居眠り磐音江戸双紙 愛読者交流広場

読者からのコメント

  • じゅん さん (60代・ 静岡県・ 女性)

    いつも楽しく読んでます。
    空也の剣術の腕前が思いの外、上達していて将来が楽しみでなりません。
    おこんさんの心配も伝わってきます。残り2巻、心待ちにしております。


  • しょごりん さん (50代・ 千葉県・ 男性)

    居眠り磐音は、佐伯作品で初めて読んだ作品で、佐伯ワールドに入りこんだ作品でした。今の心境は、早く新刊が見たいが完結が近づくのは恐いです。


  • グレース さん (60代・ 北海道・ 女性)

    白山の活躍を楽しみにしてます。外伝を出して下さい。


  • アマリリス さん (60代・ 群馬県・ 女性)

    今年は、ゆるゆると気持ちを楽に、楽に進みましょう。


  • 仙太郎 さん (30代・ 茨城県・ 男性)

    いつかは、完結するのはわかっていました。
    でも…今は、ただたださみしいです!
    佐伯先生!お疲れ様でした。
    磐音に出会えた事に、感謝しています。
    くれぐれも、お体に気をつけて下さい。
    また、新しい出会いを
    心から、待っています。
    ありがとうございました。


  • まんぼう さん (60代・ 栃木県・ 男性)

    第1巻が出たときからの生粋の磐音ファンであり、佐伯ファンです。出たものはすぐ買って
    読まないとすまない病気のようなものです。1月で終わってしまうのはさびしい。もうストーリーはできているのでしょうが、ハッピィエンドにしてほしい。佐伯先生は時々,この磐音でも密命でも想像もつかない急転直下的な展開をすることもあるので、平和的に終わらせていただければ


  • 海松 さん (60代・ 滋賀県・ 男性)

     来年1月で完結となるととても寂しい世界になってしまうような気がします。
     若い登場人物それぞれの成長の物語を順次書いていって頂けたら嬉しいですね。年番方与力笹塚孫一の
    初恋物語ってのもいいかな。登場人物のキャラが濃いからいくらでも書けそう。
     こうなれば佐伯先生には、100歳まで頑張ってもらわないと。


  • びんちゃん さん (40代・ 神奈川県・ 女性)

    磐音さまにご報告です。
    無事、四段の審査に受かりました。これも、平常心や泰然自若など、磐音さまに教えていただいた結果です。
    四段の勉強中も、陽炎の辻から読み直しました。読み直すたびに感動し、私もがんばろうという気持ちになります。まだまだ、これからも精進しますので、よろしくお願いいたします。


  • おさんどん さん (60代・ 茨城県・ 女性)

    何回読み返したか分かりません。きっかけはドラマでしたが、波乱万丈な人生にハラハラドキドキ自分の事の様に、又は自分ならどうしたろうと思いつつ磐音の一途さや頭の良さに魅了され宿敵が亡くなり、己の思いの持って行きどころをどうするのか、楽しみに後二冊の行く末をひたすら気に掛けている年末です。人が生きるという事を、心の隅で改めて嚙み締めたいと思います。磐音と出会い、時代小説に興味を持ち、歴史にも又、退職した夫とも会話が弾む日々です。有難う御座います。


  • 大工のげんさん さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    テレビドラマを 見たときから 磐音 ファンになり 全部読みました。 来年で完結とのこと 大変残念ですが 磐音と田沼の決着が楽しみであり 取り巻く 方々の行く末も気になるところです。 佐伯先生の作品時代劇なんですがほとんど読ませたもらっています。 今は 交代寄合伊那衆異聞を読んでいます。これからも 楽しみにしています。


  • acty さん (50代・ 山口県・ 男性)

    偶然、初回のNHKドラマを見て以来、本も全巻揃えてしまいました。終わってしまうと、「居眠り磐音 江戸双紙」に代わるものが見つからないので困りますね


  • 虫掛 霞 さん (60代・ 埼玉県・ 男性)

    完結などしないものと、いや、完結できないのではないかと思っていました。今更、余りに長くなると・・
    などと思っていただかなくとも結構です。まだ、取り返しは出来ます。翻意を・・。


  • くうママ さん (50代・ 茨城県・ 女性)

    姉も一緒にファンです。
    子供が大きくなり自分の時間ができたので、
    陽炎の辻から読み返し、思う存分、磐音の世界にひたっています。
    完結… 読みたいような、読むのがさみしいような。。。
    磐音ファミリーとお別れはあまりにも寂しすぎるので、
    でぶ軍鶏物語、やせ軍鶏物語などスピンオフ小説を勝手にこっそり期待しています〜。


  • チャンバラ好き爺 さん (60代・ 福岡県・ 男性)

    時代小説好きにさせてくれたのが居眠り磐音でした、一日でも早く手にする事を楽しみに
    新聞広告を見逃さないようにしております。完結は残念でなりませんが陽炎ノ辻から読み直し
    若い磐音と再会したいと思います。


  • らんぴー さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    図書館で借りたのがきっかけではまり、全巻そろえて購入してしまいました。
    あと2冊、とても楽しみにしています。


  • 健心 さん (70代・ 愛知県・ 女性)

    毎回発売の頃になると新聞広告が出る前から、散歩が本屋を通るコースとなります。
     坂崎磐根に戻り最近は空也の成長が著しく、活躍が期待される中で最終回とは残念無念!!!


  • べるお さん (40代・ 茨城県・ 男性)

    磐音がさわやかで格好よく、同じ男ながら好感が持てました。
    話の面白さだけでなく、佐伯先生の情景描写が好きです。作中で描かれた実際の場所を文章を思い出しながら歩いていると、江戸時代はこんな感じだったのかな?とタイムスリップしたような感じがします。
    居眠り磐音シリーズは、そんな楽しさを教えてくれた作品でした。 


  • のん さん (40代・ 神奈川県・ 男性)

    親父が居眠り磐音が好きなので、最新刊が出るに購入して送ってます。
    最終巻ってのは何かちょっと寂しいような気がしました。


  • なかさん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    大の磐音ファンとして完結してしまうことに耐えられません。ぜひ前言を取り消して続編を書き続けていただきたいと思っています。佐伯先生の勇気ある変心を心から願っています。
     いつもは最新刊を何度も読み返すのですが、完結するというショックを忘れるため、今回は1巻から読み返しています。何日も深夜まで読み続け、このところ寝不足気味ですが、9月中旬からの2ヶ月でついに48巻まできてしまいました。49巻の読み返しはしばらく時間を置いてから読み始めて、50・51巻が発刊される頃に読み終えようと考えています。でもきっとすぐに読み終えてしまうことと思います。最終刊がどんな結末になるか楽しみでもあり、寂しくもあります。完結は本当に残念です。


  • 高畠みとも さん (60代・ 山形県・ 女性)

    定年退職して 読書しようと図書館に行って出会ったのが 居眠り磐音でした 1巻から読み始め 図書館にある分はすべて読破し 無い巻からは 本屋で買ってきて 刊行されているものは 番外編も含めすべて読みました いよいよ12月です あと 2巻ワクワクしながら待っています


  • うじえみ さん (70代・ 京都府・ 女性)

    いつも楽しみにしています
    この本読みだしてから時代小説が好きになりました
    最後どうなるのかしら


  • バァバ さん (60代・ 神奈川県・ 女性)

    長い間お疲れさまでした。
    佐伯先生の本は大好きで楽しみにしてましたので、居眠り磐音が終わってしまうのはとても淋しく思っております。
    時々で結構ですので磐音の老後などの事も知りたいです。私も鎌倉河岸の宗五郎と同世代ですので、これからのことが気にかかります。お体に気をつけて、次回の本が出るのを楽しみにしております。


  • こうしのこうし さん (60代・ 北海道・ 男性)

    中段の構え、まさに居眠りしているかのような読み方が日常、磐音の魅力に迫っています!


  • バロンの父さん さん (60代・ 愛知県・ 男性)

    「居眠り磐根」を読み始めて4年以上経ちました。始めは図書館で借りて読んでおりました。その時点での既刊分は刊行順に借りて読みました。新刊は刊行時期がわかると、すぐに予約を入れました。それでも既に何十人待ちでした。でも楽しみに待って読みました。そのうち手元に置きたくなり、49巻まで古書店で手に入れて、楽しく読んでおります。あと2巻で完結となるそうですが、どのような結末になるか楽しみなような、悲しいような不思議な気持ちです。


  • 隷奈 さん (30代・ 埼玉県・ 女性)

    ドラマからのファンです。
    読むペースがかなり遅く、図書館で2、3冊借りては半年~1年ほど経ち、未だに20巻(?)止まりですがこれからも読み続けたいです。
    そしてそして、ドラマで2を!!!…と、切に願っています!


  • チョビ さん (60代・ 東京都・ 女性)

    磐音さんとおこんさんとてもいい夫婦です。


  • ソロ さん (60代・ 千葉県・ 女性)

    こんなに夢中になることができて幸せです。最後の2冊が待ち遠しくもあり、でもちょっと悲しくてしばらく飾っておきたいような気もします。
    いつも江戸の地図を片手に想像を膨らませたり、実際に歩いたりと楽しみました。
    やっぱり悲しい・・・


  • chamy さん (70代・ 東京都・ 男性)

    長年にわたり磐音の活躍有り難う御座いました。楽しみました。


  • にゃんこ さん (40代・ 長崎県・ 女性)

    父が、楽しみに読んでいます。長い間お疲れ様でした。


  • ぱるはる さん (40代・ 埼玉県・ 男性)

    1巻から楽しみにしてきました。いよいよ完結と思うと、最後がどのようになるのかどきどきします。


  • kuroneko さん (70代・ 神奈川県・ 男性)

    昨日は勘違いして、磐音と裏同心の話をごっちゃにして書いてしまいまいた、それだけ吉原が私の頭に佐伯先生の小説には、かかわってきているのだとも思いました


  • 豆しば さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    新刊が出る度にゆっくり読もうと思うのですが、いつも一気読みしてしまい「あー、もったいない」と一巻からの読み返しを楽しんでいます。
    磐音様の「完」寂しいけれど、佐伯先生を信じて待ちます。


  • れんこんそらまめ さん (50代・ 福岡県・ 女性)

    遅ればせながら去年の暮れごろから読み始めて、今年の夏にやっと最新刊に追いつきました。今までも時代物は好きで色々読んでいましたが、なんとなく続きものは敬遠してきていました。でも読み始めたら一気に引き込まれてだんだん読む速度に加速がついてきたところでした。続きを早く読みたい。1月を楽しみにしています。


  • nakasan さん (60代・ 茨城県・ 男性)

    日々の鬱憤を居眠り磐音を読むことによって、すっきり解決できるような気がします。これで1巻から最後まで2回読むことになります。前とはちがった感動が湧き起こります。すごいです。


  • PJパパ さん (60代・ 神奈川県・ 男性)

    時代劇小説は歴史モノも含め私が好きで読んでました。妻が結婚後私の本棚から時代と歴史小説に興味を持ち、密命を買ってきた瞬間から佐伯氏を知りほぼシリーズ出るたび購入してます。無論妻が。私はご相伴に与っております[磐音」だけはそろえたいと確か15あたりで言い出してそれ以前のをヤフオクで買い揃えた記憶もあります佐伯さんが好きでたまらない妻ですそんな妻に年賀状届いたら嬉しいのだろうなと思ってます。


  • めい さん (40代・ 千葉県・ 女性)

    磐音さんや周りの素敵な人々、江戸の暖かさ、辛さ…毎回暖かな気持ちになり癒されています。完結は寂しいですが、佐伯先生の益々のご活躍お祈りしております!


  • ぴよわん さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    このシリーズでは、年を経るごとに登場人物それぞれが青年から壮年に、壮年から老年にと歳を重ねて年齢相応の風格が出てくるので、読み進むうちに物語の中で読者も人生を共に過ごしたように感じられ、身近で坂崎磐音と生活しているように思えます。
    シリーズが終わったら、馴染の人や場所から切り離れて、江戸を追放されてしまったように寂しく感じてしまいそうです。


  • 数の子 さん (50代・ 千葉県・ 女性)

    新刊をいつも楽しみにしておりました。完結することにほっとするような…寂しいような…皆さんに会いたくなったら、いつでも文庫本を読みかえすことにしますね。


  • パライバ さん (50代・ 兵庫県・ 女性)

    最初は、読み切りと、思っていたのが、どんどん話が膨らんで行って、面白くてやめられなくなりました。
    とうとう終わりと聞いて、ホッとしているやら、残念やらです


  • T・K. さん (20代・ 東京都・ 男性)

    父が新刊が出るのを毎回とても楽しみにしていたシリーズが完結してしまうのはとても残念に思う。
    作者の佐伯泰英先生には長いシリーズを書き切ったことに感謝したい。


  • もも吉 さん (60代・ 北海道・ 女性)

    磐音の若さがすがすがしい、いい青年ですね。


  • ううちん さん (40代・ 福岡県・ 女性)

    守るべき子供をもってしまった磐音が、どんな結論を出すのか、ハラハラしています。


  • 北国店主 さん (60代・ 北海道・ 男性)

    磐音の清々しさが、何とも羨ましく年甲斐もなく、ついつい夜更かしをしでかす60代です。
    人生の清涼材です。


  • ころん さん (80代・ 大阪府・ 男性)

    1772年(27才の磐音)から16年たち、中年になり今後円熟した老年期に入るのだろうか?
    80過ぎの私には気になって仕方がない。
    だのに後2巻で終焉を迎えるとは、寂しい限りです。
    次の巻は、と心待ちに過ごした50巻の思い出とお別れは寂しいと言うよりは悲しい気持ちです。
    せめて老年期のひとこまをもう一見せてほしい。


  • ゴン太郎 さん (40代・ 東京都・ 女性)

    おこんさんのおきゃんなところが大好き!
    気配り上手なとこも大好き!


  • ほゆき さん (50代・ 神奈川県・ 男性)

    いよいよ完結間近。期待と寂しさが交錯します。磐音一家、ご一統のこれからが気になります。


  • やっほー さん (50代・ 神奈川県・ 女性)

    佐伯さんの本はほとんど読んでいます
    磐音と鎌倉河岸は特に好きです


  • クラフト さん (50代・ 北海道・ 女性)

    佐伯さんの作品すべて購読しています。「磐音…」は私の40・50代の人生の過程と並行して、いつも、明日の力になってくれていました。最後に向けて4度目の読み返し中です(笑)


  • ぶろっこりぃ さん (50代・ 愛知県・ 女性)

    同居していた主人の母に頼まれて、居眠り磐音を買うようになり、義母が読み終えたら私も読ませてもらっていました。
    そのうち私の方がはまってしまい、新刊が出るのを楽しみにしていました。
    義母は完結編を見る前に、昨年亡くなりました。
    私がしっかり読んで報告したいと思ってます。


  • はーちゃん さん (60代・ 愛知県・ 女性)

    磐音さんとおこんさん、道場のお仲間…皆さまのやりとりの温かさを、毎回楽しみにしていました。
    終りになるのがとても寂しいです。

    再開をお待ちします。


上へ