居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • たんちゃん さん (70代・ 北海道・ 男性)

    最初から楽しく読ませて頂きました、これで終わりと思うと寂しくなります


  • やまさん さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    出張の友です、平成の時代にもそのまま組織として家族として、多くの人に理解されて
    まるでNHK 朝の連続ドラマのようです。せめて年末か正月休みに2巻最終出版されると
    楽しい正月を過ごせます。


  • 雷蔵さん大好き さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    ドキドキしながら最終巻をまっています! …と言いつつも、淋しく思う気持ちもあります。


  • ののの さん (50代・ 東京都・ 男性)

    なとなく買った密命シリーズにはまってから、今では、佐伯先生の時代小説発売日を毎月楽しみにしています。
    磐音が終焉を迎えるのは、寂しいですが、まだまだ、たくさんのシリーズを楽しみにしますので、これからも身体壊さない程度に頑張ってください。


  • 夢酔 さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    この数年、こんなにハマった時代小説はありませんでした。池波正太郎先生の作品以来かな。

    磐音さんのシリーズが終わってしまうのは、真に淋しいです。でも、いずれはこの時が来るので仕方ないですね。個人的には、小田平助さんのファンなので、行く末がかなり気になります。

    また新たなシリーズの開始を心より期待しています。
    身体に気をつけて、これからも頑張ってください!


  • 老眼の母 さん (60代・ 兵庫県・ 女性)

    完結編が読めるのがすごく楽しみで嬉しい。待ちどうしい。


  • ごんざらー さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    佐伯先生の新シリーズ『陽炎の辻』を本屋で見つけ、その日のうちに読みました。
    この続きはどうなるのだろうと、ワクワクして眠れなかったのがつい数年前のことのような気がします。
    もうすぐシリーズが完結してしまいますが、今までも何度も読み返してきたように、これからも新鮮な気持ちで磐音の世界を楽しんでいきます。


  • くれない押し花 さん (80代・ 埼玉県・ 女性)

    第一巻から四十九巻まで楽しく読んでいます。もうすぐ完結するのが楽しみでも有り、残念でもあります。家族で同じ時代小説を読んだのは「居眠り磐音」くらい。誰が読んでも楽しめる、珍しい作品です。


  • のんちゃん さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    完結してしまうのは余りに残念です。でもそれで磐音さん一家にようやく安らぎの時が訪れるのであれば、読者としては歓迎・祝福してあげなくては・・・と思っています。今まで力を与えてくれて、どうもありがとうございました。様々な冒険・修行、ご苦労さまでした。


  • イナズマ さん (50代・ 北海道・ 女性)

    磐音が無心にご飯を食べるシーンは、食いしん坊の私にとって堪えられません。
    うどんをすする音、鰻の焼き上がる香り、熱々の炊き込みご飯の湯気と、臨場感に溢れていて、とてもとても美味しそうです!
    読でいるこちらのお腹も「ぐ~」と鳴ります(笑)
    磐音とは、1月でひとまずお別れはとなりますが、「いつかまた!」と信じています。


  • hyu- さん (40代・ 福井県・ 男性)

    NHK時代劇のセカンドシーズンを観てから、原作を読み始めました。いろいろと絡み合ったストーリー展開の奥深さ、磐音本人の人間性に学ばせて頂いたこともたびたびありました。素晴らしい時代小説シリーズだと思います。


  • love時代劇 さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    登場人物の一人一人が魅力的で、最初に読んだときからすっかりハマってしまいました。浪人もどきになっていた磐音さんがどんどん貫禄が出てきて、町人のおこんさんが立派な武士の妻になり、子供たちも成長し、弟子たちも大人になり…人情もの、冒険もの、ホームドラマと色々な要素を楽しませていただきました。


  • 葉月 さん (50代・ 香川県・ 女性)

    いよいよ最終巻が近づいてきました。
    どういう形で終わるのか…楽しみであり、寂しくもあります。
    個人的には霧子さんのファンです。


  • おかのくらげ さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    もっとずっと続くと思っていました。完結お疲れ様でした。続編は空也君を主人公に、若者がバリバリ活躍する時代劇なんか読みたいですねぇ。


  • ヒロ爺 さん (50代・ 岐阜県・ 男性)

    主だった登場人物全員が好きですが、とりわけ霧子が好きです。あとは関前に帰った奈緒のことが気がかりでなりません。終了は残念ですが、空也を主人公にした第二部を期待してます。


  • おやかったー さん (50代・ 東京都・ 男性)

    テレビドラマからDVD,本も全巻読破。
    磐音の生き方に共感しています。
    それから着物も着るようになりました。
    飽きるとこのないストーリーにいつも感動です


  • MADA さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    50巻、51巻を早く読みたい気持ちと、もう少し延期してほしい気持ちが入り交じっています。


  • ホワイト さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠り磐音 江戸双紙が大好きです。
    佐伯先生が当初言われてた50巻から1冊増えるのは嬉しいですが、正直言えば終わってほしくないです。
    一旦51巻で終了しても違うかたちでまた磐音さんの話が始まってほしいです。
    是非是非お願いします。


  • hoho さん (40代・ 兵庫県・ 女性)

    このシリーズがきっかけで佐伯先生の作品を愛読するようになりました。
    寝食を忘れて読みふけり、子供に呆れられる始末です


  • シュウ さん (50代・ 愛知県・ 男性)

    ついに完結へ!
    最近、南町の大頭さんの活躍が少なく
    寂しく思っております。
    なにとぞ、ご一考下さい。


  • おたんこなす さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    2004年に陽炎ノ辻に遭遇し、それ以来全巻ストック読破中です。
    夫婦で、毎回、首を長くして発行待ちしています。と、先日「本屋堂」の番組中、街中でのインタビューにて、年配の女性が、「磐音の愛読者で、発行が待ち遠しく、前作を何度も読み直してながら待っている」
    とのコメントをされていました。我が夫婦も両手をあげて「おォ!そのとおり!」と喝采してしまいました。
    この10年を超える時間の楽しみを与えて頂いた佐伯さんに感謝・感謝の念でいっぱいです。
    できることならば、後日談的な特別版を半年後位に発行して頂けるなら、うれしいなと思っていますが、妻は「ストーリーは、何時か終わりを迎えるものなのだから、無茶は言うものではない」といっています。
    佐伯さん、今後もどうかお元気で、執筆活動をお続けください。他のシリーズも楽しみにしています。


  • ガシマ とし さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    時代小説には、余り興味が無かったが
    陽炎ノ辻から読み続けて、最後が楽しみ
    の反面、更に続きを見たいとの思いが
    入り乱れています。


  • アキカ さん (60代・ 石川県・ 男性)

    毎号楽しみにしていましたが最後となると寂しい限りです。NHKで続編があれば嬉しいです。


  • iwako さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    落ち込んだ時。悩んだ時励まされ・道しるべにさせて頂きました
    楽しみと共に有難い本です
    又。次なる楽しみ期待しています


  • サリー さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    テレビ放映を見てから、本を読み始めました。
    初版の「陽炎の辻」から最新版まで読み終えると、再び初版から読み始め、今までに何回読み返したか数え切れません。
    それでも、その都度、ワクワクしながら読んでいます。


  • ミッチー さん (70代・ 福岡県・ 女性)

    腎盂ガンで腎を一つ切除術後、すごく落ち込んでいた時に
    居睡り磐音シリーズに出会い、磐音の生きざまに惹かれ
    出版された作品を何度も読み返して、入院生活を乗り切れました。
    現在は、佐伯さんの作品は全て拝読し、完結するのを 寂しくも
    嬉しく待っているところでございます。


  • オーレのお母さん さん (70代・ 東京都・ 女性)

    いつも、新刊が出るのを楽しみにしております。佐伯先生のシリーズはすべてを読ませていただいておりますが、やはり「居眠り磐根」のシリーズが一番です。毎回、次回のストーリーの展開がどうなるのかドキドキしますが、それが若さを保つ秘訣にもなっているようです。


  • 誠ちゃん さん (70代・ 福島県・ 女性)

    残り2巻となり寂しいですが、最後の戦いがどの様な形となるのか。
    そして、神保小路にどの様にして戻るのか。
    楽しみにしております


  • りっきー さん (60代・ 福岡県・ 女性)

    右手首骨折で入院している時、主人が揃えていた15冊を
    一気に読み 痛みを忘れさせるストーリーに引き込まれ、
    磐音さんと辰平さん達の師弟愛に、
    何度も胸を熱くして読み返しました。
    以後 佐伯さんの作品にのめり込んでいきました。
    現在までの作品はすべて拝読しております。


  • そらまめハイボール さん (50代・ 宮城県・ 女性)

    初めてこの本を手に取ったのは駅ナカの書店でした。
    1時間ちょっとの乗車時間の間にすっかりハマってしまい、自宅近くの駅を乗り越してしまったのはずいぶん前のことになりました。
    登場人物の多彩でその一人ひとりがとても魅力的です。
    中でも、私が大好きなのは依田鐘四郎さんと品川幾代さん!
    鐘四郎さんの純粋さにほっこりとさせられ、幾代さんには母として家を守る女性としての強さに憧れます。
    そして若い右近さんや早苗さんが、これからどのような大人になっていくのかも楽しみです。
    あと2巻でシリーズが終わってしまうのは、なんとも寂しいかぎりです。
    どのような終りになるかわかりませんが、いつかスピンオフドラマのような番外編が出ることを希望します!!!


  • もりのこ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    「居眠り磐音」シリーズが大好きで、毎晩寝る前に必ず愛読しております。
    登場人物が魅力的に描かれていて、みんな好きです。


  • maruma さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    NHKでの時代劇で初めて知りました。その後、第一巻を見つけ今は尚武館が閉鎖されたあたりを読書中です。今後も楽しみに読み続けます。


  • ももじ さん (50代・ 東京都・ 女性)

    自分で本を買いに行けなくなった父の代わりに、表紙に惹かれてたまたま選んだ「居眠り磐音 江戸双紙」だった。父に「面白いんだよ。新刊がでたら忘れずにね!」と催促され、いつしか私も父より先に、内緒で読むように。父娘で次はどうなるのと、いつも楽しみにしていたが、そんな父も磐音の最終巻を知ることなく3年前に永眠。心残りだっただろうな。代わりに私がしっかり読んで報告するからね。


  • 当たらね 八卦 さん (70代・ 大阪府・ 男性)

    今まであまり読書する習慣がありませんでした。居眠り磐音が評判になっているので図書館で借りましたが、はまりました。以来、館にある佐伯泰英作品を読破してしまいました。新刊が出るのを心待ちしているこの頃です。


  • mekuma さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    今まで時代劇ものは読んだことがなかったが、流行っているらしいので、TVで紹介されていた佐伯先生の磐音を手にとりました。1巻目から物凄い衝撃をうけ、すっかり虜になりました。今では一日一冊読んでます。まだまだ沢山あるので、毎日楽しみです!


  • Malloinmn さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    ここ数年、海外に在住していますが、一年に一度日本に帰るたびにその年発刊された新刊を買い込んで、
    楽しみに読んでいます。もうすぐ、その楽しみも完結するのですね、、、。
    少し寂しくもあります。でも、今は長い間楽しみに読んできた磐音たちのお話がどのように幕を閉じるのかを読むのが待ち遠しいです。


  • 壮健熟女 さん (70代・ 東京都・ 女性)

    陽炎辻から始まって、私も主人公達と一緒にいるように思いを巡らし、楽しくハラハラドキドキ・・・。
    それが、後わずかで終わりに・・・・?淋しくなります。


  • sugar さん (40代・ 東京都・ 女性)

    磐音と磐音を取り巻く人物の成長をドラマ北の国からの純と蛍の成長を見守るように、ずっと楽しみに読んでいます。
    なかでも私は空也のファンで空也が大人になり、結婚して父親になるまで…読んでみたいです。
    新しいシリーズで空也が主役でいかがでしょうか?(笑)


  • マダム さん (50代・ 北海道・ 女性)

    磐音と共に泣いたり笑ったり。次刊が出るのを心待ちにしていたので、終わりが来てしまうのは寂しいな。また1巻目から読み返します。


  • ゆり さん (30代・ 東京都・ 女性)

    シリーズを読み始めたのが、私にとってとても辛い時期でした。時を待つ大切さ、そんなときでも、人としてどうあるべきか、磐音から学びました。ありがとうございます。


  • もくもく さん (50代・ 東京都・ 男性)

    磐音のキャラクターが好きで新刊を楽しみにしています。


  • こんぺいと さん (50代・ 山口県・ 女性)

    「居眠り」シリーズと読者の強い絆を感じさせる、素晴らしい企画ですね!
    年賀状ほしい!でも、うちは喪中なので、感謝コメントだけ送らせてください。

    きっかけはテレビドラマに好きな俳優さんが主演したことが決定し、
    原作に興味を持ったことです。
    魅力的な登場人物にすっかりハマり、
    母親に薦めて二人で最新刊を買うのが楽しみの一つになっています。
    10年以上、ドキドキワクワクを持続させてくださった佐伯先生には「感謝」の一言に尽きます。
    本音を言うと、スターウォーズにみたいに遡ってエピソードゼロとかビギニング…なんてシリーズも読みたいですが、
    今はとにかく、佐伯先生に「お疲れ様です」とお伝えしたいです。
    50巻と最終巻、どんな装丁なのかなぁ。
    もうすぐ会えますね!楽しみです。


  • なず さん (50代・ 東京都・ 女性)

    もうあと2巻で終わってしまうなんて。とてもとても寂しい気持ちがします。
    シリーズを読んできて、磐音さんと一緒にずっと歩いてきたように感じます。喜んだり心配したり怒ったり。佐伯先生ありがとうございました。出来ましたら、空也さんと睦月ちゃんのその後、短編でもいいですので書いていただけると嬉しい限りです。宜しくお願い致します。


  • たかへい さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    私の定年後の読書の楽しみを倍加させてくれた佐伯作品に感謝しています。その中でも「居眠り磐音」
    です。磐音の生き様、人間関係、人生観などシニアになってから色々と考えさせられる事が多かった
    です。それにもまして読んでいる時は佐伯ワールドというか、磐音ワールドにどっぷりとつかり本当に
    楽しい時間でした。あと2巻です。奈緒もやっと磐音に語りかる事が出来ました。終わってしまうと
    「磐音ロス」になりそうです。改めて読み直したいと思ってます。3度目ですが。
    最後に佐伯作品に感謝です。小田平助は佐伯先生の分身ですか?


  • りん さん (40代・ 大阪府・ 男性)

    完結するのは、とてもさみしく感じます。磐音さんの人柄にとてもあこがれます。


  • マロン、ふ-たねこ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    いつも楽しく拝読しています。
    発売が待ち度しく、発売日前日、店仕舞い時に購入して、一気読み。
    また、1~48巻、カバ-が黒く汚れるほど読み返しました・・・10回ほど
    磐音シリーズが終わるのが、寂しいです。
    できれば、年に1巻ほど、その後の磐根を発行を楽しみにしております。


  • 淡路 陽子 さん (70代・ 大阪府・ 女性)

    面白くてすぐ読んでしまった 最後の1冊が待ちどおしいです


  • けんだい さん (50代・ 東京都・ 男性)

    男の生き方、夫婦関係,友情,師弟関係.様々な人の機微と現実のコンクリートジャングルから別世界に誘ってくれ,読み心地がよい。


  • 簾 満月 さん (60代・ 岡山県・ 男性)

    小田平助の飄々としたキャラが目に浮かび、好きです。
    最終巻では、どうなるのか楽しみです。


  • ときね さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    おこんさん、すごいです。派手な動きはないけれど、同じ主婦として頭が下がります。みんなの着るものの準備、食事の用意(いきなり人数増えても対応可)、お世話になったときの御礼など。見習うなんてとんでもないけれど、毎日丁寧に生きていきたいなと思います。


上へ