐れ入った次第です。


  • おこんばあさん !! さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    佐伯 康英 先生のシリーズ作品を読み漁り、本棚が一杯になりました。
    どのシリーズを読んでも、主人公は知性溢れる心の優しい人柄で、誰からも愛される凄腕の達人です。
    先生のお人柄が、良く出ています。…だから大好きです。
    2世の空也さん、時代が変わっても、正義は貫いてね。


  • あーちゃん さん (40代・ 東京都・ 女性)

    2年前の夏にこのシリーズを読み始めて、本当に面白くて磐音のファンになりました。もうすぐ終わり終わってしまうのはさみしいですが、どんな終わり方なのかも気になります。楽しみなのと寂しいのと両方で複雑な気持ちです。


  • はおはお5号 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    坂崎磐音氏の正々堂々とした生き方、飾らない人柄、話し方にすっかり引き込まれ(?)、中学生の子供と一緒にここまでドキドキしながら読んできました。終わってしまうのは寂しいですね。名残惜しいです。せめてもう大事な人達がこれ以上理不尽なことで亡くなりませんようにと切に願っています。


  • 白髪のおじさん さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    「清々しい終わり方だった」、を期待します。


  • るいこ さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    なぜか江戸時代にひかれます。自分の先祖は江戸時代にどんな生活をしていたのか?自分が江戸時代に生きていたら何をしていたかなど、空想はつきません。


  • ポチ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    夫が文庫本を凝視して「えらいことになった、大変だ」とつぶやいている。席を立った隙に覗いてみたのが居眠り磐音第1巻でした。その後、読む本がなくなった時にふと手を出して、あっという間に惹きこまれて全巻読み返すこと少なくとも5回。平助が餅つきの場に現れる、大好きな場面は30回は読んだか。
    食事の度に、磐音がどうした、おこんがどうしたと老夫婦の食卓の会話が増えました。佐伯先生に感謝。
    それにしても寂しくなります。数年後には、若き道場主空也が活躍するシリーズ第2弾が読めるかなと期待しています!


  • hiro爺ィ !! さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    このまま、終わりでは惜しいです。
    出来れば、「続編』として、先生が命尽きるまで、続けて頂きたいです。( 酷なお願いかな!!! )
    僕たちの周りに沢山の読者が望んで待っていますよ !!


  • 冬海 さん (20代・ 福岡県・ 女性)

    母はもともと小説好きだったのですが、この居眠り磐音シリーズで時代小説にハマり、活字中毒だと自分でも自負する位に、そして木刀を買う程(笑)時代小説好きになりました。とてもいい作品に出会えたんだなと娘として嬉しいです。もうすぐ終わるのは寂しいようですが無事完結するの楽しみにしています。


  • えっちゃん さん (50代・ 広島県・ 女性)

    ずーっと楽しみに読んできました。
    遂に終わっちゃうんですね・・・
    さびしいです!


  • sakatakashi さん (50代・ 山形県・ 男性)

    長年のファンです はじめは、磐音とおこんに惚れこんで読んでいましたが、だんだん周辺の登場人物に興味が移り、最近は利次郎と霧子に注目していました。最近の物では批判もあるようですがここまで長い間読者を楽しませてくれた佐藤先生には感謝感謝です。


  • らんまる さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    昨年亡くなった主人が大ファンで、全巻持っています。仏前に供えたいのです。


  • みなぞう さん (70代・ 山口県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズ完結、おめでとうございます。毎作品、楽しみに読んでおります。
    これからも体に気をつけて執筆活動続けられて下さい。


  • ちゃこ さん (60代・ 埼玉県・ 女性)

    創刊号から、毎回楽しみに読ませていただいています。テレビの放映も楽しみに見ておりました。 坂崎家の行末や家族・お仲間などいつも楽しく拝見させていただき、勝手に創造をして磐音の活躍を願っておりました。 いつか物語りの終焉を迎えることは理解しておりますが、5年後・10年後の坂崎家がどうなっていくのか、また月日を経て宜しければ佐伯先生に執筆していただければこの上ない幸せです。


  • 朝ランおじさん さん (60代・ 静岡県・ 男性)

     居眠り磐音を知るきっかけはテレビドラマでした。武士でありながら、江戸での暮らしのため、うなぎ屋の手伝いをすることができる。周りの人たちに何気ない態度で接していく、また周りの人たちの苦難を持ち前の剣技と知恵ででさりげなく助けてしまう。それをことさらに鼻にかけない奥ゆかしさ、やさしさ、人の良さなどきりがないくらいに作られた勧善懲悪のキャラクター。頭の中ではわかっているのに大好きになってしまった。全く一方的に佐伯イズムにはまってしまった自分。どうしてなのか,わからない? おそらく多くのファンがそうなのでは。今自由時間ができたことから佐伯先生の時代小説読破に挑戦中です。


  • わんわん さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    私の影響で、今では家族全員、磐音さんの大ファンです。


  • しょうママ さん (40代・ 大分県・ 女性)

    父が読んでいて、『おもしろいから読んでみろ』と言われ、読み始めました。今では私の方が夢中になっています。完結編の発売が楽しみです‼


  • けいばあば さん (60代・ 大分県・ 女性)

    居眠り磐音シリーズの大ファンです。毎回楽しみにしていました。ついに完結ということで、楽しみでもあり、残念でもあります。いずれにしても、待ち遠しいです!


  • みぃ さん (30代・ 茨城県・ 女性)

    時代劇小説が好きな友人にすすめられて読みましたが面白くてハマりました。


  • きなこ さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    父が「この時代劇面白いぞ」と言って来たのが
    「陽炎の辻」のドラマでした。
    どれどれ、と私も一緒に観たらばすっかりハマり、
    その後、本棚にはずらりと全巻揃ってしまいました。
    私はあまり小説を読む方ではないし、
    ましてや時代小説は読み辛く
    敷居が高くて…と思っていたのですが
    佐伯先生の作品は読み易くてビックリ。
    時代小説を読むきっかけをくれた佐伯先生に感謝です。
    毎回毎回事件が起きて「これ終わるのかなぁ…??」
    と思っていたのですが、
    とうとう終わってしまうのかと思うと
    やっぱり寂しいですね。
    ラスト、どうやってENDマークが付くのか
    父と一緒に楽しみにしております。


  • アテナ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんってなんて素敵なんでしょう!完結を目の前にして、今は鰻さばき、用心棒時代が懐かしい。
    毎回新巻発売日にはちょっと恥ずかしいけれど、午前中に書店に飛んで行くのです。


上へ