居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • あじさい おこん さん (60代・ 北海道・ 女性)

    NHKのドラマを見て 本を買いました。何年前でしょうか
    それからの大大ファンです。
    磐音さんの生き方 人生の指標にしてます。
    心配事がある時 寂しい時 心が弱ったときに何回も読み返します。
    完結するのは とても寂しいです。
    でも 大変長い間 佐伯先生 本当にお疲れ様でございました。
    勇気を毎回いただきました。ありがとうございました。


  • 子ブタ さん (50代・ 東京都・ 男性)

    ついに完結ですね。長期間に渡り楽しませていただきありがとうございました。
    磐音を始め周りの人たちが成長していくのが楽しみでした。
    佐伯先生ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。


  • べん さん (20代・ 大阪府・ 女性)

    新刊が出る度に母とどちらが先に読むか争っています。


  • ホークスファン さん (50代・ 福岡県・ 男性)

    居眠り磐音いつも楽しみしています、佐伯泰英先生いつの日か、故郷折尾に、来られることを楽しみにしています


  • かんな さん (50代・ 三重県・ 女性)

    綾小路翔さんのファンの友人からすすめられ読み始めたのですが、その友人より磐音さんにはまってしまい読んでいるときは自分もその時代、その町にいて、横に磐音さんが居るようで、すごく幸せな気持ちになれした。
    終わってしまうのはすごく残念ですがどのように終わるのかすごく楽しみです。


  • ホーホケキョ さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    いよいよ残すところ最終巻の一巻となりました。存分に楽しませていただきました。ありがとうございます。


  • みっちゃん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    次巻が出るのに間があった時には、はじめから読み直すこともあります。
    磐音のひとり稽古の様子がすきです。
    シャキシャキの江戸っ子「おこん」さんがとても好きです。
    完結したら、また何回も読み直したいと思います。


  • レインツリー さん (10代・ 愛知県・ 女性)

    家族全員で全巻読んでます!うちの苗字が坂﨑なのでとても親近感を持って読んでました!(今は変わっちゃいましたが)ラストが楽しみです\( ˙ω˙ )/


  • くっきー さん (20代・ 東京都・ 女性)

    主人公の坂崎磐根のキャラクターがとても好きです。その他の登場人物や作中に出てくる食べ物、情景も魅力的で、大好きな時代小説です。この本の中の世界に入って、一緒に江戸の町に暮らしてみたくなります。
    もうすぐシリーズ完結なのが少し寂しいですが、新刊が出るのを楽しみにしています。


  • ヨコトモ さん (20代・ 福島県・ 女性)

    いつも新刊がでるのを待ち遠しく待っていました。完結してしまうのがさみしいです。磐音の周りのいろんな仕事の人達の様子も楽しかったです。


  • レインツリー さん (10代・ 愛知県・ 女性)

    全巻読んでます!ラストが楽しみです\( ˙ω˙ )/


  • ダンディ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    いつまでも続くマンガと違い年齢を重ねて終わりに向かって行くのが良いですね
    何時か空也の物語も読みたいですね.


  • まさあん さん (40代・ 愛知県・ 女性)

    新刊が待ち遠しいですが、新刊を待つわくわくが最後思うと寂しくて、発売はもう少し先でも・・・
    と思ってしまいます。


  • yamajac さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    毎回新刊が出るのを楽しみに読ませていただいてきましたが、まもなく終わってしまうと思うと寂しいです。


  • 一日一針 さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    図書館で借りて読み始めましたが、予約待ちに耐えられず…書店に駆け込みました。
    また一気に読みかえしたいです!


  • irakaten さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    長い間続いていた磐音シリーズが終わってしますということを聞いて、とても残念に思っています。佐伯氏によるまた新たな主人公の時代小説が始まることを願っています。


  • ネジバナ さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    NHKのドラマを観て原作が読みたくなり、購入しました。それまでに発売されている本をいっきに読んでしまい、新作の発刊が待ち遠しかったです。シリーズが終わるのが残念でたまりません。


  • kagakumaster さん (50代・ 東京都・ 男性)

    佐伯ワールドに引き込まれた作品が「居眠り磐音」でした。何度読み返してもより深く引き込まれる内容に、時を忘れて没頭してしまいます。磐音完結は寂しいかぎりですが、他の佐伯作品と共に何度も読み返すことになります。


  • 浜町のおふみ さん (80代・ 千葉県・ 女性)

    毎回、待ち遠しく楽しみにしています。
    原作本はもちろんのこと、テレビドラマも大好きでした。我が家では山本耕史さんは「いわねさん」近藤正臣さんは「ろうぶんさん」と呼んでしまいます。


  • カッチン さん (70代・ 千葉県・ 男性)

    佐伯先生の時代小説は、全て愛読しています。
    どの作品にも共通している主人公の完全無欠さは磐音に集約されており、只々面白い。
    水戸黄門の「葵の印籠」に通じる爽快さが堪らない。
    空也も「密命」の金杉惣三郎の一子 清之助のような剣客に成長するのでしょうね。

    妻と娘も愛読しています。


  • 酉の御前 さん (70代・ 東京都・ 男性)

    テレビを初めて見て面白かったので、本を買い、病みつきになり、他の佐伯作品も読む様になりました。。


  • Rey_Ran さん (40代・ 北海道・ 女性)

    まもなく終了ですね。どんなラストなのかとても楽しみです。


  • 冬が好き さん (50代・ 東京都・ 女性)

    磐音様 愛する皆様と穏やかに過ごされる日々が一日も早く訪れるこたを願って止みません。
    佐伯先生『酔いどれ小籐次』『古着屋総兵衛』『夏目影二始末旅』も自分も小説の中に入り込みすっかりその気になって楽しませていただいています。
    お身体大切に末永いご活躍お祈りしています。


  • かっこー さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    これだけ数多くのエキサイティングで心温まる作品に感激しっぱなしです。新作を手にすると、時間を忘れて、いっきに読んでしまいます。


  • 極楽とんぼ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    居眠り磐音シリーズを最初から今まで読み続けていますが、首尾一貫しているのは盤音の強さと優しさです。どんなに逆境にあっても、明るさを失わず、周りの人々への温かい配慮と思いやりを忘れず、自分と周囲を脅かす巨悪に対しては、敢然と立ち向かい、強い敵を倒して行きます。ここにいつも共感と喝采を感じて、読み進めて来ました。いよいよ、このシリーズも来年最終巻を迎えるかと思うと感慨ひとしおです。佐伯泰英様長い間有難うございました。


  • まるきち さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    最初はドラマを観て知りました。書店でシリーズの刊行数に何度も棚の前を行ったり来たり。心を決めて手に取り、面白さにすっかり魅了されました。どんな風に幕が降りるのか楽しみです。


  • 変人 さん (60代・ 兵庫県・ 男性)

    娘から勧められ本を読まない私が繰り返し何回も読むほど、佐伯ワールドにはまっています。
    完結を聞くにあたり、早く結末を知りたくもありもっと続いて欲しいと複雑な心境です。
    出来れば、続編が出版されることを願う次第です。


  • のんべー さん (50代・ 埼玉県・ 男性)

    何気なく購入した1巻目を読み始めてから物語の面白さにハマってしまいずっと読み続けてきました。完結するのは残念ですが、一つの区切りと受け止めています。最後は磐音の周りのみんなが幸せになれるように願っています。


  • 南風 さん (60代・ 沖縄県・ 男性)

    大変面白い物語で、小説も全て揃え、(NHKで実写化された)DVDも全て揃え、何度も読み返し、見返しています。
    時には、お人好しと思えるほど心優しく、しかし悪に対しては毅然と立ち向かう主人公。
    何度読み返しても面白すぎです。
    その物語が終焉を迎えるのは非常に残念ですが、佐伯先生には只々ご苦労様でしたと申し上げたい。


  • yoshi さん (60代・ 岩手県・ 男性)

    居眠り磐音、ついに完結ですね。最後の発刊が楽しみのような寂しいような複雑な気持ちです。


  • 紺野葵 さん (20代・ 東京都・ 女性)

    シリーズ完結、長年にわたり大変お疲れ様でした。
    長かったですが、終わってしまうのは少し寂しいです。


  • クッサン さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    予定通り、年末の発刊でおわりますね、当初から購読して大切に保存しています。NHKの連続テレビドラマも全話DVDに保存、陽炎の辻、主題曲の愛をとめないでは歌声、メロデイも素敵でアルバムも購入、新妻聖子さんを初めて知りました。最近の磐音のストーリーはマンネリを感じていますが、新刊を待ちどおしく自分の生活を楽しく過ごさせていただきました。作者に感謝とご健勝をお祈りしています。


  • カラケン さん (60代・ 大阪府・ 男性)

    本が好きでいろいろと読みますが、「居眠り磐音」は非常に速く読み切る本です。展開が早く、読んでいるとその描写、格闘シーンが目に浮かび読むのを中断できません。これだけの長編を読み切ってきたのは、読書する力を付けました。ありがとうございました。


  • rakugojin さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    佐伯さんのファンに成り30年以上が過ぎました。スペインモノ?から磐音に出会いすぐに虜になりました。時代物は大好きでしたが、佐伯泰英さんが私の人生を豊かに、楽しみを
    増やしてくれました。
    鎌倉河岸・長崎・吉原シリーズなど佐伯作品全てを追っかけてます。
    磐音が終わるのは、実に悲しい気持ちです。
    きっと何度も読み返す本に成ります。感動を有難うございました。


  • 落ちぶれ果てても武士は武士 さん (50代・ 東京都・ 男性)

    発刊当初から読んでいます。毎回、話が面白く一日で読み切ってしまいます。佐々木令圓の死以後のストーリーは思わぬ展開でハラハラしながら手に汗を握り読むようです。まさにジェットコースター時代文庫です。佐伯先生の頭の中をのぞいてみたいです。終わりに近づいて残念ですが、最終回を今から楽しみにしています。


  • すー さん (50代・ 北海道・ 女性)

    あと2巻で完結の待ち遠しさと寂しさ。周りの人々を思わず温かくさせずにはいられない磐音の人となりが私の癒しになりました。また、「私」ばかりを優先している自分の戒めにもなりました。そして、日頃意見が対立することもある父との共通の楽しみでもあり、父と私をつなぐかけがいのない一冊でもありました。あと2巻。大人になった私へのお年玉だと思って、子供のように今から楽しみにしています。 


  • トーマス64 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    以前は時代劇小説は読んでなかったのですが、先輩から薦められて、読み始めたら、面白くすっかりファンになり、次から次と読まずにいられず、半中毒状態です。


  • かっか さん (40代・ 埼玉県・ 女性)

    読書好きではなかった私を夢中にさせてくれました!


  • えりちゃん さん (50代・ 北海道・ 女性)

    完結寂しいです。最近は、空也の成長が楽しみです。


  • ゆぅゆ さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    テレビドラマから 原作を読ませて頂いたものです。
    情景が浮かべやすい 生き生きとした文書は 楽しい時間です。
    最終巻が寂しいけど、ありがとうございました。


  • シルバー人 さん (70代・ 栃木県・ 男性)

    平成13年栃木県シルバー大学校に入学してから「居眠り磐根」に出会い、以来、佐伯康秀時代小説の虜になり、現在まで完結した既刊本含めすべてとり揃えています。発刊ペースが緩やかになっていることもありますが、新刊が待ちどうしく、次回の新・古着屋宗兵衛NO11[八州探訪」を待ち焦がれております。


  • 31862355 さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    楽しみにしております。
    テレビもまた放送してほしいです。
    終って欲しくないなぁ。


  • たけぞう さん (40代・ 茨城県・ 男性)

    最新刊を読み終えると、次巻を楽しみに1巻から読み返す事を何度繰り返したのか、解らない位です。


  • オセロ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    「居眠り磐音 江戸双紙」を読み始めてから、それから佐伯泰英さんの作品にのめり込んでしまい、すべての作品を読んでいます。「居眠り磐音 江戸双紙」は長すぎた感がありますが、読み飽きることはなくいまだに、楽しんでします。これからも新しい作品の出版を楽しみに待っています。


  • フォレスト さん (50代・ 埼玉県・ 女性)

    昨年の磐音との出会いは私の読書生活を一変したといっても過言ではないかもしれません。今では主人もすっかり磐音の虜です。何より登場人物それぞれの人柄が最高です!最終回を向かえることは本当に残念ですが、心あたたまるラストを期待しています。


  • チーコ さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    毎回の発売が待ち遠しくて、待ち遠しくて・・
    発売前に前の分を読み返してから本屋さんへ行きます。
    いよいよ完結はさみしいような、でもどう終わるのかとても楽しみです。
    佐伯先生!最後まで有難うございました。


  • モモパパ さん (50代・ 大阪府・ 男性)

    毎回 新刊が出るのを楽しみにしていましたが、いよいよ最終回を迎えることになり、非常に残念です。


  • 夕暮れ富士 さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    新しい本が、出るたびにさらっとまず読み、それからじっくりと1巻からと読む日々でした。終るのが残念ですが、長すぎてくたびれた時もありました。ありがとうございました。お疲れ様でした。


  • さくら さん (30代・ 愛知県・ 女性)

    父が最初に読みはじめて以来、家族に薦めてみんなで読んでいます。新刊が出るのが待ち遠しかったけれど終わってしまうのも寂しいです。


  • n.t さん (40代・ 大阪府・ 女性)

    磐根シリーズもいよいよ終盤、寂しくなります。


上へ