居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • うたた寝二度寝 さん (50代・ 富山県・ 男性)

    映画の影響で藤沢作品を完読して、次に選んだのが佐伯作品の居眠り磐音。
    読んで楽しく、ドラマ化で更に楽しませていただきました。
    第1巻からの長い日々の間に、気がつけば、母が私以上の磐音ファンになってました。
    いよいよ完結にむかって、ラストスパート、期待してます。


  • 猫村 犬村 さん (60代・ 愛媛県・ 女性)

    実は、磐音シリーズを読み始めたのは、ここ2~3年のことなのです。もう、何年も前にある病院の待合室で、その本が積んであったのです。そのときある医師が、「この本は、入院患者さん用に僕が買ってきたものなんだ。元気が出るから。だから、病棟にかえしておいてよ。」と言うのを聞いて気になって、気になって仕方なかったのにずっと手に取らずにいたのです。やっと、読んであの時の医師の言葉が身にしみました。


  • 仁 太郎 さん (60代・ 宮城県・ 男性)

    テレビを見てから、色々なシリーズを読みました。磐音の望洋としているところが好きです。強さと信念、常に前を向いているところ、そしてリズムですかね。


  • びん さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音さんがあと二冊で終了は残念でしかたありません。ここ最近の数冊は詰め込みすぎです。もう少しゆっくりと楽しみたかったです。


  • kco さん (30代・ 栃木県・ 女性)

    佐伯さんの本は全部読んでます
    シリーズが終わってしまうのは淋しですが 空也さんが主役な話がはじまるのを期待して待ってます
    佐伯さんの本で一番好きなとこ所は 主役だけではなく 脇の女性が 自分を持ったすてきな女性な所です


  • ひらっちゃん さん (60代・ 山口県・ 女性)

    友達から見せてもらい夢中になりすぐに発行済み全巻買い揃え,新刊が出るごとに一号から読み返してました。最近はここ十巻くらい前からになりました。楽しみで楽しみにしてましたが、残り二巻となり残念でたまりません。先生の作品の中で一番です。これからも鎌倉河岸や、酔いどれ、吉原裏同心など、楽しみにしてます。頑張って執筆お願いいたします。


  • こばっち さん (50代・ 静岡県・ 女性)

    7年前、長期の入院を余儀なくされたおり、義父からの差し入れの本が、このシリーズでした。
    苦楽を共にしてきたこのシリーズが終わりを迎えるのは少し寂しいですが、最後の磐音さまの言葉、楽しみです。


  • SOSのおじさん さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    平成18年頃、テレビで「密命」を観て、初めて佐伯先生を知りました。早速「密命」を購読、先生のペンのタッチが私の感性にピッタリはまりました。それからは言うまでもありません。すっかり「佐伯泰英病」にかかってしまい、全ての佐伯シリーズに挑みました。既刊本全てを読破し、あとは新刊の出版を待つのみ。毎月、毎月、今か、今かと待ち望んでいます。

    中でも「居眠り磐音 江戸双紙」は、磐音をはじめ多彩な登場人物、さまざまな場所へ・・・等々
    このように痛快な物語が今までにあったでしょうか?
    来年で、ついにこのシリーズが完結とのこと。まことに残念でなりません。でも、そろそろ「磐音」や「おこんさん」そして2人の子供たちに、暫くは平穏な時を過ごさせてあげてはいかがでしょう。
    来年早々に完結本を読み終わったら、今度は「磐音シリーズ」を最初から新たな気持ちで読み返すつもりです。今度は、一巻一巻ゆっくりと、味わいながら・・・

    佐伯先生、いつも素晴らしく、楽しくて、痛快な物語をありがとうございます。まだ、他のシリーズも何篇か取り組んでおられます。健康には十分にご留意され、まだまだ私を、いや全国の佐伯ファンを楽しませるため、これからもお元気でご活躍されることをご祈念いたします。


  • 直紀のママ さん (40代・ 東京都・ 女性)

    磐音シリーズも残すところ後二巻、どんな大団円をむかえるのか、とても楽しみです。お体を大切にし、これからも、執筆活動を続けほしいです。


  • ブルーバード さん (40代・ 広島県・ 男性)

    江戸時代に大活躍した坂崎磐音のエピソードが満載の素晴らしいストーリーですね。最終巻なのは、とても残念です。


  • まあちゃんママ さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    磐音完結おめでとうございます!
    でももう新作に会えないと思うと、それはそれで淋しいです。
    私を時代小説好きにしてくれたのは、磐音のおかげです。
    今までありがとうございます、そして磐音は永遠に不滅です!!


  • トマトちゃん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    初めて手にしたのは10年前だと記憶しています。その当時、大病を患い入退院を繰り返す事になりましたが、ベッドの中で発売日を心待ちしていました。繰り返し読む度に元気を貰いました。年明けの発売で完結nになってしまうと「磐音ロス」に掛かりそうで心配です。


  • タビジ さん (60代・ 山形県・ 男性)

    居眠り磐音 江戸双紙 これが終わったらなにを楽しみにすればいいんだ!


  • ヨッピー さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    ドラマをみて、原作本を読むようになりました。
    磐音の生き様や展開がたのしみで、おこんちゃんと一緒になってからはまた違う展開になっていきましたが、空也の成長も楽しみに購読しています。もう最後かと思うととても寂しですが、来年を楽しみにまっています。佐伯先生もお体を大切に今後のご活躍をお祈りしております。


  • サムNO1 さん (70代・ 兵庫県・ 女性)

    時間つぶしに寄った百貨店の本売り場で、初めて吉原裏同心を手にとって以来佐伯ワールドにはまってしまいました。近所の本屋さんで佐伯先生の作品を手当たり次第読みふけり、2日に一冊、用のない時は一日で読み終える有様でした。初めから読みたいので古本屋さんを探したり、出版社へ注文したり一年くらいで全作品を読み終えました。それからは月一回の新刊を楽しみに、読み終わると寂しくてシリーズ毎に一巻から読み返しました。一年間は本代が嵩むので後ろめたい思いもしましたが、家でこんなにわくわくどきどき興奮できる娯楽は他にない、おまけに何度でも楽しめる。居ながらにして江戸時代にタイムスリップして旅行が出来、当然ながら交通事故の心配もない。活字の大ききく読みやすいのも素晴らしい。そして文庫本の書き下ろしという点もとても嬉しい、読者として出版直後の本を手に取ることの出来るのは本当に誇らしいことです。先生にお願いがあります。もし新たな作品をお考えなら悪松シリーズの続編をお願いできないでしょうか。主人公が人間らしく成長していく姿を見届けたいのです。健康にお気をつけになってこれからも読者を喜ばせて下さい。磐音シリーズ本当に有難うございました。感謝!


  • まっしゃん さん (60代・ 岐阜県・ 男性)

    定年まであと5年となった時、名古屋へ転勤となりました。そのとき新聞紙上で居眠り磐音・江戸双紙
    を知り、私の通勤往復時(4時間)の愛読書となりました。新刊発行までは初刊から数回読み返し、
    磐音を取り巻く人々の人情模様を思い出しつつ、常に小説内容をああ・・そうだった・・と感じながら
    楽しませて頂いております・・あと2巻で終わり・・とは寂しくなりますが・・。


  • めみめみ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    NHKドラマがきっかけで、原作を読み始めて、それから、いわね様がだ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐すき!になりました 
    シリーズが終了してしまうのは、とて残念でたまりません でも私のいや愛読者の皆様のこころの中にはいわね様は永遠に不滅 です


  • ながーいおつきあい さん (60代・ 京都府・ 男性)

    坂崎磐音の沈着冷静すぎる人物設定が好きです。ああ、ここで怒ったら皆がひいてしまって、次の局面で収集がつかなくなるなぁ?などと次を考えるととの重要性を教えてくれるようで、毎号楽しみにしていました。


  • 秀五郎 さん (60代・ 東京都・ 男性)

    いよいよ完結…長い年月楽しませていただきました。坂崎さまご一統有り難うございました。そしてお疲れ様でした(再会が待ち遠しい)
    佐伯先生は読破中です。


  • 輝埜道舟 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    剣の道を探求し続ける身に『居眠り磐音 江戸双紙』は、剣の真髄を垣間見せてくれる極意書の様なものです。『恐懼疑惑』の『心の四戒』を全て克服した磐音に少しでも近付きたいと思いながらこれからも剣の道に精進したいと思う今日この頃です。『居眠り磐音 江戸双紙』の完結を寂しく思いながらも楽しみにしています。


  • ヒロ さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    これまで何回読み返したことでしょうか。坂崎磐音さんたちの織りなす物語の世界に出会えたことは一生の宝ものです。ありがとうございました。


  • やっち さん (40代・ 東京都・ 女性)

    居眠り磐音の登場人物の中では、小田平助さんがだいすきです。
    訛り言葉に心がほっこり、そしてもちろん 強いところも魅力です。
    完結は寂しいですが、これからも何度でも読み返していきたいです。


  • ロペとあきら先輩 さん (60代・ 東京都・ 女性)

    いつも、新刊が出るのを楽しみにしています。全巻持っています。磐音も取り巻く周りの人たちも、皆、人間性が好きです。「居眠り磐音」江戸地図を見て、磐音が歩いた江戸の町を、歩いてみたいと思います。


  • ウランママ さん (40代・ 福島県・ 女性)

    私はおこんが好きです。磐音を信じている有り様に涙します。


  • こにたん さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    友のことを思い、みんなの幸せを祈り邁進する姿に感動する。


  • TUNAMI さん (60代・ 広島県・ 男性)

    今回もわくわくドキドキしながら読み終えました。
    空也、門弟の成長、磐根の深い思考、
    読み終えてさわやかな気持ちになりました。


  • 吉備玉男 さん (70代・ 岡山県・ 男性)

    磐音の活躍が面白い。剣豪小説だけど実に暖かい。家族の絆がテ-マのようだ。
    どのような結着になるか後の2巻が楽しみでこの1年待っていました。


  • 雪うさぎ さん (60代・ 福島県・ 女性)

    磐音の潔さが大好きです。小説のなかの磐音に恋をして、何度も
    読み返しております。結末が気になる今日この頃です。別の意味で
    お正月が楽しみです。


  • 佐伯泰英時代小説FAN さん (60代・ 東京都・ 男性)

    FANページを作り勝手に応援させていただいております。
    藤之助といい磐音までもがシリーズの終了を迎えると思うと残念です。
    佐伯先生にはご負担でしょうがファンとしては末長くお続けいただきたいと思います。
    今後ともご自愛いただき楽しませてください。


  • 夜市 九貝 さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    野も山も、海も湖も、旨い物を作れ。
    旨いものを旨いと言い、更に旨いものにする者どもよ
    覚悟してかかれ。2016年は旨さを思い知る年になろうぞ。


  • ホータン柿 さん (70代・ 兵庫県・ 男性)

    今までの磐根を時たま通しで読んでいます、私としては、三分割のシリーズとしています。
     やはり、磐根の浪人暮らしが一番好感がもてます。が、最終巻が楽しみです。


  • たわさん さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

    今までのシリーズ全部持っています。「居眠り磐音 江戸双紙」もとうとう終わりますか。
    さびしくなりますが生きているうちに読み終えることができると楽しみです。
    68歳の誕生日に肺炎で入院して危ないと言われてから新刊を読める楽しみをつくづくと感じます。
    磐音の最後の対決はどうなるのでしょうか。


  • fumifumi さん (60代・ 千葉県・ 男性)

    毎号、通勤電車の中で読んでいます。ハラハラドキドキしながらの30分です。
    盛り上がった場面で電車を降りて本を閉じた時、続きが気になり出張をして車内で読むことがあります。
    本当に楽しませてくれてありがとうございます。


  • alpha さん (80代・ 兵庫県・ 男性)

    居眠り磐音の完結が楽しみであり、また残念です。佐伯先生の書かれたものの発売日を楽しみにしております。お体を大切に。


  • リクノスケ さん (60代・ 東京都・ 男性)

    発刊を楽しみに待つ本がなくなりました。
    何事もいつかは終わるのでしょうが寂しい限りです。


  • とんちゃん さん (50代・ 東京都・ 男性)

    新聞広告で居眠り磐音の存在は知っていましたが、なかなか手を出さずにいました。図書館で途中の巻を読んで病み付きとなり第1巻から番号順に予約して全巻読了しました。酔いどれ小籐次読了後、また第1巻から読み始めます


  • ぬこ大好き さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    居眠りシリーズはNHKにて放送されていましたね。本屋で立ち読みしたら(立ち読みしてから購入)面白かったので以後新刊出る度に読みまくっております。話の流れにグイグイ引っ張られて何度も読み直してますね。どうなっていくのか…ワクワクドキドキハラハラしながら見守りつつ楽しんでいます。


  • 遠山の金べえさん さん (50代・ 長野県・ 男性)

    磐音シリーズも間もなく完結とのこと。最後の一言、最後の仕草、最後の一行が楽しみです。


  • まさもん さん (50代・ 愛媛県・ 男性)

    入院している親父と一緒に愛読しています 磐音を取り巻く人々がハッピーエンドでありますように


  • Qちゃん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    最初から読んでいます。磐音と一緒に長い旅をしているようです。それ以前から江戸には興味があり、地図など手に入れて眺めていましたが、磐音とともに町を歩き、多くの善良な人々とふれあうことで、江戸の世界が実感できました。江戸への長い旅の終わることが楽しみでもあり、また残念でもある。こういう小説の楽しみ方は佐伯作品だからですね。


  • 心は乙女 さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    シリーズが終わるのはさみしいですが、何度も何度も読み返すので、磐音様は永遠に私の中で登場します。
    大丈夫!


  • りが さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    主人が夢中になって読んでおります!
    今年6月 定年となった主人。
    読書には無縁だったのに なんの拍子にか朝から晩まで
    本尽くし。
    数ある本の中で 今 一番夢中になっているのが 佐伯先生のシリーズです。
    居眠り磐音シリーズ 酔いどれ小藤次シリーズ 密命シリーズ
    各刊行分を読了し 次はどのシリーズにしようか 
    楽しみに物色中?のようです。

    晩酌しながら 物語の流れを とくとくと語る主人を見て
    私も 読んでみたいと思っております。

    私は 吉原裏同心から 入ります!


  • きーの1218 さん (50代・ 福井県・ 女性)

    山本耕史さん主演の「陽炎の辻」に魅了され原作本を読み始めました。するとそこには、テレビドラマとは全く違う磐音が、いきいきと江戸のまちを生きていました。
    ちょうどテレビドラマのシリーズが終わるころ闘病生活を余儀なくされましたが、「居眠り磐音 江戸双紙」はその大きな支えとなりました。多くの困難に襲われながら、家族を愛し、友を慈しみ、誰よりも自分自身に厳しい磐音の生き方が、私に大きなやすらぎと勇気を与えてくれました。
    この作品を世に送り出してくださった佐伯先生に心からお礼を言いたいです。ありがとうございます。


  • ひとり旅 さん (60代・ 奈良県・ 女性)

    こんなにも優しくて、つよく頼りになる男の人がいるものだ、と感動した。ドキドキワクワクしながらも、いつもそのことに至った。磐音様の名言に納得し、どの場面でも癒された。
    もう一つは、どんなとこへの移動も歩く事に、単純に感動し、人間てすごいなと。
    私も歩いてみた。三条大橋から、江戸を目指して。鈴鹿峠は越えられなかったが、大井川も、富士川も、長い長い橋を歩いて渡った。小夜の中山越えは楽しかった。それぞれの宿場町や城下町を楽しんだ。
    薩埵峠から見えた富士山は最高!富士を見たあたりで、満足してひとり旅の歩き旅を終えた。電車もバスも使ったけど、200キロ以上は歩いた、磐音のころのように。私のキラキラした思い出だ。
    磐音様に出会ってなかったら、こんな経験はしなかったことだろう。ありがとう、磐音様!ありがとう、佐伯先生!


  • ぷに さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    初めて入門した長編歴史小説でした。
    新刊が出るのが楽しみで、読んでしまうと次巻発行までの間がストレスでした(笑)。
    今の私は、歴史小説が大好きでいろいろな作品を読み漁っていますが、それ等の始まりはこの作品にあります。
    正直完結しないでほしい、と思っていますがそれはそれとして、佐伯先生には感謝の言葉しかありません。
    これまでありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。


  • まお さん (30代・ 東京都・ 女性)

    就職してからはまってしまいました。ページをめくり、ページをめくり、めくり、めくり…。朝も早いというのに何度寝不足になったことか。時代小説にはまったのは磐音さんのせいです。完結は嬉しいけどちょっとさみしい。ページをめくって、何度でも会いに行きます。


  • 居眠り五朗 さん (30代・ 千葉県・ 男性)

    毎回、楽しく読んでいます。
    ドラマをまた放送してくださいー!!


  • magnoria さん (50代・ 京都府・ 女性)

    8年前の7月始めて第一巻を手にして以来、毎日寝る前に必ず読んでいます。何度も読み返しカバーが擦り切れてきました。磐音の人生をともに歩きながら、その生き方にどれほど励まされてきたかわかりません。物語の終了は少し寂しいですが、磐音はいつもそばにいます。佐伯先生すばらしい物語をありがとうございました。


  • ちはやぶるばーちゃ さん (50代・ 鹿児島県・ 女性)

    NHKの木曜時代劇に山本耕史さんが主演との事が居眠り磐音を知るきっかけでした。その後原作を読んでみたくなりそれからずーっと読んでいます。江戸時代にタイムスリップしたような原作の文章から情景が浮かんできて江戸東京地図も買って磐音の歩いた道筋をたどるのも楽しい時間です。実家の父も読んでます。佐伯先生の他の作品も興味がわき鎌倉河岸捕物控、夏目影二郎影始末を読み、次は古着屋総兵衛を読んでみようとおもっています。とうとう完結の日を迎えますが、男女を問わず好まれる磐音の行く末が明るい事を祈ってその日を待ちわびたいと思います。また一巻目から読み直します!大河ドラマになったらいいのに~。素晴らしい作品をありがとうございました。


  • やまぶき さん (40代・ 東京都・ 女性)

    ついに完結かと思うと感慨深いです…!最初に読み始めたのはもう何年前になるのでしょう。職場に向かう通勤電車の中で、少しずつ読んでいたことを思い出します。そして新刊が出るたびに楽しみに購入していました。完結後は、また第1巻から読み直したい気持ちです。これまで本当にありがとうございました!!


上へ